ムー王国は「悪魔崇拝」の国。ムーの復活のため、悪魔による国造りをするために「コロナパンデミック」を起こした。

みなさんは、「ムー大陸」「ムー王国」をご存じですか?もしくは、聞いたことがあるでしょうか。

ムー大陸 とWikipediaで調べるとこのように出てきます。

ムー大陸(ムーたいりく、Mu)とは、かつて太平洋の南中央部に存在したが天変地異により水没した、と一部の研究者が主張していた空想上の大陸

そして、海洋底探査により、学術的には否定されているが、オカルトや宗教の分野では、昔からムーの存在について語る人たちはいました。

神智学系の多くの書物において、ムー大陸=レムリア大陸説が主張され、その位置については太平洋にユーラシア大陸と同位の大陸が存在したと説かれる。また、文明の指導者ラ・ムーについて言及され、彼に従った人々は沈没滅亡を免れ、日本人(及び極東)やネイティブ・アメリカンに繋がる祖先になったと説く。詳細は、レムリアを参照。

 

1950年代初期から広まった、宇宙人とコンタクトしたと主張する予言者や団体によるUFO信仰(ユーフォロジー)は、神智学的・秘教的伝統の系譜と明らかに似通っており、しばしばムー大陸やアトランティス大陸といった沈んだ大陸というアイデアが見られる。宇宙存在バシャールとチャネリングしたというダリル・アンカは、ムー大陸について詳細に語っているが、内容の大部分は上記の神智学系と同一である。

 

日本の新宗教には、チャーチワードや竹内文書の影響を受け、ムー大陸は実在し日本人はその子孫であると考える教団がある。真光系諸教団ではムー古代文明の直系とした日本中心主義を唱え、幸福の科学も日本人はムーの子孫とし日本を中心視するが、真光より国際主義的である。

さらに、今回のコロナパンデミックは、「大本教」「出口王仁三郎」による計画的な犯行だとばれましたが、

王仁三郎も、「霊界物語」で、以下のように述べていると、Wikipedia にはあります。

日本でのムー大陸の紹介記事は1932年(昭和7年)8月7日の『サンデー毎日』の記事「失はれたMU(ミュウ)太平洋上秘密の扉を開く」(三好武二)をはじめ、1938年(昭和13年)7月の『神日本』2巻7号(神之日本社)の「陥没大陸ムー国」など多数紹介されていた。現在ではその名が冠された雑誌『ムー』の誌名でも知られる。

 

出口王仁三郎はチャーチワードが『失われたムー大陸』(1926年、1931年)を発表する4年前の1922年(大正11年)に、『霊界物語』第9巻の総説歌で「太平洋の真中に 縦が二千と七百浬 横が三千一百浬 黄泉(よもつ)の島や」と書いて、太平洋に巨大な大陸があったことを発表している(2700海里=5000キロ、3100海里=5741キロ)。

 

チャーチワードは1931年の著作の中で、日本人はムー大陸住民の支配層だった白人の子孫であり、その血をかなり純粋に維持していると述べ、日本とムー大陸に接点があることに言及している。1932年(昭和7年)に大阪毎日新聞でチャーチワードのムー大陸説が報道されると、ムー大陸とは霊界物語の黄泉島(よもつじま)のことである、と述べている。ムー大陸が沈没したことも、霊界物語第12巻第27章で書いている。

 

さらに「竹内文書」にも、以下の記述があると言われています。

古史古伝の竹内文書を紹介した1940年(昭和15年)10月刊行の『天国棟梁天皇御系図宝ノ巻き前巻・後巻』(児玉天民 太古研究会本部)で葺不合朝(ウガヤフキアエズ王朝)69代神足別豊鋤天皇の代に「ミヨイ」、「タミアラ」という大陸(というよりも島)が陥没したとし、その世界地図が記載されている(1934年(昭和9年)5月の『大日本神皇記』(皇国日報社)では4代天之御中主神身光天皇と35代の千足媛不合10代天日身光萬國棟梁天皇の時とする。ただし「ミヨイ」、「タミアラ」の名称はない。)

 

竹内文書では、これらの島では五色人(白人・黒人・赤人・青人・黄人)と王族の黄金人が暮らしていたが天変地異で沈んだため、天の岩船で日本など太平洋の沿岸域に避難したとする。「ノアの洪水」に代表される世界の大洪水はこのときの「ミヨイ」「タミアラ」の水没の影響としている。 なお、この竹内文書自体、明治から大正にかけて竹内巨麿によって創作された偽書と認識されている。

 

チャーチワードの論は戦時中、日本の起源を世界的な出来事と位置づけたいと考える、一部の急進的な愛国者の間で支持された

仲小路彰や藤沢親雄、仲木貞一などによって、天皇家はムーの子孫であり、日本人こそムーの正統であるという主張がなされ、日本の天皇こそが世界の正統的な支配者であるということ、

また、当時日本が委任統治していたミクロネシアなど南洋支配の正統性を裏付ける根拠の一つとされたが、国が教育する天皇像や皇国史観から大きく逸脱しているため、同じ右翼系論壇からも批判され次第に消滅していった

まず、「世間的に」ムーというのがどのように思われているのかと一言にまとめると、

「オカルト好きな変わり者が、「ムー大陸」を信じ、都市伝説っぽく面白おかしく語っている」

といったところでしょうか。

しかし、真実はそうではありません。ムー王国、ムー大陸というのは、「実在」しました。

とはいっても、別に、庶民からすれば、ムーがあろうとなかろうと、どっちだっていいわけです(笑)。むしろ、大昔の大陸の話よりも、今の生活の方がずっと大事ですから。当たり前です。ただでさえ、偽コロナ騒動で混乱しているのに。

大事なのは、ムーが実在したかどうか、ではありません。

現在の悪魔崇拝者たちが、かつて「悪魔崇拝をして大きく栄えた「ムー王国」」を、復活させようとして動いている、という事実が大事なのです。

このことを伝えてたくて、この記事を書いています。

つまり、この日本を中心としてさらなる「悪魔崇拝の国」として揺るがないものとしようとしている事実なのです。

どうして「日本」を中心としてなのか、というと、ムー王国を支配していたのは、カタカムナ人、つまり「天皇家」だからです。

 

ではここから、彼ら悪魔崇拝者の行いを、ものすごく簡単ではありますが、時系列でご紹介します。

◉~12000年前まで、悪魔崇拝の国で、高度な文明を持っていたムーやアトランティスが栄える。

◉「神様の裁き」により滅びる。海底に沈む。(それらが与那国島沖で見つかる)

◉逃げ延びた「支配者たち」が、世界中に渡る。

◉例えば、その一部が、「エジプト」に渡りエジプト文明を開く。

◉「エジプト文明」は、悪魔崇拝によって大いに栄えた。

◉「エジプト文明」と「天皇家」がつながっている証拠はすでにある。⇒日本と古代エジプトと悪魔崇拝のつながりが一発で分かる幾つもの物的証拠。

◉イスラエル人がエジプトから離れるときに(出エジプト)、エジプトにいた「悪魔崇拝者」が混ざった。⇒古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

◉BC722年、北イスラエル陥落。

◉国を追われたユダヤ人が日本に渡る。初代天皇といわれる「神武天皇」は「北イスラエル出身」のユダヤ人。⇒初代天皇の神武天皇は、北イスラエル王国出身の可能性大

◉同じく国を追われたユダヤ人が作った宗教のひとつの「仏教」は、ムー大陸から来ている。(上の動画参照)。

さらに、ムー王国は、「カタカムナ」を使っていた。この「カタカムナ」の思想が、今の宗教を作る。つまり、すべては悪魔崇拝の国、ムーを復活させるために作った「悪魔教」。

この「カタカムナ」の思想が、性的に堕落した人たちを作った。

◉物理にも影響を与えている。しかしそれらは皆「でっち上げ」。この「でっち上げ」により、原発や放射能があると庶民に嘘をついて、巨万の富を築いた。

◉悪魔の親玉である「ルシファー」とつながった「出口王仁三郎」が、同じく「悪魔」によって栄えた国「ムー大陸」についての啓示を受ける。それを「霊界物語」に記す。

◉同じく「大本教信者」の「岡本天明」が、「ルシファー」とつながり啓示を受け、「日月神示」を書く。

◉出口王仁三郎は、第二次世界大戦をでっち上げ、「満州国」という「ユダヤ人のための悪魔崇拝の国」を作り、世界を征服しようとしたが失敗する。⇒RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

◉2020年、出口王仁三郎の計画により、「コロナパンデミック」という「嘘」をでっち上げて、本格的に、日本(天皇)を中心とする「悪魔崇拝王国(NWO)」を作ろうと動き始めた。←イマココ

 

いかがでしょうか。

つまり、日本(天皇)が世界を支配することで栄えた「ムー王国」が12000年前に滅び、そして一時は世界中に逃げました。

その後、復活を夢見て、気が遠くなるほどの長い年月をかけて、「日本」に戻ってきて、日本を中心とする悪魔による王国の完全復活のために動いてきた、ということです。

これは、悪魔ルシファーが中心となり考えた計画なのでしょう。そして、これらを実現するために、悪魔を拝んできた支配者(人間サタン)が、悪魔から力をもらうことで、この計画を実行し成功するために動いてきたのです。

ムー大陸は架空の王国、都市伝説ではありません。彼らはそこで、超高度な技術を持って繁栄しました。彼らはその「ムー王国」が復活することをなによりも望んでいるのです。

しかし言うまでもなく、れっきとした「悪魔崇拝」の国です。「悪魔崇拝」ということは、徹底して「神様への反逆」を繰り返すわけです。

ところが、RAPTさんの登場により、RAPT理論によって、これらの計画がことどとく暴かれました。

そして最新動画で、「大本教」の悪魔思想が、この社会に蔓延していることが分かりました。

つまり、今、私たちがやるべきことは、これらの真実を知り、悪魔崇拝者が作った数多くの洗脳から離れることです。

これからもさらに、このことについて、続けて書いていこうと思います。

ぜひ、真実を知って救われてください。もう、悪魔崇拝者が作ったものを鵜呑みにする必要はないことを知ってください!

ありがとうございました。

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.