• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【必読!】ロシア(秦氏)によるウクライナ侵攻はイルミナティ「出雲族」と「秦氏」の勢力争いだった。

これまで「RAPT理論」では、「イルミナティ」がどのようにして人々を騙して、自分達だけが富と名誉を得てきたのかについて、詳しく解説されてきました。

騙しの手口は、今回のコロナ茶番を通して、どこまでもRAPT理論通りだったために、理解された人も多いでしょう。

私もその一人です。

と当時に、「RAPT理論」は、この「イルミナティ」が「2つの勢力」に分かれている事を暴いてくださいました。(時に3つ)

さらに古代から何度も争いを繰り返してきた事実が暴かれました。

世の中の陰謀論者と決定的に違うのはこの点です。

世の中の陰謀論者は、このイルミナティのどちらかの勢力に属している事も暴かれました。

 

そして、ロシアのウクライナ侵攻もまた、イルミナティ2大勢力「秦氏」と「出雲族」との争いである事が明らかになりました。

この記事は、以下のように締めくくられています。

このような状況を深く理解し、世界の平和を守るため、全ての人が心一つにしてイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

Twitter上では、戦争反対とつぶやく人がいます。

確かに戦争は絶対にあってはならない事です。

 

しかし、真実は、どちらも筋金入りの「悪人」「悪魔崇拝者」だという事です。

暴力団同志の抗争を見て、戦いはやめろ!と言うでしょうか。

暴力団そのものを滅ぼせ!というのが、正しい考えではないでしょうか。

 

しかし、「出雲族勢力」であるTwitter社は、以下のように誤誘導をしています。

今後流れる情報は、フェイクやミスリードの可能性はあります。

しかし、ここに来て大事なのは、イルミナティ同志は常に争っている真実を正しく知ることなのではないでしょうか。

イルミナティにとって、庶民が真実を知る事は脅威なのだとRAPTさんは教えてくださっています。

 

戦争反対!と呼ばれるよりも、

イルミナティ同志の戦いに私達を巻き込むな!と叫ばれる方が、

イルミナティとしては痛いでしょうね。

 

そして、第二次世界大戦も、今回と同じく「イルミナティ同志の戦い」であったことが暴かれています。

当然のことながら、イルミナティはこれらの戦いを、イルミナティ同志の戦いだとは認めません。

しかし、第二次世界大戦も、今回と全く構図になっている事が、RAPT理論で暴かれています。

どうして悪人同士の争いに、庶民が犠牲にならなければならないのでしょうか。

しかも彼らは、これを利用して、「改憲」への動きを強引に推し進める可能性があります。

 

イルミナティは戦争がしたくて仕方がない輩の集まりだからです。

○安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。

彼らの情報に踊らされずに、真実を見て、イルミナティの滅びを祈りたいと思います。

 

ぜひとも今日の「RAPT理論+α」、ご一読くださいませ!

 

秦氏と出雲族の争いは、まだたくさんあります!

【またも秦氏と出雲の争い】創価企業GAFAを対象にした「デジタル課税」導入をG7が決定

ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

右翼系(秦氏側)弁護士「南出喜久治」らによる反ワクチン訴訟「アストラゼネカワクチンは子宮頸がんワクチンと同じく不妊症をもたらす毒が入っている」

 

【秦氏による出雲側への攻勢】トランプ支持者による新SNS「GETTR」誕生 仕様はTwitterそっくり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA