「ユダヤ人」であり「悪魔崇拝者」は漂流してきた人たち。そのために日本を乗っ取りたいのだ。

偽コロナ騒動がまだ続きますが、悪魔崇拝者からすれば、絶対に引き下がれないわけです。

彼らの正体は「ユダヤ人」です。

1948年にイスラエルが独立しましたが、2600-2800年前に古代イスラエルの国が滅びたときに、世界中に逃げてきた民族の末裔が、「ユダヤ人」であり、今、日本を牛耳る「上級国民」です。

また、「李氏朝鮮王朝」の末裔でもあることが判明していますが、今さら、本国の朝鮮に戻って国を支配することは不可能ですよね。言うまでもありません。

彼らは、第二次世界大戦を起こして、「満州」に「ユダヤ人」による国を造ろうとしましたが、失敗しました。しかし、「ユダヤ人」による国の建国の実現に諦めたわけではありません。

彼らは、コロナパンデミックが起こったと、「嘘」をついて、土地を乗っ取ることによって、ユダヤ人による国を建国しようとしています。

最も顕著なのは、北海道です。

ジョン・タイターの予言は既に着々と実現しています。「蝦夷共和国」はユダヤ人を北海道に移住させる「河豚計画」の一環として誕生する予定です。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

また、東京一極集中を解消させよう、という名目で、地方にスマートシティを作ろうとしています。

RAPT理論を学ぶことにより、彼らの正体が「ユダヤ人」で、国から追い出されて漂流してきた人達だということを理解することで、彼らの行動が理解できました。

つまり彼らはずっと「よそ者」だったということです。

本来、「よそ者」であれば、その土地の人たちを支配するとかではなく、その国に住む人たちと共存して幸せに暮らすことを考えれば良かったのですが、彼らは「悪魔崇拝者」です。

つまり、「悪魔」による啓示、「悪魔」による知恵をもらって、生きている人たちです。

だから、そんな共存だとか、お互いが幸せになるように、などという考えを抱くわけがありません。

彼らは、庶民のことを「ゴイ」「ゴイム」といって馬鹿にして、奴隷として使う事しか考えていません。

 

彼らの悪政に批判しているだけでは見えてこないのです。

彼らの正体を知ることによって、真実が見えてくるのです。

悪魔崇拝者である彼らにとって、批判されるよりも、彼らの正体が知られることが、最も避けたいことなのです。

だからこそ、真実を知っていくことが本当に重要なのです。

 

◉支配者や芸能人、有名人は皆、ユダヤ人、上級国民だ。

◉そして悪魔崇拝者だ。

◉悪魔思想を、宗教(神道、仏教)、芸能、テレビ、マスコミ、歴史、音楽、文化、芸術、物理、経済など、ありとあらゆる分野で庶民を洗脳した。

◉庶民を洗脳することで、「上級国民」が「上級」「特別」な存在として生きるために。本当は、ただの「悪魔崇拝者」であるにも関わらず。

◉今までは、悪魔崇拝者だけの支配がうまくいっていたし、庶民を騙せていたが、「RAPT理論」が登場したことで、彼らの計画がことごとく暴かれた。

◉悪魔崇拝者は、滅びることは決まっているが、完全に滅びるまでは、しぶとくやり続ける。嘘をつき続ける。強引に制作を進めつづける。なぜなら、彼らにはそれしか道がないから。

◉ということは、しばらくは、悪魔崇拝者がめちゃくちゃな政治をするので、庶民も悪影響を受ける。

◉めちゃくちゃことをする「例」は、マスコミで嘘を報道する。捏造した嘘のニュース映像を流す。

芸能人(上級国民)を使ってコロナは怖い、と思い込ませる。

国民に知らせなければならないニュースを報道する代わりに、「スピン報道(芸能人の結婚、不倫、離婚、薬物逮捕など)」をする。

◉だからこそ、彼らの「嘘」を見抜いて、彼らの正体を知ることで、自分の身を守らなければならない。

◉自分の身を守り、幸せに生きる方法は、RAPTブログ、RAPT有料記事で学ぶことができる。

RAPTブログ

「RAPT有料記事」

◉例えば、以下のような内容を有料記事では学べる。

 

是非とも本当のことを知って、まずはマスクを外しましょう。今マスクをするのは、自ら命を縮めていうことと同じです。

そして、本当の神様を知って救われてますことを心よりお祈り申し上げます。

 

ありがとうございました。

photo:https://pin.it/2abwG0E

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.