• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

「10万円」給付の真の狙いは、「創価学会」が「合法的」に税金をふんだくるためのものだった。

10万円給付のニュースが連日続いていますが、受給対象者の79%が、10万円全額を現金で受け取ることを望んでいるそうです。

「クーポン利権」にあやからない国民にとっては、現金でもらえた方がいいと考えるのは、至極自然な事です。

 

ところがこの「10万円」給付について、新たな情報が昨日、「RAPT理論+α」で暴かれました。

この給付金は、「創価学会員」が、創価に「功徳」を積むための「武器」だと、元信者が暴露した、というのです!

 

一部引用します。

18歳以下の子供に給付される10万円を巡り、クーポンか全額現金で給付するかで問題となっていますが、この臨時特別給付金は、国民を救済するためでなく、創価学会に多額の現金を集めるための政策だと判明しました。

創価学会の元信者で、同組織の問題点に言及してきた「天野達志」は、10万円給付について「創価学会の学会員さんの中に、この10万円相当の給付を“見返り”と考えている人はいません。むしろ、功徳を積むための“武器”なんですよ」と述べています。

つまり、公明党は創価信者に10万円を給付した上で、お布施として学会に納めさせるために、この政策を押し通そうとしているわけです。

その信者の暴露はこちらです。

この記事の中では、公明党が半ば強引に「公約通り」に「給付金」を配る事にこだわった事を疑問視していますが、つまりこれらの「給付金」は、創価学会が、税金を「合法的」にふんだくるための方法だった、という事です。

 

以前の「RAPT理論+α」の記事でも、「生活保護」を受けているのは、ほとんどが「創価学会員」で、働かない代わりに、創価の思想を広め、集団ストーカーや信者を獲得することに徹するべきだとし、仕事をせずに生活保護を受給することが当然だと思っている、腐った団体であることが暴かれました。

そこまでして必死に学ぶ教理は、「完全な悪魔教」で、「救い」や「真の幸せ」とは、真逆の方向である事が暴かれています。

池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

悪魔崇拝と創価学会との関連性について。これまでの簡単なまとめ。

 

そもそも「集団ストーカー」を平然と行う団体が、まともな訳がありません。

RAPT有料記事513(2020年11月14日)創価学会による集団ストーカー犯罪について、知恵をもって賢く情報拡散し、彼らを追い詰めていきなさい。

 

そして、今や、コロナ茶番の実行犯である事や、中国共産党を作ったのも「創価学会」だった事も暴かれました。

創価学会が速やかに滅びる事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA