(9/16追加投稿あり)【ゲイツ・ファウチの決定的敗北】アメリカの最高裁判所が、Covid(コロナウイルス)病原体のワクチンはワクチンではなく、安全ではない、全力で回避しなければならないという判決を下しました。

(9/16追加投稿ここから)

この記事をアップしたところ、すぐさま、この記事は「デマ」だ、というコメントがきました。

こちらがコメントの一部です。

「デマのようですネ。https://ameblo.jp/ritchie-i/entry-12683976584.html みんなが知るべき情報gooブログ も同様の記事で一旦は信じたが、やはり3か月前なら・他にも漏れ出るはず。ワクチン強制は州の権限だし、最近買電が合州国で強制に、共和党が州知事の17・9?州が、反対でこれは合州国の最高裁判所まで行くはずだから、これを後追いすれば!。なお、ネトウヨや嘘つき河野太郎みたいに、この記事は削除せずに、訂正の二重線を入れるなど、残した上で、ご訂正願います。」

 

張り付けてある記事を読みました。

色々書かれてありますが、今の時点で分かった事は、

確かに、この訴訟を起こしたと言われている「ロバート・F・ケネディJr 」は、上院議員ではないという事のようです。確かにそこは違いますね。

Robert Francis Kennedy, Jr. (* 17. Januar 1954 in Washington, D.C.), oft RFK Jr. oder Bobby Jr. genannt, ist ein US-amerikanischer RechtsanwaltUmweltaktivistAutor und Impfgegner. Er ist das dritte Kind von Robert F. Kennedy und Ethel Kennedy sowie der Neffe des 35. Präsidenten der Vereinigten Staaten von AmerikaJohn F. Kennedy.

 

(Deepl翻訳)ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニア(Robert Francis Kennedy, Jr. (ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニア(*1954年1月17日、ワシントンD.C.)、通称RFKジュニア、あるいはボビー・ジュニアは、米国の弁護士、環境保護活動家、作家、経営者である。

 

彼は、ロバート・F・ケネディとエセル・ケネディの3番目の子供であり、35歳の公国大統領の妻でもあります。 彼は、ロバート・F・ケネディとエセル・ケネディの4人目の子供であり、35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの妻でもあります。

ただ、この「ロバート・フランシス・ケネディ・Jr」は、「反ワクチン活動家」として幅広く活動をしているようです。

 

最近では、「Google」はワクチン会社である事を発信しました。

【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与

 

そして、この記事はデマ、だと認定したのは、ファクトチェックの「AFP」という所のようなのですが、例えば、今日のツイートがこちら。

(米国Covid社のトップアドバイザーであるAnthony Fauci氏は、パンデミックの間中、誤った情報の波に襲われています。

FacebookやTikTokでシェアされた最新のデマは、妻のChristine GradyがFDAの代表代行を務めているというもの。)

 

明らかに、ワクチンを打たせたい「向こう側」のファクトチェッカーだと言えます。

本当の「ファクトチェッカー」だったら、ファウチには、影武者がいる事について調べるはずです(笑)。

パンデミックで誤った情報の波に襲われる前に、自分自身が庶民を騙して「ゴムマスク」をかぶるような人物なのですから。

 

確かに、「アメリカの最高裁判所」が判決を下した、という事についてのより確実な情報は出てきてはいませんが、この記事をデマ認定したのが、「向こう側」である可能性が極めて高い、ファクトチェック「AFP」。

さらに、この記事が伝える「ビル・ゲイツ」について、「ファウチ」について、そして、「ワクチン」についての情報については、これまで明らかになった情報ばかりですから、「デマ」だとは言えないと思います。

もしこれが完全に「デマ」だとしたら、どうしてこのような現象が起こるのでしょうか。

もし、この情報が、知られても問題がなければ、スルーして、このような事は起こらないと思いますが。

よって、この情報は、「デマ」だといって拡散を止めなければいけない程、向こう側からすれば知られたくない情報である可能性が高いと言えます。

 

そして、重要なのは、「ワクチン」は毒で非常に危険だから接種してはいけない事、そして、今、この世の支配者は、本気で庶民を殺しに来ているという事実です。

 

真実を知り、真実を受け入れる事ができる人達の命を守る事です。

本当は全員の命が守れるのが一番ですが。

 

コロナ茶番が起こってから1年と9か月ほどたっていますが、はっきり言って、もはや、実際に起こった事を拾い上げるだけで、「コロナは茶番」で、「ワクチンは危険」である事は明らかです。

 

〇かつてこれほどまでに救急車のサイレンを聞く日はあったでしょうか。

〇どうして、ワクチンを接種または周りが接種したというツイートを集めた、「スメナリオ」さんのブログが、毎日のように更新されるのでしょうか。

報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!vol.89

毎日更新できるほど、情報がある、つまり、それだけ被害に遭っている人が多いから、ではないでしょうか。

 

〇そして、どうしてテレビは、正確にワクチンによって死んだ人の数をきちんと報道しないのでしょうか。

〇インフルエンザの時は未だかつてそんな事はなかったのに、わざわざ地元までワクチンカーが来たり、パチンコ屋までが接種会場になるのは、どうしてでしょうか。

〇どうして、若年層のコロナウイルスによる死者は、一人もいなかったのに、これほどまでに、ワクチンを打たせようとするのでしょうか。

 

さらに、先ほどの人物から、このようなコメントが。

「ようやく、送信できたが、エラー: 画像認証が間違っています。エラーで約30分失った。再度Web記事を開き直して、上に表示された文字を入力してください。の上の、ロボット有力防御と思うが、一般的にが、次の文字に替える機能があるが、それも無い!。この点はサーバー管理者の設計ミスと、これらのテストを漏らした貴殿らの責任でしょう。Rapt理論の品位を汚さぬように、ご精進下さい。たまには見るシンパより」

 

確かにここ最近、このブログを書いている時に、ブログが奇妙な動きをすることがあります。

例えば、今こうしてPCを打っていて、誰かがとなりに来て、いたずらして、マウスを動かしたりしたら、変なページに飛んだり、同じページが複数出たり、って、ありがちじゃないですか。

そういう事がここ数日起きていたのです。

(今日は一切起こっていませんが。)

対策を取らなければいけないと思っています。

真実を拡散される事や、このブログを壊したいと思っている存在がいるのでしょうね。

 

このコメントを書いてきた人のように。

 

(9/16追加投稿ここまで)

 

 

なんと!米の最高裁判所が、コロナワクチンはワクチンではなく、安全ではないから、回避しなければならない、という判決を下したそうです。

8月30日に発信されたもので、こちらが、そのソースとなる記事です。

BREAKING NEWS: The Supreme Court In The US Has Ruled That The Covid Pathogen Is Not A Vaccine, Is Unsafe, And Must Be Avoided At All Costs-Supreme Court has canceled universal vax

(Deepl翻訳)

速報です。アメリカの最高裁判所が、コビッド病原体はワクチンではなく、安全ではなく、全力で回避しなければならないという判決を下しました-最高裁判所はユニバーサル・ヴァックスを中止しました。

こちらが本文です。(同じくDeepl翻訳。一部こちらで再翻訳)

大手製薬会社とアンソニー・ファウチは、ロバート・F・ケネディ・ジュニアーと科学者グループが起こした訴訟に敗訴しました。

たった今、これを手に入れました。

 

これまでどこのニュースにも出ていませんでした。映画の最後のシーンに近づいているようです。

 

ご家族、ご友人、ご親戚の皆様にお知らせください。

 

速報 ! 最高裁がワクチン接種を中止 アメリカでは、最高裁がワクチン接種を中止しました。

 

ビル・ゲイツ氏、米国感染症首席専門医のファウチ氏、大手製薬会社は、過去32年間のすべてのワクチンが市民の健康にとって安全であることを証明できず、米国最高裁での訴訟に敗れました。

 

この訴訟は、ケネディ上院議員が率いる科学者グループによって起こされたものです。

 

ロバート・F・ケネディJr .は、「新しいCOVIDワクチンは、絶対に避けるべきです。私は緊急に、次のコビッド19のワクチン接種に関する重要な問題に注意を喚起します。ワクチン接種の歴史上初めて、最新世代のいわゆるmRNAワクチンが患者の遺伝物質に直接干渉し、そのために個々の遺伝物質を変化させることは、すでに禁止されていた遺伝子操作であり、これまでは犯罪とみなされていました。

 

 

コロナウイルスのワクチンはワクチンではない!(注目!)

 

ワクチンとは何だったのか?

それは、病原体そのもの、つまり微生物やウイルスを殺したり、弱めたりして、抗体を作るために体内に導入するものでした。

 

コロナウイルスのワクチンでもない! コロナウイルスのワクチンでもありません。

これは、mRNA(エムアールエヌエー)を使った最新の疑惑の「ワクチン」グループの一つである。

ヒトの細胞内に入ったmRNAは、正常なRNA/DNAを再プログラムし、別のタンパク質を作り始める。

 

つまり、従来のワクチンとは何の関係もありません。

 

つまり、遺伝子に影響を与える道具なのである。遺伝子の生物兵器!

 

つまり、地球人類から破壊していき、生き残ったものが遺伝子組み換え作物になるというものだ。前代未聞のmRNAワクチンに続いて、ワクチンを受けた人は、もはやワクチンの症状を追加で治療することはできない。

 

ワクチンを打たれた人は、ダウン症候群、クラインフェルター症候群、ターナー症候群、遺伝性心不全、血友病、嚢胞性線維症、レット症候群などの遺伝的欠陥を持つ人のように、人体から毒素を取り除くだけでは治らなくなるので、その結果と折り合いをつけなければなりません。な

 

ぜなら、遺伝子の欠陥は永遠に続くからです。

 

これは明らかに次のことを意味しています

:もしmRNAワクチン接種後にワクチン接種による症状が出た場合、私も他のどのセラピストもあなたを助けることはできません。

 

なぜならワクチン接種によるダメージは遺伝子的に不可逆的だからです。

 

ワクチン接種 – 21世紀の大量殺戮の生物兵器 元ファイザー社のチーフサイエンティストであるマイク・イードン氏は、「コビッド19ワクチン」と公表されている物質を注射された人々を救うには、今となっては遅すぎるという立場を再び表明しました。

 

彼は、まだ致死量の注射を受けていない人々に、自分の命、周りの人々、そして子供の命のために戦うことを勧めています。

 

国際的に著名な免疫学者である彼は、大多数の人々を殺すことになるというプロセスを説明していきます。

 

“1回目のワクチン接種直後、約0.8%の人が2週間以内に死亡する。

生存者の平均寿命は最長でも2年ですが、それも新しい「注射」を打つたびに減少していきます。

 

” 心臓、肺、脳など、特定の臓器の機能低下を引き起こすワクチンの追加開発が現在も進められています。

ファイザー社に20年間勤務していたイェドン教授は、巨大製薬企業であるファイザー社の機能や研究開発の目標を熟知しており、現在の「ワクチン接種」体制の最終的な目標は、ミッキーのステージングマウスのように、すべての世界大戦をまとめてしまうような大規模な人口統計学的イベントにしかならないと述べています。

 

“何十億もの人々が、確実で避けられない苦痛に満ちた死をすでに宣告されています。

 

注射を受けた人は誰でも早死にしますし、3年というのは生きられる期間としては余裕のある見積もりです。”

 

私たちの出番です。

 

情報を共有する……さて、これでパズルの全体像が見えてきた。

ビル・ゲイツは、10月5日、米軍により死刑執行されるとの情報があります。

この情報がいずれも事実であれば、イルミナティの敗北は決定的になり、コロナ茶番も失敗ですね。

未だに、マスコミも政治家も、なんとかコロナ茶番を続けようと必死にあがいていますが、どうか騙されることなく、正しい情報を得て、コロナ茶番から離れられることをお勧めします。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.