闇が深すぎる創価学会。今度は「宇宙」が存在しないことがバレ、「宇宙ビジネス」が頓挫しないように必死で工作を始める。

創価学会の悪事、イルミナティの悪事が、連日『RAPT理論+α』で暴かれ続いています。

今度は、「宇宙」が存在ない事がバレたために、創価メディアが「宇宙が存在する」ことを洗脳しようと躍起になっています。

そのことを暴いた、『RAPT理論+α』の記事はこちらです。

JAXAなど、200企業が中国人民解放軍からサイバー攻撃

 

今年の1月に、RAPTさんのInstagram対談で、「宇宙が存在しない」事を明らかにされました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

こちらが、今回、「宇宙が存在する」と洗脳するために作られたニュースです。

JAXAにサイバー攻撃  中国共産党員を書類送検

 

2016、17年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内約200の研究機関や企業に対するサイバー攻撃があり、使用された国内サーバーを偽名で契約したとして、警視庁公安部は20日、私電磁的記録不正作出・同供用容疑で、中国国営の大手情報通信企業に勤務するシステムエンジニアで、中国共産党員の中国籍の30代男を書類送検した。事件当時、日本に滞在していたという。

 捜査関係者によると、一連の攻撃は中国関連のハッカー集団「Tick(ティック)」が、中国人民解放軍の指揮下で実施していたとみられる。他国機関による日本国内への大規模サイバー攻撃が捜査で明らかになるのは異例。

 

「JAXA」をWikipediaで調べると、このように出てきました。

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、Japan Aerospace Exploration Agency略称JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。本部は東京都調布市にある。

内閣府総務省文部科学省経済産業省が共同して所管し、国立研究開発法人格の組織では最大規模である。

2003年10月1日付で日本の航空宇宙3機関、文部科学省宇宙科学研究所(ISAS)・独立行政法人航空宇宙技術研究所(NAL)・特殊法人宇宙開発事業団(NASDA)が統合されて発足した。

 

そして、日本橋には、JAXAなど数多くの宇宙ベンチャーが集まり、三井不動産は宇宙産業を推進しているそうです。

宇宙ビジネス共創プロジェクトX-NIHONBASHI

 

そして、彼らが創価学会と共に、「宇宙の嘘」を広めていることはすでに、暴かれています。

 

そして、「JAXA」は、「宇宙がある」と嘘をつくために、2800億円もの予算を政府に要求していたそうです。

「宇宙がある」と嘘をつくために、国民の税金を「2800億円」も使うのですね。

 

冒頭でご紹介した、RAPTさんのInstagram対談で教えてくださったように、「宇宙がないこと」が明らかになると、「イルミナティ」(ユダヤ人、李家)が一番隠したいと思ってきた「神様は存在する」という真実が明らかになります。

 

彼らは、サタンに忠誠をつくし、神様に反逆し続けてきた、筋金入りの「悪魔崇拝者」です。

彼は、徹底的に、「聖書」に書かれてある事の「逆」を行ってきました。

例えば、『RAPT理論+α』内の記事には、このような記事があります。

ユダヤ人は全世界に散らばり、各国に潜伏して富や権力を吸い尽くしてきた寄生虫

こちらをお読みいただくと、彼らの卑劣すぎる本性が理解できます。

 

さらにより詳しくは、RAPTブログならびに、「有料記事」で学ぶ事ができますので、ぜひともお読みください。

RAPTブログ

RAPT | RAPT有料記事

 

「イルミナティ」は、庶民に税金を使って嘘をついて洗脳する事で、庶民の財産を奪い、庶民が真実を知るという致命的な苦しみを与えてきました。

さらに、大きく「利権」がからむ、という事は、真実を知らない人は、「宇宙ビジネス」が、ビジネスチャンスだととらえて、お金を儲けようとする人たちもたくさんいます。

「イルミナティ」「創価学会」は、そういう人達をも上手く使って騙して、「宇宙が嘘」というねつ造行為を一緒にさせ、共犯者を増やしている、ということです。

 

真実が明らかになるのと同時に、コロナ茶番もそうですが、知らないが故に、「イルミナティ」「創価学会」の悪事に協力してしまっていることが多々ある事を知り、真実を知って、イルミナティの悪事から離れる人達が増えることを切にお祈りします。

 

その道筋をつけてくれるのが、『RAPT理論+α』です。

宇宙ビジネスの「真実」、宇宙詐欺の実態についての記事は、さらに、以下のようなものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.