10月からの天皇家の予定が一切公表されていない。イルミナティ悲願の「NWO」「京都遷都」のための準備か?

未だに「イルミナティ」は、必死に「コロナ茶番」「ワクチンによる毒殺」を強行していますが、当初、5日に処刑と言われていた「ビル・ゲイツ」も、前倒しで、1日には処刑された模様です。

その影響が様々な所に出ています。

まずは、「出雲族」ビルゲイツを処刑した事で、赤の「秦氏」勢力が力を盛り返しているようです。

さらには、天皇家の10月以降の予定が、一切、更新されていないそうです。

今日(4日)時点でも、一切更新されていない、という事態は、相当異常なのだそうです。

令和3年のところが、「7~9月」で止まっています。

また、秋篠宮家の予定も同様です。

 

これは、何を意味するのでしょうか?

 

10月以降、天皇家の予定が発表されていない、と発信した「飛鳥昭雄」という、名前からして、ゴリゴリの「イルミナティ秦氏」の工作員のツイートの情報です。

 

ちなみに、秦氏について暴かれた「RAPT理論」の記事はこちらです。

秦氏の正体はロスチャイルドでした。
 
天皇もロスチャイルドも日本の歴代首相もみんな実はゾロアスター教徒です。
 
「聖徳太子」も「平清盛」もゾロアスター教徒であり、ロスチャイルドの先祖です。

 

 

天皇が京都遷都を企んでいる事は、「RAPT理論」でも詳しく暴かれました。

〇水面下で着々と進む関西への首都移転計画。天皇派が頼りにする呪術の効果はいかに。

〇京都こそが裏のエルサレム。悪魔崇拝者どもは京都を中心とした世界政府の樹立を目論んでいます。

悪魔崇拝者が悲願とする京都を中心としたNWO計画は、ロックフェラーの妨害工作により頓挫してきました。
 
次期天皇の即位とともに関西への遷都が始まります。彼らは天皇を中心とした「神の国」を樹立していくつもりでしょう。

〇関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。

〇東京オリンピックと東京の地下施設との関連性。または京都の地下から次々と出土する遺跡の謎。

 

そして、「大阪都構想」は、これらの計画を実現させるためにできたものです。

 

しかし、「秦氏のドン」麻生太郎は、すでに死亡している可能性が非常に高いです。

しかし、この計画は、ずいぶん昔から計画されていたのだと思われます。

そして、この計画は、「秦氏」だけでなく、「出雲族」も積極的に関わってきました。

 

「大本教」の拠点がある「綾部市」は、イスラエルの「エルサレム」市と姉妹都市を結んでいます。

 

そして、大本教の出口王仁三郎は、「イルミナティの李家」→ユダヤ人だったことが暴かれています。

皇后雅子は、「出雲族」の創価学会の池田大作の隠し子だと言われており、

そして、創価学会は天皇家を支える組織である事も、「RAPT理論」で暴かれています。

天皇こそがこの日本の最高権力者であり、それを裏から支えてきたのが創価学会です。

 

さらに、創価学会は、「朝堂院大覚」とズブズブでした。

この「朝堂院大覚」というのは、「嵯峨天皇」の直系の子孫だと言われており、「日本維新の会」の「総裁」を務めていることもわかっています。

 

こちらの記事をお読みいただくと、イルミナティがいかに、「京都」という地にこだわり、そして、自分達だけで栄えようとしてきたかがよく分かります。

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

 

まさに、関西遷都は、「NWO」を実現させるため、「イルミナティ」にとって「悲願」なのでしょう。

 

しかし、現実は、これほどまでに、イルミナティがボロボロになっている中で、この計画がうまくいくとは到底思えません。

 

それでも強引に進め続けるのでしょうが。

 

とはいえ、この「飛鳥昭雄」という秦氏の工作員が、「東京に大災害」と明記しているところを見ると、イルミナティに、そのような計画があると考えられます。

 

こんな頭のおかしい、めちゃくちゃな計画は、起こってはいい訳がありません。

彼らの計画が、ことごとく頓挫するようにお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝える「ニュースサイト」

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.