• ついに「2023年」が到来しました!

「18歳以下の10万円給付」の事務経費が1200億円!「イルミナティ李家」の「国民の富を吸い尽くして生きる」本性が露わに。

「18歳以下の10万円給付」の事務経費が1200億円!「イルミナティ李家」の「国民の富を吸い尽くして生きる」本性が露わに。

イルミナティは、「子供のため」といえば、国民が黙って受け入れるとでも思っているようですが、知能が低すぎますね。   「イルミナティ李家」の「国民の富を吸い尽くして生きる」本性が露わに   27日の「RAPT理論+α」で、18歳以下の10万円給付の事務経費が「1200億円」にものぼることが明らかになった事が紹介されました。 【10万円給付】事務経費が1200億円にも上ることが判明 竹中平蔵のパソナや電通への利益供与を目的にした“愚策”だと国民から批判殺到https://t.co/reuOOCh9uW — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 27, 2021 この経費は、「クーポン」を給付する際の経費で、現金で一括給付するよりも、およそ900億円高い1200億円になるのだそうです。 10万円相当給付 事務経費1200億円に 現金一括より900億円高く #nhk_news https://t.co/81wgXsEN7j — NHKニュース (@nhk_news) November 26, 2021 小学生どころか、今や、お稽古事に行きお勉強している「賢い幼稚園児」でさえも、おかしいと気づけるようなレベルの事を、堂々と発表してしまいました。 彼らの本性は、「イルミナティ李家」という「寄生虫」ですから、国民を救う事ではなく、「クーポン」という名の「中抜き」を目的に生きている訳ですから、やるしかないんですよね。 ユダヤ人は全世界に散らばり、各国に潜伏して富や権力を吸い尽くしてきた寄生虫 https://t.co/qd3Nz4Jjzu — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) March 28, 2021 この記事は、「イルミナティ李家」の本性を知るのに、とても分かりやすく書かれてあるので、ぜひ一読される事をお勧めします。   そして、さらに今日、「経費が900億では足りない」と、もう「コントか、これは?」と呆れかえるような事を言い出しました。 【子にクーポン給付 経費967億円】https://t.co/gsV3HOyybL 「18歳以下の子どもへの10万円相当の給付」を巡り、5万円をクーポンの形で支給することにより、事務費用が967億円かかることが新たに分かった。財務省の説明では約900億円かかるとしていたが、さらに費用がかかることが明らかに。 — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) November 29, 2021 「18歳以下の子どもへの10万円相当の給付」をめぐり、半額の5万円をクーポンの形で支給することにより、事務費用が967億円かかることが新たに分かった。 財務省の11月26日の説明では、約900億円かかるとしていたが、29日に行われた内閣官房の説明で、さらに費用がかかることが明らかになった形だ。 「18歳以下の子どもへの10万円相当の給付」は年内に5万円の現金を、2022年の春頃に5万円相当のクーポンを支給することとしている。財務省は26日、現金で10万円を一括支給した場合の事務費用は約312億円、クーポン支給にかかる事務費用は約900億円と説明していた。   しかし、29日に行われた立憲民主党の会議に出席した内閣官房の担当者の説明で、クーポン支給をした場合の事務費用は967億円で、クーポン支給を行わず10万円を現金で一括支給した場合の事務費用は、約280億円になることが新たに明らかになった。 26日の財務省の説明と比べ、クーポン支給での事務費用が増加し、現金一括支給した場合の事務費用が減った形だ。 野党側は「現金一括支給にすれば、その分で対象を広げられる」と指摘している。   山口那津男も、「中抜き」を認める発言をしていますし。   さらに今日、こども庁創設に関して、有識者が報告書を政府に提出したそうです。 【こども庁創設 有識者が報告書】https://t.co/wbDcRL3wS5 政府のこども政策の推進に係る有識者会議の清家篤座長は29日午前、「こども基本法(仮称)」の制定や人員・財源確保を求める報告書を岸田首相に手渡した。政府は報告書を踏まえ「こども庁」の2023年度創設に向けた基本方針を策定する。 — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) November 29, 2021 政府の子ども政策の推進に関する有識者会議の清家篤座長(元慶応義塾長)は29日午前、「こども基本法(仮称)」の制定や人員・財源確保を求める報告書を首相官邸で岸田文雄首相に手渡した。 政府は報告書を踏まえ、子どもに関する諸施策の司令塔となる「こども庁」の2023年度創設に向けた基本方針を策定し、来年の通常国会に設置法案を提出する方針だ。   報告書は、「子どもの権利条約」の理念に基づき、虐待やいじめで子どもの権利が侵害されないようにする必要性を強調。 こども庁創設を念頭に、子どもに関する政策の監視・評価、関係省庁への勧告権限を検討するよう求めた。  この有識者会議の座長を務めた「清家篤」について、ウィキペディアは、以下のように書いています。 清家 篤(せいけ あつし、1954年(昭和29年)4月11日 – )は、日本の経済学者。専門は労働経済学。日本私立学校振興・共済事業団理事長、慶應義塾大学名誉教授]、国立大学法人一橋大学経営協議会委員、一般財団法人生涯学習開発財団評議員。 慶應義塾大学商学部長、慶應義塾長(2009年‐2017年)、日本私立大学連盟会長を歴任した。 1973年3月 – 青山学院高等部卒業 1978年3月 – 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業 1980年3月 – 慶應義塾大学院商学研究科修士課程修了 1983年3月 – 慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学 1993年12月 – 博士(商学)(慶應義塾大学、学位請求論文『高齢化社会の労働市場 – 就業行動と公的年金 – 』) 非常に分かりやすいですね。 「青山学院」は、イルミナティ出雲族、群馬人脈の中心「青山家」のものですし、「慶應義塾」は、創価工作員のための大学です。 東出融は青山家であり、青山家は出雲族最強だった! https://t.co/ljRk5E2l0k — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) March ...

Read More

創価の子会社「ファイザー社」と「酸化グラフェンはコロナウイルスを分解できる」と嘘をついた「熊本大学」は「ズブズブの関係」でした。

今年7月、「コロナワクチン」の中身が「酸化グラフェン」だったことが判明し、 【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった https://t.co/rTv4gfqDod — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 13, 2021 RAPT理論+αでも、多くの記事で紹介されています。   ○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される ○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み ○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!! ○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明   この「酸化グラフェン」の猛毒性を隠すために、工作を行ったのが「熊本大学」です。 【熊本大学】「酸化グラフェン」がコロナウイルスを98%除去するとのトンデモ論を発表 内部告発しようとした女性研究員を口封じのため殺害した疑いもhttps://t.co/4qvSSS165s — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 12, 2021 新型コロナウイルスの除去効果のある物質 熊本大学が発見 #FNNプライムオンライン #テレビ熊本 https://t.co/HEZVgfxZbO — FNNプライムオンライン (@FNN_News) November 9, 2021 新型コロナウイルスを除去して分解する効果を、熊本大学が発見しました。 熊本大学の研究グループは新型コロナウイルスを『酸化グラフェン』という物質で98%除去できることを明らかにしました。 熊本大学大学院 先端科学研究部の速水 真也教授です。 速水教授が注目したのは『酸化グラフェン』という物質。 酸化グラフェンは厚さ1nm。 炭素でできていて、抗菌・抗ウイルスの作用があります。 速水教授は、酸化グラフェンに新型コロナウイルスを混ぜて1時間培養する実験で、ウイルスの感染性を98%減少させることを発見しました。   【速水真也教授】 「(酸化グラフェンは)コロナウイルスを強くプラスとマイナスの作用でくっつけて、分解していくというのが分かって非常に効率のいいウイルスの撃退方法だと思った」 電子顕微鏡で観察してみるとコロナウイルスに酸化グラフェンがくっついて、ウイルスの突起物が分解されることが分かりました。   白い点が新型コロナウイルス。   これに酸化グラフェンを混ぜると、ウイルスが減少しているのが分かります。 速水教授は、酸化グラフェンが新型コロナウイルスに吸着したあと、ウイルスを構成しているタンパク質を分解しているためと結論づけました。 【速水真也教授】 「酸化グラフェンはいろんなところで応用が期待されていて、スーパーマテリアル(超材料)といわれている」 「マスクとか非常になじみやすい性質を持っているので、マスクやフィルターなど応用面についても時間はかからないと思っている」 今後、酸化グラフェンを用いた不織布マスクやフィルターなど、抗ウイルス製品への応用が期待されます。   すでに「猛毒」だとばれている「酸化グラフェン」が、「新型コロナウイルス」を除去して分解する、と、大々的に騙した訳です。   そもそも、「コロナウイルス」というものは存在していませんから、ここからして「嘘」ですが。 コロナの存在証明はないと認めている機関🌏 🇺🇸アメリカCDC 2020/07🇨🇦カナダ保健省 2020/07🇬🇧イギリス保健省 2020/08🇮🇪アイルランド保健省 2020/11🇯🇵日本厚生労働省 2020/12🇺🇸ファイザー 2021/01🇨🇳中国CDC 2021/01🇯🇵日本文部科学省 2021/02 詳細https://t.co/EMButZrQgJ — まさ (@sambadouro) March 11, 2021 このブログでも記事にしました。 【「コロナウイルス」は存在しないの真相】「コロナウイルス」と思われてきたものの正体は、「私達の細胞(身体)」を守るために「神様が与えてくださった機能」によってできたものだった。   さて、「熊本大学」では、2020年9月に、ウイルスを研究していた女性が殺されています。 熊本大でウイルスを研究する女性(35)の絞殺遺体…“台風の夜”に目撃された不審な自転車との関係は https://t.co/gNIPy29zSh — FNNプライムオンライン (@FNN_News) September 10, 2020 熊本市で発見された遺体の身元が判明 熊本大学の女性研究員が何者かに殺害された事件で、不審な自転車が現場周辺で目撃されていたことが分かった。 9月7日午前8時半ごろ、熊本市中央区の道路脇で遺体となって見つかったのは、熊本大学でウイルス学を研究していた、楢原知里さん(35)。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。 楢原さんは、遺体発見前日となる6日午後5時、熊本大学の研究所で姿が確認されたのを最後に行方が分からなくなっていたという。 殺害後にリュックを大学に放置したか 楢原さんのリュックは大学の敷地内で見つかり、落とし物として届けられた。リュックの中には現金が入った財布とノートパソコンは入っていたが、楢原さんの携帯電話はなかったという 楢原さんの自宅は、熊本大学の研究所から近い場所にあるが、遺体が発見されたのは、楢原さんの自宅とは別方向の離れた場所だった。 この遺体発見現場とリュックが見つかった大学の敷地は、最短距離で100メートルも離れていなかったことから、警察は犯人が楢原さん殺害後に現場からリュックを持ち去り、大学のキャンパス内に放置した可能性があるとみて、調べを進めている。 大学側は、楢原さんの周囲でのトラブルなどについては「聞いていない」としている。 捜査関係者によると、楢原さんの首には絞められた痕がうっすらと残っていて、ひものような細いものではなく、手や腕などある程度の太さのあるもので絞められた可能性があるという。 発見前日には不審な自転車が目撃 楢原さんが大学を後にした6日の午後11時ごろ、現場付近で目撃された不審な人物がいる。 ...

Read More

【同じ穴のムジナ。騙されないで】この雑誌の出版に関わる人達は皆「悪魔」に仕える「イルミナティ」です。

一見、最もらしい情報を出している「ポーズ」を取りながらも、「庶民」を食い物にすることしか考えていない者たち。それが「イルミナティ」です。   昨日アップしたこちらの記事。   「内海聡」が「創価学会の工作員」だという事を理解できない人達へ。   ここでは、「RAPT理論や御言葉にたどり着けないように工作する工作員」についてご紹介しました。   そしたら昨晩、新たな「分かりやすい例」が見つかったので、ご紹介します。   こちらです。 これ凄いですね😨全然知らなかったです。 pic.twitter.com/1zxOx4sJok — サイコロステーキちゃん (@huff33342238) November 24, 2021 この本は、「世界の黒幕「悪魔のシナリオ」 東京五輪&新型コロナワクチン 超陰謀大全」というものです。     この本の作者は、「国際情勢ファクト研究所」というところですが、ここは、もうひとつ、同じような内容の本をだしています。   その共著が「RAPT理論」で、麻生太郎の「手下」、つまり「イルミナティ秦氏側」の工作員と暴かれた「ベンジャミン・フルフォード」です。   「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。 より一部転載します。 ここ最近、「麻生太郎」についての記事をずっと書き続けていて、「麻生太郎」こそが実はイルミナティの核心人物、つまりこの世の悪の中心であることが明らかになってきました。 ○天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。 ○「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。 ○「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。 ◯「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。 ◯「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。 しかし、この事実はやはりイルミナティの連中にとって表沙汰にされたくない事実だったようで、早くも私のこの一連の記事に対抗するかのように、とある有名陰謀論者が「麻生太郎」が大した重要人物ではなく、ただの雑魚(ざこ)であると思わせるような情報を拡散しはじめました。 その有名陰謀論者とは、ズバリ「ベンジャミン・フルフォード」です。 このインチキ詐欺師が、先月の2017年2月27日、つまり私が「麻生太郎」に関する4つの記事を書いた直後に、以下のような動画をネットにアップしていました。(註:現在は削除されています)   ここで「ベンジャミン」が言っていることをまとめると、以下のようになります。 1.「麻生太郎」が賄賂をもらって、高知県の水をフランスの「ラファージュ」というセメント会社に売り渡した。 2.「ラファージュ」のトップには「ヒラリー・クリントン」が在籍していて、今回のこの水の売買には「ロスチャイルドのフランス分家」と「ルイス・アイゼンバーグ」というアメリカの悪魔教のトップも絡んでいる。 3.今現在、「皇太子」が実質的に「天皇」の座に就いていて、「麻生太郎」のような日本の売国奴どもを浄化しようとしている。 5.日本のヤクザなども、「麻生太郎」が日本の水資源を外国に売ったことに怒っていて、「麻生太郎」に対して反旗を翻している。 6.「安倍晋三」や「麻生太郎」は、ロスチャイルドなど外国資本の奴隷である。(リチャード・コシミズによると、「安倍晋三」はロックフェラーの手下だという話でしたが……笑?) 7.「安倍晋三」や「麻生太郎」を日本から追い出すことができるのは、日本の警察官僚、自衛隊、汚染されていない司法関係者である。 8.「トランプ」は13歳の女の子とセックスをしているところを撮影されて、「アイゼンバーグ」に脅迫されている。そのため、「トランプ」はもう既に裏では失脚していて、世界を改革することはできない。 9.この世で本当に権力を握っているのは、「ロスチャイルド」など裏に隠れている者たちで、「麻生太郎」などのように表で活躍している人間はただの彼らの奴隷にすぎない。 10.日本の政治を変えようという精神を持っている人がこの日本には誰もいない。そのような精神を持って活動しているのは、「ベンジャミン」と「朝堂院大覚」だけであり、彼らだけが日本国民の味方である。 要点をまとめるとこのような感じです。RAPT理論を知っている人からすると、ツッコミどころ満載で、爆笑するしかありません。 やはり彼らは、この世の悪のトップを「ロスチャイルド」のような西洋人に仕立て上げ、日本の天皇(ここでは「皇太子」)はあくまで正義の味方にしておかなければ気が済まないようです。 しかし、「麻生太郎」と「安倍晋三」と「皇太子」はとても近い親戚同士なのですけどね……。 本当にこんな近い親戚が、「麻生太郎」や「安倍晋三」のことを叩き潰してくれるのでしょうか(笑)。 〈麻生太郎の系図・ちなみに皇太子は今上天皇の子供〉 いい加減、「ベンジャミン」もこの天皇一族の系図のこととか、もっと詳しく皆に話をしたらどうなんでしょうか。 しかも、彼ら陰謀論者は「トランプ」こそがイルミナティを叩き潰してくれると言って大絶賛していたわけですが、いざ「トランプ」が大統領に就任したとたん、「トランプ」は「アイゼンバーグ」に脅迫されているから、世界を改革することはできない、と言い出しました。 これまたとんでもない詐欺師ぶりです。 彼らは最初から「トランプ」が世界を改革するはずがないことを知っていたのです。なぜなら、「トランプ」もイルミナティのメンバーなのですから。 本当、彼ら有名陰謀論者たちの屁理屈はもううんざりです。   彼らの役目は、同じ陰謀論でも、「本当の黒幕」つまり、「真実」に目を向けさせず、しかしながら、真実や陰謀論に興味がある人達を、誤誘導し続ける事です。   この雑誌には、「イルミナティ李家」の事について、一切触れられていませんし、ましてや、天皇家、皇族、創価学会、群馬人脈についても、一切触れられていません。   「李家」というのは、ロスチャイルド、ロックフェラーと共に、イルミナティ13血流のひとつです。   そして、李家こそが、この日本を牛耳ろうとしており、そして、同じく李家の「大本教」「出口王仁三郎」の計画である「コロナ茶番」を、「創価学会」が実行部隊として行っている事が、RAPT理論で明らかになっています。     【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)https://t.co/kAqCr4U9JL — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 10, 2021 しかし、彼らは、庶民を誤誘導するのと共に、同じイルミナティ同志で、激しく醜い権力争いを行っているので、相手を滅ぼすためにも行っています。 そのために、今やイルミナティは、出雲族も秦氏も、どちらも、戦いに明け暮れているために、お互いが相当弱体化し、今後も、彼らの滅びは加速すると思われます。 【秦氏による出雲側への攻勢】トランプ支持者による新SNS「GETTR」誕生 仕様はTwitterそっくり https://t.co/WK6gWrRA4j — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 3, 2021 【加熱する秦氏と出雲の争い】トランプ前大統領、Google、Facebook、Twitterの3社を相手取り集団訴訟 https://t.co/bD8z81Hy5Z — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 8, 2021   そして、庶民を最も惑わせているのが「反ワクチン」派イルミナティ。 右翼系(秦氏側)弁護士「南出喜久治」らによる反ワクチン訴訟「アストラゼネカワクチンは子宮頸がんワクチンと同じく不妊症をもたらす毒が入っている」https://t.co/tU59wpTGUO — ...

Read More

「内海聡」が「創価学会の工作員」だという事を理解できない人達へ。

この戦いは「霊的な戦い」だという意味を理解できるようになりました。 工作員というのは、分かりやすい「悪」を行うものだけを言うのではありません。   工作員というのは、一見、私達にとって「益」となると思える事を行う場合もあるのです。   昨日、十二弟子の「ミナ」さんが聞き手を務められる「ミナのラジオ」のゲストが、「RAPTさん」でした。 【第3回】ミナのラジオ – どのようにしてRAPT理論は解かれていったのか? – ゲスト・RAPTさんhttps://t.co/yMGAbuD9AS — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 24, 2021 「RAPT理論」はどのようにして解かれていったのか?世の「陰謀論」と何が違うのか?   ということについて、語ってくださっていますが、   RAPTさんが昨日のラジオの中で、「創価学会」がライバル店を潰そうとするときに、「創価企業」のブックオフを例に挙げて、ライバル店の近くに店を立てて滅ぼすという方法を取る、という話をされていますが、「内海聡」もまさにそのような工作員であるとおっしゃっています。   内海聡は、「池田大作」の隠し子の疑いがある事を暴かれました。 「内海聡」は池田大作の隠し子である可能性大!! 創価学会のマッチポンプ要員としてワクチンに懐疑的な国民を取り込むhttps://t.co/rnp8VuuV7K — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) October 16, 2021 そして、この投稿に対して、多くの「工作員」が沸いています。   工作員でない「一般庶民」の私達も、「真実」を知らなければ、「内海聡」がどうして「創価の工作員」になるのだ?と疑問に感じると思います。     この疑問を解決するために必要なこと。   それは、この世には、目に見える世界(肉界)だけでなく、目に見えない世界(霊界)が存在している事を理解することです。   人間には肉体だけでなく霊体も存在する 霊を目覚めさせ、永遠の幸せを手に入れるためには https://t.co/ooepMqkZdd — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 16, 2021   そして、この世は、「霊界にいる」悪魔(サタン)を拝むことによって力と権力を得てきた「悪魔崇拝者」がいて、それが「イルミナティ」と呼ばれるものの正体だと理解する事です。   この事を理解しないと、「内海聡が創価の工作員」だと理解するのは難しいでしょう。   そして、イルミナティが「神」と崇めて頼ってきた「サタン(悪魔)」にとって、一番の「敵」は何なのか?を理解する事です。   「イルミナティ」(悪魔崇拝者)は、「サタン(悪魔)」の言う事を聞いて、力や権力を得てきました。 その事が「RAPT理論」によって、事細かに暴かれてきました。   イルミナティに関する幾つかの考察。 悪魔崇拝についての幾つかの考察(1) 悪魔崇拝についての幾つかの考察(2)     よって「イルミナティ」が行う事というのは、「サタン」の意向でもある、という事です。   悪魔崇拝者が幼児虐待し生贄に捧げたり、同性愛者になったり、乱交を行うのは、サタンを喜ばせるためです。     その「サタン」にとって、最も避けたい事は何なのか?   それは、人類が「本当の神様」を知り、本当の神様に縋り、本当の神様の言う通りに生きる事なのです。   サタンの長「ルシファー」は元々「天使長ルシエル」でした。   ところが、神様があまりにも人間を愛するあまり「嫉妬」してしまい、「疎外感」を抱いたしまったそうです。   その結果、神様に反逆する事となり、アダムとエバを騙して、人間を堕落させました。   (詳しくは、こちらの記事や、有料記事に書かれてあります) 疎外感に陥らないために、常に自分を高める努力を。 RAPT | RAPT有料記事   この「終わりの時」に今、神様は、最後の使命者である「RAPTさん」という方を送られて、人類を救おうとなさってくださっています。   人類が「RAPTさん」を知り、「RAPT理論」を知り、「RAPTさん」を通して、語られる「神様の御言葉」を聞いて救われて、なおかつ、神様の言う通りに生きる事を神様は強く望んでおられます。   しかし、この事は、サタンにとって、最も避けたいことです。 そして、サタンを拝む「イルミナティ」にとっても、最も避けたいことです。   (ここまで、お分かりいただけたでしょうか。)   そのために「イルミナティ」は、RAPTさんに対して、尋常でないほど弾圧をしました。   RAPTさんが作られた「教会」に工作員を送ったり、ブログを読めなくしたり、有料記事の支払いを妨害したり、「創価学会」の集団ストーカーを送って、RAPTさんの活動を妨害し、さらには教会で飼われてきた「ヤコブ」までも殺しました。   詳しくは「有料記事」や「朝の祈り会」音声、また、Instagramでも詳しくお話されています。     ...

Read More

「RAPT理論」はどのようにして解かれていったのか?世の「陰謀論」と何が違うのか? 

「RAPT理論」を解かれたRAPTさん本人によるお話が聞けます!   毎週水曜日に、十二弟子の「ミナさん」が聞き手となって、十二弟子の方のお話を教えてくださる「ミナのラジオ」。   先週のゲストは、一番初めに十二弟子となられた「KAWATAさん」でした。 【第2回】ミナのラジオ – RAPT理論を解く楽しさ – ゲスト・KAWATAさんhttps://t.co/QVa3XCX0A6 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 17, 2021 「KAWATAさん」は、RAPTさんのそばでRAPTさんと共に、「RAPT理論」を解かれ、世に発信し続けてくださっています。   そんなKAWATAさんが、RAPT理論についてどのように感じておられるのか、RAPT理論の素晴らしさについて、お話してくださいました。   もし、まだ聞かれていない方は、ぜひ聞いてくださいね!     そして、3回目の今日のゲストは、なんと!「RAPTさん」ご本人です!   【第3回】ミナのラジオ – どのようにしてRAPT理論は解かれていったのか? – ゲスト・RAPTさんhttps://t.co/yMGAbuD9AS — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 24, 2021   今回の配信を聞かれることで、他の陰謀論と「RAPT理論」のどこか違うのか、どうして、「RAPT理論」は、度重なる「イルミナティ」という悪人による「妨害」を受けても、未だに世の人々に求め続けられるのか、などについて、お話くださっています。 また、2017年に建てられた「教会」について、「神様の御働き」があったとしか思えないような「不思議な奇跡」が起こったお話もご紹介されています。   ぜひともお聞きくださいね!   そしてもし、もっと知りたい!と思われた方は、「RAPT理論+α」の中の「カテゴリー:ライフ」というところで、十二弟子の方々による「神様」や「RAPTさん」の証が紹介されていますので、ぜひともお読みください。   RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形(ライフ)     最新の十二弟子の方による証はこちらです。   ミナさん RAPTブログに出会って、自分を偽って人に合わせるという重荷から解放された(十二弟子・ミナさんの証)https://t.co/agwGn56rEt — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 23, 2021 エリカさん エリカの今日の悟り(2021年11月22日)https://t.co/WPUoX3slNZ — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 22, 2021 エンタメや文化芸術もサタンに毒されているが、全てを神様のために行うことで豊かに祝福を受けることができる(十二弟子・エリカさんの証)https://t.co/jmDOhfQgDS — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 22, 2021   NANAさん 多くのキリスト教の教会が悪魔崇拝者に乗っ取られる中、正しい真理の御言葉、最高次元の御言葉を聞いて賛美を捧げられる喜び(十二弟子・NANAさんの証)https://t.co/sCUEKFKxG7 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 21, 2021 NANAさんは、「ミナのラジオ」第1回目のゲストでした。 【第1回】ミナのラジオ – 元気に育つ5匹のワンちゃんたち – (ゲスト・NANAさん)https://t.co/aC86vLxMhc — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November 10, 2021   KAWATAさん 自分の霊魂が成長すれば、肉体も万能になるということを実体で示してくださったRAPTさんの働き(十二弟子・KAWATAさんの証)https://t.co/qHBcqYLw6K — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) November ...

Read More