無知ほど恐ろしいものはない

2019年12月に、RAPTさんのブログを知り、そこからもうすぐ4ヶ月が経とうとしますが、今の時点で気づいたこと、悟ったことをシェアしたいと思います。
 
罪を犯すと、神さまに罰せられる訳ですが、もし自分が誰が他の人を巻き添いにしてしまうと、その人も罪を犯すことになります。
よって、自分が罪を犯さないということは、周りをも罪を起こさないようにするためにも、とても重要だということです。
 
こう聞くと当たり前のように感じますが、神様についてRAPTさんのブログや聖書を通じて学んだのは、
私たち人間は、神様が何を悪だと考え、罪だと考えておられるのかを良くわかっていないということです。
今までの世の中は、悪にまみれていて、悪事を行った方が、栄えるかのように思い込まされてきました。
そのため、考えが麻痺してしまっていて、悪を行うことに非常に鈍感になっているということです。
 
こんな恐ろしい話はありません。
 
無知ほど恐ろしい話はありません。
 
もっともっと神様のお考えを学ばなければいけないとつくづく感じました。
 
 
詳しく知りたい方は是非とも、RAPTさんのブログをお訪ねください。
 
 
ありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.