• ついに「2023年」が到来しました!

ここまで危険なワクチンだと分かっているにも関わらず、未だに「コロナワクチンを打たなければいけないのでは」と思う考えは、「洗脳」から来ている事を知ってください。

ここまで危険なワクチンだと分かっているにも関わらず、未だに「コロナワクチンを打たなければいけないのでは」と思う考えは、「洗脳」から来ている事を知ってください。

今からご紹介する動画は、アメリカの話ですが、他人事だとは到底思えないお話です。 翻訳されたものを文字起こししました。 なぜ頭のいい言論人らが存在しても、いっこうに生きにくい世の中のままなのか? 教育と ”隠れた意図” による仕組み "彼らは子供達を「役立つ間抜け」に育てたい" ①(全3本·視聴時間 5分26秒)続き→ pic.twitter.com/Lv2PrjN7ZP — AKI ISHIYAMA (@AKI_ISHIYAMA) August 29, 2021 社会を変えるためにはどうすれば? 言うまでもなくすることの一つは、次の世代を育てることです。 それは教育システムを通じて行われます。 そして、まさに私たちに起こったことです。 アメリカのマルクス主義運動はまさにそれを成し遂げました。 (註)マルクス主義(マルクスしゅぎ、ドイツ語: Marxismus)とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された社会主義思想体系の一つ。   しばしば科学的社会主義(かがくてきしゃかいしゅぎ)とも言われる。   マルクス主義は、資本を社会の共有財産(きょうゆうざいさん)に変えることによって、労働者が資本を増殖するためだけに生きるという賃労働の悲惨(ひさん)な性質を廃止し、階級のない協同社会をめざすとしている。(ウィキペディア)   教育システムというのは将来の方向性を決定します。 次の世代の心や、考え方を決定します。 その重要さは、誰もが知るものです。 子供たちを支配し、若くて飢えた脳にイデオロギーを送り込むことができれば、事実上、生涯にわたる囚人としてとらえることができることを彼らは知っています。 (註)イデオロギー(独: Ideologie, 英: ideology)とは、観念の体系である。文脈によりその意味するところは異なり、観念形態、思想形態とも呼ばれる。 通常は、政治や宗教における観念を指しており、政治的意味や宗教的意味が含まれている。(ウィキペディア) それを、国際競争力、大学進学力、経歴力などの大義のものに行っているのです。 つまり、遠回しな表現で“実際の意図”を隠しているのです。   グローバル教育の生みの親であるロバートミューラーは国連事務次長を務めた人物です。 そして、ワールド・コア・カリキュラムの生みの親でもあります。 その目的は、“集団の考えの成長を促進すること、集団の善意や集団理解、集団との関係、そして集団の善意が集団の意識につながるよう””と述べています。 彼のワールド・コア・カリキュラムは、アメリカではジョージ・ブッシュが「アメリカ2000」として推し進め、これをビル・クリントンが「ゴール2000」と改名し、その後、ジョージ・ブッシュ・Jrが「落ちこぼれゼロ運動」として一審し、バラク・オバマの「コモン・コア」の原動力となったのです。   すべては同じことなのです。   共和党でも民主党でも、完全な洗脳という同じ道を進んでいます。 ジョン・デューイ以来、エリートたちによる教育の焦点は できるだけ早く、子どもたちを集団主義的な考え方に移行させることでした。 ②"最低限の給料で、週60-70時間も働いて満足するような従業員が作られる" pic.twitter.com/auChrKLqB2 — AKI ISHIYAMA (@AKI_ISHIYAMA) August 29, 2021 共和党宣言の第10項目では、すべての子供に、国が無料で教育を提供し、教育と工業生産を結び付けることが謳われています。 ビル・ゲイツは国連と協力して、私たちの学校を単に企業国家アメリカの税金を使った“訓練場”にするモデルを構築しました。 結局のところ、この道のほとんどはより政府中心の経済で利益を得る人々のところへ戻っていきます。 なぜなら、彼らはテーブルについているからです。 彼らはすでに政治的に活躍していて彼らは競争を気にしたくありません。 競争がなくなるだけでなく、生きていくのに必要なだけの給料しかもらえない週60や70時間も働いて満足するような従業員が作られるのです。   伝統的に、アメリカ人はこのようなことには関心がありませんでした。 彼らは、神が与えてくれた個人の才能や能力をすべて使いたいと思っていました。 彼らは人生で100の様々なことをしたいと思っていました。 発明をしたり、新しいビジネスを始めたり、世界を変えたりと・・・   しかし、エリートたちはそれを望みませんでした。   だから破壊しなければならなかったのです。   マルクス主義のビジョンを追求すると同時に私たちはそれを不可能にしているようなものです。 有権者というのはあなたが再分配しようとしている富が実際にはなくなってしまったということです。   あなたはまだそれに気づいていません。 ③ "善し悪しを議論する全エネルギーと努力が、行き止まりの道へと脱線させられてる" pic.twitter.com/Q9hp7Fc2FJ — AKI ISHIYAMA (@AKI_ISHIYAMA) August 29, 2021 掘り下げ始めたところで、大きな間違いを犯していることに気が付きました。 このようなさまざまな問題にある衝動は、物事が実際にどうなっているかという現実を受け入れたくないということです。 結論を言えば、私たちの敵は、“学校”を支配しています。 ですから、修正はできません。 私自身が聞きたくないので、あなたがそんなことを聞きたくないのは分かります。 彼らは私たちの子供たちを“役立つ間抜け”にしたいのです。 国に依存するようになってほしいのです。   それが全ての目的なのです。   だから、彼らはお決まりのものを何度も何度も再パッケージし、名前を変更し、再ブランドします。 これは故意に、下り坂にされているのです。 私たちはこれを理解しなければなりません。 意図的なのです。   ...

Read More

「ワクチンビジネス」は、人類にとって甚大な被害を与える「死」のビジネス。リスクしかない若者への接種は「ワクチンの在庫処分」のため。

何度もyouTubeから動画を削除されても、知恵を使って次々と新しいコロナに関する動画を配信されている、北海道在住の「鹿先生」。 その「鹿先生」によると、若者にまでワクチンを打たせているのは、「在庫処分」のためだとのことです。 この動画によると、ワクチンの注射液が入っている瓶(バイアルという)から、6人分のワクチンが打てるそうです。 そして、田村厚労大臣によると、ファイザーへの支払いは、「打った回数分」に応じて支払うそうです。 つまり、「瓶(バイアル)」の値段ではなく、打った人数分(ショット数)の支払いになるため、もし、打ち手が少なくなり、打てなくなると、「使用期限」が近づくために、ワクチンが無駄になります。 そうすると、(「ワクチンでコロナから身を守る」という(インチキですが)大義名分になっていますから。) 在庫を、まだ十分に打てていない国に、ワクチンを回さなければいけない。 だから、政府としては「常に打ち続けなければならない」訳です。   そのために、打つ理由が全く見つからず、リスクしかない「若者」にまで打たせようと必死だという事のようです。   以前、全国展開の子供服ブランドの販売をしていた事があったのですが、店で抱えている「洋服」が売れなくて、他店で売れていると、在庫を他店に送っていました。(その方が商品が売れるため) しかし、そんな事を頻繁にやっていると、本部から、この店は「売れない店」だとみなされて、十分に商品が入ってこなくなる、という現象が起きます。 そのために店としては、できるだけ他店に頻繁に送りたくない、というのが本音です。   まさに、これと同じですよね。   つまり、「ワクチンがビジネス」になっているからこそ、仕組み上(儲けるために)、より多くの人に迅速に接種させようとしている、という事です。 より多くの人が接種すれば、それだけ「人口削減」という目的にもつながる訳です。 「一石二鳥」ですね。   「ワクチンビジネス」は、人類にとって甚大な被害を与える、「死」のビジネスです。   この事からも分かるように、私達庶民の事など、1ミクロンも考えていない、というのが真実なのです。 ただ、在庫を確保し続けるために「ワクチン」を打ち続ける。 なんて言ったって、これは「死を招くためのビジネス」ですから。 政府、ワクチン購入など予備費1.4兆円支出を閣議決定。https://t.co/OSaOkl2vCt ワクチン3回目の接種を念頭に、ファイザー社との間で1億2000万回分購入に向け協議中。 庶民から税金をぼったくり、猛毒のコロナワクチンを購入し、庶民を殺戮。https://t.co/MeQ8nPRQlN 悪質極まりない。 — トマス (@AZETdrclzfunJJu) August 27, 2021 そして、3回目のワクチン接種の予定も決まっているようですね。   【人口削減の徹底化に向けて】3回目のワクチン接種、医療従事者は10~11月に、高齢者は来年1~2月に開始予定https://t.co/iZgFJGvuuh — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) August 29, 2021 大量殺人犯の河野太郎が3回目接種分のワクチン確保を発表、確実に国民の命を殺戮しようと目論むhttps://t.co/pNhLeW9Ixo — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) August 16, 2021 ここまで急かして打たせようとする政府の本音が分かっても、まだ、ワクチン接種しますか? 庶民の健康のためではなく、「創価企業」の儲けと人口削減のためにやっているのですから。 コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!!  https://t.co/Ch5UFjkV9o — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 20, 2021 だから、どんなに死者がでても、副反応がでても、異物が混入していたとしても、強引に接種を進める訳ですね。 厚労省が新型コロナワクチン接種後1093件の死亡事例を報告 第67回厚生科学審議会 8/25(予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)https://t.co/qDsZk91EdG pic.twitter.com/eYB7MGnw5q — 船瀬俊介の船瀬塾 (@funasejuku) August 25, 2021 格闘家のぱんちゃん璃奈が、モデルナ・異物混入ワクチン接種後に重度のアナフィラキシーを起こし、麻痺、呼吸困難、顔面の腫れ、湿疹により救急搬送https://t.co/cmhqZ6hEvp — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) August 30, 2021 元ナチスの毒ガス工場だったモデルナ社の異物混入ワクチンで重い副反応 重金属(酸化グラフェン)による神経障害の疑いhttps://t.co/DQSbpNhSBJ — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) August 28, 2021 【ファイザー製でも異物 ゴム片か】https://t.co/H87a1YFP0Y 沖縄県八重瀬町で実施のファイザー製ワクチンの集団接種で、1瓶から黒色の異物が確認されたことが判明。この瓶のワクチンを接種した町民はいなかったが、同じロット番号のワクチンを計304人の町民が接種。健康被害の報告はないという。 — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) August 30, 2021 人口削減のため、イルミナティの儲けのためのワクチン接種など、打つ理由はひとつもありません。 真実を知り、自分やまわりの人の命を守ってくださいね。   ...

Read More

人口削減のための「コロナワクチン」。そのため、男女共の「生殖機能」を壊す働きがある事が分かってきました。

「猛毒コロナワクチン」が、「卵巣」にたまる事は、有名な話です。 Dr.ブライドル氏曰く… 「血液に入ったスパイクタンパク質はワクチン接種後、何日間かでその人の血管をまわります。 そして脾臓や骨髄、副腎や肝臓のいくつかの組織に蓄積され卵巣へも高濃度で蓄積されてしまいます。 スパイクタンパクは毒です。 循環器系に入ると身体にダメージを与えます」 pic.twitter.com/fFoO05VrUZ — 🇯🇵Miso🗣(全世界一斉IQテスト実施中)🇯🇵 (@misosoup2012) August 28, 2021 しかし、男性にも生殖機能に大変な悪影響を与えます。 【WeRise Vol.2】 大橋眞先生 精巣にスパイクタンパクの受容体があるから、ワクチンは精子の活動に影響を及ぼす可能性がある#WeRise — 目覚めてる庶民(自頭2.0) (@Awakend_Citizen) March 27, 2021 私もこれ聞いています。ご夫妻とも妊活中で、毎月調べてたのに、打った前と後が、上のLINEに書いてあるのと同じような状態で、2回目は受けないそうです。人口○減目的ワクチソなので当たり前ですよね — わんこらぶ (@meguwankolove) August 23, 2021 この方のツイートには、婦人科医がネットで検索しても出てこない、と言っていたと書かれてありますが、 googleは、コロナ茶番の実行犯、「創価学会」系企業です。 YouTubeは創価企業・Googleの傘下にあり、創価学会にとって都合の悪い動画に対し、削除だけでなく、再生数やチャンネル登録者数を不正に減らすなどの嫌がらせをしてきました。 https://t.co/fxACZpzmxr — こっこ (@gattyan0001) August 15, 2021 そのために、創価に都合が悪い情報、コロナやワクチンに関する都合が悪い情報は、出てこないように情報操作されています。 創価企業のGoogleがのしあがれたのは、単に他社に対する嫌がらせの結果だったようです。 しかし、今年に入って、Googleによる情報弾圧がひどくなり、それに伴って検索の精度も下がってきたため、Googleの勢力はこれからどんどん下降していくでしょう。 これからは検索エンジンを使い分ける時代。 https://t.co/cwEQrNHICe pic.twitter.com/wI85B6AoNf — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) July 10, 2020 googleはもうだめです。大手検索サイトのほとんどが、政府や製薬会社に不利になる情報を検索上位に表示しないようにしています。 — 盈月 (@mitsuki_ab) August 29, 2021   しかし、実際に被害に遭った方達が、ツイートされています。 流産するワクチン精子の運動が低下する不妊ワクチン。 目的は人口削減 陰謀論でもなんでもない。#ワクチンは人口削減目的https://t.co/oh3AEtYPmK https://t.co/WKLpixo734 pic.twitter.com/PrqMgZZy7H — ”ねこっち”(社会派大喜利) (@B1U3rgXOvpqqhB3) April 27, 2021 夫、昨晩二度目のワクチン打って副反応で今日の昼過ぎから発熱。8度6分まで熱出たよ〜。精子死滅してんじゃねーのこれ😱😱😱でも彼が死んだら生きていけないので今は精子よりコロナの抗体作ってくれたほうが良いってことで…。 — みんみん (@JOqsJNILA3r93ME) August 29, 2021 若い子ほどワクチン射ったら精子を調べた方が良いよ。 https://t.co/f08ltY8CFZ — /lll_-__||||||/_ ^H///UR (@oooioooiooo2) August 24, 2021 不妊治療中の看護師夫妻「夫がワクチンを打ってから、 いつものように精子を取って人工授精をと・・ でも今までの精子は活発に動いていたのに ワクチンを打ってから取った精子は動いていなかった」https://t.co/lHLbsVme0J — xcsv (@xcsvy) August 30, 2021 6月3日付けの事実報道でも。不妊治療中の男性、ワクチン接種後に精子ゼロに。 pic.twitter.com/9gzpKcHjUT — 日本音楽療法学会認定音楽療法士 Yukimi.F ...

Read More

【賛美の力】コロナ茶番の中、離婚を経験して喜びと幸せを感じて生きられる理由。

私は、コロナ茶番がはじまる直前の「2019年12月」から信仰を持ち始めて、そのちょうど1年後、離婚しました。 確かに大変な事もあります。 特に専業主婦として生きてきたので、経済的な打撃は相当大きいです。 そして今でもそれが完璧に100%解決したわけではありません。   しかし、そんな私でも、本当に有難いことに喜びと希望を感じながら、幸せに暮らす事ができています。 今日は、今の私を支える「信仰生活」について、ご紹介したいと思います。     私は、「RAPT理論」を説かれた「RAPT」さんが伝えてくださる「御言葉」「有料記事」を通して、「真の神様」を知り、そこから「クリスチャン」として、信仰生活をさせていただいています。 信仰をもつことによって得た喜び、驚きはたくさんありますが、 信仰を持ちはじめた時に、一番衝撃的だったのは、「賛美」でした。   「神様に感謝し、歌を通して褒めたたえる」という考え方に、非常に衝撃を受けました。   私は歌が大好きでした。 小さい頃は、自分の人生に「音楽」がある事は最も自然な事だと思っていました。 そのため、テレビの歌番組は夢中になってみていました。 しかし、だんだんとそれらでは喜びを感じなくなり、疑問を感じるようになりました。 確かに歌を歌うのは楽しくて希望をもらえるのですが、何かどこかで虚しさや限界のようなものを感じていました。 そして、現実的に、私は歌が好きなだけで、技術的、能力的にとびぬけた才能があるわけではないので、歌を歌う事で、生計を立てていくという事は、現実的には不可能だと知りました。 大人になり、本当は歌いたいのに、歌いたいと思う歌もなく、歌で生きる道もないのであれば、歌が好きだった事すらも、封印していきました。 だから、歌以外で、自分を生かす道はないのだろうか、と探し続けてきました。   信仰を持つようになってまず驚いたのは、「聖書」を読む中で、歌や音楽というのは、「神様を称えるためにある」ものだと知ったことです。 ところが、私が親しんできた音楽というのは、芸能界が作り出す音楽で、特に、一番好きになった歌手が「桑田佳祐」でした。 そして、彼が作り出す音楽は、『RAPT理論』によって、最も神様が忌み嫌われる、性的堕落を促す音楽である事が分かりました。   上級国民である桑田佳祐は、僧侶の代わりに「悪魔教」を広める歌手だった   これは、めちゃくちゃショックで、本当に悪い事をしていたのだと思いました。   そこで、サザンの真実、桑田の真実を、『RAPT理論』を元に詳しく調べて、それらをブログ記事にしました。 そしたら、サザンや、桑田の所属する『アミューズ』がとんでもない悪魔崇拝バンド、悪魔崇拝事務所である事、さらには「群馬人脈」という、現在日本を最も悪く狂わせている「出雲族」勢力の中心にだという事がさらに暴かれて、それだけでなく、三浦春馬を殺し、児童虐待、小児愛者のための施設を作っていた事などが分かりました。 (そのうち、アメブロで書いた記事は全て、削除されてしまいました)   アメブロで書いていた、サザンオールスターズの真実に関するブログが削除されてしまいました。 サザンオールスターズの真実  創価企業アミューズは悪魔崇拝でのし上がりイルミナティともつながる 創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。 「宇宙の嘘」から、サザンオールスターズは、キリスト教を破壊し、本当の神様を冒涜するために意図的に作られたことが明らかに。 「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ①3.11のチャリティソングは放射能が危険だという嘘を「洗脳」するために作られた。 「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ②桑田佳祐はひとりではありません。 「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ③サザン成功の秘訣はどこまでも忠実に人々を「悪魔思想」に洗脳したこと。   自分が「歌や音楽」に対して、失望したのは、それらが皆、「サタン」によって堕落した音楽だったからだ、という事を知りました。   そんな中、過去の御言葉を学ぶうちに、信仰の4本の柱の中に「賛美」というものがあると知りました。   それを聞いた時に、初めは少し、抵抗したくなる思いが出ました。 歌うことについて、ものすごく求めながら、自分の夢はかなわないのだ、と諦めていたので、歌を歌う事が「怖い」と思っていました。   しかし、2017年9月から、RAPTさんが建てられた教会で、御言葉が宣布される「朝の祈り会」音声の中で、冒頭に、奈々さんが賛美歌を歌っておられるのを聞いて、心底驚きました。   朝の祈り会   聖霊に満たされて、どこまでも清く、それでいてとても力強い歌声に、歌に対する概念が変わりました。   この当時歌われていた賛美歌は、のちに工作員だと判明した人物が作ったものだという事は分かっていましたが、当時の私は、奈々さんの歌声を聞き、一緒に歌う事で、救われて、聖霊を感じ、恵みをいただいていました。 しかし、やはり当然のことながら「工作員が作った賛美歌」という思いが頭から離れず、今自分がこの歌を賛美している事を神様はどのように感じておられるのだろうか、と、祈りもがきました。 大変な罪を犯してしまっているのではないだろうか、と祈りもがきました。 しかし、奈々さんが歌われるその「歌声」を聞いていたかったし、一緒に歌っていたくて、また、ものすごく恵みや聖霊に満たされる事もあったので、祝福してくださっている事もあるのか、と思いました。   そこで、真に神様を愛し、信仰している人達の賛美を歌いたい、と願い祈っていたら、youTubeで、兄弟姉妹と思われる方が賛美歌をアップされているのを知り、その方の賛美を頻繁に歌うようになりました。 また、既存の教会で作られた、youTubeでアップされている賛美歌も歌っていました。   そして、同時に、奈々さんの賛美を聞きたい、そして、後ろめたい思いを抱くことなく、堂々と奈々さんの歌声を聞いて賛美したい、と願っていました。   そしたら、今年の4月から、奈々さんが「Instagram」で、賛美歌を歌ってくださることになりました。 待っていました! NANAさんの讃美歌が、INSTAGRAMで聞けるようになるそうです。   待ちに待った奈々さんの賛美歌、しかも、だれでも聞きたいと思ったら、すぐに聞くことができる!   まずは、既存の教会で歌われている賛美歌を紹介してくださいましたが、youTubeでアップされている人達のものとは全く違いました。 やはり「聖霊」に満たされた方が歌っているからだと思いました。             この投稿をInstagramで見る                       nana(@nana2012227)がシェアした投稿             ...

Read More

【医療は「死」のビジネス】厚労省「ワクチン分科会」の構成メンバーが「製薬会社」からどれだけお金をもらっているのかを調べたら、金額以上に「製薬会社の闇」が深い事が明らかに。

厚労省の「ワクチン文科会副反応検討部会」「安全性対策調査員」のほとんどが、ファイザー、アストラゼネカ、アストラス製薬などから、お金を受取っていた事が明らかになりました。 厚労省ワクチン分科会副反応検討部会、安全性対策調査会の委員を少し調べたなんと15名中13名がファイザー、、アストラゼネカ、アストラス製薬などから💰を受け取っているこれは上位5名参考人として第64回に参加した大屋敷一馬氏は破格 こんな人たちの審査で正しい評価が出来るのか❓ pic.twitter.com/qL5xjUBjxP — 🍀ᙢ〇ᖇᗩᘉ 🍀 (@moran_with_love) August 21, 2021 前回(8月4日)の「第66回のワクチン分科会」に参加した人たちは、以下の通りです。 第 66 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会   そして、この黄色い線が引いてある人達が、お金を受取っている模様です。 (先ほど紹介した方のツイートには、「13人」とありましたが、こちらで調べた所、一人、どうしても確認できなかったので、この記事内では、「12人」としています。)   「ファイザー」「アストラゼネカ」「武田」、そして、「塩野義」「アステラス」をはじめ、その他「ワクチン」を作っている製薬会社、「治療薬」を作っている製薬会社からお金をもらっているかどうかを見て行きます。   上が2016年、下が2017年です。     「永井利三郎」氏にお金を渡した「大塚製薬」は、ありもしない「ガン」治療のためのワクチンを作っています。 大塚製薬と扶桑薬品工業 がん治療用ワクチン「OTS102」の製造販売に関する契約締結 1月26日 エーザイは、ビル&メリンダゲイツ財団ともに、COVID-19 に 対する診断法、治療薬、ワクチンのグローバル・アクセス拡大に関する共同声明を発表しています。 エーザイ株式会社 – COVID-19 「濱田篤郎」氏にお金を渡したMSDも、ノバルティスファーマも、サノフィも、ワクチン製造メーカーです。 MSD 医療用医薬品・ワクチンをお届けする製薬会社 ノバルティス、ファイザー社とビオンテック社が開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン向けに生産能力提供の初期契約を締結 サノフィパスツール(ワクチン部門) – Sanofi in Japan 「宮川政昭」氏にお金を渡した製薬会社の、ワクチンに関する情報は以下の通りです。 第一三共、コロナワクチン年内に大規模治験 がんワクチン、国内外で開発活発化…塩野義や大日本住友が臨床試験、NECもAI活用で参入 田辺三菱製薬、コロナワクチン国内治験、今夏にも決定 | 化学工業日報 (chemicaldaily.co.jp) 企業買収やコロナショックで成長している高配当株アッヴィ   こちらは、「鳥」に対するワクチン。 ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン 国内初 の発泡錠剤型 鶏伝染性気管支炎生ワクチン『IB生ワクチン「BI」H120ネオ』を新発売   こちらは、ワクチン治療薬を製造する会社。 コロナ治療に有効か イベルメクチンの臨床試験を開始 興和 | 毎日新聞 (mainichi.jp) 小野薬品 新型コロナ治療薬候補のフオイパン P3の結果次第で21年度上期に申請へ   「森尾友宏」氏にお金を渡した製薬会社の詳細は以下の通り。 武田薬品が完全子会社化する「日本製薬」ってどんな会社 【帝人ファーマ】新型コロナ臨床試験用‐シクレソニド2万本供給 中外製薬のコロナ治療薬が軽・中等度向けで初の承認 製薬協加盟各社による、治療薬・ワクチンの研究開発の取り組みについて(ユーシービージャパン株式会社) 「山縣 然太朗」氏   ここから【安全対策調査会】メンバー。   「石井伊都子」氏にお金を渡した製薬会社の詳細は以下の通り。 私の地元、愛知県の中部大学武田先生がコロナワクチンは、ファイザーなど外資系の企業で利益を得ています。日本のコロナワクチンに持田製薬のが臨床試験にパスしているのに、厚生労働省がなかなか認可しないのでおかしいとtubeで公開しました。https://t.co/IU7VWqaQD3 — 坂井哲也 (@k38hKsm43aPCISs) June 3, 2021 【扶桑薬品】夢の新薬「がんペプチドワクチン」の将来性 コロナ副反応の発熱を抑えるとして、よく出てくる「解熱剤」。その解熱剤の「カロナール」は「あゆみ製薬」が製造販売。 【鎮痛解熱剤 】ロキソニンとカロナールの違い、どっちがいい薬?   「伊藤清美」氏   「岡明」氏にお金を渡した製薬会社の情報は以下の通り。 ヤンセンファーマ 新型コロナワクチンの国内フェーズ1開始 【武田薬品工業】完全子会社(シャイアー・ジャパン)との合併(簡易・略式合併)に関するお知らせ   「柿崎暁」氏にお金を渡した製薬会社の詳細は以下の通り。 ブリストル・マイヤーズスクイブはコロナワクチンの開発を行っていませんが、ビル&メリンダ・ゲイツ財団やCOVID-19検査業界コンソーシアムなどに積極的に関わる。 〇欧米ヘルスケア銘柄の最新業績:ブリストル・マイヤーズスクイブとGSK   ...

Read More