今日から職域接種が始まりましたが、決して打ってはいけない。「コロナワクチンを打った人は、周りに感染させてしまう」という事を「ファイザー」は認めている。

今日から職域接種が始まりました。

ワクチン職域接種が本格化 申請1373万人、企業・大学など

 

新型コロナウイルスワクチンの普及加速に向けた企業や大学などによる職域接種が21日午前、本格的に始まった。

政府によると、18日午後5時時点で累計3479会場、1373万人分の申請があった。全国の大企業や大学のほか、中央官庁などでも一斉にスタートした。

 

 

 大企業による職域接種は、既に全日本空輸や日本航空が客室乗務員らを対象に先行実施。

21日以降はソフトバンクグループが約25万人、日本郵政グループが約24万人、NTTグループが約16万人、森ビル、セブン&アイ・ホールディングスが各10万人、トヨタ自動車が約8万人を計画している。

 

企業などの本格的な取り組みで、接種スピードは一気に加速しそうだ。

 東京都港区の伊藤忠商事東京本社には、加藤勝信官房長官が視察に訪れ、同社社員や、企業内保育所を運営するポピンズ(東京)で働く保育士らへの接種を見守った。

 

接種を終えた保育士(33)は、「もし自分が感染すれば多くの方に迷惑を掛ける。受けられて感謝している」と語った。

 

伊藤忠商事の岡藤正広会長は記者団の取材に応じ、「企業ができる限り接種を広げることで、日本全体の接種率を上げていきたい」と述べた。

正気の沙汰ではありません。

これで一気にまた、ワクチンを接種する人達が増えます。

この事がどれだけ恐ろしい事でしょうか。

 

そもそも、新型コロナウイルスは未だ見つかっていません。

お~い!コロナウイルスよ、どこにいる?コロナウイルスは未だ、どの国のどの研究機関からも見つかっていない。

この時点で、このワクチンに頼るという選択肢は消えるはずなのですが。

インチキPCRが蔓延しているために、PCR検査で調べた、と聞かされると、あたかもコロナワクチンが存在するかのような「洗脳」にかかり、そのPCRの開発者が、検査用に使ってはいけない、と言っていたにも関わらず使用されています。

今では、PCRは儲けの種にすぎません。

そして、「ファイザーのコロナワクチンの研究計画書」の中に、コロナワクチンを接種した人から、出た呼気や体液によって、感染することの危険性がはっきり記されています。

被験者とは、ワクチン接種者の事です。

この動画は、youTubeでアップされた後、即日削除されたものです。

それだけ、ワクチンを打たせたい「人間サタン」からすれば、知られたくない情報だったと思われます。

とても分かりやすく説明されているので、ぜひともご覧になる事を強くお勧めします。

「ファイザーからの警告!コロナワクチン最大のデメリット」(自然療法士ルイ)

「コロナワクチンを打った人は、周りに感染させてしまう」という事を、ファイザーは認めているという事です。

しかし、

日曜日のテレビ出演の時に、河野太郎は、コロナワクチンを打つと、不妊になるは全部デマだ。と言いました。

しかし、ファイザーの研究計画書では、ワクチン接種者(被験者)が、ワクチン非接触者の妊婦さんに触れたりした場合に、たとえ副作用が出ていなかったとしても、ファイザー・セイフティーに、任部さんが暴露(ワクチン接種者の呼気や体液に触れること)したことを報告しなければならない。

と言っています。

そして、実際に、ファイザー社のワクチン接種後に、副作用の報告は次々となされています。

特に卵巣にたまることが明らかになっています。

もう、テレビやマスコミで流す情報と、真実があまりにもかけ離れすぎていて、心底うんざりします。

 

これから職域接種が増えたら、今まで以上に副作用や亡くなったという話が頻繁に聞かれるようになると思います。

マスコミの洗脳が深いので、それでもワクチンを打とうとする人は後を絶えないでしょうが、もうこれ以上嘘をつき通すのは不可能でしょう。

どうか真実を知り、真実に目覚めた人々の命が守られます事を切にお祈り申し上げます。

 

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.