• ついに「2023年」が到来しました!

「コロナ茶番」が収束に向かう中で、「メディア」が「ワクチン接種」促進プロモーションを募集していた。急速に暴かれる醜悪の「マスゴミ」。

「コロナ茶番」が収束に向かう中で、「メディア」が「ワクチン接種」促進プロモーションを募集していた。急速に暴かれる醜悪の「マスゴミ」。

今日をもって、日本の全ての都道府県で、「緊急事態宣言」「まん延防止措置」が終了します。 ビル・ゲイツが10月5日に処刑されるという情報が出てから、世の中が「コロナ茶番」の終焉に向かっています。 【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどでhttps://t.co/devfQLp1j4 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 14, 2021 こちらの「嘘つき」も、国外へ逃げたようですし。 【河野太郎の下僕】こびナビ・木下喬弘が国外逃亡か? コロナ禍以前に住んでいたボストンへ ますます広がるビル・ゲイツ有罪判決の影響https://t.co/dF51Lkgj6E — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 24, 2021 完全な「敗北」が濃厚になった「イルミナティ」は、暴挙というべき行動に出ています。 YouTubeが暴挙に出た。敵も必死だね。コメント欄がまとも過ぎる意見で溢れている。目覚めた人は思ってるより多いのかもしれない。TwitterでもYouTubeと同じく言論封鎖が起こらないとも限らない。さて、どうしたものか。https://t.co/aKZz8Zjoem — blue (@eternal_blue_p) September 30, 2021   彼らは、命がけで「ワクチン接種」させようと必死ですが、次から次へと、真実や実態が明らかになります。 なんだかんだ言っても、このような「声」が、最も信ぴょう性がありますね。 とある製薬会社の取引先で事務してる友人も、『あの会社の人は誰も打ってない、打たないようにと教えられた』と言っていた やっぱりなって感じです 日本製のも打つなと言ってました — Lee ※mRNAワクチンは人の命を救いません※ (@saori9630) September 30, 2021 身の回りのタクシー運転手が、とある製薬会社の人を乗せた際、コロナの話しになり「あのワクチン絶対射たない方がいいですよ。人がたくさん死んでます」と教えてくれたそうです。なのにその運転手は射ってましたが😂 — 敏・ディーゼル (@sd837ya4) September 30, 2021 クソだなこれwwwwww インスタのフォロワー私2.5万人以上いますが、こんなのインフルエンサーに金出してやらせるの闇すぎ。詳細は控えるけどやばすぎ。 pic.twitter.com/Mc7Kcu2xDt — 🥬キャベツお兄さん🥬 (@kyabetsuoniisan) September 29, 2021 ちなみに1フォロワー1円の案件ですので私の場合一回投稿で25,000円とかになりますw そんな小銭貰っても、1,000万円貰えてもワクチンなんか打ちませんし宣伝しませんけどね!🤣人殺しに加担する可能性もあるので🤭 — 🥬キャベツお兄さん🥬 (@kyabetsuoniisan) September 30, 2021 フォロワーが多ければ(1万人以上とか)なら案件でお金もらってる可能性が高いですね。5,000人レベルでもエンゲージメント率が集れば報酬もらってやってる可能性ありそうです。 — 🥬キャベツお兄さん🥬 (@kyabetsuoniisan) September 30, 2021 それ人気YouTuberなら100%報酬もらってやらされてる案件確定です🙂 — 🥬キャベツお兄さん🥬 (@kyabetsuoniisan) September 30, 2021 思えば、「コロナ茶番」を通して、色々な真実が明らかになりました。   コロナウイルスなどと存在しないものを「ある」と想定して、パンデミックという幻想を起こす存在がいること。 厚労省「コロナの存在を証明するものはないが、あるものとして対応している」 「ないのにある‥?」 コロナはもはや“なぞなぞ”と化しています。 厚労省の方もこのように言っていることですから、もうコロナ茶番やめません? 医師会の会長もコロナがないと証明してますし。https://t.co/5ZptbHcFHi https://t.co/DiVKWiTn4t — KAWATA (@KAWTA02) May 24, 2021 儲けのために、平気で人にワクチンという「毒」を打たせる人間がいる事、 さらには、これから生まれてくる子供を減らすために、絶対にうつ必要がない「子供」、そして絶対に打つべきではない「妊婦」にまで、ワクチンという「毒」を打たせようとする人間がいる事、 ついに日本産婦人学会が妊婦や胎児をコロワクで殺そうと動き出した。https://t.co/afgnECQuz8 これまで接種を避けるよう求めていたにもかかわらず、一転して推奨し始めた。一生後悔する前に、💉の危険性を知ってください⚠️🔸https://t.co/t6e4dVy3Vh🔸https://t.co/HwRDrblkkY pic.twitter.com/PZygdSfdDG — KAWATA (@KAWTA02) ...

Read More

【お笑い芸人は「イルミナティ(ユダヤ人)」で庶民を堕落させた「工作員」】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その2

この記事は、 【「イルミナティ(ユダヤ人)」は日本に悪魔崇拝を広めた犯人】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その1 の続きとなります。 前回は、祇園「八坂神社」周辺の状況を中心にお伝えしましたが、今回は、祇園から、少し西に進み、河原町通りと四条通の間にある「新京極」という場所から、「ユダヤ人による、庶民の洗脳計画」についてもう少し見て行きたいと思います。 「新京極」と言えば、おそらく京都の来たほとんどの修学旅行生が訪れていると思うので、地元の人以外でも訪れた事がある人は多いのではないか、と思います。 【京都市公式】京都観光オフィシャルサイト   北は三条通から南は四条通に至る約500メートルのこの通りを新京極通といい,通り名は平安京の最も東に位置した東京極大路(現在の寺町通)の東側に新しく作られた通りであることに由来する。   天正年間(1573~1592),豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通に集めたことに伴い,その境内が縁日の舞台として利用され,周辺は見世物や催し物を中心に発展するようになった。   明治5年(1872),このことに注目した京都府参事槇村雅直は,東京遷都で衰えていた市民の士気を盛り上げるべく,寺院の境内を整理して,そこに新たな通りを造った。   新京極通の誕生である。   明治10年(1877)頃には紙芝居,浄瑠璃,寄席などの興業場や飲食店などの多くの店舗が立ち並び,明治30年代には東京の浅草,大阪の千日前とともに,日本の三大盛り場として知られるようになった。   現在も,修学旅行生をはじめとする多くの観光客や買物客でにぎわう,京都を代表する繁華街である。   上方落語の始祖・安楽庵策伝が住職を務めた誓願寺,和泉式部の寺として知られる誠心院や,西光寺,蛸薬師堂妙心寺,安養寺,善長寺,錦天満宮,染殿院という由緒ある7つの寺院と1つの神社が通りの歴史を今に伝えている。  「RAPT理論」を知らなかった頃は、この説明文を読んでも、「ふーん。。。」で終わっていましたが、真実を通して見て行くと、やはりこの街は完璧に「ユダヤ人」によって創られて、庶民を徹底的に洗脳するために作られた街である事が分かりました。 この説明文を通して見て行きたいと思います。   「北は三条通から南は四条通に至る約500メートルのこの通りを新京極通といい,通り名は平安京の最も東に位置した東京極大路(現在の寺町通)の東側に新しく作られた通りであることに由来する。」 前回の記事でご紹介した通り、平安京という言葉は、「イスラエル」の首都「エルサレム」から来ています(エル・サレムはヘブル語で「平安の都」という意味)。 天正年間(1573~1592),豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通に集めたことに伴い,その境内が縁日の舞台として利用され,周辺は見世物や催し物を中心に発展するようになった。 はい、出てきました「豊臣秀吉」。 実は、豊臣秀吉というのは、朝鮮人で「李家」の人間である事が明らかになっています。 皇室は豊臣秀吉と血縁関係にあります。そして豊臣秀吉は木下藤吉郎という名でした。つまり、木下姓は朴姓です。 佐野研二郎(朴尊簸)や新井浩文(朴慶培)木下優樹菜(朴優樹菜)などの芸能人に朴姓が多い理由は豊臣秀吉に所縁があるということです。 — god_bless_you_ (@god_bless_you_) February 11, 2019 豊臣秀吉も在日とは…木下藤吉郎の木下は「朴」の帰化名。 日本は、天皇家や麻生太郎、安倍晋三という在日朝鮮人に支配され、彼らの私物と化しているという事実。そりゃ、日本の暮らしが良くなるわけがない! 日本は在日ヤクザに牛耳られている↓https://t.co/F5ty8rf9uL https://t.co/7BL5ZxLsFY — 雲虹カフェ (@x3NE3J1XpipyKAD) November 27, 2018 「朴(ぼく)」姓というのは、朝鮮半島にあった「新羅」(前57年 – 935年)の初代王の姓でもあるようです。 #朴 姓 新羅の伝説上の初代王である #赫居世居西干 が朴姓の創始者である 赫は朴と同音(パルク)で新羅語の #光明 の意、居世は吉支(キシ=王)と同音として光明王を意味する 光明とは『#イルミナティ』のことで、朴もそうであると言えますね。https://t.co/LvixCkJXEH pic.twitter.com/fBKzKn1xCM — god_bless_you_ (@god_bless_you_) December 22, 2018 「キシ」というのは、「李」という感じを二つに分けたもの「木」と「子」である事が明らかになっています。   さらに、この人物について、(Wikipedia)ではこのように書かれてあります。 赫居世居西干 斯蘆国の初代の王、新羅第1代国王、密陽朴氏の祖 三国史記の朴氏の始祖説話に登場する瓠公は倭人であり、これが朴氏初代の朴赫居世ともいわれる。   日本側の記録では、『新撰姓氏録』において新羅の祖は鵜草葺不合命の子の稲飯命(神武天皇の兄)だとされている。 神武天皇は、赤がカラーの「秦氏勢力」です。 しかし、「新羅」は、秦氏と敵対する「出雲族」である事が「RAPT理論」で明らかになっています。 そして、この記事の中で続けて、もともと「秦氏」は「出雲族」の一つであったけれど、何らかの理由があって、「秦氏」に転身したと指摘されています。 RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。   そして、当の豊臣秀吉はというと、ある時までは「秦氏」として存在し、ある時を境に「出雲族」に転身したようです。 RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。   いずれにせよ、現在でも「豊臣秀吉」の影響は絶大です。   これは、「現在の「内閣府」は「豊臣秀吉」の家臣によって」構成されているからだ、とRAPT理論で暴かれています。 RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。   これは昨日(2021年9月28日)の菅の記者会見の直前の映像です。 現在、内閣は、豊臣秀吉の家紋である「桐紋」を使っています。 しかも、五百円硬貨にも使われています。 ちなみに、こちらは、2007年のものです。 何が違うか分かりますか・・・?   そうです。「色」が違うのです。   青色は、「出雲族」を指し、赤色は、「秦氏」を指すわけです。 そして、「赤」(秦氏)の勢力にあるときも、「青」(出雲族)の勢力にある時も変わらず、「豊臣秀吉」の「桐紋」が使われている、という事、そして、秀吉の出が「在日」であり、「イルミナティ」であり、「ユダヤ人」だったという事です。   さらには、「豊臣」という姓から、「藤原氏」であるとも言われています。 鎌倉幕府 秦氏 白出雲室町幕府 白出雲織田信長 秦氏明智光秀 青出雲豊臣秀吉 藤原氏徳川幕府 白出雲明治維新 李家 秦氏 白出雲 …です。 ...

Read More

【「イルミナティ(ユダヤ人)」は日本に悪魔崇拝を広めた犯人】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その1

RAPT理論に出会い、信仰を持つ前まで、好きでよく見ていた番組に、NHKのBSでやっている「世界ふれあい街歩き」という旅番組があります。 ▼・ᴥ・▼ いよいよ今夜8時はBSP『 スペシャル「音楽が響く街」』(再)。  ゴスペルが聴こえるニューヨーク・ハーレム、ミュゼットが懐かしいパリ・カルチェラタンなど、音楽が響く街を特集して紹介します。 詳しくはこちら↓↓↓https://t.co/iaW7Y9HQ9J#sekaimachi #世界ふれあい街歩き #音楽 pic.twitter.com/OrWHkal7XZ — NHK 世界ふれあい街歩き (@nhk_sekaimachi) September 21, 2021 世界各地の有名な場所から、あまり聞いた事がない街まで、ありとあらゆる場所を旅します。 いつか、番組で見た場所に行けたらいいな。。と思って、録画を溜めていました。 その時に印象的だったのが、街の紹介をする時に、すべての場所がそういう訳ではないのですが、まず、「中心地」もしくは「旧市街地」と呼ばれる場所から案内するのですね。 別になんて事ない話ですが、「街」というのは、中心地から出来るんだな~、というのが、引っかかったというか面白いなと思ってみていました。 つまり、「街」というのは、自然に出来上がるのではなくて、ここを中心地として、そこから意図的に作っていくんだな、、という事をその番組を通して感じていました。 当時はゴリゴリのB層でしたから、観光をするなら、美味しいごはんが食べられる所とか、ただただ有名な所、、程度しか考えた事がなかったので、「街が意図的に作られる」という考えが、新鮮に映りました。   RAPT理論を知って、信仰を持ち始めてからは、一切そのテレビも見なくなり、溜めておいた録画もすべて消去しました。 テレビよりも、聖書を読んだり、御言葉を学び、RAPTブログを学び、情報拡散をしている方が、ずっと面白くて、夢中になれたからです。 そしてその中で、結局、観光地と呼ばれる場所や、「テレビで語られる旅番組」で紹介される場所というのは、ほぼすべてが、「イルミナティ」「悪魔崇拝者」たちにとって重要な土地や、庶民を洗脳するために宣伝されている事を、「RAPT理論」を学ぶ中で悟りました。 だから、テレビを見ながら行きたいと思う反面、どこか物足りなさや、若干のやらせ感がぬぐえなかったのは、そのせいだったんだと知りました。   ところで先日、久しぶりに、京都の祇園周辺に行ってきました。   というのは、今年の1月はじめに、「京都駅周辺」に行った時に、「街が死んでいる」と感じたのですね。 「京都」の正体は、「悪魔崇拝」で栄えた「詐欺」的な土地だった。   京都の隣の県に住んでいる私としては、京都という街はそれこそ「憧れ」の街でした。 そして、コロナが始まるまでは、外国人観光客が、平日でもたくさん訪れて、変わらず人通りがあり、活気があるように思えていたのが、「街そのものが裁きに遭っている」ような印象を受けました。 今まで自分が抱いていた「京都」への憧れみたいなものも崩れ去りました。 その時は、もう京都に行きたいとは思わないだろうな・・・、と思いながら家路につきました。   しかし、今年の6月から7月にかけて霊界では「ハルマゲドン」の戦いが起こり、「神様」が、「サタン」を滅ぼされた事について、そしてその後の「霊界の様子」について「御言葉」で宣布されました。 RAPT有料記事574(2021年7月12日)今年6月6日から7月6日にかけて繰り広げられたハルマゲドンについて初めて受けた正式な啓示。 RAPT有料記事586(2021年8月30日)ハルマゲドンが終わった今、主は私たち一人一人の人生を深く顧み、深く介入してくださる。その分、厳しい裁きや練達を受けるが、豊かに恵みを受けて早く成長し、霊肉ともに大きく栄えていくだろう。   ハルマゲドンが起こった結果、「霊界の状況」が良い方向へ変わったという話を聞いて、それなら、久しぶりにもう一度、京都に行こう、という事で、9月のはじめに行ってきました。   そして実際に行ってみると、予想をはるかに超える「恵み」と「悟り」に満ちた「京都訪問」になりました。 この記事では、その時に感じた事や悟った事をご紹介したいと思います。   「京都駅」に着いた私はまず、「市バス」に乗って、祇園まで行きました。 (緊急事態宣言の影響で、一部が終日運休になっていました)   バス停は、ちょうど、吉本興業の「祇園花月」という劇場の前にあり、そこで降りた時にまず驚いたのが、劇場のすぐ横に「近江牛のお店」があった事です。 牛といえば、「バアル」です。 「バアル」というのは、聖書にも出てくる「悪魔」で、聖書の神様に反逆した「イスラエルの民」達が拝んでいた「悪魔」のことです。 このバアルは、日本では「スサノオ」と呼ばれており、このすぐ近くに、「祇園祭」が行われる事で有名な「八坂神社」で祭られている神のひとつです。 この(偽)神の名前は、「牛頭天王(ごずてんのう)」ともいいます。 Wikipedia には以下のように書かれてあります。 牛頭天王(ごずてんのう)は日本における神仏習合の神。   釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神とされた。   蘇民将来説話の武塔天神と同一視され薬師如来の垂迹であるとともにスサノオの本地ともされた。   京都東山祇園や播磨国広峰山に鎮座して祇園信仰の神(祇園神)ともされ現在の八坂神社にあたる感神院祇園社から勧請されて全国の祇園社、天王社で祀られた。   また陰陽道では天道神と同一視された。道教的色彩の強い神だが、中国の文献には見られない。 「八坂神社」は、この店の道を挟んで斜め向かいにあります。 ちなみにこの写真はこの日、別の場所から撮った(「四条通」から)ものです。 この大通り(四条通)の周辺には、別の「牛肉屋」、「パワーストーンのお店」そして、「イルミナティ秦氏」のドン「麻生太郎」が関わった事件の舞台となった「漢検」、 「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。 「アパホテル」「スタバ」など、「RAPT理論」で、サタンを拝んでいるお店、もしくは、「創価企業」と暴かれた企業が軒を連ねていました。   さらには、こんなお店もありました。 これは、八坂神社の道挟んだ真向かいにあるお店ですが、「白うさぎ」と言えば、「アドレノクロム」の隠語説があります。 「アドレノクロム」  若返りの成分として注目されているアドレノクロム。 実は、ハリウッドのセレブたちは、幼児を性的虐待したはてに、子供たちの体からこの成分を抽出して、美容に使っているという説。 最近は白いうさぎが意味するのは、アドレノクロム(化学式がウサギに似ている)との新説も — 清義明 (@masterlow) January 20, 2021 「白うさぎを追え」 →Qアノン信者のキャッチフレーズのひとつ。 映画『マトリックス』でも出てきましたが、もともとは『不思議の国のアリス』が出典。 白ウサギを追って行けば、やがて穴に落ち、そこには不思議の国で真実が待ち受けてます・・・ pic.twitter.com/YICnGZO4Lm — 清義明 (@masterlow) January 19, 2021 そして、「不思議な国のアリス」と言えば、作者の「ルイス・キャロル」は、小児性愛者だったことが分かっています。 悪魔崇拝と小児性愛 豊臣秀吉は12才の少女に性的虐待を行なっていました。https://t.co/6xNcnxp6iV また、『不思議の国のアリス』のルイス・キャロル(本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン)は小児性愛者でした。https://t.co/qEXnBmA5vi 小児性愛者は現代にもいます。(続く) pic.twitter.com/rRulcqXI0C — じげもん (@DBwiSVhVvoU9IuA) ...

Read More

「コロナパンデミック」を通して、一人ひとりのそれまでの生き方が露わに。そして「コロナ」を通して、根本的に生き方を考え直すいいキッカケに。

またしても「マスゴミ」がやらかしてくれました。 デマかな? pic.twitter.com/x0kwjtmLqT — まさみ (@masami6666) September 22, 2021 マスゴミは完全に「確信犯」です。 ここに書かれてある情報は全て、ネット上で情報として挙がっている「事実」ですから。 これら全てが「真実」ですから、むしろ、マスゴミの末端社員たちなんかは、「真実」に気づいてほしくて、あえて、すべて真実である情報を出して、しかし、テレビ的には「デマ」としか言えないから、苦し紛れに言ったのではないか、と思うくらい、見事にそろっています。 しかしながら、人間の心を持っていたら、マスゴミでなんて働けないし、テレビの仕事なんかできませんね。 やはり、自分達の益のために、彼らは敢えてこのような情報を流して、庶民を惑わせようとしているのだと思います。 ワクチンは毒だと知っている人たちは、これらの情報を「テレビしか見ていない情弱」の人に伝えるわけでしょ。 だけど、「テレビでこれはデマだと言っていた」と言われたら、もう何も言えないですよね。   そして実際に自分、もしくは家族や知り合いが打ち、被害に遭ってから初めて気づく。 (気付かない人もいるかも知れませんが)そうなってからだと、本当に遅いのです。   そして今、「支配者側」は、日に日に勢力を失いつつあります。 彼らの当初の目的通りには進んでいないと思われます。 そして、ワクチン接種を最も進めていた「ビル・ゲイツ」が10月5日に処刑されるという情報が入り、その事で、ワクチン促進派にいた輩が、寝返る可能性もでてきます。 分科会・尾身会長がコロナ新規感染者減少を発表 コロナ茶番のトップ「ビル・ゲイツ」に死刑判決が下った影響か?https://t.co/uctqtWsf2l — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 21, 2021   という事は、今まで以上に、次々と、真実の情報が上ってきたり、政府が政策を変えてくる可能性もあるわけです。 そうなって、時代が本格的にワクチン接種を頓挫させる動きになってから気づいても、遅いわけです。   戦時中、神である「天皇」のため、お国のために働け、と言われて、終戦になったら、実は天皇は人間でした、と言われて、すでに家族を失っていたとしたら、どう思われますか?   今、ワクチンを通して、それと同じ事が起こっていると言えます。   そして、最終的に、打ってしまった事を後悔することになる。   そうなる事を回避しなければいけないですよね。   ・・と、ここまで書いていて、ふと思ったのは、マスゴミが本当の事を言えないのは、マスゴミが「創価マネー」ならびに「製薬会社マネー」で成り立っているからです。 「ここでワクチン一つ打って、国の為に、先輩方の為に、家族、政府だけじゃなくて経済社会全体を守る為に、ワクチン打つ人はヒーローだと思う」 まあ嘘は言ってねーわな。製薬会社はぼろ儲け、政府マスコミもグルで安泰、医者は荒稼ぎ、芸能人やコロナバイト、アクター、エキストラも潤うんだから。 https://t.co/oRPGgCAeTV — GcApaZ248UdwR4k (@6L0OyF6rxtvqXYB) September 20, 2021 先月、以下の記事を書いた時に、 【医療は「死」のビジネス】厚労省「ワクチン分科会」の構成メンバーが「製薬会社」からどれだけお金をもらっているのかを調べたら、金額以上に「製薬会社の闇」が深い事が明らかに。 「タイトル」にもつけていますが、ただ単に、多額のお金をもらっている、だけでなく、ありとあらゆる製薬会社とほぼ全員が繋がっている事実を知り、恐ろしくなりました。   これは、想像力を膨らませたら分かります。 「製薬業界」そのものが、「死のビジネス」として成り立っていているので、もし、誰か一人が「ワクチン反対」と言ったとしても、その後ろには、別の製薬会社が作った「新たな治療薬」が待ち構えているわけですよ。 だから、たとえ受け取った金額が少なかったとしても、関わりがあるという時点で「アウト」です。 関わりがある時点で、「製薬業界」の掟に乗っ取った発言しかできないからです。   だから、真実を知って、どんなコロナ茶番からも離れる必要があります。 「ワクチンがダメで、イベルメクチンがいい」などと言っていては、同じ穴のムジナなのですよ。 「コロナウイルス」というのは、はじめから存在しないのですから。 ウイルスはファンタジー。 ワクチンは猛毒。 コロナ騒動は茶番劇。 コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だったhttps://t.co/CUfnSjuCDd シュタイナー「ウイルスは存在しない」「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」https://t.co/iWVeBNdD2M https://t.co/GSqDigEP39 — tie (@chawakov) September 22, 2021   最も、ワクチンを接種してしまってから、すべての真実を知ってしまった場合は、そのワクチンの被害を最小限にするために、何等かの薬に頼らないといけなくなるかもしれません。 だから、マスゴミや製薬会社としては、1度でもワクチンを打たせた時点で、自分達の「勝ち」なんですよ。 その後、真実を知ろうが何を知ろうが、ワクチンが身体に入れた事で、実際に症状として出る時期は、人によって違うでしょうが、必ず何等かの不具合が起きますから、「製薬会社」を潤すお客さんとなってくれるわけです。 そして、確実に、彼らの奴隷となり、寿命を縮める事となるのです。   よって、ワクチンを打つ人というのは、普段から、薬を飲み、薬に頼ることを当然だ、もしくはそこまで抵抗がない、と考えている人達なのでしょうね。   有難い事に、RAPT理論のおかげで、「コロナは茶番だ」という事を知る事が出来たわけですが、その茶番を受け入れようとしない人達に対して、一番初めに思ったのは、「人間の身体をなめてるのか?」という事でした。   一体、何年人間をやってきたのか? もっと言うと、人間の歴史って何年になるのか?   何十年と生きてきた中で、自分の中の免疫の力、自然治癒力があるのを知っているはずです。 傷がついても、時間がたてばちゃんと治っていくし、熱がでても、しばらく寝ていたら、よくなる。 それを分かっているはずなのに、どうしてこんな、だれも周りに感染していなくて、しかも、必死でかき集めた「無感染」の陽性者が何人いる、と騒ぎ立てられた「コロナ感染者」に、おかしいと思わなかったのだろうか、という事でした。 そんな無感染のコロナにやられるようであれば、私達人間は、とっくの昔に絶滅していたと思います(笑)。 そしてもっと不思議だったのは、こういう「自然治癒」に関する事を研究する人って、絶対にいるはずなのに、なぜかそういう人はテレビには出なくて、やたらコロナはあると煽る人ばかりが出ている。 つまりは、薬を飲む事に何の抵抗もなく、人間の治癒力について、考えた事もなかった人達なのかな、と思いました。   もちろん、どうしても飲まなければいけない時はありますし、私だって全く薬を飲まないわけではありません。   私は毒スピリチュアルに染まっていた事もあり、薬の事を必要以上に「毒」だと思って生きてきました。 ...

Read More

【目を覚ましてください】コロナ茶番の実行犯は誰一人、ワクチンを接種していないし、コロナは茶番だと知っている。

人というのは、どんなに口ではいろいろな事を言っていても、実際にそれが自分の身に降りかかった時に、どういう対応をとるかで、その人達の本性や、物事の真実や本質が見える事が多々あります。 今日のこの記事では、もうすでに広く知れ渡っている情報もありますが、コロナ茶番の当事者達が、実際に自分達でもワクチンを接種しているのか、また、公ではない場所ではどのような行動をしているのか、という情報を集めてみました。 もうすでにコロナ茶番の真実をご存じの方はご確認ならびに拡散用として、そして初めて知る方は、テレビやマスコミと真実がどれほど乖離しているのかを知るきっかけにしていただければ幸いです。   まずは、こちらの情報から。 米NIHのファウチ所長、職員にコロナワクチンを接種したかどうか質問され、「ワクチンを打って病気になったらどうするんだ?」と罵倒し、ワクチンの危険性をバラしてしまうhttps://t.co/aCqfwO0Crx — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 17, 2021 ビル・ゲイツと同様、人口削減を実現するために働いている世界的殺人犯「アンソニー・ファウチ」。 普段から、人がいるところだけ「マスク」をして、そうでない所では外していたという「ファウチ」。 なんと、職員の周りの家族や友人に、ワクチン接種を薦めながらも、職員には「何か起こるのかわかるまでは接種しないように」と止めていたそうです。 その事に疑問を感じた職員。そして、ファウチにあなたはワクチン接種をするのか聞いたところ、 「ワクチンを打って病気になったらどうするんだ?」と激昂して言ったそうです。 その後、この職員は不当解雇されたそうです。   そして、アメリカの政治家もこんなものです。 おめでたいねー。まんまと騙されちゃって(○゚ε゚○)プッ!!#マスク pic.twitter.com/huWvPR1q7k — メメント(旧会長) (@7iU7npdlhEltGMy) September 15, 2021   また、この「アメリカの民主党員の女性」は、使用人にはマスクを着用させ、自分はノーマスクでパーティに参加するのだそうです。 アメリカの民主党員の女性は「金持ちに課税を」と書かれたドレスで超富裕層のパーティーに参加します。使用人にドレスを持たせ、ノーマスクで。使用人はマスク着用です。コロナだけではなく政治家の言葉のほとんどは茶番です。 https://t.co/hX8F6JQ906 — PCRテストをやめればコロナ騒動は終わる (@OrangeBoxKitty) September 15, 2021   さらにこちらは、フランスから入ってきたニュース。 【放送事故】フランスの政治家たちが、テレビ撮影の本番のときだけマスクを着用していたことがバレてしまうhttps://t.co/P8qTFYWHfF — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 18, 2021 こちらもかなり「決定的な証拠映像」となっております。 カメラの前に集まるまでは誰一人、マスクをしていません。皆、茶番だと分かっているからですよね。 しかも、ものすごく「蜜」です。   そして、政治家といえば、日本の政治家も、打つ振りをしている人達がいましたね。   高市早苗 「中国マフィア」の子孫の可能性が高い「李家」の「高市早苗」の「ワクチン接種」は、「やらせ」で確定のようです。   菅義偉 【RAPT理論+α】March 17, 2021 菅総理が接種したコロナワクチンの中身は、ただの栄養剤だったと早くもバレるhttps://t.co/YvgoGmpBKj — マカロン (@Y2MNQ7wvUwXckwb) July 31, 2021   そして、国会議員はというと・・・。 今年8月の時点で、「接種の対象者は2000人で、そのうち議員は700人ほどですが、接種の申し込みをした議員は100人程度にとどまっている」そうです。 【政治家はコロナワクチンが毒だと知っている】国会で職場接種が始まるも、議員らはほとんど接種せず   そして、ワクチンを作った張本人が、自分にも子供もワクチンを打たせないのは有名な話です。 ビル・ゲイツと世界のエリートは子供にワクチンを打たない   さらに、庶民を洗脳するために、「打ちました」アピールをしている人達もいます。 菅政権の売国三本柱の一人、三浦瑠麗がコロナワクチン接種を受けたフリをして庶民に安全性をアピール https://t.co/N0z8Onhh5Q — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 22, 2021 創価信者のホリエモンが、コロナワクチンの接種を勧める動画をYouTubeにアップ。 しかし、痩せすぎだし、顔色が悪すぎるしで、誰もが本物のホリエモンかと疑うレベル。 明らかにこれは影武者。 そして、別のホリエモンはストレス過多のせいか、円形脱毛症を発症。 創価はオワコン。 https://t.co/iiKFooSkVE pic.twitter.com/Nq2hGU8TpS — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) February 25, 2021 https://twitter.com/wakuchinhantai/status/1411156799336566785?s=20 そして、普段から、ワクチン打て打て、と洗脳を続ける「NHK」、また、「厚労省」は、職域接種を実施していない事が明らかになっています。 NHKと厚労省は職域接種を実施していないことが判明 コロナは嘘で、ワクチンが殺人兵器だと知っている ...

Read More