• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

世の中では知られていない「アメージンググレイス」の真実

 

信仰を持つ前にも聞いていた曲「アメージンググレイス」。

当時はスピにハマっていて、何か自分が浮上するきっかけを探しながら聞いていました。

当時も素敵な歌だと思っていましたが、同時にあまりに商業化されているような気もしていました。

信仰を持って2年半がたつのですが、先日久しぶりにこの曲を聴いて驚きました。

 

それは、この曲が、信仰を持つことができた奇跡、そしてどこまでも神様を賛美した歌だと知ったからです。

 

 

しかし同時に、やはり世の中は、正しくキリスト教が広まることを拒み、

本質を湾曲して伝えられているなと思いました。

この動画をアップした「NeedsFaith」という方によると、

この曲は、1772年、イギリス人の「John Newton」という人によって作詞されたそうです。

彼は小さい時に敬虔なクリスチャンの母を亡くし、

大人になり、奴隷船の船長となった彼は奴隷を劣悪に取り扱っていたそうです。

 

1748年に船が激しい嵐に会い、船が今にも沈没しそうな危険な状態の時に、

彼は母親から聞いていた神様を思い出し、

真剣に必死に ”助けてください!” と心から祈ったのだそうです。

 

すると、船が難を逃れ、無事に航海を続けることができました。

 

彼は神様から新しい命を与えられたと感謝し、

1755年に船を降り、神と人に仕える牧師になったそうです。

彼は黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と

それにも関わらず赦しを与えた神の愛に感謝しつつ作詞したと言われています。

私はこの文章を読んで、このジョンさんの気持ちが痛いほどよく分かりました。

ここにも書かれてある通り、

祈った事によって難を逃れた事にも感謝したと思いますが、

それ以上に、彼によっては、大きな罪を犯しながらも神様による憐れみによって救ってもらえた事

本当に嬉しくて心底感謝されたのだと思います。

 

そして、彼の神様への感謝と賛美の思いによって作られたのが、

「アメージンググレイス」だったのです。

Amazing Grace

アメージング グレイス

How sweet that sound

何と美しい響きであろうか

That saved a wretch like me

私のような者までも救ってくださる

I once was lost but now I’m found

道を踏み外れさまよっていた私を神は救い上げてくださり

Was blind but now I see

今まで見えなかった神の恵みを今は見出す事ができる

 

Twas grace that taught my heart to fear

神の恵みこそが私の恐れる心を諭し

And grace my fears relieved

その恐れから私の心を解き放つ

How presious did that grace apper

the hour I first believed

信じる事を始めたその時の神の恵みのなんと尊いことか

 

When we’ve been there ten thousand years

何万年経とうとも

Bright Shining as the sun

太陽のように光り輝き

We’ve no less days to sing God’s praise than when we’d first begun

最初に歌い始めた時以上に神の恵みを歌い讃え続けることだろう

 

(日本語訳は上記動画より)

 

この最後の「最初に歌い始めた時以上に神の恵みを歌い讃え続けることだろう」という言葉が、

今の私自身感じていた事とぴったり一致していたので、より深く感動しました。

 

 

キリスト教の事を知らなくても、この曲を知っている人は多いと思います。

日本は神道や仏教などの偽宗教(悪魔教)によって汚されているために、

キリスト教に対する偏見が非常に強いです。

 

さらに、現在のキリスト教の教会も、

悪魔崇拝者に乗っ取られている事がRAPT理論からも明らかになりました。

だからといって、神様は嘘だ、とかいないとか、となる訳はありません。

 

神様の存在は、おとぎ話ではありません。

 

いくらサタンや悪魔崇拝者が嘘を吹きかけて騙し、

乗っ取ったとしてても、真実は真実として存在します。

これから一人でも多くの方が、キリスト教に対する偏見をなくし、

真実を知り、真の神様に出会い救われます事を切にお祈り申し上げます。

正しいキリスト教を知りたい方はこちらから。

ライフ | RAPT理論+α (rapt-plusalpha.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA