世の中の人は皆、「コロナが嘘」だと気付いている!そして、政府もそれを始めから分かってやっているから「確信犯」。

世の中の人は皆、コロナが嘘だと、気付いています。マスクも皆、「忖度マスク」。

今週末から、アルバイトを始める事になり、そのための顔合わせで、職場になるところに行きました。

新しいお店なので、そこには、準備のために、たくさんの人達が出入りしていましたが、思ったのは、「やはり、だれもコロナを全く怖がっていない」という事です。

一応、マスクはつけるのですが、コロナを恐れてマスクをしているわけではなく、皆、完全に「忖度マスク」だと分かりました。

 

中にはつけていない人もいました。

 

 

真実のニュースサイト「RAPT理論+α」の中にも、

庶民はコロナが嘘だと気付いている 

という記事で紹介されています。

 

「コロナは嘘」だという事が、もっともっと世の中で広まり、真実に目覚める人たちが増えますことを切にお祈り申し上げます。

 

そして、「コロナ」「ワクチン」を押し付けてくる政府、創価学会、イルミナティ、李家、上級国民の化けの皮がもっとはがれて、彼らの計画が全て「頓挫」して、完全に滅びますことを切にお祈り申し上げます。

 

彼らイルミナティ側の人間は、はじめから、「コロナが嘘」だと分かっています。

 

「ワクチン利権」という言葉がありますが、「利権」というからには、「儲け」ないと意味がないわけで、「儲けよう」としたら、「数」を稼がなければいけないわけです。

 

そしたら、意図的に計画を練って、「数」を稼ぐ方法を考えなければいけないわけです。

 

本当に突発的に表れた「ウイルス」であれば、こんな発想にはならないはずです。

 

つまり、「ワクチン」を接種したことによって、どんな結果が出ようとも、「ワクチンを打たせる」事を目的に動いているので、彼らに良心を問いただすのは無駄です。

 

彼らイルミナティは、「確信犯」です。

 

嘘をついてワクチンを打たせて庶民を殺し、嘘のコロナパンデミックで社会を壊し、土地を強奪しようとしているのです。

メディアでは、不安や心配を煽り、コロナがある思わせる一方で、ワクチン接種による死亡例や副作用のニュースも流します。

 

普通なら、ワクチンうつのはやめよう・・・、となるわけですが、今までさんざん、メディアで、コロナによって重病人が出た、とニュースで流すから、それでもワクチンは打ったほうがいい、と考えてしまうわけです。

 

自分の周りに、感染者がいないにも関わらず。

 

すごい洗脳工作です。

 

そうやって、人々の思考をどこまでも「不安」「恐れ」に貶めて、政府のいう事に従うしかないのだ、と思考能力を停止させて、「がんじがらめ」にしています。

 

だからこそ、庶民の私たちは、彼らの思惑を知って、見抜いて、何があっても、彼らに服従してワクチンを打ったり、自粛する必要など全くありません。

 

私達の身体は、肉体と霊体があり、肉体が終わっても、霊体は永遠に生き続けるわけです。

 

しかし、霊についての真実が、知られていなくて、間違った情報で溢れています。

霊体の真実を知れば、メディアに流されたり、同調圧力によってワクチンを打つ、という選択は、絶対にしなくなります。

 

そして、霊体の真実を知り学ぶことは、真に「賢く」生きることにつながります。

 

どうか、「RAPT理論+α」で、ニュースの真実を知り、より深く「RAPT理論」で学ばれ、「本当の神様の御言葉」で人生の真理を学ばれて、真に救われますことを切にお祈り申し上げます。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.