私たちの一生は間違った情報に洗脳され過ぎていく ⑤鬼滅の刃は創価学会、イルミナティ李家による洗脳工作

このところ、「鬼滅の刃」というアニメが空前の大ブームです。

鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。略称は「鬼滅」。

 

大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:篠原健太)で佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』を前身とする。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い。

 

連載誌にはミニコーナー「鬼殺隊報」が掲載されている。ジャンプ公認ツイキャススクールオブジャンプ」では主要登場人物の年齢や裏エピソードなどが発表され、公式設定となっている。

 

アニプレックスプロデューサーの高橋祐馬がアニメーション企画を立ち上げ、2019年にアニメスタジオ・ufotableの制作によりテレビアニメ化された。

 

同年にジャンプ連載の電子版だけの特典として当該話のカラー版が掲載されている。着色はJネットワークスが担当。

シリーズ累計発行部数は単行本22巻の発売時点で1億部を突破する

映画館も繁盛しているみたいですね。

しかし、アメリカでは、鬼滅の刃は、18歳未満には見せられないのだそうです。

 

作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い。

と書かれてある通り、「人食い」というのは、まさに、「カニバリズム」です。

カニバリズムとは、人間が人間のを食べる行動、あるいは習慣をいいます。

食人食人俗人肉嗜食ともいい、これは「悪魔崇拝儀式」のひとつです。

カニバリズムと悪魔崇拝についてのRAPTブログ記事は、こちらになります。

RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

一部転載します。大変強烈な内容になりますが、ぜひとも真実を知っていただければ幸いです。

「聖路加病院」について簡単に付け加えておきます。

「がん治療」や「がん予防」のために切除した肉片などのことを「医療廃棄物」と呼びます。

そして、実を言うと、「株式会社・麻生」もこの「医療廃棄物」の処理を業務として行っています。

---------------------(以下、こちらから転載)

株式会社麻生(あそう)は福岡県飯塚市に本社を置く企業。麻生セメントなどが属する麻生グループ全体の統括を行なう存在として位置づけられている。

麻生太吉が明治時代に飯塚市で始めた「麻生炭鉱」を源流とし、現在ではセメント事業、専門学校運営、病院経営、医療廃棄物処理など幅広い分野の事業を手掛けている。

---------------------(転載ここまで)

「癌」という病気が嘘である以上、「がん治療」や「がん予防」のために切除した肉片は、何ら病気になっていない健康な肉であることは間違いありません。

なのに、彼らはその肉片を数多くの病院から(お金をもらって)回収しているわけです。

では、彼らはその健康な肉片をその後どうしているのでしょうか……?

単に処分しているだけとは考えられません。

なぜなら、彼らは「人肉」を食べる(カニバリズム)人たちですからね。

間違いなくこの肉片を食べているはずです。

例えば、チベット仏教でも「人肉」を食べることが教理の中で定められています。

---------------------(以下、こちらから転載)

内容を特徴付ける主な言葉・概念を挙げると、以下のようなものがある。
「五欲徳」(色・声・香・味・触)
「五肉」(人肉・牛肉・犬肉・象肉・馬肉)
「五甘露」(糞・尿・精液・経血・肉体)
「大印」(女性パートナー)

こういった従来の顕教、あるいは世俗の社会倫理では忌避されてきたものを、真理の反映の過程として取り上げ、三昧の上においてはむしろ徹底的に享受・摂取することが、(その優越性・究極性を強調されつつ、)全面的に象徴化がなされ、それを肯定し推奨されて、現実の如く具体的に観想することが必要とされる。

ちなみに、「大印」(女性パートナー)は、言うまでもなく、「愛欲」(性理的瑜伽、二根交会)の象徴として文中に現れるが、その尊様の指定は、
十二歳の乙女(第七分、第十五分)
十六歳の乙女(第四分、第七分、第十六分)
二十五歳の乙女(第八分)
といった具合にバラつきがある。

---------------------(転載ここまで)

チベット仏教とは、日本の「西本願寺」に由来のある宗教です。

そして、この「西本願寺」には「麻生太郎」の曽祖父である「麻生太吉」も出家していましたよね。

「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。

しかも、「麻生太郎」が所属している「イエズス会」のローマ教皇「フランシスコ」も、悪魔崇拝を行う傍ら、幼児を虐待し、その生き血を飲んでいたことが分かっています。

現ローマ法王フランシスコに幼児虐待および人身売買のかどで有罪判決。

ですから、「チベット仏教」や「イエズス会」と関わりのある「麻生家」一族が、「肉片(医療廃棄物)」を食べている疑いはとても濃厚なのです。

「まさか、そんなわけがない」と考えたあなた。残念でした。

実際、出産後の女性の「胎盤」を料理にして食べさせている病院が、この日本には存在しています。

---------------------(以下、こちらから転載)

胎盤は、胎児と通じるへその緒(臍帯)と母体をつなげていますよね

酸素や栄養、そして老廃物などをコントロールしているのです。

胎盤にはフィルター機能があるといわれています。

そのため、胎児に良くないものは通さないようになっているのです!!! 素晴らしいですね

でも、煙草のニコチンやアルコール、薬は場合によっては通すので、注意が必要です

先日、母親学級で、出産シーン映像を見ました。

その時に、胎盤も写されていたのですが、とっても真っ赤で、かなり大きかったです。

なんと、500gくらい あるそうですよ

でも、とっても胎児に重要な役割をする10カ月間お世話になるものですから、偉大ですわ

赤ちゃんを出産後、10分~20分後くらいに後陣痛がおこり、胎盤を排出します

この胎盤を食べるって言う習慣のあるところや、庭に埋めるってところがあるそうです

「胎盤を食べる」と知った時は、ビックリでした

産後の肥立ちがいいとか、母乳がでやすいとか、いろいろと意味があるようですが・・・。

食べた人の感想では、

 ・生臭い

 ・おいしい

 ・胎児によって胎盤も味が違う

など、ひとそれぞれの感想がありました

なんでも、赤ちゃんが元気であれば、胎盤も張りがあってしっかりしているそうです。

赤ちゃんの発育がよくなければ、小さかったり硬かったりするそうですよ

生レバー刺身のように醤油で食べたり、レバニラ炒めのように火を入れたりとイロイロな調理法で食べているようです

 

---------------------(転載ここまで)

しかも、産後に「胎盤」を食べると、「産後うつ」にも効果がある、などとも言われているようです。「そんなバカな」と言いたくなりますね。

 

---------------------(以下、こちらから転載)

 

■自分の胎盤からのプラセンタを摂取し、産後うつに対処可能?

意外な物が効果あり?

23日のCBS Losangelesのホーム―ページに、自分の胎盤から取ったプラセンタ錠剤を摂取すると産後うつに効果があるかもしれないという記事が発表されました。

胎盤は赤ちゃんが母親から栄養分やその他の重要な化合物を受け取ることを可能にし、さい帯を経由して子宮の壁に発​​達中の胎児をつなぐ、一時的な器官であり、オキシトシンという出産時に役立つホルモンを分泌します。

ほとんどすべての哺乳類は、出産直後に自分の胎盤を食べるので、この方法は理にかなっていることであると、発見したアン・ファーガソンさんは語ります。彼女はこのサービスをすでに開始しているとのことですが、反対意見もあるようです。

■反対意見と、摂取した体験談

ビバリーヒルズの産婦人科医、ピーター・ワイス医師は胎盤には細菌感染症、肝炎など多くの疾患を含んでいる可能性があるので、この行為は危険であると指摘し、以下のようにも語っています。

産後うつ病は、実際の疾患であるので、ただプラセンタの錠剤を摂取するだけで治すことはできません。

しかし、実際産後自分の胎盤から取ったプラセンタを摂取したステファニー・ジョンソンさんは、役に立っていると感じているそうです。彼女の母親と妹が産後うつになっていたそうですが、彼女は産後でも生まれたばかりの赤ちゃんと幸せと健康を感じているそう。

プラシーボ効果なのでしょうか?それとも本当に、プラセンタが効果を発揮しているのでしょうか?

どちらにせよ、産後うつは本当につらいもの。ないにこしたことはないですよね。

---------------------(転載ここまで)

 

このような屁理屈をこねまわして、我々一般人にもなんとか「カニバリズム」を普及させようという魂胆なのでしょう。

このように、この世の中には「人肉」を食べることを推進している人たちが実際に存在しているのです。

ならば、なおさら悪魔崇拝者たちが「医療廃棄物」を食べている可能性は否定できません。

そもそも、「医療廃棄物」のマークは、以下のような「CCC」です。そして、「C」とは「6」のことでしたね。

〈バイオハザードの記号(出典はこちら)〉

 

「666」なる「医療廃棄物」を食べて、サタンの力を自分の中に取り込もうというわけでしょう。全くもって気味が悪い話です。

ちなみに、「胎盤」を食べていた歴史上の人物に、「始皇帝」「楊貴妃」「西太后」などがいるようですが……。

闇で売られている程の“究極のプラセンタ!妊婦だけが得られるこのチャンス – NAVER まとめ

彼らは「不老不死」や「美容」のために「胎盤」を食べていたとのことですが、彼らはみんな悪魔崇拝者たちなので、本当のところは単に「カニバリズム」を楽しんでいただけでしょう。

つまり、サタンの力を自分の中に取り込もうとしていたわけです。

ついでに言っておくと、「麻生太郎」の祖父である「吉田茂」もまた「健康」ためと称して「人」を食べていたことを、暴露していたようです。

---------------------(以下、こちらから転載)

■人を食っております

(吉田茂は)日米修好通商百年祭に日本の代表として訪米し、外国人記者団に質問されたとき、元気な様子を褒められると、「元気そうなのは外見だけです。頭と根性は生まれつきよくないし、口はうまいもの以外受け付けず、耳の方は都合の悪いことは一切聞こえません」と応じた。

特別の健康法とか、不老長寿の薬でも、という質問には、「はい、強いてあげれば人を食っております」とすました顔で即答した。

吉田は米寿をすぎてもまだ矍鑠としていたが、ある日大磯を訪れたある財界人がそんな吉田に感心して「それにしても先生はご長寿でいらっしゃいますな。なにか健康の秘訣でもあるのですか」と尋ねると、「それはあるよ。だいたい君たちとは食い物が違う」と吉田は答えた。

そういった食べ物があるのならぜひ聞きたいと財界人が身を乗り出すと、「それは君、人を食っているのさ」と吉田はからからと笑った。

これが吉田がこの世に残した最後のジョークとなった。

---------------------(転載ここまで)

「人を食っている」という言葉は「人をバカにしている」という意味にもとれますが、さすがに「麻生太郎」の祖父だけに、本当に「人を食っていた」とも取れなくありませんね。

いずれにせよ、皆さんはくれぐれも「胎盤が体にいい」などというデタラメを信じて、「カニバリズム」を行うような愚は犯さないようにご注意ください。

いかがでしょうか。

この「人食い(カニバリズム)」が描写された漫画、映画が空前の大ヒットで、日本中が浮かれ騒いでいるわけです。本当に恐ろしい話です。

そしてこの「鬼滅の刃」は、やはり「創価学会関係者」で作られた、「創価案件」であることが明らかになってます。

 

RAPTさんのInstagramでも、このことについてお話しされています。

鬼滅の刃も創価アニメ。 鬼滅の刃も、大本教の思想をもとに作られた漫画(アニメ)で、主題歌を歌っているLISAは創価3世だそうです。

カニバリズムが「悪魔崇拝」であることを隠して、このような映画を作り、ヒットさせ、創価学会関係者だけが金もうけをする。

彼らの目的は、金もうけだけではありません。

悪魔崇拝の思想を広めること、つまり「洗脳」です。

この映画は、悪魔教である「大本教」の思想がふんだんに盛り込まれています。

 

そして、この世の中は、「大本教」の思想にまみれ、ありとあらゆる分野において、この思想で汚されています。

しかし、現在「大本教」の信者は減っており、大本教自体に力はありません。

現在、「大本教、出口王仁三郎」による計画を実行しているのが、「創価学会」です。

彼らの正体は、「ユダヤ人=イルミナティ」で、その中でも、「李家」の末裔です。

ユダヤ人イルミナティというのは、悪魔崇拝者です。そして、彼らは、悪魔崇拝者による「世界統一政府(NWO)」を作りたくて、「コロナパンデミック」という嘘を作り上げました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

つまり、まとめると、

悪魔崇拝思想を刷り込むために、サブカルチャー(アニメ、漫画など)を使って洗脳している。ということです。

これが実写だと、とても見れたものではありませんが、アニメだと「フィクションだ」と言えますから、何とでも描けるわけです。オブラートに包めるわけです。

しかしそれを見た人たちは、確実に「洗脳」されていくわけです。

悪魔崇拝思想を見せて、誰も幸せになれるわけがありません。

だいたい、「鬼」って悪魔のことですからね。

 

そもそも、「サブカルチャーで人々を洗脳」というのは、今に始まったことではないことは周知の事実です。

RAPT×読者対談〈第98弾〉サブカルチャーに隠された悪魔の紋章。

やはりメディアの登場によって、洗脳工作が相当広まりましたよね。

もっとも影響を与えたのはいうまでもなく「テレビ」。

この「テレビ」を作り、洗脳をした犯人が、まさにこの「イルミナティ李家」です。

 

まず、世界で最初にテレビに映し出された映像は「イ」 でした。

f:id:zatsugakugaku:20160828160435g:plain

what’s newより引用

今では数多くの番組が放送されているテレビ。そんなテレビに世界で一番最初に映し出された映像って気になりませんか?

1926年12月25日、浜松高工にてブラウン管による電送・受像を世界で初めて成功した。送像側に機械式のニプコー円板と受像側に電子式のブラウン管を用いて、片仮名の「イ」の文字を送受像した。走査線の数は40本だった。「イ」の字はいろは順の最初の文字として選んだ。

高柳健次郎 – Wikipediaより引用

 

ブラウン管で受像を成功させたことで知られる高柳健次郎さん。彼は日本のテレビの父と呼ばれています。彼の誕生日にはGoogleのロゴが変わっていたそうです。

 

f:id:zatsugakugaku:20160828163308p:plain

 

 世界で最初にブラウン管に映ったものがいろは順の「イ」ということで、日本人として何だか誇らしい気持ちになれますね。

「李」は「イ」とも読みます。

そしてなんと、アナログ放送最期の瞬間にも、「イ」が映されたそうです。

2011年当時はまだ、RAPT理論が世になかったので、「李家」の彼らは、バレることはないと、タカをくくっていたのでしょうね。

自分たちは凄いんだ、と、人々に気づかれなところで、自分たちをアピールしていたのでしょうね。ただ気持ち悪いです。

その後、芸能人がほぼ、ユダヤ人であることが明らかになりました。つまり、血筋がないと成功できないことが明らかになりました。

テレビは洗脳器具だということ、芸能人は在日で占められていることはもう、今では当たり前の常識になっています。

もう一歩踏み込んで、彼らの正体が、「ユダヤ人(イルミナティ李家)」という存在であることと、彼らは、「悪魔崇拝思想」を人々に刷り込むための工作員だということを知っていただくことで、テレビには一切近づいてはいけないことをご理解いただけるかと思います。

そして今では、テレビに限らず、ネットでも強烈に、イルミナティ李家による洗脳工作が続けられています。

中田敦彦という李家の工作員による、YouTube配信をはじめとし、

Twitter、YouTube、Intagramの言論弾圧や、Vimeoによる事前告知のない動画削除、さらには、RAPTさんに対する集団ストーカーにまで及んでいます。

なんと!

中田敦彦は、嘘をばら撒くだけでなく、弟の啓之が、集団ストーカーを行っていることが明らかになりました。

芸能人なのにストーカーするの!

ではなく、

芸能人だからこんな事をやるわけです。芸能人は李家の力がないと、生きられないからです。

 

この真実をぜひとも知っていただき、洗脳から離れて、「真の知識」「真の知恵」を学ばれて、本当の幸せを知り、本当に幸せになられることを切にお祈りします。

RAPTブログ

RAPTブログ(有料記事)

写真 https://pin.it/3sSUEQE

 

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.