• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【茶番確定】中国がロシアに「ウクライナ侵攻は北京五輪終わるまで待ってね♪」とお願いしていたことがバレる。

これで「ウクライナ侵攻」も茶番が確定しました。

中国、ロシアに侵攻延期要請か 五輪終了までと米紙 | 共同通信 (nordot.app)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は2日、中国政府高官らが2月上旬にロシア政府高官らに対し、同月20日の北京冬季五輪閉幕まではウクライナ侵攻に踏み切らないように要請していたと伝えた。

欧米の情報機関がまとめた報告書の内容を基に複数の欧米当局者の話として伝えた。

中国が事前に侵攻計画を把握していたことを示唆していると同紙は指摘している。

 中ロのどのレベルでやりとりがあったかは不明。

中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は2月4日に北京で会談しているが、欧米当局者の一人は、必ずしもこの首脳会談で話し合われたことを示すものではないとしている。

 

北京五輪の閉会式は、2月20日でした。記事は一部のみ転載。

【北京冬季五輪】 別れを惜しむ閉会式、感謝と結束を強調 – BBCニュース

北京冬季オリンピックは20日、全ての競技日程を終了し、北京市の国家体育場「鳥の巣」で閉会式が行われた。北京の人たちが別れを惜しむ演出が続いたほか、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は分断が影を落とす世界におけるオリンピックの結束の力の重要性を強調した。

 

さらに、ウクライナ大使館のTwitterによると、ウクライナ侵攻計画が1月18日に承認されており、侵攻は2月20日から3月6日と計画されていた事が明らかになりました。

という事は、20億募金した人達は・・・。

 

ウクライナ侵攻が「茶番」である事は、早々に明らかになっていました。

 

そして、その目的が「李家による憲法改正の世論を作るため」だという事も暴かれていました。

「茶番」(プロレス)を起こして自分達が成したいことをやる。

これまでもイルミナティが庶民を支配するために使ってきた手口です。

 

そして、これまで数々の「フェイク」映像や、

使いまわし画像も。

 

非常に「雑」な印象しか与えなかった今回の「茶番劇」。

やはり、イルミナティにとって、コロナ茶番が失敗している事が原因だったようです。

この議員なんか、我慢できなかったのか、(その)「まんま」言っちゃっていますしね。

この世に「RAPT理論」が存在する事に心から感謝します。

そして、イルミナティの完全崩壊が速まります事を切にお祈り申し上げます。

 

そしてそして、この人物にも注意が必要です。

【ユダヤ人による日本乗っ取り】岸田内閣がウクライナ難民受け入れを決定 創価企業ドンキ・ホーテも100世帯の受け入れを表明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA