サザンオールスターズの真実  創価企業アミューズは悪魔崇拝でのし上がりイルミナティともつながる

先日、2020年にアメブロに書いた、サザンの真実に関する記事が、削除されていたことをご報告しました。

アメブロで書いていた、サザンオールスターズの真実に関するブログが削除されてしまいました。

 

その後、自分のアメブロを見ていると、プロフィールも削除され、ブログのトップに「メッセージ」を残せる場所があるのですが、それも皆、削除されていることがわかりました。

 

そこには、RAPT理論を紹介している事を書いていたのですが、それも皆、削除されていました。

 

そのため、私のブログが、一見、RAPT理論から学んだ事を伝えるブログだとはわからないようになっていました。

 

そこまで弾圧してくるとは、よほどの追い込まれ具合ですね(笑)。

 

しかし、真実に勝るものはありません。だから、彼らはこれからもっと追い込まれるでしょうね。

 

それからもう少し見ていると、なんと、iPhoneのアプリ内の「アプリ保存記事」というところがあって、消された記事の一部が、保存された状態で残っていたのです!

 

そして、その記事が、三浦春馬の殺害によって、一番読まれていたブログ記事でした。

 

ということで、ここから、その記事をそのまま、転載します。

 

2020年2月当時に書いたままの状態で転載します。

 

この記事を書いてから新たに分かったこと(アミューズは創価企業)があるので、ブログの題名は変更しています。

 

興味のある方は、よろしければご覧くださいませ。

 

(ここから)

 

ご訪問くださりありがとうございます。

 

 

「サザンオールスターズ」の真実をご紹介する第2回目の今日は、アミューズの正体や悪魔崇拝についてご紹介します。

 

前回の記事で、

デビューには「バーニング周防郁雄」が大きく関わっていて、彼が悪魔崇拝者であったこと、

彼が版権を持っているサザンの曲すべてが、悪魔崇拝者が生贄にささげる「25日」にリリースされていること、

そしておそらく、いやかなりの確率で、暴力団に流れたお金がデビューに使われたであろう真実をお伝えしました。

 

今日はその続きで、サザンがデビューして6曲目からは、所属事務所「アミューズ」の版権となるのですが、彼らを売り出すのに、相当「悪魔」に関する数字にこだわっていることがわかりました。

 

まず、6曲目以降のリリース日をご紹介します。

 

1980年2月21日: 涙のアベニュー

1980年3月21日: 恋するマンスリー・デイ

1980年5月21日: いなせなロコモーション

1980年6月21日: ジャズマン (JAZZ MAN)

1980年7月21日: わすれじのレイド・バック

1980年11月21日: シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー

1981年6月21日: Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)

1981年9月21日: 栞のテーマ

1982年1月21日: チャコの海岸物語

1982年5月21日: 匂艶 THE NIGHT CLUB

 

いかがでしょうか。ここまで10作品がすべて「21日」なのです。リリースを決めた人は、よほど「21」という数字にこだわりたかったようです。

 

さらに、

1982年10月5日: Ya Ya (あの時代を忘れない)

1983年3月5日: ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)

1983年7月5日: EMANON

1983年11月5日: 東京シャッフル

1984年6月25日: ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)

1984年10月21日: Tarako

1985年5月29日: Bye Bye My Love (U are the one)

1985年8月21日: メロディ (Melody)

1988年6月25日: みんなのうた

 

4作品が「5日リリース」、そして、ちょうどデビュー6年目の6月25日に、ミス・ブランニュー・ディが発売されます。6月25日というのは、デビューシングル「勝手にシンドバット」の発売日ですから、記念だということなのでしょうが、

不思議なのは、5年目でもなく、7年目でもなく、なぜか6年目といういうところです。

そして、デビュー10年目の6月25日に、みんなのうた、が発売されます。(まぁ10年目というのは、普通の人でも感覚としてわかりますよね)

 

さらに続けます。

1989年4月12日: 女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)

1989年6月7日: さよならベイビー

1989年11月21日: フリフリ’65

1990年7月25日: 真夏の果実

1991年7月10日: ネオ・ブラボー!!

1992年7月18日: シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA

1992年7月18日: 涙のキッス

1993年7月21日: エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

1993年7月21日: 素敵なバーディー (NO NO BIRDY)

1993年11月20日: クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)

1995年5月22日: マンピーのG★SPOT

1995年7月17日: あなただけを 〜Summer Heartbreak〜

1996年5月20日: 愛の言霊 〜Spiritual Message〜

1996年6月25日: 太陽は罪な奴

 

はい、でました。デビュー18年目の6月25日に、リリースです。

15年目ではなく、18年目です。

これ以降、6月25日にリリースされたシングルはありません。

 

「21日」にリリースを10作続けたこと、そして、デビュー6年目と18年目に「デビューと同じ6月25日」にリリースをしたのか。

どうして、5年目、7年目ではなく、「6年目」じゃないといけなかったのか。

そして、15年目でなく、20年目ではなく、「18年目」じゃないといけなかったのか。

 

これらの数字はみな、「悪魔崇拝者」が重要視する数字です。

まずは先に、「6」と「18」についてご紹介します。

 

「6」というのは、悪魔の数字というのは、もうおそらくご存じですよね。

そして、「18」というのは、666、つまり「ミロク」で、6×3=「18」ということです。

 

スピリチュアルでよく「ミロクの世」が来る、などと言っている人がいますが、ミロクは「悪魔」です。ミロクが良い世の中になる、と思っている人は、悪魔に騙されていますので、もしそういう方がいらっしゃったら、真実を知ってくださいね。

 

「666」については、聖書にもはっきり明記されています。

 

ヨハネの黙示録13.11~18 日本聖書協会 発行 聖書新共同訳より。

 

「わたしはまた、もう一匹の獣が地中から上って来るのを見た。この獣は、子羊の角に似た二本の角があって、竜のようにものを言っていた。この獣は、先の獣が持っていたすべての権力をその獣の前で振るい、地とそこに住む人々に、致命的な傷が治ったあの先の獣を拝ませた。そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。更に、先の獣の前で行うことを許されたしるしによって、地上に住む人々を惑わせ、また、剣で傷を負ったがなお生きている先の獣の像を造るように、地上に住む人に命じた。第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるのかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」

 

悪魔崇拝者は、この悪魔の数字「6」とか「18(666)」に力が宿ると信じています。そのために、何かと、「6」や「18」という数字を好みます。また、「11」という数字も好みます。これには深い訳があるのですが、RAPTさんの有料記事で紹介されていますので、興味がある方は読んでみてください。

 

RAPT有料記事14(2015年10月5日)「6」と「7」と「11」と「18」の意味。

 

また、この「666」を悪魔に忠誠を尽くすサインとして、「ハンドサイン」と呼ばれています。

 

こちらの動画は、RAPTさんのブログ読者さんと思われる方の動画です。とてもシンプルにわかりやすくまとめておられます。時間も2分少々ですので、気軽に見ていただけると思います。

 

 

こちらは、25分くらいありますが、とても詳しく説明されています。

いかにたくさんの芸能人や政治家が、悪魔に忠誠を誓っているか、そして日本人があまりにも無知なのかが良くわかるものになっています。

 

 

 

この方の動画から、何枚か写真を撮らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この動画では、

オバマ、ヒラリークリントン、ブッシュ、ローマ法王、マクドナルドCEO、トランプ、マイケルジャクソン、ジャスティンビーバー、ビートルズ、マドンナ、KISS、

 

きゃりーぱみゅぱみゅ、AKB48、Perfume、中田敦彦、ローラ、Daigo、キャンディーズ、みのもんた、中川翔子

 

などが、悪魔に忠誠を尽くすサインをする様子が紹介されています。

 

そんな中、この動画に紹介されている「キャンディーズ」のマネージャーが、今回の記事の重要人物である、アミューズの「大里洋吉」であることが分かりました。

 

Wikipedia大里洋吉より

1969年(昭和44年)、渡辺プロダクション(ナベプロ)入社。ザ・ピーナッツザ・ワイルドワンズ梓みちよあいざき進也キャンディーズらのマネージャーを務めた。
 

1978年(昭和53年)4月4日のキャンディーズ解散コンサートの、総合演出も務めた。

 

この動画によると、

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、コルナサイン。

 

 

 

 

 

 

 

そして、アミューズは、 Perfumeも所属しています。

 

 Perfumeの演出は、ひどいくらいに悪魔崇拝の要素を盛り込んでいます。

 

動画より

 

 

 

 

もうこれだけで、「大里洋吉」は完全にクロ確定です。悪魔崇拝の確信犯です。

アミューズって事務所はとんでもない悪魔によって支配されている模様です。

さらに

 

この中に、「スタンハンセン」とあります。

 

サザンの前にアミューズに所属していた「原田真二」が、スペクトラムというバンドで、サンライズという曲を歌っていますが、この曲は、スタンハンセンの登場曲として有名な曲です。今でもテレビで流れます。

https://youtu.be/LURaadSEDxs

 

ピラミッド(悪魔崇拝)をイメージですかね…

 

また、他の動画での一コマがこれです。

 

 

悪魔バフォメットそのものです。

 

 

この悪魔バフォメットは、バアルともいいます。

日本では、スサノオと同じです。

確信犯ですね。

サザンオールスターズのリリースも、「大里」が指示してやったのでしょう。

 

 

次に、「21」についてですが、この数字は実は「韓国語」と関係があります。

 

 

 

http://joliechat5.blog.fc2.com/blog-entry-237.html?sp より

「21は韓国語でトンイル=統一という意味
統一教会や創価学会がらみの企業がよく使う数字」

 

だそうです。

 

さらに、

『21の付く企業』団体は在日系が多い には、たくさんの21がついた企業や団体名が紹介されています。興味がある方はご覧いただければと思います。

(ちょっと数が多すぎて引いてしまいました)

 

さらに、決定的なのは、アミューズの現住所です。

 

image

 

 

(全能神教会については次回以降に触れます)

よほど韓国がお好きのようです。いや、大里洋吉が韓国人なのかも知れません。

 

韓国のエンタメを絶賛しています。

 

アミューズ創業者・大里洋吉の韓流への熱い思いと日本への危機感 

 

こちらは韓国メディア中央日報が取材した記事です。東京に韓国ミュージカル専用シアターを作っているそうです。

 

東京に韓国ミュージカル専用シアターをオープンする日本人…「韓国の底力がうらやましい」(1)

 

韓国はエンターテイメントにお金をだすから、素晴らしいのだそうです。

 

image

 

 

真実を何も知らない方からすれば、素晴らしいじゃないか、と思うかも知れません。

しかし、これはあくまで「表の顔」に過ぎません。

 

「大里洋吉」は、完全に悪魔崇拝者で、日本を滅亡に追いやった確信犯のひとりであることは間違いありません。

 

以前のアミューズのロゴはこちらでした。

image

 

先ほどのコルナサインの動画のコメント欄によると、

 

image

 

だそうです。

大里は、フリーメイソンでもあるのでしょう。

 

ちなみに、RAPTさんの記事に、「悪魔」と「悪霊」の違いについて。「イルミナティ」と「フリーメーソン」の違いについて。(2)

 

というのがあります。フリーメイソンをご存知ない方はお読みいただければと思います。

 

今フリーメイソンは、フィフィや関暁夫などを使って、何も知らない庶民に、ポジティブイメージを植えつけようとしていますから、くれぐれも騙されないようにしてくださいね。

 

彼らは、悪魔崇拝者であり、その手下ですから。

暴力団が良いことをしようとしてイメージを上げようとしているのと変わりませんから。

 

さらに今のロゴがこちらです。

image

 

悪魔崇拝要素をふんだんに出してきましたね。

 

まず、この形はピラミッドを現します。これは、ただの三角形ではありません。三角錐を表しています。よく見てください。下の灰色の部分が「四角形」になっていますよね。そして、左側の黄色と、灰色の四角の部分は、このデザインの「奥行き」を表していることがわかります。

 

そして黄色は、イルミナティ「李家」のカラーです。

 

ピラミッドとフリーメイソンの関係はRAPTさんのこちらの記事に紹介されています。

フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。

 

イルミナティ(李家)についてはこちらからどうぞ。

【必見!】上級国民の正体をRAPTさんが暴く!! どうして飯塚幸三は未だ逮捕されないのか?

 

さらに、この「アミューズ」は、「大里ファミリーならびに金融ユダヤ」のための会社となっています。

Wikipedia(アミューズ)によると、主要株主は以下の通りです。

 

(株)オオサト 25.08%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 2.98%
GOLDMAN,SACHS& Co.REG 2.51%
大里洋吉 2.42%
大里久仁子 2.35%
アミューズアーティスト持株会 2.31%
(2017年3月31日現在)

 

日本マスタートラスト信託銀行は、「金融ユダヤ(イルミナティ、創価の事)」だとRAPTさんの記事で暴かれています。

エボラ出血熱も金融ユダヤによるテロの可能性大。新薬を開発した富士フイルムの筆頭株主は金融ユダヤ。

(ちなみに、これは、現在起こっている「コロナパンデミック」に非常に関連する記事です。お時間が許せば是非とも目を通していただければ幸いです)

 

これでは、日本人のためになるものなど、創るわけがありません。

 

大里は学生時代は映画三昧の日々だったようです。そして、これは昨日の記事の中で、バーニングの周防郁雄の話にもありましたが、渡辺は、修行のためにアメリカに行っています。おそらくここでアメリカのエンターテイメントビジネスをさらに学んだのでしょう。そしてそれを日本にもってきてやったのでしょう。

 

「文化の力を炸裂(さくれつ)させよう」の中でも自身のエピソードを話しています。

 

ところで、「3S政策」ということばを聞いたことがあるでしょうか?

アメリカによってもたらされた、「日本をダメにするための施策」として、「Sports Screen Sex」の3つの「S」を日本人に与えるというものです。

 

3S政策(さんエスせいさく)とは、Screen(スクリーン=映画鑑賞)、Sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策であり、そのような政策があったとの主張である。

 

私はこの話を「天皇派」だった船井幸雄の講演で聞いたことがあります。

「天皇派」がいいたいのは、アメリカが日本をダメにした、という主張です。

(この辺りは、ぜひとも、RAPTさんのブログで学んでいただけるとありがたいです。RAPTブログ

 

しかし、天皇派は、天皇を中心とした「NWO」(世界統一政府)を創るために、真の黒幕は「天皇」であることを隠すためのプロパガンダだったに使ったのです。

 

今回、このことを調べるにあたり、初めはサザンオールスターズは、「アメリカ=ロックフェラー=教皇派」の工作員なのかと思っていました。

桑田はやたら反日的なことをしますしね。

 

さらに、桑田がビートルズに傾倒していたのは、あまりに有名な話です。

 

この「3S」をとことんやってきた彼らは、アメリカのスパイなのかと思っていました。

 

しかし、どうやら違ったようですね。

 

なぜなら、現在のアミューズのロゴは、完全に「李家」のカラー=黄色だからです。

image

 

つまり、彼らは、ある時期までは、「3S」政策に加担し、あたかも、アメリカ側の人間だと思わせておいて、その後、本来の目的である「李家」による日本乗っ取りを行おうと今、本格的に動き出している、ということです。

 

もちろん、彼らがこの真実を知りながらやっていたかはわかりません。

本当の計画を知っているのは、ほんの一握りの人物だけですから。

しかし彼らは、「李家」のによる日本乗っ取りのために働いた「工作員」であることは間違いないです。

その兆候は少しずつ見えていました。

まず、桑田佳祐が、2014年に紫綬褒章をもらいました。

桑田佳祐、紫綬褒章を受章

もし本当の敵だったら、渡す訳がありません。というか、敵なハズがありません。天皇家は在日、李家ですから。桑田がどんなに問題を起こしたとしても、裏では繋がっています。

この年、安倍晋三がコンサートを観戦したとニュースになりました。安倍晋三は、李家の中心人物です。

https://m.huffingtonpost.jp/2014/12/28/southern-all-stars_n_6388544.html

 

 

そして、2015年に葡萄というアルバムを出します。

 

この中で、「横田早紀江」が出てきます。

 

北朝鮮拉致被害者、横田めぐみの母親ですね。

かなり重要なポイントなので、詳しく触れたいのですが、触れると、文字数が超える可能性がありますので、別の記事で触れることにしますね。

そして、2020年、中止になるかも知れない東京オリンピックの応援ソングを桑田佳祐が担当します。

桑田佳祐が「一緒にやろう2020」応援ソング“SMILE〜晴れ渡る空のように〜”であらゆる垣根を超えたその素晴らしさについて

(転載ここから)

「一緒にやろう2020」は、半年後に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて様々な取り組みを行っているプロジェクトだが、その応援ソングについては各局の代表が話し合った結果、全会一致で桑田にオファーすることが決定したという。

(転載ここまで)

 サザンオールスターズそして桑田佳祐は、悪魔崇拝者にとって、最後の大物プロパガンダ歌手です。

もうこれ以上、人々を惹きつけることができるのは、彼しかいないのです。

そのように桑田を利用しようと、今まで長い間育ててきたのでしょう。

そのため、昨今の、異様な程の「桑田佳祐」起用が目立つのです。

桑田佳祐は、反日だと思われていますが、上辺だけで騙されてはいけません。

天皇家は在日ですから。

まぁ反日は反日でしょうが(笑)、彼は完全に「李家」の人間です。

「李家」は在日です。 

在日は李家復権のために動いているのです。

彼の役目は、とにかく日本からモラルをなくし、日本をダメにする音楽をばらまくことでした。

笑顔で愛や平和を歌いながら、日本を壊してきた「工作員」歌手。それが桑田佳祐の正体です。

アミューズはそれをバックアップしました。アミューズは、金融ユダヤにも握られていますから、

イルミナティのいいなりです。

本人達は絶対にそんなつもりはない、と断言するでしょう。

彼らの努力は、結果的に国を滅ぼすことに加担しました。こんな悲しい人生はないですよね。

私もサザンが大好きだった一人です。

サザンの音楽、桑田の音楽を愛しておられた皆さん、本当にショックだと思いますが、これが真実です。

 

どうしてここまで断言できるのか、とまだ、疑問、不快に思われる方もおられるでしょう。

ご安心ください。

これからの記事で、とどめを刺します。絶対に言い訳ができない真実がありますから。

大まかに書いておくと

○満州国建設の真の目的

○東日本大震災の真実

○北朝鮮拉致の真実

これらと、サザンオールスターズ、特に桑田佳祐が深く関わっています。

これらを見たら、きっと、真実に気づくと思います。言い逃れはできません。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

次回もお楽しみに。

 

 

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.