• ついに「2023年」が到来しました!

日本のイルミナティ(李家)はウクライナ侵攻を利用して、あの手この手で憲法改正しようと必死にもがく。

日本のイルミナティ(李家)はウクライナ侵攻を利用して、あの手この手で憲法改正しようと必死にもがく。

ロシアによるウクライナ侵攻の真相が次々と暴かれています。 ロシアのウクライナ侵攻は、日本の憲法改正に向けたフェイクである可能性大 コロナ茶番を仕掛けた創価学会がウクライナを支援する違和感https://t.co/luSdbg9NAV — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 27, 2022 【対中国を視野に】創価学会とズブズブのインド軍が陸自と共同訓練を実施 日本人に危機感を抱かせ、憲法改正へと世論誘導する作戦かhttps://t.co/8eusW7m18X — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 27, 2022 ロシアによるウクライナ侵攻の裏で糸を引く「中国」 ウクライナの軍需産業を狙って水面化で侵略を進めるhttps://t.co/lqJ2ptpyNk — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 28, 2022   そしてやはり、これは「茶番劇」です。 このようにして、「フェイク写真」が拡散されていくのですね。 The terrible war between Russia and Ukraine, oh my God. See how people die in the way….😭😭🙆🙆 pic.twitter.com/a3AtL0lJHB — AKIWACU TALENT PI NetWork M (@DonJerr84190237) February 25, 2022 このツイートを翻訳したものがこちらです。 ところがこの映像は、2018年に制作された、第二次世界大戦のレニングラード攻防戦の再現映像だそうです。 これはWWⅡのレニングラード攻防戦の再現映像(2018)だってさ 今の🇷🇺🇺🇦の話とは全く無関係 戦車がどおりで古いわけだし、やってる人間も牧歌的で、そりゃ再現映像で本物の人間飛ばす訳にいかんやろ ちょっと調べたらバレるレベルの嘘ついて楽しいんか仕方ないか🤣🤣🤣https://t.co/bVIIWzn3Zc https://t.co/7jFJMjFak2 — 🌨️🍃@骨格亭ナチュラルLv42 (@naige_vent1979) February 28, 2022 この映像、どう見ても「コント」としか思えません。 小学校の時に行った「避難訓練」レベルの危機感しかありません。 そして、後ろでは布の人形が飛びます。 最後には、微動だにしない戦車を「荷物置き」にする人も現れます。   この映像だけでなく、数々の「フェイク映像」が拡散されているようです。   奉仕すれば単位もらえるテイの。 pic.twitter.com/IzfCMLwa4p — なびすけすたいる [完全押しつけ憲法]はウソ/ 97条削除+緊急事態条項+敵国条項で亡国 (@nvskjp) February 27, 2022 #FakeNews1.Why is Bild in Germany, using a video from the 2015 chemical explosion in Tianjin, China ...

Read More

「憲法改正」は「イルミナティ李家」が国民を奴隷にして、好き放題行うための最終手段。

予想通りの展開です。 ロシアのウクライナ侵攻に便乗し、憲法改正に向けた世論誘導が激化 日本を再び戦禍に巻き込もうと目論む岸田内閣(李家) (一部転載) 過去の記事でも述べましたが、戦後制定された「日本国憲法」は、この日本を支配するイルミナティ(李家)の暴走を食い止めると同時に、李氏朝鮮や戦時下の日本で行われた国民への弾圧や人権侵害を食い止めるための“縛り”の役割を果たしてきました。 この日本国憲法のおかげで、私たちは今でもこうして真実を発信し、コロナワクチンの脅威からも守られ、徴兵制もなく、他国に比べて遥かに平和な生活を送ることができました。 しかしイルミナティ(李家)は、日本国憲法の本当の役割を国民に悟られないように工作しながら、事あるごとに憲法改正へと持ち込もうと悪あがきしてきました。 今後、本当に憲法が改正されることになれば、「憲法9条」以外にも、国民の権利を守る重要な憲法が削除、改悪され、国家権力を縛る機能が完全に失われてしまいます。 そして、国民の人権が失われた地獄のような時代へと逆戻りしてしまう恐れがあります。 そして、「過去の記事」とは、これらの記事になります。 【李家の悲願】 「国民投票法改正案」が衆議院本会議で可決 (一部転載) この日本を長く牛耳ってきた李家は、一度失った自分たちの地位を復活させる“唯一の手段”として、憲法改正を掲げてきました。 李家含む旧皇族(皇公族)の面々は、戦後GHQによって皇籍離脱を余儀なくされ、上級国民でありながらその地位を剥奪されてしまいました。 そのため、今でも彼らは憲法改正をして旧皇族の地位を復活させ、戦前と同じように国民から搾り取った税金をすすって美味しい思いをしようと目論んでいます。   【憲法改正を急ぐ李家】国民から「基本的人権」を奪い取ろうと目論む岸田内閣 (一部転載) これまで安倍晋三や麻生太郎といった政治家たちが憲法改正を強く主張してきたのは、日本国憲法のせいで李家の権限をことごとく制限されてきたからに他なりません。 日本国憲法によって、天皇は偽りの神の座から引き摺り下ろされ、李家などの旧皇族たちも皇籍離脱を強制されて地位を失い、彼らの儲けの種であった戦争をすることも許されず、軍の保有もできなくなったため、必死で改憲しようと悪あがきしてきたわけです。 ある意味、日本国憲法は、世界中を侵略し、世界中の人々を食い物にしようとした日本のイルミナティ(李家)を封じ込めるために制定されたものだとも言えます。 学校ではただ、アメリカに負けて、「押し付けられた憲法」のように習います。 しかし、真実は違う事が、RAPT理論で明らかになりました。   日本国憲法。 それは私達が思う以上に、悪人(李家)の支配から守るために作られたものだったのです。   この話は非常に重要です。 本当ならば、全ての日本人が知るべき真実です。   日本と韓国、韓国と北朝鮮が敵対しているのは、李家同士の争いが原因だった!! そして、どんなことがあっても、この憲法は守らなければなりません。 #全体主義 化義務化が絶対に嫌な方は見てください~2分完結~ #拡散希望 #改憲反対 #改憲不要 https://t.co/UbMXzLjMoW #sm40078504 pic.twitter.com/KiFIJKiwQA — 神野愛369分かち愛📚M.A. (@kaminoai369) February 22, 2022 この動画の中で、「中国でワクチン強制できるのは、国家権力が人権を上回るから」と言っています。   中国とはつまり「中国共産党」です。 そして、創価学会は、中国共産党の工作部隊である事が、暴かれました。 日本ももう既にやられている。 気付いてみると、日本はどこもかしこも中国人だらけ。 池田大作の総体革命は、実は中国共産党による日本乗っ取り工作だったというオチ。 池田大作が死んでも工作は続いている。 憲法改正によって、工作はほぼ完了というわけか。https://t.co/ejJnuTAxyp https://t.co/DkHmTHFgKS pic.twitter.com/WxyAzQW0sv — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) February 2, 2022 そして「憲法改正」によって、乗っ取りが完了してしまう、という訳です。   どんな事があっても阻止しなければなりません。   そして、どんなに耳障りの良い事を言っていても、「改憲」を薦める勢力には本当に気をつけなければなりません。 いやー。日本ヤバイわ。こっそり憲法審査会やってる。💉で良くわかったけど日本は騙される人口多いから、通ってしまうかもしれんな。TVコロナ信者は人権無くなっても気がつかないんかもな。 — Takuya Angel (@takuya_angel) February 25, 2022 今、国は改憲へと向かっています参政党、祖国再生同盟など創憲や大日本帝国憲法、自主憲法制定へと今訴える政党も改憲推進政党と同じです国会で改正発議され国民投票へとなれば改憲される危険性が大自民草案での改憲となりますよ現状自主憲法などあり得ない💉懐疑な方は誘導されないで下さい。 — 優 (@39071622ty) February 21, 2022 国民投票は、残念ながら中庸を選べません。改憲発議され、国民投票となれば改憲賛成か反対かの二択の判断を迫られます。 https://t.co/JIJrvn0JAC — はる (@tasogare_owls) February 18, 2022 合わないのです。 中庸とか、創憲とか、自民とは違う改憲を、とか自民改憲案に警戒する人に耳聞こえのよいことを言っても、まず自民改憲草案が通る状況での改憲だけは、確実に阻止できなければ、絵に描いた餅で終わります。 それをさんせー党の方々が、解らないはずがないのです。 — はる (@tasogare_owls) February 18, 2022 ...

Read More

【必読!】ロシア(秦氏)によるウクライナ侵攻はイルミナティ「出雲族」と「秦氏」の勢力争いだった。

これまで「RAPT理論」では、「イルミナティ」がどのようにして人々を騙して、自分達だけが富と名誉を得てきたのかについて、詳しく解説されてきました。 騙しの手口は、今回のコロナ茶番を通して、どこまでもRAPT理論通りだったために、理解された人も多いでしょう。 私もその一人です。 と当時に、「RAPT理論」は、この「イルミナティ」が「2つの勢力」に分かれている事を暴いてくださいました。(時に3つ) さらに古代から何度も争いを繰り返してきた事実が暴かれました。 世の中の陰謀論者と決定的に違うのはこの点です。 世の中の陰謀論者は、このイルミナティのどちらかの勢力に属している事も暴かれました。   そして、ロシアのウクライナ侵攻もまた、イルミナティ2大勢力「秦氏」と「出雲族」との争いである事が明らかになりました。 【やはり秦氏と出雲族の争いだった!!】ロシアがウクライナに侵攻を始めた理由を解説https://t.co/hXkucH1y80 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 25, 2022 この記事は、以下のように締めくくられています。 このような状況を深く理解し、世界の平和を守るため、全ての人が心一つにしてイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。 Twitter上では、戦争反対とつぶやく人がいます。 確かに戦争は絶対にあってはならない事です。   しかし、真実は、どちらも筋金入りの「悪人」「悪魔崇拝者」だという事です。 暴力団同志の抗争を見て、戦いはやめろ!と言うでしょうか。 暴力団そのものを滅ぼせ!というのが、正しい考えではないでしょうか。   しかし、「出雲族勢力」であるTwitter社は、以下のように誤誘導をしています。 ロシアは秦氏なので、アノニマスは出雲族ということになりますね。 【やはり秦氏と出雲族の争いだった!!】ロシアがウクライナに侵攻を始めた理由を解説 | RAPT理論+αhttps://t.co/G7IAqqOdWL twitter社(出雲族)はアノニマスが偉いと宣伝したいわけだろうが、どっちも悪人なので騙されないように。 https://t.co/3rCjMujBbK — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) February 25, 2022 今後流れる情報は、フェイクやミスリードの可能性はあります。 ロシア軍、チェルノブイリ原発を占拠 ウクライナ発表https://t.co/dBeoKcCkBd 本当に放射能が危険なら、占拠しようとはしません。原発や放射能が危険だと思わせるための演出の一環でしょうね。https://t.co/n7gBcWuoS6 過去の大戦同様、今回も秦氏と出雲族の争い。https://t.co/y7OFvy5EQm pic.twitter.com/uYvzh7rJeF — 種をまこう (@terra_seed) February 25, 2022 しかし、ここに来て大事なのは、イルミナティ同志は常に争っている真実を正しく知ることなのではないでしょうか。 イルミナティにとって、庶民が真実を知る事は脅威なのだとRAPTさんは教えてくださっています。   戦争反対!と呼ばれるよりも、 イルミナティ同志の戦いに私達を巻き込むな!と叫ばれる方が、 イルミナティとしては痛いでしょうね。 GETTRで情報拡散していましたが、アカウントが凍結されました。 秦氏と出雲族の争いだという記事を貼り付けることは、BANの対象となるようです。https://t.co/WH8UI3ddIdTwitterと同様にGETTRも言論弾圧をしています。 結局、トランプもバイデンも同じ手法で悪を行なっているということです。 https://t.co/E7WpHlpZQ0 pic.twitter.com/rhBGJeeLlC — god_bless_you_ (@god_bless_you_) July 9, 2021   そして、第二次世界大戦も、今回と同じく「イルミナティ同志の戦い」であったことが暴かれています。 View this post on Instagram A post shared by rapt (@rapt_neo) View this post on Instagram A post shared by rapt (@rapt_neo) 大本教の教祖・出口王仁三郎は、広島・長崎への原爆投下を予言していた。 が、実際は、彼が原爆投下を計画していた!!https://t.co/iPKNmIKqqD 大本教と創価学会を弾圧した国家神道を奉ずる政府要人を、大本教の意志を引き継いだ創価学会が、原爆投下によって復讐したのが、原爆投下の真相!! pic.twitter.com/hi2JzKzvHx — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) December 4, ...

Read More

コロナの影響で学校閉鎖。これを機に、お子さんの「個性才能」を伸ばす生き方へと変えませんか?

コロナ「第六波」茶番により、数多くの学校が「学校閉鎖」になっているそうですね。 先程子供達の学校から連絡が!明日学校閉鎖解除で24日から再開のはずが、24日市内の学校全て休校となるとの事!理由が、『除雪間に合わず通学路確保が難しく子供達の安全が確保できない為!』ってそんな事あるぅぅ😳‼️39年間住んでるけど初めてだよ😳‼️やっぱり異常だよ!災害レベルだよ! — 🍊です∞ち🍊 (@mk_ataoka) February 22, 2022 今、学校からメール来て今週末まで学校閉鎖になるそうです💦複数の学年閉鎖の為って書いてる(=д= ;)昨日夕方までは6年生だけやったのに…ほんと、怖い(´;ω;`)みなさま、お気を付けくださいm(_ _)m感染された方は早く回復されますように🙏#学校閉鎖 #コロナに負けるな — あちゃこ (@mayuayanen) February 22, 2022 中学校「陽性者が2人いても普通通り学校」小学校「感染者1人、濃厚接触者1人で学校閉鎖」︎︎ この差ってなんですか?? — 𝘮 (@nh_025) February 24, 2022 「RAPT理論+α」でも紹介されたように、現在、ターゲットは「子供達」に移っています。 【岸田内閣の次なる大量殺戮の標的】子供用コロナワクチンが各自治体に到着https://t.co/jTI9dSmEok — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 24, 2022 東京都の教育委員に創価企業ファイザーの女性執行役員を抜擢 教育現場が子供の健康を脅かすhttps://t.co/VqoH92cdzk — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 6, 2022   中国の傀儡組織「全国知事会」がコロナ茶番の舞台を飲食店から学校や保育所に転換するよう政府に要請 憲法改正は中国による支配を確立するための最終手段だった!!https://t.co/r4Oq1uE8xx — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) February 2, 2022 学校閉鎖から、「ワクチンの積極的接種」へ誘導したいのでしょう。   言うまでもなく、全ての人にとって、コロナワクチンは「毒」でしかありません。 ましてや、5歳以上の子供に打たせる理由がありません。 ワクチンを打たせるのは、「人口削減」と「副作用を治す治療薬」で儲ける為です。 危険だと言われるワクチンを打たせように私向け、人口削減を目論んでいる創価学会の関係者達。 同調圧力に流されず、接種を断る事が大切ではないでしょうか。https://t.co/37yc7VEuPT pic.twitter.com/zN6N9qQRWY — All About Truth (@AllAboutTruth4) February 24, 2022 ワクチンを打ったフリをした吉村知事「解熱剤を使ったので、ほぼ副反応はありません」https://t.co/zaEfZjl1CA 中国に利益誘導、イソジンの次は解熱剤を宣伝。https://t.co/NnszzldmuAhttps://t.co/FYHIUVWcoV コロナワクチンは猛毒なので、絶対に接種してはいけない‼︎https://t.co/vbhUCZ90tm https://t.co/NqMgNWJVRL pic.twitter.com/CV5oAyMoUx — トマス (@AZETdrclzfunJJu) February 24, 2022 お子さんにも親御さんにも、不安や心配、ストレスを与え続けている「コロナ茶番」。 一日も早く茶番が終わる事を祈るばかりです。 そして一日も早く、コロナを仕掛ける「イルミナティ李家」「中国共産党」「創価学会」が滅びる事を切にお祈り申し上げます。   ・・・と、いつもはここで終わるのですが。   ここからは少し視点を変えて、記事を続けたいと思います。   ふと、こんな事を考えました。   もし私が、今の時代に「小学生」だったら、すごく恵まれていると感じるだろうな。。。と。   その理由は、「RAPTさん」がいてくださっているからです。   どうしてそう思うのか。   それは、私が小学生だった30年以上前に、「RAPTさん」のような大人がいてくれたらな・・・。と思っていたからです。   私が、小学生だった時に、こんな大人がいてくれて、こんな話をしてくれたら、どれほど救われて、どれほど幸せに希望を持って生きれただろうか。と。   今回、「ミナのラジオ」で詳しくお話してくださっています。   こちらが昨日アップされたものです。 【第16回】ミナのラジオ ...

Read More

ビルゲイツに続き、創価学会員だった「手塚治虫」も「オミクロン」を漫画にしていた。

手塚治虫も「オミクロン」を漫画にしていたようです。 「(オミクロン?)なんだいそいつは石屋(医者)の団体かい?」「この世は人間が増えすぎた」…オミクロンの長である『邪悪の使者』デカンダーによってこの世を新たなる楽園に変える計画。50年前の手塚治虫という医師による預言の漫画。 のはずはないが、あまりにも示唆に富んでいて怖い。 pic.twitter.com/bP2diX9aGi — 海燕 (@umitubamejoe) February 22, 2022 手塚治虫が令和の災厄を予言した!? 異色のヒーロー作品『サンダーマスク』 (一部転載) 手塚治虫のヒーロー漫画の異色作『サンダーマスク』が、誕生50周年を記念し、復刊ドットコムより雑誌連載時仕様&レア素材満載のオリジナル版として、2022年3月に刊行される。 なぜ本作は「異色作」とされているのか、そして本作と現在の興味深いリンクについて紹介してみたいと思う。 異色作の理由とまず挙げられるのが、手塚治虫が珍しく手がけた特撮ヒーローのタイアップ作品であること。 1972年10月3日から1973年3月27日まで日本テレビ系列で放送された同名の特撮ヒーロードラマと同時進行した本作は、『週刊少年サンデー』1972年10月8日号から1973年1月7日号まで連載された。 テレビ版『サンダーマスク』は、手塚の作品『魔神ガロン』の実写ドラマ化企画から派生して誕生したヒーローで、虫プロダクションに所属していたスタッフを中心に設立された「ひとみプロダクション」によって全26話が制作。 地球征服を企む暗黒宇宙の魔王・デカンダの野望を砕くため、1万年の眠りから目覚めたサンダー星連合の戦士・サンダーマスク。 普段は青年科学者・命光一に姿を変えて科学パトロール隊に協力しながら、デカンダが放つ魔獣たちと戦う彼の勇敢な活躍が描かれた。 シリーズ監督に『ゴジラ』の本田猪四郎、また『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』などを手がけた上原正三、藤川圭介が脚本で参加するなど、70年代特撮ヒーローブームの一翼を担った作品でありながら、一度もソフト化されていない上に再放送の機会もないことから「幻の特撮ヒーロー作品」としてその名を轟かせている。 そんな『サンダーマスク』の漫画版の主人公は、何と手塚治虫本人。 漫画家・手塚は、名古屋でのSF大会から帰る途中、謎の巨大怪物に襲われたことから、一夜をSFファンの青年・命光一のもとで明かすことになる。 そこで先程の怪物と戦う謎の生物を目撃、その正体は、高瀬博士が発見したガス状の生命体「サンダー」に身体を貸した光一だった。サンダーはやはり宇宙から飛来した生命体「デカンダー」と戦っていたことが判明し、手塚はサンダーに協力を約束する。地球滅亡に繋がるというデカンダーの抱える秘密とは、果たして……。   本編中に衝撃的なキーワードが! サンダーマスクという名称は、サンダーが実体化する際のグロテスクな半獣半人の姿を、劇中の手塚がデザインした全身コスチュームで隠したことに由来する。 これは、ドラマ版で人間サイズから巨大化する際の「サンダー二段変身」を、手塚なりの解釈で取り入れたものだ。 作者自身が作中の騒動に巻き込まれていくというメタ構造のストーリー展開、光一と高瀬博士の娘・あゆみの恋愛を交えながら描かれるヒーローバトルは、思わぬ結末を迎えることになる。 苦みと美しさが混然としたラストシーンは、読む者に強い印象を与えるだろう。 本作は、ヒットに恵まれない手塚の「冬の時代」真っただ中に描かれたものであり、しかもドラマ終了に併せて連載終了となったことから駆け足の展開となり、時に「失敗作」と評されることもある。 しかし、そんな事情と切り離してフラットな目線で読めば、手塚ならではの特撮ヒーローに向けてのアプローチや、意外な読み応えを感じられる野心作と捉えることができるはずだ。 さらに驚愕すべきは、本作に登場するデカンダーに協力する秘密組織の名前……これが何と「オミクロン」なのだ。 彼らが目論む人類粛清と現在のオミクロン株の猛威が見事に重なるのは、単なる偶然と片付けるべきか――改めて手塚作品の先見性に震えることだろう。 先見性でも何でもありません。 手塚治虫は、「創価信者」でした。 相変わらずYouTuberヒカルが創価だと書くと、工作員が湧いてくるが、ヒカルのインスタ写真も創価まみれ。 手塚治虫→創価から「ブッダ」を出版 羽生結弦→公明党から表彰 アンパンマンの作者やなせたかし→創価信者の噂 彼ら三人もヒカル同様、創価信者だと噂がたつと、すぐに火消しされる🤭 https://t.co/2VQlV1apXi pic.twitter.com/vY8z93Bx31 — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) July 20, 2020 エスペランティストであった手塚治虫は、新海誠にそっくりです。 新海誠は李嘉誠や星野佳路にもそっくりな李家であり、群馬人脈であると考えられます。https://t.co/1udlYd1skc エスペラントと言えばNWO。 群馬人脈は世界統一を目的として、毒ワクチンによって人々を大量殺戮しています。 pic.twitter.com/yMPdmlgPtc — scenery (@scenery1000) June 14, 2021     『ブッダ』から『三国志』まで! 創価学会とマンガの危険な関係 ――潮出版社の「月刊コミックトム」が生んだ数々の名作、横山光輝『三国志』や手塚治虫『ブッダ』などがある一方で、第三文明社や創価学会本体の出版部から出されたマンガには、池田大作マンセーマンガも多い創価学会。 そんな「創価学会が生んだマンガたち」を、名作から迷作、珍作まで一挙ご紹介!   かの手塚治虫が10年の年月を費やして完成させたという名作マンガ『ブッダ』。 この作品は、創価学会系の出版社、潮出版社(1960年創業)から出版されている。   もともとは、潮出版社が発行していた月刊マンガ雑誌「コミックトム」に連載されていたのである。 同誌は、65年に「希望の友」として創刊された雑誌で、その後「少年ワールド」→「コミックトム」→「コミックトムプラス」と改題し、01年に休刊となった。 さらに12年、コミック配信サイト「WEBコミックトム」として再開され、現在に至っている。 創価学会系の出版社ということで色眼鏡で見る人も少なくないが、「コミックトム」にはそうそうたるマンガ家たちが連載していた。 手塚は『ブッダ』のほか、未完の遺作となった『ルードウィヒ・B』を連載。 横山光輝は『三国志』『項羽と劉邦』、藤子・F・不二雄は『ポコニャン』、石ノ森章太郎は『変身忍者 嵐』、そのほかにも、みなもと太郎『風雲児たち』、諸星大二郎『西遊妖猿伝』、山岸凉子『鬼』、石坂啓『ハルコロ』等々が掲載されていたのだから相当なもの。 それらとは一線を画す、直截的に布教を目的としたような作品は、創価学会初代会長・牧口常三郎の伝記マンガ『牧口先生』(北野英明)くらいとされている。 こうした有名マンガ家たちがこれほどまでに「コミックトム」に集った当時の状況について、宗教学者の島田裕巳氏はこのように分析する。   「創価学会に限らず、一般に宗教団体が信者を増やして伸びていく時期は、何をやるにせよ教団に余裕があるものです。70年代の創価学会などもまさにそうで、系列の映画製作会社であるシナノ企画は、加藤剛主演『砂の器』(松本清張原作、74年)や高倉健、北大路欣也、三國連太郎主演、『八甲田山』(新田次郎原作、77年)など、スターが出演する大作の製作にも積極的に取り組んでいました。 身を犠牲にして惜しまない不惜身命の精神やリーダー論など、確かに学会員が好きそうな内容ではありますが、必ずしも布教自体が目的ではなく、むしろそれらの作品がヒットすることによって教団の動員力を内外に見せつけるといった意味あいのほうが大きかったのでしょう。 マンガ雑誌の出版なども、これらと同様の位置づけとみられます。 特に『三国志』は団結して戦うという内容が学会員に非常に好まれ、15年も連載が続く大ヒット作となりました。 08年に日中合同で三国志展を開催したときは潮出版社も協力しており、学会員を含むたくさんの三国志ファンが集まりました」   日本経済も基本的には右肩上がりだった70~80年代。 この時代に出版された学会マンガを「コミックトム」関連作以外の作品から挙げてみると、75年には曙出版(赤塚不二夫をデビューさせたことでも知られる出版社)から『劇画ジョージ・M・ウイリアムス―アメリカ日蓮正宗創価学会のパイオニア』(原作・中江克己/画・木村知生)が、76年には怪奇マンガ出版で知られるひばり書房(現在は閉業)から学会員の自伝『鮫と藤衛門 宿命転換への不屈の挑戦』(杉戸光史)が、84年には大手版元・講談社から創価学会2代会長を描く『巨人 戸田城聖』(原作・菅原有一/画・芝城太郎)が、それぞれ出版されている。創価学会とは関係がない(とされる)出版社からコテコテの折伏マンガが出ているあたり、確かに、当時の教団のイケイケぶりを象徴しているといえるのではないだろうか?   ちなみに創価学会系の出版社といえば、潮出版社以外に聖教新聞社、第三文明社(60年11月27日創業)がある。 創価学会の機関紙「聖教新聞」を発行している聖教新聞社は、創価学会の出版部門という位置づけであり、独立した法人ではない。 一方の第三文明社は、潮出版社と同様、株式会社として独立している。 「潮出版社も第三文明社も、社員に学会員が多いのは事実ですが、かといってそれが必須条件というわけでもない。 出版物の執筆者やインタビュー対象者らも学会員とは限らず、むしろ非会員のほうが多数。 『潮』『第三文明』などのオピニオン誌も、名誉会長の池田大作氏の対談などが掲載されてはいるものの、布教を目的とする記事ばかりではありません。 創価学会色の濃い順でいえば、聖教新聞社>第三文明社>潮出版社という感じでしょうか。 周りの学者や作家の間でも、硬派で比較的ニュートラルな『潮』までだったら出てもいいけど、『第三文明』はちょっとね……という話をよく聞きます(笑)。 ちなみに原稿料は3社とも普通だと思いますよ」(島田氏) さらに「リボンの騎士」は創価思想(悪魔思想)である「LGBT」の話だったそうです。 ...

Read More