• ついに「2023年」が到来しました!

「太田光の統一教会騒動」で分かった「ギャンブル」が生んだ売上を「助成金」として受け取り、慈善事業を行う「日本財団」とそのマネーにしがみつく「芸能界」。

「太田光の統一教会騒動」で分かった「ギャンブル」が生んだ売上を「助成金」として受け取り、慈善事業を行う「日本財団」とそのマネーにしがみつく「芸能界」。

昨今、自身のテレビ番組での発言により炎上が続いている、漫才コンビ「爆笑問題」の「太田光」。 どんなに批判されても、自分の意見を変える事なく、ずっと統一教会を擁護する発言を続けています。 統一教会を全力で擁護する著名人ら(太田光・三浦瑠麗・パックン)が国葬に賛成  国葬の2日後に控える「日中国交正常化50周年」の記念式典から国民や諸外国の目を逸らすためのスピンかhttps://t.co/71hzJmmddj — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 8, 2022 その理由は、太田光が創価学会の初代会長「牧口常三郎」の血縁である可能性が非常に高く、その親戚である「日本財団」の「笹川良一」とズブズブである「統一教会」のカルト利権を守るためだと暴かれています。 【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守かhttps://t.co/y6jFXpNyzy — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 1, 2022 #牧口常三郎 という、創価学会創始者に激似の #太田光 が、自分の素性がバレたから、コロナ騒動にかこつけて、#陰謀論 否定という時代遅れの発言 芸能人は #上級国民https://t.co/MEQvxl7iyh 太田光がテレビで訴えた「陰謀論や分断をやめよう」のメッセージ(水島宏明) https://t.co/zlQCmh3wiY pic.twitter.com/GsRnTmaB1t — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) April 5, 2020 これはたまげた。サンジャポで「お寺」と「統一教会」を同列に論じる太田光。もう太田光をテレビに出すな pic.twitter.com/NAA6GkLH7k — 滑稽新聞 (@akasakaroman) August 28, 2022 そしたら、15日、太田の妻で、所属事務所「タイタン」の社長、「太田光代」が、法的措置も辞さないと声明を出しました。 旧統一教会をめぐる爆笑問題の太田光さんの発言に、SNSで批判が目立ちます。「#太田光をテレビに出すな」がトレンド入りするなか、所属事務所は誹謗中傷やデマに法的措置をとる意向を示しました。「宗教2世」であることを告白した太田光代社長が改めて考えを語りました。https://t.co/LTvjIC5kiv — 弁護士ドットコムニュース (@bengo4topics) September 15, 2022 そして今日、太田光代、そして太田光のインタビュー記事が、続けてyahooニュースからアップされました。 【コメント2000件】太田光代さん 宗教2世告白の真意#Yahooニュースhttps://t.co/sI674mexhy — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) September 16, 2022   爆笑問題・太田光さんは高校時代、入学初日にクラスメートに話しかけるきっかけを見つけられず、三年間、誰とも会話がなかったといいます。気づけば「死すらも間近に感じた」という太田さんを救ったのは、ある一枚の絵でした。#今つらいあなたへ #Yahooニュース #太田光https://t.co/hponbxXW7I — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) September 16, 2022 まず、妻の光代の記事が出ました。   内容は、法的処置に至った理由と、自分が「宗教2世」である事についてです。   そして今度は太田光が、高校生の頃、全く友達ができずつらい日々を過ごしたが、ピカソの絵を見て救われた、という話が紹介されました。   これらの記事に一定の理解を示す人もいる中、疑問や批判も相次いでいます。 太田光代氏の主張というのは、太田光氏の発言には落ち度が無く、批判するネット民は悪ということなんですね。太田光氏の主張は、太田光代氏が宗教2世という私見に基づいているため、客観性が無いという検証はされてるのでしょうか。この問題の根本には光氏の発言があるとの認識を。#太田光#太田光代 — 赤色法師 (@red_hohshi) September 15, 2022 太田光代さんは、所属タレントで旦那の太田光さんの政治に対しての暴言は、お笑いだからって仕方無いと言い。太田光さんに対しての暴言は法で裁くというか?夫婦揃って。 — 丹 (@taikouboutan) September 15, 2022 太田光代「生まれる前から入信させられて酷い目に遭わされていて脱会した」←わかる 太田光「だから統一教会を擁護します!」←わからない 単に安倍と自民党の統一協会との繋がり擁護為にしか見えない — zetumu (@zetumu) September 16, 2022 こちらは太田光の記事に対するコメントです。 ...

Read More

【9/12再編集しました】アフリカの子供達に食べ物を与えるエリザベス女王の映像を見て、どうか悟ってください。

(9/12再投稿) 「アフリカの子供達に食べ物を与えるエリザベス女王の映像が、19世紀の映画のワンシーンのものだ」と指摘を受けました。 もしそれが本当だとすれば、訂正しお詫び申し上げます。 ただ、だからといってお伝えしたい事は変わりません。 彼らイルミナティは、自分達が行う事を「予告」として映画や小説、歌などにすることが分かっていますし、これが映画だとしても、実際に彼らが行っている事は同じだからです。 それを踏まえた上でお読みいただけるとありがたいです。 (投稿ここまで)   エリザベス女王が96歳で死去したというニュースが流れています。 5万人の幼児虐殺のかどで懲役25年の有罪判決を受けた「エリザベス女王」が死去 ネット上では以前から“既に死亡”との噂https://t.co/NX4i7HVQLo — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 9, 2022 しかしこの人も、安倍晋三同様、公表よりずっと前にすでに死んでいたという情報もあります。 エリザベス女王と言えば、「RAPT理論の初期」にエリザベス女王と前ローマ法王(ベネディクト16世)がカナダで5万人の幼児虐殺事件を起こした事が暴かれました。 ブリュッセルにある国際慣習法裁判所は、2013年2月25日に「ローマ法王ベネディクト16世(本名:ヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー)」と、英国王室「エリザベス女王」、そしてカナダの「スティーブン・ハーパー」首相らに対して、5万人以上の子供を虐殺した罪で懲役25年(仮釈放無し)の有罪判決を下しています。 【エリザベス女王・ローマ法王による幼児虐殺】カナダの先住民寄宿学校の跡地で215人の子供の遺骨発見  https://t.co/5xxCrXtRWx — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 6, 2021 しかし、そんなことは一切報じられる事なく、何事もなかったかのように今日までしれっと女王の座を守ってきたエリザベス女王。   そんな中、Twitter上にこんな情報が拡散されていました。 アフリカの子供たちに食べ物を投げている女王自身です @CBKNEWS pic.twitter.com/EZTYgZ4vIb — mT (@mT33comakoto) September 11, 2022 このアフリカの子供達に餌を投げている「エリザベス女王」を見て、ユダヤ人で悪魔崇拝者である「イルミナティ」の性質や思惑を非常に端的に伝えていると思いました。   この映像には、たくさんの事が書かれてあるなと思いました。   今、色々苦しい思いを抱いている方が、この映像が「真実に目を覚ますきっかけ」となる事を切にお祈り申し上げます。   いうまでもなく、餌を挙げている女王が、「イルミナティ」で、今は中国共産党が支配権を握り、その実行部隊として「日本財団」が黒幕としていた事が暴かれています。   そして餌を求めているのは、私達庶民です。   彼らは今、「NWO」(世界統一政府)を創ろうと実行している事が暴かれています。 【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)https://t.co/kAqCr4U9JL — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 10, 2021 NWO実現のために「コロナ茶番」を起こし、「一帯一路」政策を進め、「スマートシティ」化や、「SDGs」を強力にすすめています。 「ベーシックインカム」や「マイナンバーカード」もその一つです。 日本中から嫌われる竹中平蔵 未だにベーシックインカム実現に向けて悪あがき https://t.co/Y6pX6g4gsY — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) August 10, 2021 【批判殺到】マイナンバー普及へ、デジタル庁とTikTok🇨🇳が連携 年度内にはマイナンバー機能のスマホ搭載も表明 スパイ河野太郎、間違いなく国民の個人情報を中共に売るつもりだろうhttps://t.co/7SEUYhKgtO https://t.co/FwfqwJQQmH pic.twitter.com/P27dKttOSW — JUNI (@KJu7i) September 9, 2022   すべての分野において管理を一元化する事で、個人の力や能力をそぎ落とし、結果、政府に頼らないと生きていけないような状況を作っています。   例えば、地球温暖化と言って嘘をついて、食糧危機を演出したり、今後、別のパンデミックが起きた時にはWHOで独占体制がとれるよう条約を作っています。 食糧危機を演出し、世界中に「昆虫食」を普及させている黒幕も「中国共産党」だったhttps://t.co/MgKwA0bsu2 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 27, 2022 【ダボス会議】中国共産党員の「竹中平蔵」が食糧危機を煽る 農業・畜産業の破壊工作が活発化する一方、一向に普及しない昆虫食https://t.co/fxArPwf0nc — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 31, 2022 【WHO=中国共産党の傀儡】2024年までに「パンデミック条約」創設を目論む 感染対策を装ったWHOの独裁体制が敷かれる可能性大https://t.co/QvtESdeUOc — RAPT理論+α ...

Read More

神様が人類を救う時にどのような方法を取られるのかを教わる事で、いかに「スピリチュアル思想」が「嘘」で「サタン思想」であるかを悟った。

「RAPT理論」を知り、その後「RAPTブログ」から、「RAPT」さんが宣布くださる御言葉を学び実践する「信仰生活」を続ける中で、私達が世間一般で言われる「宗教」「キリスト教」とはまったく違い、あまりにも誤解され過ぎているので、正しいキリスト教が拡がる事を願っている、という内容の記事を以前に書かせていただきました。   【神様の証】現代の中心者「RAPTさん」の「御言葉」を学ぶという祝福を受け、正しいキリスト教がどこまでも素晴らしい事を知った! 今回はその続きで、私達は「神様」という存在について、間違いすぎた知識があまりに多く、また、絶対に知らなければならない事を、イルミナティによって意図的に隠されてきたために、本当にめちゃくちゃな情報が世の中に氾濫している、という事について書かせていただければと思います。   様々な事を教わる中で、私自身今最も強く感じる事は、「真の神様」が、人々を救いに導こうとされる時に、これまで長い間、どのような方法を取ってこられたのかが、「イルミナティ」のせいで、人類が全く理解していない、という驚くべき事実です。   RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。 この事が知られていない事が本当に恐ろしい事だと、つくづく思います。   そして私自身も未だに、サタン思想である「スピリチュアル」にハマっていた時の考えが抜けきれないなと感じる事もあり、自分の高慢さを悔い改める日々です。   そしてこの「高慢さ」を生み出す原因のひとつが、神様が人々を救おうとされる時に、どのような方法を取られるのか、全く知らないからだと知りました。   その事について、RAPTブログでは以下のように説明されています。   有料記事の導入部分をご紹介します。 RAPT有料記事161(2017年4月8日)この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。 今回の有料記事も、いつものように朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。 今回は、神様がこの世に遣わす中心人物について、神様がとても詳しく話をしてくださいました。 神様がこの世で御心を成していくとき、必ず自分の代弁者となる人間を立てて使います。 神様は霊なので、ご自身の手で直接この地上の歴史を広げることができないからです。 各時代ごとに神様の御心を成すにふさわしい人物を選び出し、その人を導き育てて、その人を神様の御心を成す中心人物としてこの世に遣わすのです。 そして、各時代の人々はその中心者から神様の御言葉を聞かなければ、決して救いを得ることはできません。 しかし、イエスの時代もパウロの時代も、多くの人々は彼らこそが神様から使われた中心人物であることを分からずに迫害してしまいました。 いつの時代も、神様から送られた使命者を見分けることがそれだけ難しいということです。 では、どのようにして私たちは時代の中心者を見分けていくことができるのか。 今回は、神様がこのことについて詳しく教えてくださいました。 このことをはっきりと悟らなければ、私たちがいくら神様を信じたとしても、自称メシア、自称使徒、自称牧師たちに騙されて、救いを失い、場合によっては地獄に堕ちてしまう可能性すらなきにしもあらずです。 ですから、ある意味、人類が救いを受けられるかどうかは、その時代に遣わされた中心者を見分けられるかどうか、この一点にかかっていると言っても過言ではありません。 また今回は、どうして神様が悪人たちの裁きを祈るように厳しく命じられているのか、今までとは違った角度からその理由をはっきりと教えてくださいました。 未だに、私の揚げ足を取るために「聖書には敵のために祝福を祈れと書かれてあるのに、なぜお前は麻生太郎の滅びを祈れと言っているのか」と言って、私を誹謗してくる人がいます。 今回はこのような彼らの言葉に対して、神様が私に代わってはっきりと反論して下さいました。 そして、そこには私たち人類の頭では想像もつかない深い理由が隠されていたのです。 神様の御心は、人間の頭であれこれと考えて理解できるようなレベルのものではないということが、今回の御言葉を通してはっきりと理解できることでしょう。 このような考え方を、日本人は一切持ち合わせていないと思います。 そして世の中のキリスト教を信仰している人でさえ、理解していないから、既存の教会に通う人が、RAPTさんの話を聞かれないという事が起こってるそうです。   そして私自身、目に見えない世界があり、目には見えなけれど大きな存在がおられるとは思ってはいましたが、それが「聖書の神様」だった事だけでなく、「中心者」という方を立てて、その方が神様の御心を成すように育てられて実際に活動をされる、という事も全く知りませんでした。   私は信仰を持つ前までは、全ての人類と神様(当時は目に見えない存在だと思っていた)の関係というのは、全ての人類との間で「平等」だと思っていました。   しかし、実際はそうではない事を知りました。   明らかに「中心者」という「神様が人類を救う目的で意図的に送られた方」がおられて、その人は明らかに、他の人間とは違う、という事です。   RAPT有料記事218(2017年10月23日)中心者が神様から特別に愛されていることを忘れるな。   つまり、この地上に「中心者」という方がおられなければ、「神様」の事を1ミクロンも知る事は出来ないという事です。   RAPTさんが上のブログ記事で書いておられたように、神様は「目に見えない世界」におられる方だから、目に見えません。   そのために神様が人類が救われるように導こうと思ったら、神様の意向を理解し、神様が願われる通りに行える人が必要なわけです。   そういう方の事を「中心者」と呼ぶわけです。   しかしスピリチュアルでは、こういう風には一切教えません。   自分の中に「神がいる」などという訳です。   「自分の心の声を大事にしよう」、だとか、「感じよう」などと、非常に耳障りの良い言葉をかける訳です。   確かに、神様は人類を「神のかたちに創造された」と、聖書(旧約聖書、創世記1-27)の中にあります。 神かみは自分じぶんのかたちに人ひとを創造そうぞうされた。すなわち、神かみのかたちに創造そうぞうし、男おとこと女おんなとに創造そうぞうされた   だから、人類を作ったのは「神様」である事は間違いありません。   しかし、自分の中に「神がいる」といって、自分の心の声を優先させてしまったらどうなるでしょうか?   人間は完璧でも完全でもありません。   自分のやりたい事や欲求にばかり正直に生きたら、どうなってしまうでしょうか。   私個人は、この考えが様々な「罪」を生みだして、人生を壊してきた体験を嫌というほどしてきました。   努力もせず怠惰になり、食欲、睡眠欲、性欲を肯定し、自分の利益、自分の権利ばかりを主張し、考えるよりも感じる事、正しい事より楽しい事を優先させるどうしようもない人間になっていました。   そうやって、自分にとって益となっている事をやっていれば、幸せでいられそうに思いますが、実際はこんな生活をしていてもいいのだろうか、という大きな不安が定期的にやってきて、何か変わらなければならない、と思うものの、何をすればいいのかわからない、と言う状態が続きました。   ましてや、世の中の仕事が、霊的に奪われるのは、信仰を持つ前から強く感じており、そういう生活に戻る気にはなれないので、経済的な不安もなくならず、ただただ当時結婚していた主人にしがみつくという生活をしてきました。   出口のない、答えが見つからない中をさまよっていました。   ただ、真実を知らない分、適当にお花畑思考でもって、何とかなるだろう、と妄想、幻想を抱き続けていました。   「自分の中に神がいる」とスピリチュアルで嘘を教えられた時は、不安や心配でいっぱいでした。   しかし、「RAPT理論」そして「RAPTさんの御言葉」に出会えた事によって「真理」「真実」という答えを頂けました。   その事で生活が一変しました。   どんなに考えてもわからなった事を教えていただき、信仰前に、どんなにあがいても怠惰な生活から抜け出す方法が見つからず、この生活を変えないといけないと思っていても見つからなかったのに、1年で離婚という形で答えがきました。   確かに大変な事もありましたが、それでも自分が想像していたよりずっとスムーズに離婚できたのです。   確かに世の中的に離婚はマイナスですし、実際経済的に苦しくなるわけですし、離婚を奨励している訳ではありません。 しかし私にとって、結婚というのは主人に甘えてばかりで自分から何も頑張ろうとしない暮らしをする事となっていたために、それが嫌で仕方がありませんでした。 だけどそれでも生きていけるからと、そこに甘んじていたのです。   しかし、信仰を持つことで、何に対して頑張ればいいのかがはっきり分かりました。 ...

Read More

今年の春に「猛毒」だと明らかになり、厚生省も認めている「ラゲブリオ(モルヌピラビル)」を9/16から一般流通させる「中国共産党の手先」の「日本政府」。

コロナの飲み薬として「ラゲブリオ」(モルヌピラビル)が16日から一般流通されるそうです。 【コロナ飲み薬 16日から一般流通】https://t.co/0HtJpVn4pg — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) September 8, 2022 コロナ飲み薬、16日から一般流通 米メルク製、軽・中等症対象   米製薬大手メルクの日本法人MSDは8日、新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ラゲブリオ」(一般名・モルヌピラビル)について、16日から一般流通を始めると発表した。 ラゲブリオは重症化リスクのある軽症、中等症の患者らが対象の治療薬。 2021年12月、軽症者用の飲み薬として初めて特例承認された。これまでに43万人以上に投与された。 従来は供給量が限られていたことから必要とする医療機関などに国が無償で配布してきた。 一般流通の開始は、薬の生産体制が整い、安定供給できる見通しが立ったため、という。 1カプセル(200ミリグラム)当たりの薬価は約2357円。 18歳以上で4カプセルを1日2回、5日間服用するため、1日の薬価は約1万8862円となる。 ただし、引き続き公費負担の対象で、患者の自己負担は生じない。 同社によると、対象患者は22年度で約15万人、販売額は138億円と予測している。【矢澤秀範】 しかし、この薬は「劇薬」で、すでに多くの副反応例が報告され、数多くの死者が出ている事が今年春の時点で明らかになっています。 政府承認のコロナ治療薬「モルヌピラビル」、販売開始後わずか85日間で服用した9人が死亡、1526人が2246件の副作用を発症(うち282件が重篤)https://t.co/yfOBT7o5Wy — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) April 10, 2022 そしてそのことは、厚労省も認めています。 経口コロナ薬 モルヌピラビル(ラゲブリオ)の危険性: ⚠️2,800件の副作用(うち343件が重篤、32人が死亡)pic.twitter.com/UOzZu2CIzM — ワクチン後遺症の被害を防ぎたい (@Novaccinekita11) August 7, 2022 『モルヌピラビル販売開始わずか85日間で9名死亡、詳細公表されず 』 モルヌピラビルは、販売開始後わずか85日間で2,246件の副作用報告があり、うち282件が重篤。 また、9人の死亡報告があるが、この9人に関しては詳細が公表されていない。 https://t.co/wO7mP5pxS6 — heyy.(マスクを外そう!) (@heyy_ime) April 10, 2022 しかし、この薬は公費負担のため自己負担はないようです。 人々がこの薬を服用しやすくするためですね。   つまり、ワクチンを打つ人たちが減っている今、さらなる「殺戮手段」として使われるということですね。   普通に考えて、もう今年の春の時点で、危険性はネット上で大きく拡散されました。 にも関わらず、それでも強引に進めるのは、目的実行のためには手段を選ばない「悪魔の化身」「イルミナティ(中国共産党)」が故ですね。 中国共産党に乗っ取られている「日本政府」🔎https://t.co/WgHhVefhWg コロナ茶番を利用し新たな手口で殺戮を実行。 厚労省はコロナ飲み薬「#ラゲブリオ」(一般名・ #モルヌピラビル)は毒だと知っている。🔎https://t.co/qoDSnP7u3L https://t.co/jzKWoYJzBX pic.twitter.com/JU8eo1nVjx — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) September 8, 2022 最も、いまだに多くの人が、テレビや新聞の情報を鵜呑みにしている状況ですから、騙されて服用する人はいるでしょうね。   そして国は、26日からコロナ感染者数の全数把握をやめ、自治体の判断で「発生届」が必要とする対象を、高齢者や重症化リスクが高い人などに限定できるようにします。 2022/09/06 NHK総合 ニュース7全数把握見直し・26日から全国一律の方針新型コロナへの対応で政府が新たな方針。岸田総理大臣は感染者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を重症化リスクが高い人に限定できるようにする簡略化した運用に、今月2..https://t.co/iLYSty0Tea3137 — JCC株式会社 (@JCC_NEWS) September 6, 2022 NHK【詳しく】新型コロナ「全数把握」見直しへ 理由は? 変更点は?   これは、8月いっぱいで、コロナ検査に補助金を出すことを辞めた事と関係があると思われます。 なるほど!地方創生臨時交付金などのコロナマネーで釣って、地方自治体の口封じてたわけか💡 補助金ばら撒く代わりに、認証店マークやマスクポスター貼らせて、従わせて、無料PCR散々やらせて、飲食店・民間の口封じたのと同じ理屈。 ばら撒き全体主義😡#コロナは利権 #もうコロナに分類はいらない pic.twitter.com/sSvIMPtvGm — しょうしょう (@sho0825s) September 3, 2022 上のTwitterからもわかるように、「内閣府地方創生推進室」が各都道府県宛に出した書類の日時が「8月24日」付けです。   そして、中国共産党の🐶「NHK」がコロナ全数把握を見直すと報道したのも、同じく「8月24日」。   ...

Read More

「神様」と言っても「偽の神」を拝むのか「真の神」を拝むのかで、その後の運命に雲泥の差が開く。

今日の午前中にインスタグラムをアップし,賛美について書かせていただきました。 こちらのQRコードからお読みいただけます。 興味を持ってくださった方は、併せてお読みいただけると嬉しいです。 さて,賛美をすればするほど,神様を褒め称える音楽がどこまでも美しく清らかで、心の底から力をいただけるので、ますます賛美をしたくなります。 その事を知れば知るほど,信仰を持つ前に聞いていた音楽が,いかに汚れ,神様を冒涜したものだったのかを悟らざるを得ません。   このブログでは、私自身,最も夢中になってきいていた「サザンオールスターズ」の桑田佳祐についての真実をたくさん書かせていただいています。 やはり今でも部分的にメロディーは綺麗だなと思うことはありますが,真実を知れば知るほど,神様の御言葉を学べば学ぶほど,本当に悪質で,気持ち悪く、稀代の詐欺師だなとつくづく思います。   ここ最近,何故だかわからないのですが、桑田佳祐に関する記事が以前よりたくさんの人に読まれているようで,誰かがTwitterなどで拡散しているのかもしれませんが,いずれにせよ,「サザンオールスターズ」ほど、人々を騙し,人々を堕落の道に突き落としたバンドはありません。 未だにその事を悟らず,まだ人気があるかのようになっている「不条理」が、苦々しくて仕方がありませんが,これからもっと「善の法則」が強力に働くようになると,RAPTさんが御言葉で宣布されています。 そのため,桑田佳祐の詐欺師ぶりがこれからもっと明らかになる事を信じて祈っています。   桑田佳祐が作る音楽は、恋愛を非常に「美しくも切ないもの」などとして,まるで恋愛することが素晴らしい事であるかのように洗脳します。 確かに桑田自身も,「真の神様」の働きを,万物から感じ、そこから曲を作っているのでしょうが,しかし彼が広めていることは完全に「サタン思想」です。 逆に言えば、彼が発言している内容は、サタン思想が満載なので,異性の罪という視点で,桑田の発言や曲を聞くと,非常に(反面教師的に)知れる事は多いです。   しかし,これがどこまでも悪質な行為であることを人々は全く知らないために(聖書を知らないから),未だにサザンは日本を代表するバンドだと「私達の国は、姦淫にまみれた淫乱な国」と自ら言っているようなものです。 それは,桑田佳祐という「上級国民」が,その血筋の力と日本国民を堕落させる為に,今でも強引に人気があるかのように思い込まされている事を知らないからです。 だから淫乱な事を言っても売れるんだ,人気を得続けるんだ,と、人々は平気で異性の罪、姦淫の罪を犯します。 その事が人類が思う以上にダメージを与え、人類が思う以上に人生を根こそぎ破壊してしまうに気づかずに。 「異性の罪」が自分の人生を壊した最も大きな原因だったことを知り、異性に好かれたいという思いを手放して本当に楽になった。 「異性の問題」は全てを破壊してしまう。しかしそれを招く「真の原因」が存在する。それを知って変わる事で「真の幸せ」に導かれる。 異性の罪を犯してしまう最大の理由は「真実を知らない」からです。 「無知の罪」が原因です。 そしてその「真実」を、支配者として居続けた「イルミナティ」が隠し続け、代わりに「サタン(悪魔)思想」である、人間と愛し合うが最も幸せだ、と嘘を教えたのです。 そしてそれを音楽という、神様を賛美するために与えられたものを使って「サタン思想」を最も長い期間、広め続けたのが「サザンオールスターズ」であり、「桑田佳祐」なのです。 上級国民である桑田佳祐は、僧侶の代わりに「悪魔教」を広める歌手だった ほとんどの人は、まだ、桑田佳祐が社会的に評価されているので、信じないかもしれませんが、とんでもない悪人です。 そしてまたしても、アルバムを出してコンサートをするそうですが、その中で、興味深いものを見つけました。 まず、李家カラーの「黄色」というのも笑っちゃいます。 梅の花は、出口王仁三郎も重要視しています。 大本神諭には、「梅の花が一斉に咲くとき、うしとら金神の世が到来する」とあります。https://t.co/SnWeVNYZ8v 出口王仁三郎は、満州国を建設し、世界征服を計画していました。https://t.co/JwO5LlLfU8 満州国の国旗も、李家の梅家紋も同じ黄色です。 pic.twitter.com/Y1pBbPRdhJ — Muhi-Muhi (@MuhiMuhi20) April 30, 2019 彼らは中国共産党の手先でかつ「イルミナティ李家」ですが、出口王仁三郎を崇めている事も、事務所を移転したことからも分かります。 創価企業・アミューズ、 出口王仁三郎の重視する「富士山」麓に移転 https://t.co/CmV4r85H8n — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) April 2, 2021 「出口王仁三郎」と「中国共産党」がつながっているので、当然といえば当然ですかね。 【第31回】ミナのラジオ – 中国共産党は出口王仁三郎の計画を実行する工作機関!! 中共のスパイを日本企業に送り込むパソナ・竹中平蔵 ~ ゲスト•RAPTさん•KAWATAさんhttps://t.co/NlMmInnZqu — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 29, 2022 【サザンオールスターズは中国共産党工作員の可能性大】②1991年~92年に行った北京ゲリラライブとコンサートは、中国共産党による「武力」を使わずに行う「日本乗っ取り工作」の一環だった。   さて、先ほどの動画で紹介された新曲の中に、こんな歌詞があるのです。   「何故 Oh 神様 助けてよ 人生の旅は まるで 雨のハイウェイ」   彼らの神様は「国常立尊」であり、いうまでもなくこの神は「サタン(悪魔)」です。   RAPTさんが中心者として本格的に活動を始められて以来、悪魔のドン「ルシファー」は第一線から退き、昨年の6月7月に渡り、霊界で起こった「ハルマゲドン」によりサタンは敗北、そして「大バビロン=中国共産党」は、義人による信仰の条件により今年中に滅ぼされる事が預言されています。 RAPT有料記事154(2017年3月13日)ルシファーが第一線を退いた経緯と、カルト宗教の恐怖について。 RAPT有料記事574(2021年7月12日)今年6月6日から7月6日にかけて繰り広げられたハルマゲドンについて初めて受けた正式な啓示。 RAPT有料記事586(2021年8月30日)ハルマゲドンが終わった今、主は私たち一人一人の人生を深く顧み、深く介入してくださる。その分、厳しい裁きや練達を受けるが、豊かに恵みを受けて早く成長し、霊肉ともに大きく栄えていくだろう。 RAPT有料記事655(2022年5月30日)今や大バビロンである中国共産党が全世界を乗っ取ってしまったが、全ては主の御心通りだ。あとは中国共産党さえ滅ぼしてしまえば、全てのイルミナティが滅び去るからだ。   彼らはこれまで、自分の身内や大事な人を含め、沢山の人々の命を「生贄」として差し出し、「JAL123便」という飛行機を使って、「520人」という生贄を捧げ、乱行をし、近親婚を行い、性的堕落、LGBTなど、徹底的に聖書に反逆して、存在しない「癌」を広める広告塔になり、サタンから富や名声を得てきた訳ですが、彼らは確実に滅亡の道を歩んでいます。 【第19回】ミナのラジオ – JAL123便墜落事故の主犯は中国共産党だった!!〜国常立(クニノトコタチ)と中国との深いつながり – ゲスト・KAWATAさんhttps://t.co/s1rNylFDCo — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) March 16, 2022 【YouTube】癌という病気は存在しない ガン利権に騙されるな!https://t.co/USCgn3xvXW — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) December 9, 2021 ...

Read More