• ついに「2023年」が到来しました!

「真実」を知るのは痛みを伴うが、「真実」は私達を真の救いに導いてくれる。

「真実」を知るのは痛みを伴うが、「真実」は私達を真の救いに導いてくれる。

真実からかけ離れた情報であふれている今。 しかし、2014年から『RAPT理論』が世の中に登場したことによって、ありとあらゆる「真実」が明らかになり、それは今でも続いています。 今までさんざん「イルミナティ」が人々を騙して、イルミナティの思うがままに支配してきましたが、その事を人々が知るようになり、真実に目覚める人達が増えつつあります。 真実を求める勢いが、「コロナパンデミック」という茶番を引き起こしたことによって、顕著になり、もはや、たとえ真実を知りたいと求めていなかった人ですらも、何かがおかしい、と思う次元にまで来ています。 そのために、Google、Twitter、youTubeなどで、言論弾圧をして、さらにメディアは必死で、「陰謀論」を信じる人は頭がおかしい、と思わせるように洗脳し誘導しています。 三浦春馬さん、ワクチンなど… なぜ人は「陰謀論」にハマるのか 今年4月20日、芸能事務所アミューズの法務部がこんなツイートをした。   〈当社及び当社所属アーティストに関し、ありもしないことをあたかも真実かのごとく詳述して名誉を毀損している者について、昨日、東京地方裁判所において法的措置を取りました〉。   昨年7月に自殺した俳優の三浦春馬さんをめぐって、「実は他殺だった」とするデマが広がっており、それを拡散させている者に対し、事務所側は法的措置を取ったというのだ。    オカルトニュースサイト『TOCANA』編集長の角由紀子氏はいきさつをこう語る。   「三浦さんの自殺があまりに突然で、信じられないという疑問を持ったファンたちがネットで様々な憶測を書き込んだのが発端です。 『身長が高いのに、自分の身長より低いクローゼットで首を吊っている』『死亡確認から遺体が焼かれるまでの時間が短かった』『ラオスでの慈善事業でODAの闇に触れた』といった話が出ていて、今なお信じている人は多いです」    40代女性はその現場に遭遇した。   「去年の話ですが、幼稚園のお迎えの帰りに公園に寄ったら、知り合いのママたちが集まって真剣な顔で話をしていて、私を除く3人は『三浦春馬の件、あれ絶対おかしいよ。何か事件に巻き込まれたんじゃないの?』と喋っていました。1人は夜中までスマホでその情報ばかり集めているそうで、『テレビも週刊誌もそれに触れないのは怪しい』と疑っていた」   “真実”が何者かの企みによって隠蔽されているとする「陰謀論」が、かつてない勢いで広がりを見せている。    特に今は、“コロナの隠された真実”を謳う話が多く、「日本政府は五輪を開催するために、コロナ患者を少なく見せかけている」「コロナワクチンは高齢者を殺して人口を削減する手段」などさまざまある。 何か証拠があって主張しているわけではないので、陰謀論に分類するほかない。   拡散しているのは、一般の人々だけではない。   福井県の自民党県連会長代行を務める斉藤新緑県議(64)は、今年2月、議会報告の冊子に「コロナワクチンは殺人兵器」「バイデンはこの世にいない」と記し、1万6000部を配布して問題になった。朝日新聞(4月30日付)の取材に対し、県議は「コロナのワクチンにはマイクロチップが入っていて、5G電波で操られる。打てば5年で死ぬ」「菅も麻生も逮捕された。今、表に出ているのはゴムマスクやクローンだ」と述べている。    世間から“立派な仕事をしている”と見られる人物までもが、なぜこのような話を信じてしまうのか。『陰謀論の正体!』の著者で、ノンフィクション作家の田中聡氏はこう分析する。   「以前なら陰謀論の本を買わなければ触れられなかった情報が、ネットによって一般化したことと、コロナ禍でのステイホームでネット環境に触れる機会が増えたことが背景にあると思われます。   ネットニュースは自分の関心ある情報が目につくよう設計されているため、なおさら一方向の情報ばかりが集まってくる。   長引くコロナで生活が不安定になり、漠然とした不安感が広がっていることも原因でしょう」   現状に対する不安は、「自分は何かに騙されているのではないか」という疑いの気持ちを生じさせやすいという。   特にスマホが要注意だと、陰謀論に詳しい評論家の真鍋厚氏は言う。   「スマホを見ていると、ネガティブな情報ばかり摂取する“ドゥーム・スクローリング”と呼ばれる行為に陥りやすい。 今だとワクチンの副反応を調べてみたら、画像や動画でいくらでも反ワクチンを訴えるものがSNSに出てきます。 それらの情報を鵜呑みにするうちに健康被害のイメージが植え付けられてしまう。   人は特に自分の生命、健康に関する脅威については不安モードになるため、コロナは陰謀論に導かれやすくなります」    前出の角氏は、こうした陰謀論を信じやすいのは、若者よりも中高年や高齢者が多いと指摘する。   「『TOCANA』の読者層のメインは40代から50代の男性がメインで、高齢者も多い。   若者はむしろ陰謀論に興味がないようです。   新聞やテレビに載っていない情報を求める知識欲旺盛な中高年ほど、陰謀論にのめり込む傾向があるようです」   ※週刊ポスト2021年6月11日号 そして、陰謀論を信じるようになった事で、「家族を失った」という投稿。 【体験談】「母親を陰謀論で失った」男性の後悔https://t.co/HI7qto2vJ9 新型コロナやワクチンなどをめぐり、その広がりが問題視されている「陰謀論」。 なかには、身近な人がそうした根拠の乏しい情報を信じ切ってしまったいう事例も。 自らの経験をnoteを記した男性に、思いを聞きました。 pic.twitter.com/xlMNkkGoBh — BuzzFeed Japan News (@BFJNews) May 31, 2021 新型コロナウイルスやワクチンなどをめぐり注目されるようになった、誤情報が大量に広がる「インフォデミック」という現象。   アメリカ大統領選をめぐっては、そうした情報の震源となっている「Qアノン」をもじり、日本で「Jアノン」という言葉が生まれるなど、世界中で問題視されている。   なかには近しい人が根拠が乏しい「陰謀論」にのめり込み、その間柄に亀裂が生まれてしまったという事例も。   当事者はどのような思いでいるのか。「母親を陰謀論で失った」というタイトルのnoteを記した男性に、話を聞いた。   「母のことを知っていると思っていましたが、そんなことはなかったのかもしれません。普通の関係すら築けなくなってしまうとは、思ってもいませんでした」   そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、ぺんたんさん(30代)。   母親がアメリカ大統領選や新型コロナウイルスをめぐる「陰謀論」にのめり込んでしまったことをきっかけに、絶縁してしまったという男性だ。   noteに記した体験談には2000を超える「スキ」が集まり、約30万回閲覧されるなど、大きな話題を呼んでいる。   働きながら2人の子どもを育ててきたという、ぺんたんさんの母親。音楽を聞くことが好きで、サザンオールスターズがお気に入りだった。   記憶にある社会的な活動といえば、被災地への寄付など。何かの宗教に入っていたこともなかったし、政治的な話をすることもなかったという。   「強いて言うのであれば、健康志向。コーラやファーストフードはダメだと言われたり、オーガニックだとか無添加のものを選んでいたり。それが、今回のことと結びついているのかはわかりませんが……」   新型コロナウイルスの感染が広がるなか、直接会うことのできなくなってしまった母親を案じ、ぺんたんさんはそれまで以上にこまめに連絡を取っていた。   「そんな母が変なことを言っているな、と思うようになったのは昨年の夏ぐらいでした。LINEがうざくなったんです。何を言ってるんだろう、という気持ちでした」   「これを陰謀論というのはバカだ」 ...

Read More

コロナウイルスを証明できないと言っている「厚労省」が、殺人兵器(コロナワクチン)接種を12歳からに引き下げる。

厚労省は、(厚労省だけではありませんが)今に裁かれるでしょうね・・・。 12歳以上からファイザーワクチン“早ければ月末にも” 厚労相 #nhk_news https://t.co/DulM0vbQFf — NHKニュース (@nhk_news) May 28, 2021 12歳以上からファイザーワクチン“早ければ月末にも” 厚労相 2021年5月28日 11時33分 新型コロナ ワクチン(日本国内) ファイザーのワクチンの接種の対象年齢について、田村厚生労働大臣は、早ければ今月末にも12歳以上への引き下げが認められるとの見通しを示しました。 アメリカの製薬大手ファイザーなどが開発したワクチンは、接種の対象年齢が、日本では16歳以上となっている一方、アメリカなどでは、12歳以上となっています。 田村厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に、12歳以上への対象年齢の引き下げについて、28日午後開かれる厚生労働省の専門家部会で議論すると説明しました。 そのうえで「安全性や有効性が確認されれば、早ければ今月31日にもワクチンの添付文書を改訂する見込みだ」と述べ、今月末にも引き下げが認められるとの見通しを示しました。 そして「なるべく早く、子どもにも接種できるよう、自治体に体制の整備をお願いしていきたい」と述べました。 ワクチン接種12歳からに引き下げ。 世の親はどこまで情報集めて考えられる?自分の子供を守る為に。 pic.twitter.com/IlLfoetIXD — ひろし (@hiroshitokyo46) May 28, 2021   現在、日本では、ワクチンは16歳以上なら接種できることになっています。 安全性が確認できれば、、、などとふざけた事を言っていますが、安全性どころか、殺人兵器であることが次々とばれてきているから、これ以上拡がる前に、とにかく子供に打たせよう、と、ごり押ししています。   ご存じの通り、政府は現在、庶民を殺しに来ているわけですから、こういう事を言い出しても、何ら不思議ではありません。 政府(イルミナティ李家、創価学会、群馬人脈)が、庶民を殺しに来ている事をご存じない方は、こちらの動画や記事から情報を得てください。 【壮大な人体実験】ワクチン接種後に85人死亡 厚労省「現時点で重大な懸念はない」 https://t.co/eWpXIoBMey — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 28, 2021 【政治家はワクチンが危険だと知っている】コロナワクチン、国会議員優先接種の見送りを決定 https://t.co/gdqHuJs9An — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 27, 2021 【人口削減の促進】ワクチン接種で1億円当選 米各州が宝くじ方式を導入 https://t.co/lnNsLkguJQ — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 23, 2021 イギリス政府で働く科学者が「コロナ騒動は茶番だった」と認める!! ロスチャイルド本家の勢力挽回か? https://t.co/ZMwTyV3VxH — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 21, 2021 これは、大人が真実を学び、ワクチンが猛毒で、自分にもそうですが、子供にはもっと打たせてはいけないんだ、という事を深く理解して、止めていかないといけないと思います。   ワクチンは猛毒です。 ワクチンを打つと、目に見える世界にしか目を向けられない人間になります。   私たちには肉体だけでなく、霊体も存在しますが、 人間が、霊体、つまり見えない世界について、理解できずに、目に見える世界だけの事をやって生きるほど、苦しくてむなしい事はありません。 目に見えない世界を理解できないと、「本当の神様」を理解することができません。 私達人間にとって、「本当の神様」を感じられない、信じられないほど、不幸なことはありません。 本当の幸せを与えてくださるのは、「本当の神様」だけです。   ワクチンを打つことで、霊体に致命的な打撃を与えます。 シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと人間は、霊的なもの知覚できないロボットと化す」 https://t.co/0I3wfysfc9 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 24, 2021 本当の神様とつながり、本当の神様に頼りすがる生き方は、言葉で言い尽くせないほどの幸せや喜びを与えてくれます。 これは、実際に信仰を持つことによって、体験することができます。 神様と繋がることで身に付く決断力。神様は唯一無二の頼れる存在。 https://t.co/BdembzMF0N — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May ...

Read More

コロナウイルスは存在しないのに未だにしつこく「緊急事態宣言」を行うのは、治験中の殺人兵器(ワクチン)を打たせるため。

コロナは茶番で、コロナウイルスは存在していないことが、これほどまでに拡がりを見せているにも関わらず、しつこく「緊急事態宣言」を行う理由が分かりました。 なるほど なぜ緊急事態宣言をやるのかわかりましたね 菅が治験と発言した理由もこれですね 臨床実験もしてないファイザーのワクチンは 緊急事態宣言を解除したら使えない つまり国民全員に人体実験をしてるということです 本当にやばいですよ https://t.co/SdqinDklUs pic.twitter.com/463vBqN8CB — 一般庶民 (@antinetouyo777) May 27, 2021 未認可でも緊急の目的ならOKなカラクリ。なるほど解った。コナンの推理みたいじゃん🤣 ファイザーのページと言ってもどこどこ?となるから探して来ましたよ。日本法人のサイトじゃなく本社のトップページから2段目のコロナバナーから入った所にあります。 フォロワーさんはやって欲しい事は(続 https://t.co/8GgrY8m9xM pic.twitter.com/exits5EmaA — 🧠𝐁r𝖆𝖎n𝐦ē𝖒๏x(キッカケ&ヒント) (@Brainmemox) May 27, 2021 つまり、これこそが、「人体実験」を行っている、という確固たる証拠です。 「治験中」のワクチンを打たせるのは、「緊急目的」の接種だと可能だから、という事です。   だから、何としてでも、緊急事態は続けなければいけないわけです。   だから・・・。 「イソジン吉村(ちょっと古いですが^^:)」が、狂った発言を繰り返すわけですね。ま、狂っているのは、彼だけではありませんが。 怒り心頭!吉村知事「営業停止ですよ」 休業要請に応じず酒類提供の店舗にhttps://t.co/gB2zw3kMRkこの無能知事の言動が場当たりではなく、地に足をつけて感染防止対策を徹底していれば、飲食店に何度も時短や酒提供禁止の要請をすることは無かった。自らの責任を棚上げしてまた飲食店叩きですか — Noisn (@nomoreishin) May 25, 2021 ちなみに、一番はじめのtweetに書かれてある、創価の犬、菅の「治験発言」はこちらです。 あぁーーーーー ガースーさん、また真実言っちゃった・・・ pic.twitter.com/tZXUYPd8eD — 侍ケンスケことサムケン 目覚め系YouTuber (@samuraikensuke) May 25, 2021 少し前は、「人口削減計画」についても、ポロっと口を滑らせました。 菅首相 記者会見でうっかり“人口削減計画”の進ちょく状況を語ってしまう 吉村知事は人口削減の計画メンバー 菅総理は【人口が、人口が減少しているそうした効果が出始めてきてる】と言ってる pic.twitter.com/m5IVoxr3i6 — rurupon (@pmmmmq) May 23, 2021     「治験中」「人体実験中」であることは、このニュースからも明らかです。 【プラセボは存在する状況証拠1】コロナワクチンと間違え、生理食塩水を接種 奈良の生駒市立病院毎日新聞 2021/5/12 18:14(最終更新 5/13 10:53) PDF⇒https://t.co/J6ICcKTUo0https://t.co/v7DVI54lhc — AKIRA 2024 (@akira_pt4ever) May 21, 2021 コロナワクチンのはずが・・・生理食塩水を誤注射か 広島・福山市(HOME広島ホームテレビ) https://t.co/j5oEldFSpH — HOME広島ニュース@YouTube毎日配信▶️ (@HOME_NEWS5) May 24, 2021 どうしてこんなことが起きるのか、というカラクリを、明かしてくださっている、ツイートをご紹介します。 今のワクチンだが、本物毒ワクチンと偽物塩水ワクチンが出回っているのでは?ロシアンルーレットで本物に当たってしまった人は重い副作用で苦しみ、当たらなかった人は何もなかった、大丈夫だったとワクチンキャンペーンに参加してしまう仕組み(?) — itsme (@curioustyfinds) May 27, 2021 このツイートに対して、このように返している人がいます。 県の保健課?に電話しました。プラセボもしっかりあるそうです。ただし、医師や病院にはわからないようになってますとのこと。撃ちましたカードはそれを管理するためのものだと思います。 — ゆ。(今日も無症状という健康体) (@yu_bot20210326) ...

Read More

猛毒である「コロナワクチン」は、永遠に生きる「霊魂」にも甚大な被害を及ぼすもの。

コロナワクチンは、肉体にでる「副作用」、そして「後遺症」だけでなく、永遠に生きなければならない「霊体」にも、甚大な被害が及びます。 そのことを、100年以上前に、はっきりと明言していた人物がいました。   ルドルフ・シュタイナーです。 シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと人間は、霊的なもの知覚できないロボットと化す」 https://t.co/0I3wfysfc9 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 24, 2021 シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」   シュタイナーというのは、以下のような人物だと、ウィキペディアで紹介されています。 ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 – 1925年3月30日(64歳没))は、バルカン半島のクラリェヴェク[* 1] で生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。   ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり[1]、ニーチェ主義的な[2]自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し[3]、人智学(アントロポゾフィー)[* 2]と称する精神運動を創唱した[2]。   人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており[6]、ロマン派の自然哲学[7]、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる[8]。   シュタイナーの思想はカール・グスタフ・ユング、パウル・クレー、アルベルト・シュヴァイツァーにも何らかの影響を与えた[9]。   ドイツ哲学研究者の三島憲一は、1970年代以降のドイツで緑の党に集まった知識人たちのなかに人智学に学んだ人々が多い[* 3] と述べているが、その一方で、1920年代にヴァルター・ベンヤミンはシュタイナーについて「前近代への願望でしかないと見て深く軽蔑していた」(三島 2002 : 596)とも指摘している[10]。 シュタイナーは「人智学」に傾倒したようです。 人智学といえば、「神智学」から派生したとありますが、「神智学」は、『RAPT理論』によって、「悪魔思想」である、「スピリチュアル思想」の源流となった考えであることが暴かれています。 ○RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。 RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。 〇RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。 〇RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。 〇RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。 〇RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。 つまりシュタイナーは、「悪魔思想」を広めていたことになりますが、この「ワクチン」の事については、本当の事を語っていたと思われます。   詳しくは、冒頭でご紹介した、『RAPT理論+α』の記事をご覧ください。   「現世利益」を得ることが人間の最たる幸せだと「イルミナティ」を騙し、悪魔崇拝者を操ってきた「悪魔(サタン)」は、人間の「霊魂」の滅びのために、ワクチンを作らせているのではないか、と思いました。 ワクチンは元は、「アーユルヴェーダ」の思想に基づいて作られた「おまじない」なのだそうです。 ワクチンはもともとアーユルヴェーダの思想を元に作られた“おまじない”です。 アーユルヴェーダについて書かれている医学書は、ブラフマー=ルシファーが説いたもの。つまり悪魔の書。 ワクチンに水銀が入っているのは、アーユルヴェーダ=悪魔崇拝だから。危険すぎです😡https://t.co/KWdUupETmM pic.twitter.com/hauW0J2QTd — KAWATA (@KAWTA02) February 5, 2021 『RAPT理論+α』の記事でも紹介されていた、「シュタイナー」のワクチンに関する発言。 ワクチンは人の魂を削っていく ルドルフ・シュタイナー   (より一部抜粋)   ワクチンの意味について、色々な所で引用されているシュタイナーの言葉です。 将来は薬で魂を削っていきます。   「健康的観点」を口実に生まれててすぐ、できるだけ早い時期に予防接種が行われ、人間は魂とスピリットの存在であるという考えを育てることができなくなります。   唯物論の医者には、人類から魂を取り除く仕事を任されます。   今日のように、人々はこの病気、あの病気と病気に対して予防接種をうけさせられるでしょう。   それで将来子どもたちは、この予防接種のおかけで、精神的な生き物の狂気の沙汰に従順に従えるようになる物質が混入したワクチンを受けるようになります。   ワクチンを受けた子供は極めて頭が良いですが、良心を育てようとしません。   それが “物資中心主義の世界の真のゴール” です。   そのようなワクチンを使用すると、身体の中で簡単にエーテル体をはずす事ができます。   エーテル体が切り離されると、宇宙とエーテル体の関係が極めて不安定になり、人間は自動ロボットになります。   しかし、人の身体はこの地球では自分の精神的な意思で磨きをかけなければなりません。   だからワクチンはある意味、苦痛を強制されることになります。   人はもはや植え付けられた「物」であるという感覚と気持ちから逃れることはできません。   人間はスピリチャルな存在になることができず、モノとしての構造物に成り下がります。 引用:Lightworkermike 翻訳、江野本 稔 (引用ここまで)   人間には、「肉体」と「霊体」があり、それぞれに「脳」があり、「一つの脳」を共有しあっている、とRAPTさんは教えてくださります。 ...

Read More

マスゴミで発表される、コロナに関する「数字」は、庶民を「イメージ」で騙すために使われる。

コロナが嘘である事や、副作用について、投稿をしたり、家族や周りの人に話をする中で、実際に副作用を起こすのはごく一部で、全員がそうなる訳ではない、だから、自分は打つ、という選択をする方が多い、という話を見たり聞いたりします。 そういう人達にとって、副作用は「他人事」であり、まさか自分がその「ごく一部」に入るわけがない、と思っているのだと思います。   今からご紹介するお話は、私が信仰を持つ前に起きた出来事です。 この出来事を通じて、私は、世の中で示されている「数字」に、何の根拠もない事を悟りました。   今から6年程前、まだその当時は結婚をしていて、アルバイトをしていた時、体調が悪くなり、内科を受診した時に、胃カメラで、胃の中を見てもらう事になりました。 生まれて初めての胃カメラで、異物を身体の中に入れるのがものすごく恐怖に感じました。 そこでその医者が提案してきたのは、「鼻から胃カメラを通す」方法です。 その内科に貼られていたポスターには、「鼻から胃カメラを通した95%の人が、口から胃カメラを入れるよりも楽だった、という回答をした」という内容の事が書かれてありました。(使っている言葉は違うと思いますが、そういうニュアンスの事が書かれてありました) その提案に従って、鼻から通してもらったのですが、これが私には耐えられないほどの激痛でした。 今でも思い出すだけでその時の事を思い出し、苦しくなるほど、本当に辛かったです。 何度か試すも、うまくいかなかったので、結局、通常の口から通す方法でやることになりました。 そしたら、さっきまでの苦しみはなんだったのか!?と思う位、スムーズに通せたのです。   この時に、はっきりと悟りました。 たとえ「95%」の人が良かった、と言っても、残りの「5%」の人がいる事を忘れてはいけないんだと。 「95%」と聞いたら、大多数ですから、自分もその中に入れる、と「勝手に」思うのですよね。   そして、あの内科にあったポスターは、スーパーのチラシと同じで、「商売」のために飾られていた事を、ずっと後になって悟りました。   今、「コロナワクチン」を打たせるために、私が体験した事と同じ事がなされているなと思います。 副作用の話を聞いておきながら打つような人は、色々と口では言うけれど、本心は、「自分は少数派に入らない」と、勝手に思い込んでいるのだと思います。 しかし、現実に、「毒」が入っている事は明らかになっているのです。   「コロナワクチン」の説明書には、小さい文字ながらはっきりと、「劇薬」と書かれてあります。 今使ってる注射ですら医師とインフォームドコンセントをし注射の内容の説明書が何冊も有って注射の中身の説明書もあると言うのに劇薬指定の新型コロナ遺伝子組み換えワクチンを良くもまぁ簡単に接種させるよね皆んなワクチンの中身知ってて接種してるんかね?昔から言うがタダより高く付くもんは無いよ pic.twitter.com/UY3s3AGpQV — Le lievre ❥❥¨⌘̮ (@Airstreak) May 17, 2021 https://twitter.com/ryo12700016/status/1370750933970284547?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1370750933970284547%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fmorino3106%2Fentry-12662313226.html そして、接種によって副作用が起こっても、製薬会社は、責任を取らないと、政府と契約を交わしています。そして、日本政府も、因果関係不明で逃げる事をあらかじめ決めている模様。 副作用については責任を負わない!!と日本政府と契約を交わしている。日本政府は「接種後、死亡した場合は4000万を補償」と言っているが、騙されてはいけない!!打って直ぐに死亡なら補償するが、一ヶ月後、1年、3年、5年後に死亡なら、因果関係を証明出来ないので国は絶対に補償しない!!💢 pic.twitter.com/qGC0Ohyp5B — akisoros (@akisoros0923) March 14, 2021 マスゴミや政府が出してくる「数字」はまやかしにすぎません。 本当に大事なのは、真実を知る、事実を知る、という事です。   マスゴミや政府は、「イメージ」を植え付ける事によって、庶民を騙し、庶民を洗脳しています。 時には耳障りのいい「イメージ」を植え付けて「嘘」と「真実」を混ぜ、時には、恐怖を与える「イメージ」を植え付けて「嘘」と「真実」を混ぜて伝えます。   「コロナウイルス」は存在しない。というのが、真実です。 始めから嘘をついているわけです。 という事は、そこから派生した話は全て「でっち上げ」です。   という事は、PCR検査も嘘ですよね。そもそもコロナウイルスは存在しないのですから。 という事は、コロナウイルスが感染して病気になったという報道も、「嘘」です。 病気になっていないのに病気になった、という嘘だけではなく、他の原因によって病気になっても、「コロナが原因」とされる、という事です。 さらに、PCRで陽性反応は出たが症状が出ていない、というものに至っては、「は?だから何?」という次元です。   そして、「コロナワクチン」を打つことによって、副作用が出ているのは、事実です。 【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例 https://t.co/BHi14HxHa9 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 13, 2021 たとえ、1人しか「副作用」になっていなかったとしても、自分がその「1人」になる可能性があるわけです。 副作用に反応するかしないかは、「2択」なのですから。   私が体験したように、鼻からの胃カメラを使用するかどうかは、95%の人の結果など、全く関係がなかったわけです。 その胃カメラに、合うか合わなかったか、の2択で、確率は50%な訳です。 そして、「合わなかった」ために、激しい痛みを感じたわけです。   数字に騙されてはいけません。数字は、イルミナティ李家が、庶民を「イメージ」で騙すために、言っているだけに過ぎません。 もしくは、「イルミナティ」は、数字に異様なこだわりを見せます。私も、偽スピリチャルにはまった時に、さんざん騙されました。 例えば、ワクチンの特許番号に、感染者数に、コロナ電話番号に、「悪魔(サタン)」が好む数字を込めています。 ビル・ゲイツ(大本教)も超管理社会実現のため、センサーを人体に埋め込み、脳波や体温、心拍数などの身体活動データが計測送信されるシステムを特許出願中https://t.co/zo3qEaLejd 特許番号「WO/2020/060606」=666コロナワクチン接種時にこのマイクロチップを埋め込む計画https://t.co/r4o9tQg3DY — えくぼちゃん (@bsx3OFpqArGH8eA) May 27, 2020 https://twitter.com/sarinasparkling/status/1395362674637041673?s=20 これ、コメントにて教えてもらったんですが…コロナウイルスワクチンコールセンターの電話番号にもしっかりと「666」の数字が。露骨過ぎてさすがにひくわ… pic.twitter.com/mG0KfHYYJ0 — くまさん(我ら一丸となり共に進まん) (@KUMA_Tweet_2019) May 20, 2021 「666」が多いのはたまたまだ、とつぶやいている人がいますが、その人は、聖書を知らないからです。 新約聖書「ヨハネの黙示録」の中に、このような記述があります。 「この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。(略)賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、その数字は666である。」(ヨハネ黙示録)666は、サタンミロクも、サタンコロナ567はミロクと読みサタンを指す。分かり易い❣ ...

Read More