一般人であるはずの「小室圭」にまで影武者がいた事から、「池田大作」は「総体革命」の一環として、「皇后雅子」や「小室圭」など、「血筋」による皇室の乗っ取りを進めていた事が明らかに。

小室圭の母親、「小室佳代」がいよいよ「詐欺罪」で「刑事告発」されるようですね。

訴えられる内容は、以下の2つだそうです。

①「小室佳代」の元夫で、2002年に自殺した「敏勝」氏の遺族年金の不正受給疑惑。

②傷病手当金の不正受給疑惑。

「小室佳代」が老舗洋菓子店の正社員として働いていた2018年頃、“適応障害”を理由に、勤務を休んでいた時に、『東京都洋菓子健康保険組合』に傷病手当金が受理され、約1年半にわたって給付を受けていたにも関わらず、他の店で働いて報酬を得ていた疑惑がある、というもの。

 

しかし、実際はこんなものでは済まず、実は、「小室佳代」は、「創価学会」の保険金殺人に関与していた可能性が高く、それを隠すために、結婚が延期されたり、金銭問題が取り出されていた可能性が高い事が、「RAPT理論+α」で明らかになりました。

小室圭さんの親族、父、祖父(父方)、祖母(父方)、全員自殺していた

というブログ記事によると、

 

小室佳代の夫(敏勝)は、2002年3月5日に自殺、

(小室)敏勝の父が、2002年3月12(?)日に自殺。

さらに敏勝の母も、2003年に自殺しているそうです。

ソースとなる週刊誌記事、まずは全文をご紹介します。(一部、色は私がつけました)

小室圭さん母、夫と義父の死後遺産交渉 代理人の衝撃告白

神奈川県の中央北部から真っ直ぐ南へ、景勝地・江の島まで走る小田急電鉄江ノ島線。

 

ある駅から歩いて20分ほどで、鎌倉時代に建立されたという由緒ある寺院にたどり着く。山間部に位置するその寺は、周囲を木々に囲まれ、眼下には豊かな自然を望む。

 

 境内の桜の木が前日に降った冷たい雨に濡れ、いまだつぼみをつけていなかった3月5日は、その寺の墓に眠る故人の18回目の命日だった。

 

 

《小室家》
《平成十四年三月五日 敏勝 三十八才》

 

 そう刻まれた墓石が、200基ほどの墓地の中央にあった。花器には雨水だけがたまっている。

「もう何年も、お参りをされている姿は見ていません」(寺院関係者)

 

 昨年の十七回忌もなされず、今年の命日も、誰も墓を訪れることはなかった。小室敏勝さんの長男・小室圭さんはアメリカに留学中。

妻・佳代さんは昨夏以降、自宅でもパート先でも姿を見かけられていない。

 

 圭さんの祖父は、敏勝さんが自死した1週間後に、後を追うように自ら命を絶ち、同じ墓に眠る。そして、墓の施主である祖母も同じように──。

 

寒風に立つ墓標は、一族が経験した修羅を映し出すようだった。

 

 小室さんは現在、現地の弁護士資格を取得するため、米ニューヨークにあるフォーダム大学ロースクールで勉学に励んでいる。

 

 2017年9月に眞子さまと婚約内定会見を行ったものの、借金問題などが報じられ、昨年2月、結婚行事を延期することが発表された。

その後、秋篠宮さまは「それ相応の対応」がない限りは「納采の儀は行えない」と明言し、それに応える形で今年1月、小室さんは金銭トラブルを釈明する文書を公表。

 

しかし、依然として結婚への具体的な動きは見えてこない。

 

「振り返ってみると、最初の結婚延期の理由は『準備不足』と説明されました。借金問題はたしかに延期の一因ではありましたが、秋篠宮さまや紀子さまは、小室さんに対して、その他にもいくつか疑問を持たれていたんです。

 

 たとえば、結婚行事に際して小室家の親族が務めるはずの『使者』がなかなか決まらなかった。また、小室さんが母子家庭であることはご存じでしたが、“なぜ父親が亡くなったのか”は知らされず、週刊誌の報道で知ったそうです。

 

 そういう意味で、結婚の『準備不足』を引き起こしたのは、小室家の語られざる事情だったといえます」(秋篠宮家に近い宮内庁関係者)

 

 

◆語られなかった「祖母の死」

 

 小室さんの父・敏勝さんは2002年3月、小室さんが10才のときに亡くなった。

 

「敏勝さんは、明治大学理工学部建築学科を卒業後、横浜市役所に勤務していました。饒舌な奥さんとは対照的に寡黙なかたでした。ところが、いつからか、仕事が多忙を極めたことと、お金の問題を抱え、弱ってしまったようです」(小室家の知人)

 

 小室さんが幼少の頃、小室一家は3人でアパート住まいをしていた。その一方で、敏勝さん名義でマンションを購入し、そこに佳代さんの両親を住まわせていた。

 

「当時、佳代さんの両親と一緒に住むための二世帯住宅を建てる計画があったそうです。公務員である敏勝さんの収入では、バイオリンなどの圭くんの教育費に加え、佳代さんの実家を支えるお金を捻出することが厳しかったのではないでしょうか。

 

 敏勝さんは体調を崩し、実家に帰って療養するようになった。ある日、佳代さんが圭くんを連れて敏勝さんを迎えに行き、アパートに戻ってきた。それからすぐ、敏勝さんは自ら命を絶ったそうです」(前出・小室家の知人)

 

 38才という短い生涯を自ら閉じたことで、敏勝さんの両親の落胆ぶりはすさまじかったと、小室家関係者が語る。

 

「両親共に、とても明るい性格のかたでした。しかし、特に敏勝さんの父親は憔悴しきってしまい、食事がのどを通らなくなってしまった。葬儀が一通り済んだところで、父親も自死したんです」

 

 一家を襲った悲劇の連鎖。だが、その直後に、佳代さんが意外な行動を取った。

 

「当時、長男と夫の相次ぐ死で、敏勝さんの母親は心身共に限界でした。そこに、『佳代さんの知人』を名乗る男性から連絡が入ったそうです。

聞けば、“父親が亡くなったのなら孫の圭に遺産を相続する権利があるので交渉したい”という話だった。

 

 たしかに落ち着いたら遺産は整理しなければならないけれど、まだ悲嘆に暮れている母親に対して“よくそんな話ができるな”と親族の間で話題になりました。ある親族は、“佳代さんは本当に怖い”と呟いていました」(前出・小室家関係者)

 

 その後、敏勝さんの実家で遺産相続の話し合いが行われた。出席者は、敏勝さんの母親と弟、そして佳代さんの知人男性の3人。

その結果、小室さんが相当な額の現金を相続することになったという。

 

 本誌・女性セブンは、佳代さんの知人男性に話を聞いた。

 

「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。

 

私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう。

 

 後から知ったのですが、本当は、敏勝さんが購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった。

 

それを、遺産分割の交渉のためなのか、敏勝さんの実家には隠していたようです。

 

 圭くんに遺産相続がされるとすぐに佳代さんは、私に一言の礼もなく、突然、“この件から一切、手を引いてくれ”と言ってきました。それ以来、絶交しています」

 

 敏勝さんと父親の2人の墓は、冒頭の寺院にある。

 

墓石には施主として、母親の名前が刻まれている。別の小室家の知人が語る。

 

「お母さんは気丈で明るいかたでした。しかし、2人の家族の死から1年経った頃でしょうか、お母さんも2人の後を追って自ら命を絶ったんです。小室家の墓には、今は3人が眠っています」

 

 一方で、遺産を得た小室さんは順風満帆なキャリアをスタートさせる。父の死から2年後、東京・品川にあるインターナショナルスクールに進学した。カナダのカリキュラムに則って学ぶ中高一貫の学校で、授業料は年間200万円、6年間で軽く1000万円を超えるという。

 

 大学は国際基督教大学(ICU)に進学。その際の入学金や授業料は、佳代さんの元婚約者が出し、今に至る金銭トラブルのもとになったのは、周知の通りだ。

 

※女性セブン2019年3月21日号

暴力団といえば、「小室佳代」の弟が「暴力団」員なのでは?と話があります。

小室佳代の弟は反社会、裏社会エリート幹部?小室圭にそっくりとも?

いずれにせよ、暴力団をちらつかせて強引に解決させる手口は、かつて、皇后雅子の祖父「江頭豊」が、「チッソ」という「水俣病」を広めた会社で、問題を解決しようとした方法と同じです。

皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?

雅子様の祖父は「江頭豊」といって水俣病を起こしたチッソ株式会社の社長です。「江頭豊」が社長に就任したときに水俣病が起きたわけではなく、彼はただその問題の尻ぬぐいをさせられただけだ、という話にはなっていますが、彼のその尻ぬぐいの方法が問題だらけでした。むしろ彼のせいでこの問題が拡大した、と言っていいでしょう。例えば……。
 
1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。
2.患者・家族に謝罪したが補償に応じず。
3.謝罪後も悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。 
4.患者や報道カメラマンを暴力集団を雇って襲撃(チッソ会長時代)。
 
そして、彼とその家族はその後も豪邸に住みつづけ、優雅な暮らしを堪能。その一方で、水俣病を患った人たちは言われもない差別を受け、難病に苦しみつづけました。(下の写真はその様子を写真家ユージン・スミスが撮影したもの。『入浴する智子と母』)
 
ans064picMinamata-2 

その後も、チッソ株式会社は遺族たちへの補償を支払うためと称して操業を続けていますが、その稼ぎのお陰で雅子様は皇太子と結婚し、皇族の仲間となることができました。現在は、国民が泣く泣く支払った税金で、愛娘の愛子様とともに皇室で優雅にお暮らしになっています。

 

また、「RAPT理論+α」の記事でも触れられていた通り、創価学会には、「保険金殺人のネットワーク」があるそうです。

これは、初期の「RAPTブログ」でも、詳しく記事として紹介されています。

創価学会の組織内組織による保険金殺人について。

この記事は、「リチャードコシミズ」の情報を元に紹介されていますが、後に、リチャードコシミズは、「イルミナティ秦氏」の工作員である事が明らかになっています。

 

この「小室親子」に関わる事も、やはり、秦氏」と「出雲族」の戦いある可能性が高いです。

というのも、この「小室圭」を皇室関係者にする目的は、「創価学会」の「池田大作」による「総体革命」の一環で、「創価」が皇室を乗っ取るため、だと言わざるを得ないからです。

まず、「小室佳代」は、池田大作の「隠し子」のひとりだと言われています。

そのために、「小室圭」はもれなく、池田大作の「血筋」です。

 

さらには、「皇后雅子」も、池田大作の「隠し子」と言われています。

そして、どうして「創価学会」が、皇室の乗っ取りを企てている、と言えるさらなる理由は以下の通りです。

 

まず、京都を地盤する民主党の「前原誠司」が池田大作の隠し子と言われています。

そして、現京都市長の「門川大作」は、熱心な創価信者であるだけでなく、彼も「池田大作」の隠し子だと言われています。

前後しますが、「前原誠司」は、稲盛和夫が、JALの会長になった時の「国土交通大臣」です。
 

JAL123便墜落の犯人は、「創価学会」が関与し、特に「群馬人脈」という、イルミナティ出雲族の拠点「群馬」に関わる人物によって行われたことが明らかになっています。
 
 
 
そして、「京都」という土地は、「イルミナティ」が、自分達の故郷、「エルサレム」にしたくて作った場所です。
 
そして現在、「創価学会」が乗っ取りに必死です。
 
 
 
また、「秦氏」も、麻生太郎が「大阪都構想」を維新に進めさせていた事も分かる通り、「関西遷都」はイルミナティの悲願となっています。
 
 

全ては「池田大作」の血縁という事で、繋がってしまいます。
 
本来、池田大作の「創価学会」は、日蓮宗から来ています。しかし、皇室は「神道」で、本来は相いれないはずなのですが、ここでも、池田には信仰心がなく、ただ「信仰」を「総体革命」という、池田大作を中心とする支配体系を作るための「口実」として使ってに過ぎない事が、ここからでも明らかです。
 
もちろん、創価学会の教えは、悪魔思想そのものですから、どの道、幸せになる事は不可能ですが。
 
 
 
「イルミナティ」がやってきた「近親婚」を続け、サタンに忠誠を誓う「悪魔崇拝儀式」の中で、「乱交」を続けることで、できた子供を「養子」に出し続けて、支配を続けてきたように、池田大作も、イルミナティですから、例にもれず、同じやり方で、子孫を増やしてきたのですね。
 

 
そして、小室佳代の学生時代の写真と思われるものが、ネット上に出回っていたのですが、この「あご」は完全に「ハプスブルグ家」の家系と言わざるを得ませんね。
 
ソース画像を表示
 
 
 
そして、おそらく、この「小室圭」は、はじめから、皇室関係者と結婚する事が決まっていたのでしょうね。
 
そうでなければ、内親王の「眞子」はともかくとして、「小室圭」にも「影武者」がいるとは、あまりにおかしすぎます。
 

 

 
 
だから、「佳代」は必死で、「圭」をエリートにしようと育ててきたのでしょうね。
 
 
しかし、やり方や人間性がめちゃくちゃ過ぎました。
 
 
これは、「5CH」からの情報です。
 
週刊誌情報だと思われますが、情報元(一番下)はすでに削除されていました。
 
小室圭さん母の「遺族年金搾取疑惑」報道で婚約破棄の現実味

2021年04月22日NEW

佳代さんはそれを恐れてAさんに対し、婚約したこと自体を会社やAさんの娘にすら秘密にすることを求めるメールを婚約直前の‘10年に送っていたのだ。

さらにAさん自身の年金を受給できるようになる4年後まで結婚はせずに、あくまで事実婚として生活費を援助してもらい、それを世間に隠した上で元夫の遺族年金まで不正に受給する「計画」を企てていた。

中でも驚いたのが、佳代さんは結婚もしていない段階でAさんの生命保険の受取人を急いで自分に変更させ、後に受け取り額が500万円だと知ると“少ない!”と激怒したというのだ

https://friday.kodan…co.jp/article/175959

「皇室」の正体は、悪魔崇拝を続けて「イスラエル」の国にいられなくなり逃げてきた「ユダヤ人」であり、彼らは筋金入りの「悪魔崇拝者」達の集まりである事が、「RAPT理論」で暴かれました。
 
 
 
皇室も創価学会も、この世からなくなった方が、ずっとずっと世の中や人々の益となります。
 
皇室も、創価学会も完全にこの世からなくなりますことを切にお祈り申し上げます。
 
 
ありとあらゆる分野の真実を伝えるニュースサイト
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.