• ついに「2023年」が到来しました!

「宇宙」という言葉は仏教から来ていた!そして想像以上に仏教はインチキだった。

「宇宙」という言葉は仏教から来ていた!そして想像以上に仏教はインチキだった。

ここ数日、フラットアースに関する事をご紹介しています。 RAPTさんのInstagramにて、以下の対談動画が紹介されています。 地球は球体ではなく、宇宙も存在しない。RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース) RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)2   そんな中、「宇宙」という言葉は、仏教から来ているというtweetを見つけました。 宇宙という言葉は仏教の須弥界説から来ていた。すなわち悪魔を拝むと言うこと。 お経や真言は悪魔を召喚する呪文https://t.co/rV9g71wGmI 地球は球体ではなく、宇宙も存在しない。RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)https://t.co/8utBhaFlD7 宇宙もイルミナティが勝手に作ったのだ。 https://t.co/cCP7ifpXqw pic.twitter.com/5SA4m2aknr — Change_h_ (@Change_h__) January 23, 2021 ということで、「須弥界(しゅみかい)説」について調べてみました。 仏教(密教)の宇宙観「須弥山とは」   (一部転載) 仏教宇宙観の体系を示す書物の1つにインド5世紀の仏僧ヴァスバンドゥの「倶舎論 (くしゃろん)」がある。この中の「世品(せほん)」という1章に いわゆる須弥山(しゅみせん)説が述べられている。   この宇宙観が日本に受け入れられてから、日本各地にこの宇宙観にあやかった名が つけられた。須弥山とか、地獄谷とか、弥陀ヶ原という名前がそれである。   たとえば、栃木県の霊山「二荒(ふたら)山(さん)」(男体山のこと)は、音の類似から 観音の浄土「補陀落・普陀落(ふだらく)山(せん)」とされ、同じ「二荒(にこう)」が 仏教的な「日光(にっこう)」に書きかえられたという。   普陀落山あるいは普陀落とは、インドの南海岸にあり、観世音菩薩の住所とされる山 のこと。   須弥山というのは、仏教宇宙観に出てくる創造的な山である。 これは虚空の中に風輪(ふうりん)というものが浮かんでいるのである。   は? 創造的な山? 実在しないのですか? コトバンクでも、このように書かれてあります。 百科事典マイペディアの解説 仏教の宇宙説にある想像上の霊山。サンスクリットのスメールSumeru,メールMeruの音写で,〈蘇迷盧(そめいろ)〉〈須弥留(しゅみる)〉とも。〈妙光山〉〈妙高山〉と漢訳される。世界の中心をなす高山で,山の下には地輪(金輪),水輪,風輪が順に重なり,麓には九山八海が交互に取り囲み,最も外側に人間の住む南閻浮提(なんえんぶだい)がある。中腹の四方には四天王,頂上には帝釈天(たいしゃくてん)の宮殿があり,三十三天を形成する。日月は山の中腹を回るという。 世界大百科事典内の須弥山の言及 【宇宙】より …しかもそれは人間の精神的原理アートマンとも重ねて考えられることになる。こうした中で形づくられた宇宙形態論は,その後仏教的宇宙観である須弥山(しゆみせん)説に伝えられる(後出〈仏教の宇宙観〉参照)。 同じく古代文明の一つ中国では,神話段階にせよ,道教にせよ,儒学にせよ,どちらかといえば,直線的な時間構造をもつことで,むしろヘブライ=キリスト教のそれに近いが,それも仏教の伝来とともに少しずつ変形していくことになる。… すみません、、、もし、この記事を読んでいる方の中には、何の違和感を持たれない方もいるかもしれませんが、 私自身、信仰を持って1年が過ぎて、RAPTさんの有料記事(御言葉)を学び、 RAPT | RAPT有料記事 決して空想話なんかではなく、目に見えない「霊界」の真実についても、どこまでも筋が通っていて、矛盾がなく、学んで実践すればするほど、その素晴らしさを感じていたので、 この仏教の宇宙観が「空想の山」から語られると聞いて、心底驚きました。 おそらく、この時代の僧侶は、地球が球体ではないことは、知っていたのだろうと思います。   すでに、RAPT理論で、仏教は悪魔教だと暴かれているので、それを理解していましたが、想像以上に、仏教というのはいい加減であいまいで、めちゃくちゃな宗教なのだと、今、改めて知りました。 さすが、インチキ、悪魔教だけのことはあるな、と思いました。 仏教が悪魔教ということについての根拠、RAPTブログで詳しく紹介されていますので、ご興味がある方は、そちらからご覧ください。 RAPTブログ(検索:仏教)   最後に、昨日RAPTさんが新たにアップされた、「フラットアーサー」と思われる人達が挙げた動画をご紹介します。 この雲の下で光っているものは? 雲の中に沈む太陽。    

Read More

地球は丸いと捏造した犯人は「ドルイド教」を受け継ぐ天皇家の可能性大。フラットアースの真実。

(2021.1.29 再編集しました) 昨日に引き続き、フラットアースについてご紹介します。 今からご紹介するこの動画では、「地球が球体でなければ「絶対に映ってはいけない」ものが映ってしまった」という証拠映像が紹介されています。 テキサス上空11㎞の旅客機から、「赤外線カメラ」を使って撮影されたもの。 ちょっとボケてしまって分かりずらいですが、現在地を示すために撮影されたと思われます。詳細は動画でご確認ください。   そこに映ったのは、この旅客機から1223km離れた 「カボサンルーカス」(Cabo San Lucas→サンルーカス岬)。 赤の地点が、旅客機が飛んでいた地点。直線の先にあるのが、カボサンルーカス。 「カボサンルーカス」をWikipediaで調べると、このように書かれてあります。 サンルーカス岬(サンルーカスみさき、Cabo San Lucas)は、メキシコのバハ・カリフォルニア半島南端の岬およびそこにある町(人口5万7千人)の名前である。バハ・カリフォルニア・スル州に属し、州都ラパス(La Paz)は、北に約150kmの位置である。眼下には太平洋が広がり、その海は冷たいカリフォルニア海流が北から流れてくる。 もし、地球が「球体」なら、上空11㎞のところにある旅客機から、1223㎞離れたものを見ようと思ったら、「カボサンルーカス」は、は約54㎞下がらないといけない計算になるそうです。 しかし、上空11㎞から54㎞下がるとなると、カボサンルーカスは地下に埋まっていないといけないわけです(笑)。 そんなバカな話はありません。   つまり、「地球が球体」というのは、嘘だということです。   さらにこの動画では、「Earth Curve Calculator」というサイトを使って、地球の曲率について検証されています。 Earth Curve Calculator 私も実際に調べてみました。 h0(目線の高さ=飛行機の高度)に、11000m(11㎞)、d0(ターゲットの距離=飛行機からカボサンルーカスの距離)に、1223㎞。 すると、h0(地平線までの距離)が374㎞で、h1(ターゲットが隠れる高さ)が、約56㎞と出ました。 今回は、h0の情報はいらないので無視します。 h1が56㎞ですから、h0の高さにいる人が、h1にあるもの(カボサンルーカス)が見えたら、おかしいわけです。 この計算式は、地球が半径「6371キロ」の球体ということを前提として作られています。(上記英語表記より)   「bing」で地球を検索しても、半径は「6371キロ」と書かれてあります。   地球が丸い、というのは、嘘ですね。 私たちが教えこまれた話と数字は嘘ですね。   さらに、地球の地図記号を見てください。(正しくは、惑星記号です。訂正しお詫び申し上げます。(2021.1.29)) このマークは古代ケルトの悪魔教である「ドルイド教」の「太陽十字」と同じ形です。 この事についても、すでにRAPT理論で解明されています。 日本の歴代首相も天皇もみんな古代ケルトの悪魔教「ドルイド教」の僧侶の末裔です。 より、一部転載。   (ここから) 「島津家」の「家紋」は以下の「丸に十字」です。(詳しくはこちら) で、この「家紋」は前にも書きました通り、古代ケルトの「太陽十字」に由来があります。   ○ケルト十字 – Wikipedia ○太陽十字 – Wikipedia   で、この太陽十字は古代ケルトの「ドルイド教」のシンボルマークです。なので、「島津家」は間違いなく「ドルイド教」と深い関わりがあるということになります。 さらに言うなら、昨日も書きました通り、「ドルイド教」の僧侶が、その後、ベネチアの「黒い貴族」となって「イエズス会」を結成しました。 ○人工地震3.11を引き起こした真犯人は、国常立尊とスサノオを神と崇める「出雲族」だった可能性大。 で、「イエズス会」のマークもよく見ると太陽十字(ケルト十字)です。   で、この「黒い貴族」たちがその後、「イルミナティ」を作り、「ドルイド評議会」という名でイルミナティのトップに居座っていることも分かっています。 ○イルミナティという悪魔崇拝組織が、現実に存在しているという確固たる証拠。 なので、「天皇家一族(つまり田布施一族)」も「イエズス会」も「イルミナティ」もみんな一つにつながっているということになります。 つまり、彼らはみんな「ドルイド教」という悪魔教を信じる悪魔崇拝者なのです。   (転載ここまで) つまり、地球をねつ造した犯人は、「ドルイド教」という悪魔教を信じる「天皇家」の可能性が非常に高いと言えます。 さらに、この世は、「島津家」だけでなく、「毛利家」によって支配されていることもわかっています。 「本能寺の変」の黒幕はイエズス会と島津家と毛利家だった可能性大。または千利休がドルイド教徒だったという確たる証拠。 より一部転載。   (ここから)   先日もお話しました通り、「毛利家」は「イエズス会」と深いつながりを持っていました。   なぜそんなことが言えるかというと、「毛利家」は「イエズス会」のフランシスコ・ザビエルと結託して「大内家」を滅ぼし、長州(山口県)を自らの支配下に置いているからです。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)   ○フランシスコ・ザビエルと田布施システムの怪。明治維新は「清和源氏」の末裔による権力獲得のためのクーデターでした。   で、この「イエズス会」は鹿児島の「島津家」とも結託していたわけですが、それから数百年後、この「島津家」と「毛利家」が手を組んで「明治維新」を起こし、現代の日本を支配するようになりました。   ○「明治維新」は北朝から南朝へのすり替えではなく、北朝の国造りのための基礎固めだった可能性大。 「毛利」と聞いて、ピンと来た方も多いのではないでしょうか。 RAPT理論で、5年前に、宇宙の嘘について書かれた記事があります。 RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。 (より一部転載ここから。紹介動画は一部削除されています。現時点で見られるものだけ紹介。)   現在の科学は、必要以上に難しく様々なことが説明されていますが、大気圏はない、オゾン層もない、宇宙には放射能もなく、例えあったとしても危険ではない、ということになると、「宇宙」に関する知識も実にわかりやすくなります。 それこそ、地球上の物理法則と、宇宙の物理法則とが全く同じ、ということになりますので、宇宙開発も誰でも簡単にできるようになります。 つまり、誰でも簡単に月にも火星にも行けるようになるわけです。 しかし、そんなことになったら、宇宙開発で莫大な利権を貪っている連中が大損をします。 その連中が誰なのかといえば、言うまでもありません。「島津家」と「毛利家」です。実際、「毛利」さんももう既に宇宙に行っていますよね。   〈宇宙に行った日本人・毛利衛氏〉 また、宇宙開発をしている「JAXA」は、「島津家」の拠点である「鹿児島」にも宇宙センターを作っています。 ○JAXA | 種子島宇宙センター ...

Read More

宇宙は存在しなかった。地球の真実。フラットアースについて。

これまで、RAPT理論を通して、「原発の嘘」「放射能の嘘」「ガンの嘘」そして、昨年は、「コロナの嘘」など、この世のありとあらゆる「嘘」について暴かれてきました。 ○RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)   ○RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)   ○RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?   ○RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。   ○RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。   ○RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。   ○RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。   ○RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。   ○RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。   ○RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。   ○RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。   ○RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)   ○RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)   ◯RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。 〇RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。   ○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編) 〇RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)   【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!   そして、一昨日から新たに「宇宙の嘘」について、Instagramにて対談を配信されました。 地球は球体ではなく、宇宙も存在しない。RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース) RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)2   「宇宙は存在しなかった」 「神様は地球だけを創られた」   イルミナティがこれまで、人々を欺いてつき続けてきた「嘘」の数々。 それはすべて、「神様」がおられる、ということを隠すために。   悪魔崇拝者は、宇宙がある、としきりに言ってきました。 地球外生命体がいる、だとか、生まれ変わりがある、だとか、ライトワーカーだとか、エササニ星のバシャールも。 そして、天の万象から占いを創ったり、道教という「天皇崇拝」の考えを植え付けたり。   すべては嘘だったわけです。   神様は地球だけを創造された。   NASAの宇宙飛行士が本当は、月に行っていない、と発言したところから始まる、こちらの動画。 宇宙に関わることはすべて「茶番」だったというわけです。 だから、NASAは膨大なお金をかけて、嘘をつき続けている、ということです。 NASAの2021年予算要求は有人月面着陸に約3625億円、月面資源開発に約472億円 米国時間2月10日、トランプ政権は2021年度予算要求を発表し、NASAの申請は予想通り12%増加した。これでNASAの総予算額は252億ドル(約2兆7677億円)となり、その半分近い123億ドル(約1兆3510億円)は、月面着陸の復活と最終目標である火星の有人探査に充てられる。 行政予算管理局が米国時間2月10日月曜日に発表した本予算要求の中で、33億ドル(約3625億円)が宇宙飛行士を月の公転軌道から月面に送るために使用される有人月面着陸システムの開発目的に使われる。これは、一連の計画が「維持可能な探求」の安全で信頼性の高いシステムを開発するために、「競争、産業革新、および堅牢な政府見通し」に依存していることを表している。 予算には、Space Launch System(SLS、宇宙打ち上げシステム)および宇宙船オリオンを継続開発するための40億ドル(約4393億円)も追加されている。この組み合わせは宇宙飛行士の地球から月への移動手段になる。予算案は、NASAがこの資金を使って「システムを完成し定期飛行計画を確立」することを具体的に求めている。 他には、1.75億ドル(約192億円)が月面で宇宙飛行士が使用する宇宙服に、2.12億ドル(約233億円)が移動に利用されるローバー(月面探査車)に充てられる。2.54億ドル(約280億円)が割り当てられている商用月面着陸サービス(CLPS)では、NASAが民間パートナーの要求を受けて、2024年の有人月面着陸に先立ち実験器具や貨物を月面に送り込む。 「月面イノベーション計画」には4.3億ドル(約472億円)の資金が用意されており、月面資源を活用した発電、宇宙飛行士の住居、探査ツールなどを利用したテクノロジー開発および実演に使われる。これらの技術はロボット、有人両方の月面探査に使用され、最終的に火星探査でも同様の利用に生かされることが提案書にかかれている。 5.29億ドル(約581億円)の「火星ロボット探査」予算には、火星の土壌を地球に持ち帰る初めてのミッションや、火星表面近くの氷をマッピングし最終的に有人探査に利用するミッションが計画されている。 他に本予算要求は、低地球軌道における米国の存在感を引き続き確立するとともに宇宙飛行士の訓練にも利用される「新宇宙ステーション」の開発支援も含まれている。本予算は超音速機X-59の飛行デモにも資金提供する。NASAが2022年の初飛行を目指して開発している同機は、将来の商用超音速旅客機の青写真となることが期待されている。 予算の削減が提案されている科学ミッションもあり、学校現場のSTEM教育を支援するOffice of STEM Engagementもそのひとつだ。STEM事業が窮地に追い込まれたのこれが初めてではないが、これまでのところ削減措置は免れている。 NASAは今回の予算要求および政権の計画における意味について米国時間2月11日の午後に概略説明を行う。   いやいや、日本政府も負けていません。 21年度の宇宙関係予算5割増、初の5000億円台   政府の2021年度の宇宙関係予算の概算要求が9日、史上最高の5440億円と発表された。前年度の3652億円(補正予算含む)から1778億円アップ(49%増)で、5000億円台は初めてとなる。 府省別の要求額では文部科学省が、24年に米航空宇宙局(NASA)が月面に宇宙飛行士を送り込む「アルテミス計画」への研究開発に約810億円など約2809億円でトップ。次いで情報収集衛星の開発・運用に内閣官房が約886億円、宇宙でのミサイル防衛を強化する防衛省が約567億円などとなっている。   これらすべてが「嘘」だったわけです。 想像を絶する悪、そして、想像を絶する、「神様」を冒涜し、隠すために使われるお金と労力。   以前からNASAの嘘については、話題になったこともあったし、一般的に知られていることもあったのではないかと思います。 しかし、どうしてそんな「茶番」「嘘」をつかないといけないのか、よくわかりませんでした。   「RAPT理論」を通じて、この世は、本当の神様について、ことどとく隠されてきて、偽の神(神道や仏教)を神だと思い込まされてきた事、そしてそれらの正体が「悪魔」で、その「悪魔」を本当の神だと思って崇めている「悪魔崇拝者」によって、この世が支配されていることを知り、 本当の神様を隠すために、地球についても「ねつ造」していることが分かりました。   RAPT理論から、「悪魔崇拝者」「イルミナティ」は、「聖書の反逆」をとことん行う事によって、神様を冒涜し、人々に嘘をついてきたことが明らかになっています。 実際、「万有引力の法則」を思いついた「ニュートン」は、聖書研究をしていたそうです。万有引力の法則は、宇宙が存在することを説明するのに使われる法則ですよね。 どうやら、ニュートンは聖書研究や錬金術研究をしていたらしい。 つまり、ニュートンは悪魔崇拝者だったという事。 ニュートンが落ちた林檎から閃きを得て、万有引力の法則を思いついたという逸話も聖書のエデンの林檎を意味してるのだろう。 本当にとんでもない嘘つきだ。https://t.co/y8ydEXyOuG https://t.co/aDCSa5scWx pic.twitter.com/WOPWdXazTn — PROJECT EXPOSURE (@rplaKTyqAVCwfhH) January ...

Read More

コロナの嘘、スピリチュアルの嘘。

今から紹介する記事は、私が1年前の1月10日に、アメブロに投稿したものです。 1年前に書いた記事は、今でもまだまだ稚拙な文章しか書けていませんが、輪をかけて稚拙すぎて、恥ずかしい限りですが、当時、「スピリチュアル」の世界で言われてきたことを書きました。 1年経って、いかがでしょうか。スピリチュアルの世界で言われてきたことが、「真っ赤な嘘」であることがはっきり分かる記事となったので、今回、ここでご紹介しました。 スピリチュアル界で神につながっているという人は、それは偽物とつながっている ご訪問くださりありがとうございます。   今の「スピリチュアル界」というのは、 おおよそこんな流れでしょう。   2020年がやってきて、 大きく時代が変わり、 精神性が発達して これからますます生きやすくなる。 カタカムナやひふみ神示を はじめとする 古代の知恵を得て 生きやすい時代になる。 波動を知ることで 生きやすい時代になる。   日本という国を中心して 日本が世界のリーダーに なっていくのだ、と。   その証拠として2020年に東京で オリンピックが行われるし、 海外の人たちはたくさん 日本を訪れている。 日本という国が非常に注目 されている。 そこから日本を中心にして 明るくなるんだ。   などと、まったく根拠のない 話を信じ込まされてきたのです。   世の中は大変だけど、 スピリチュアルを信じていたら なんとかなる、、みたいな お花畑な思考を持たせて、 まったく真実を見せてこなかった。 真実を知ろうと思わせなかった。   そして、この大きな変化の時に、 神様につながればうまくいく、 と、言っている人たちがいますが、 スピリチュアル界で 活躍する人の中で、 神様につながることができた人が いたならば、それは すべて「偽物」、つまり、 サタンであり悪魔です。   これは神様を信じる方たちへの 侮辱ではありません。   神様はおられます。 本物の神様はおられます。   しかし、 スピリチュアル界の人たちが つながる神様は、 神道や仏教、または、 ヒンズー教などの神と呼ばれる存在 ですよね。 それらの正体はみな、RAPTさんの ブログで明らかになっています。   神社仏閣にいる神様は、 すべて偽物です。 サタンや悪魔によって創られた ものです。   つまり、 神様を信じて拝んでいるつもりが、 本物の神様からすれば、 神道や仏教、ヒンズー教の神を 拝むことが冒涜行為にあたる   ということです。   以下、RAPTブログより。   「天照大神」と「スサノオ」の正体。またはルシファーの正体。彼らこそが悪魔の三位一体です。   「天照大神」「スサノオ」「ツクヨミ」による権力争いと世界支配計画。現代まで続く「日本神話」という現実の物語。   神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。   古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。   天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。   〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。   〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。   やはり「釈迦」は紛れもない悪魔崇拝者でした。その確固たる証拠をお見せします。     ...

Read More

「コロナ」をでっち上げ、悪魔に魂を売った「日本政府」が打たせたい「ファイザー社」ワクチンとは?

悪魔に魂を売った「日本政府」が、約7200万人分のワクチンを年内に供給する契約を、米ファイザー社と結んだと報道されました。 【NHKニュース速報 18:44】約7200万人分のワクチン年内に供給米製薬大手ファイザーと正式契約 政府 — 特務機関NERV (@UN_NERV) January 20, 2021 毒でしかないワクチンを無料で、国民に押し付けるために、任命された「河野太郎」。 今日、ファイザー社とワクチンの供給について正式に契約になりました。今後、ワクチンの供給スケジュールが決まっていきます。今後のことについて、金曜日には多少なりともお話しできるように努力しています。 — 河野太郎 (@konotarogomame) January 20, 2021 ネット上には、「工作員」だと思われる、ワクチン推進のツイートもありますが、もう、これだけ「ワクチン」が危険で毒で、かつ、すでにファイザー社のワクチンの副作用や、接種による「死亡例」が相次いでいるにも関わらず、そしらぬ顔をして、ワクチン接種を強引に進めています。 その姿はまさに悪魔、サタンです。 ワクチンは危険であるとの情報がこれだけ世間に広まっていながら、それでもワクチン接種を強行しようとするから、河野の顔がまるで悪魔(あるいは鬼)の形相になっている。 そもそも、コロナウィルス自体が存在しないし、こんな茶番に加担する時点で、人間としてオワコン。https://t.co/TXHoxiIW37 https://t.co/l0VjGyrTMw — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) January 20, 2021 そもそも、「コロナは嘘」「コロナは茶番」なのです。 【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! よって、ワクチンを打つ必要など全くありません。 打つことによって、その「ワクチンに入っている成分」によって副作用を起こすわけです。 つまり、何も悪くないところに「毒」を入れられているだけです。 副作用が出ることを恐れる人を、馬鹿にするようなツイートがありますが、ミスリードでしょうね。   そもそも、打つ必要などはじめからないのです。   茶番にすぎない「コロナ」があると、不安と恐怖に貶めて、経済的に精神的に追い詰めて、さらには「毒」を摂取させるのです。 今日時点で分かっている、Twitterで拡散されている、ファイザー社ワクチンの実態をいくつかご紹介します。 ◉ #コロナワクチン も #不妊ワクチン。元 #ファイザー 研究責任者が中止要請https://t.co/UdwEJgFKVa ◉厚生省が「感染ある方を判定できる検査は確立されてない」事を認める。12月2日の参議院。https://t.co/EoQiTkbH7m "PCR陽性は感染者”という根拠がない。 pic.twitter.com/dGQy3TG2ya — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) December 16, 2020   死亡事例や顔面麻痺の症状が出ているファイザー製ワクチン。 ノルウェー、ファイザーワクチン接種後29人死亡。https://t.co/jQq8GfNCUP イスラエル、ファイザーワクチン接種後13人が顔面麻痺。https://t.co/PVEXWGPyEa ワクチンはただの毒です。https://t.co/NLbibXriAV https://t.co/hg0fpoFSvn pic.twitter.com/pPjUXG3fea — emija (@emija3400) January 21, 2021 ワクチン接種後に副作用が出た女性の映像   ファイザー社は、「90%以上の有効性」などと言っていますが、そもそも「コロナは茶番」なのです。 #新型コロナワクチン の開発状況は? 🇺🇸 モデルナ「94.5%の有効性」🇺🇸 ファイザー「90%以上の有効性」🇬🇧 アストラゼネカ「12月ごろ発表」🇯🇵 各社の治験が進むhttps://t.co/sYiD3TP8dd — ハフポスト日本版 / 会話を生み出す国際メディア (@HuffPostJapan) November 18, 2020 よって、初めから一切打つ必要などないのです。だから、ワクチンの有効性が90%などと言われても、全く説得力ありません。 しかも、元、ファイザー社の研究者が、「コロナワクチン」は「不妊ワクチン」と明らかにしました。 コロナワクチンも不妊ワクチン、元ファイザー研究責任者が中止要請 なぜ、コロナワクチンに「不妊」を促すものを入れないといけないのでしょうか。   作っている自分たちは、そのワクチンがどういうものかが分かっているから、こういう結果になります。 ファイザーのmRNAワクチン接種後に死亡する人数が増えています。mRNAワクチンは体内のDNAの書き換えを行います。ファイザーCEOは自社ワクチン接種をしておらず、今後もしないと発言しています。ビルゲイツ氏も、彼の娘達にワクチンを打たせた事がありません。https://t.co/Vr7nm1bbsN — ぞうだぞお (@087ganagaino) January 18, 2021 明らかに別の目的があります。 (ごく一部のエリートの為に)世界を救うべく親の時代から人口削減に尽力してきた ...

Read More