「スピリチュアル」では決して、幸せになる事ができません。スピリチュアルは「真実」を「隠す」ために作られたものだからです。

今日のこの記事は、世の中に蔓延る「スピリチュアル」にハマっている方向けに書いています。

そうでない方も、宜しければお読みいただけると幸いです。

あなたの信じる、その「スピリチュアル」は、サタン(悪魔)の教えです。

サタンの教えから来ています。

 

おそらく今でも未だ、スピリチュアルを信じている、という事は、多少は「スピリチュアルの教え」から恩恵を受けた、スピリチュアルを信じたことでいい事があったから、だと思うのです。

しかし、この「スピリチュアル」の教えというのは、「間違った考え」に基づいて生まれたものです。

どのように間違っているのか、というと、「スピリチュアル」の教えというのは、元々「本当の神様」を否定し、聖書の教えを否定したところから始まっている事が、RAPT理論で明らかになりました。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

〇RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。

〇RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

〇RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

〇RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。

 

私達日本人は特に、「キリスト教」や「聖書」についての正しい知識を全く持っていません。

そのため、「本当の神様」だとか、「聖書」だと言われても、正直ピンと来ないと思います。

スピリチュアルにハマる人というのは、比較的、霊界や見えない世界についての理解に明るい人が多く、かといって、既存の宗教に拒絶感があるために近づかないという人が多いと思うのですが、「キリスト教」や「聖書」というのが、あまりにも私たちの世界に浸透していないために、おそらく、考えるということすらなかったと思います。

 

しかし、「真実」は、そんな私達の考えるところとは全く別のところにありました。

 

「スピリチュアル」の考えを進め、広めたのは、「悪魔崇拝者」の考え、教えを広めるためです。

 

悪魔崇拝者というのは、「サタン」崇拝者のことで、サタンというのは、元々は天使長だった「ルシエル」が神様に反逆したために堕落し、「サタン(悪魔)」になりました。

そしてその他、ルシエルに仕えていた天使も皆、「サタン」となりました。

神様に反逆したために「サタン」になってしまった「ルシエル」は、名前が「ルシファー」となりました。

 

サタンになってしまったルシファーは、神様から力を受ける事ができなくなりました。

そのために、神様以外から力を得る方法を研究しました。

いわゆるスピリチュアルの知恵の本質は、「サタン」が、神様以外から力を得る方法を、受け取った「霊能者」によって伝えられたものなのです。

 

だから、「偽物の教え」なのです。

 

スピリチュアルにはじまり、ヨガや、占星術もそうでしょう。

オーガニックもそうでしょう。

スピリチュアルにはまる人達や悪魔崇拝者が、度を越えて、「自然を大切にしよう」と言いたがるのは、神様から力を得る事ができないからです。

そしてやたら、ゲンを担ぎたがったり、異様に数字や色、形にこだわるのは、そこから力を得られると、信じているからです。

イルミナティ(悪魔崇拝者→ユダヤ人)の数字や形に対するこだわりは凄まじいものがあります。

 

だから、どんなにスピリチュアルにハマって、熱心に取り組んだとしても、ある程度のところまでうまくいっても、その後が続かない、ということになるわけです。

 

この世界は「神様」が作った世界です。

 

神様が作られた世界なのであれば、神様のおっしゃる通りに従う方が、この世界でまっとうに生きられるというのは明白ですよね。

しかし、サタンは徹底的に「神様」の存在を隠して、人間を騙して、サタンの知恵をばらまき、人間を支配してきました。

そして現代においても、スピリチュアルをはじめ、自己啓発の教えも皆、悪魔思想なのですが、これらは皆、「本当の神様」を隠し、人々が「聖書」を手に取らないように、徹底的に細工されてきた結果なのです。

 

まず、テレビで、キリスト教や聖書について、触れることは一切ありません。

不思議だと思いませんか。

寺や神社の話はでてくるのに、キリスト教の話は、一切出てこないのです。

 

テレビは、「イルミナティ李家」が作り、彼らの正体も、神様に反逆し、国を追われて逃げてきてきた悪魔崇拝者である「イスラエルの民、ユダヤ人」であることがRAPT理論で暴かれました。

そのため、日常、生活している中で、この「真実」に出会うことはまずない、という事です。

意図的に隠されているからです。

 

しかも、日本にある「キリスト教」の教会は皆、すでに「悪魔崇拝者」によって乗っ取られている事が暴かれていますし、

その中から、真のキリスト教を破壊するための「工作員」が多数存在している事も、RAPT理論で暴かれました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

「日本基督教団」は大本教と創価学会によって設立された、キリスト教を破壊する工作員養成所!!

中田敦彦と日本基督教団は、一つに繋がっている!!

 

このようにして、悪魔崇拝者たち(イルミナティ)は徹底的に、人々が「聖書」や「真のキリスト教」に触れることのないようにしてきたのです。

スピリチュアルも、まさにその一つです。

 

だから、自分は宗教にハマっていないから大丈夫などという考えは大きな間違いです。

 

現在の宗教は皆、悪魔崇拝者が「サタン」の知恵によって創られた「悪魔教」ですが、スピリチュアルもある意味、「悪魔教」なのです。

 

私たちが、まったく真実を知らされず、真実を隠蔽されてきた中で、実は、神様は着々と、神様の計画を進めてこられました。

 

それが「聖書」に、はっきりと書かれてあります。

 

しかし聖書には封印がかけられていて、誰でも正しく読み解くことができないように書かれました。

 

それが、2014年に中心者の「RAPTさん」がブログを通じて、少しづつ聖書の封印を解かれて、2015年からは、本格的に「有料記事」の中で、聖書についての封印を解かれ、その解説を始められました。

そのお蔭で、RAPTさんの有料記事を読み、朝の祈り会(御言葉)を聞く人たちは、どんどん聖書の封印が解かれた状態で読むことができるので、正しく理解することができ、救われている人たちが、少しづつ増えている、という事です。

だから、今まで「十二弟子」がお2人だったのが、今年から新たに「十二弟子」が立てられ、現在は、『RAPT理論+α』を中心に、精力的に活動をされています。

 

私は、長年スピリチュアルに騙されてきた人間として、同じようにスピリチュアルで騙されている人たちが、「聖書」を知らないままでいるという事が耐えられません。

なぜなら、スピリチュアルで言われている話と、「真実」はあまりにも違います。

 

スピリチュアルでは、聖書の「せ」の字も出てきません。

しかし、「霊界の真実」は、聖書に書かれてあり、それをRAPTさんが解かれ、さらに進んだ「御言葉」を現代人に分かるように教えてくださっているのです。

 

スピリチュアルの話は、すべてまやかし、ファンタジー、嘘です。

しかし、ある程度のところまでは効果があり、多少は恩恵を受けてきたので、本当だと信じてしまうのですね。

しかし、それらは皆、神様以外から力を得る方法を、サタンが研究し、それを悪魔崇拝者が受けとって、庶民に広めてきただけなので、その世界にいる限り、「サタン」の世界から抜け出すことはできません。

そのため、せっかく「目に見えない世界」への理解に明るい人であっても、「本当の神様」の存在に出会う事なく、お花畑スピリチュアルに騙され続け、人生ドツボにはまり、苦しみながら生きるしかないわけです。

 

今は、新約聖書の中の「ヨハネの黙示録」に書かれてある「終わりの時」です。

スピリチュアルにハマっている人は、絶対に耳にしない話です。

 

コロナパンデミックが終わるまで、希望を持って心を明るくしていれば良くなる、などと、「お花畑思考」でいる人達が多いのではないでしょうか。

もしくは、西洋占星術で言われている「風の時代」などというインチキを信じて、心を慰めている人も多いのではないでしょうか。

スピ系で、これから到来すると言われる「風の時代」と、イルミナティ悲願の「NWO」は、全く同じ→ゴリゴリの悪魔思想だった!

 

しかしどちらも「嘘」であり「妄想」にすぎません。

 

私たちが「毒スピリチュアル」にハマっている間に、

神様は、神様を信じ、神様を愛し、神様が望むように生きる人達だけを救い、神様を信じない人達を裁くために、準備を続けてこられてきたのです。

 

そんな話、スピリチュアルでは一切聞かないですよね。

しかし、これが「現実」であり、「真実」です。

 

そのために、偽スピリチュアルを信じながら、どんなに世のため人のため、、と思って生きていても、肝心の「本当の神様」を知らず、本当の神様を信じていないのですから、それは神様からすれば、「あなた」を救う事は出来ないわけです。

で、そうなってしまった原因は、イルミナティが、徹底的に「聖書」を隠し、「キリスト教」を壊し、私達に本当の神様の存在を悟らせないようにしてきたからです。

 

イルミナティとはいえ、ただの人間ですよ。

それも救いようのない「クズ」です。

そんなただの人間が、本当の神様がご計画されている事が書かれた「聖書」を読ませないように隠すなど、ただの人間にそんな権限がある訳がありません。

 

はなはだ、傲慢すぎます。

 

聖書というものを知り、そして「終わりの時」の話を聞いて、それでも自分は従わない、というのであれば、これ以上何もいう事はありませんが、その選択をも奪い、自分たちはせっせと、悪魔を拝み、生贄を捧げたり、乱交をして、悪魔崇拝を行って、悪魔から力や知恵をもらって、何も知らない庶民を洗脳する。

特にスピリチュアルが好きな人は、少なからず、霊界について、見えない世界について、理解できる人たちが多いと思います。

もちろん、全員が理解できる事はありません。

しかし、霊界に理解がない人よりも、そういう人の中に、聖書のこと、本当の神様の事を、正しく理解できる人がいる可能性が大いにあるわけです。

その人たちが救われる「可能性」をことごとく奪うイルミナティ、悪魔崇拝者の滅びを心から祈ると共に、この記事を読んでくださった方の中で、少しでも真実を知りたい、と思ってくださった方がおられたら、

ぜひとも、まずは『RAPT理論+α』の中の「ライフ」という項目に入っている、

「神様を信じる事で起きた体験談や奇跡」(神様の証)を読んでみてください。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形 (ライフ)

 

お読みいただくと分かりますが、偽スピリチュアルとは全く違う「奇跡」「体験談」を目にされると思います。

 

「偽スピ」を信じていた頃も、見えない世界の存在の重要性を感じていましたが、本当の神様を知り、本当の神様を愛する生活を始めたことによって受けた恩恵は、言葉では言い尽くせないほど、喜びや感動に満ちたものです。

もちろん、大変な事もあります。

しかし、本物を知れば、「偽物」には二度と近づきたくなくなります。

大変な事も多々ありますが、それ以上に、真実を知り、真理を知ると、希望を持って生きられます。

それは「偽スピ」のようなまやかしではなく、「本物」の希望を持って生きられます。

「偽スピ」のように、努力しても報われない、というものではなく、やった事は必ず「実」となる事が分かるので、本物の希望を持てるのです。

そして、どこまでも理にかなっているので、頭がどんどんすっきりしてきます。

そして何より、信仰生活の中で度々、神様が自分の事を、こんなにも深く深く愛してくださっていた事を知るので、その愛の深さに驚き感動し、もっと熱心に神様を愛したくなるのです。

 

・・・・と、少し、今の時点の私の「神様の証」をご紹介しましたが、こんな思い、「偽スピリチュアル」でできますでしょうか?

 

私はできませんでした。

 

この記事をお読みになって、少しでも気になった、という方がおられたなら、

 

ぜひとも、『RAPT理論+α』のサイトをのぞいてみてください。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

一人でも多くの方が、真実を知り、本当の神様に出会い、救われますことを切にお祈り申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.