「日本神界」が次々と裁かれている模様。「こんぴらさん」が神社本庁から離脱!

日本神界(といっても、偽物→悪魔によって作られたものですが)が次々と裁かれている模様です。「こんぴらさん」こと、香川県の金刀比羅宮が神社本庁から離脱を表明したそうです。

神社本庁激震!“こんぴらさん”が離脱、「本庁は天皇陛下に不敬極まる」

 

「こんぴらさん」の呼び名と参道の785段(奥社まで1368段)もの石段で有名な、香川県の金刀比羅宮が、全国8万社の神社を包括する宗教法人、神社本庁の傘下からの離脱を決めたことが12日、ダイヤモンド編集部の取材で分かった。背景には、不祥事や疑惑が続出する神社本庁への反発がある。(ダイヤモンド編集部 宮原啓彰)

 

全国約600社の総本宮が離脱の衝撃

「明治神宮(東京都)が2004年、神社本庁を離脱(10年に復帰)したとき以来の衝撃だ」と、神社本庁関係者は嘆く。

 

 それもそのはず。金刀比羅宮は全国各地におよそ600社ある金刀比羅神社(琴平神社、事比羅神社、金比羅神社)の総本宮。海上安全の守り神として江戸時代にお伊勢参りと並んで「こんぴら参り」が盛んとなるなど、現代にいたるまで多くの信仰を集めている。

 

 そんな讃岐の大神社が神社本庁からの離脱を決めた理由は、本編集部が報じた、神社本庁の不動産売買を巡る神社界上層部と業者の癒着疑惑を始め、神社本庁で相次いで発覚する不祥事への嫌悪感がある。

 

(関連記事:神社本庁で不可解な不動産取引、刑事告訴も飛び出す大騒動勃発)。

 

 さらに、昨年の天皇陛下の即位に伴う大嘗祭当日祭にお供えする臨時の神社本庁幣帛(へいはく)料が、金刀比羅宮に届けられなかったことがダメ押しになったという。

金刀比羅宮は「決して許されない無礼な行いであり、天皇陛下に対して不敬極まりない行為である」と憤りを隠さない。

 

金刀比羅宮は5日付で神社本庁に離脱の通知書(写真)を送付。宗教法人法に基づく認証手続きを経て、早ければ今秋にも離脱が認められる運びだ。

 

 問題は、近年、金刀比羅宮と同じく神社本庁への反発から離脱する大神社が続出していることだ。

 

 昨年、織田信長を主祭神とする京都市の別表神社、建勲神社が離脱。また、2017年には本編集部が神社本庁からの離脱をスクープした大相撲の前身発祥の地、富岡八幡宮(東京都)において、離脱を決めた女性宮司が実弟から日本刀で惨殺されるという事件も起きた。

 

殺害された女性宮司は事件の直前、本編集部の取材に応じ、神社本庁の腐敗を訴え、「(神社本庁の実質的トップである)田中恆清氏が神社本庁総長になったころから組織が急激におかしくなった」ことなどが離脱の理由と明かしていた。

 

(関連記事:富岡八幡宮の故・富岡長子宮司、最後のインタビューを初公開)。

 

 このほか、全国4万社という神社界の最大勢力、「八幡宮」の総本宮、宇佐神宮(大分県)でも、神社本庁執行部が送り込んだ子飼いの宮司と地元神社関係者や住民らが対立し、18年には市民団体が宮司退任を求める署名活動を始めた。

 

 さらにここにきて、各地の下部組織である各県神社庁からも神社本庁への非難の声がにわかに高まっている。

 

 今年3月、熱田神宮を抱く愛知県神社庁が「神社本庁内における一連の疑惑は、(中略)もはや看過できない」という決議書を神社本庁に提出したほか、4月には神奈川県神社庁と福島県神社庁が、不動産売買疑惑や幹部職員の不倫疑惑

 

(関連記事:安倍応援団の神社幹部が不倫か、神社界揺るがす裁判に影響も

 

に対し、「包括下の全国神社の名誉を著しく損ねる」とする決議書を出し、さらに九州地区の6県の神社庁が連名で、神社本庁が新型コロナへの危機管理対応を激しく非難する緊急提案書を提出した。

 

「現在の神社本庁執行部への不信感が強い、熱田神宮や出雲大社が金刀比羅宮に続けば、神社本庁は文字通り瓦解しかねない」と前出の神社本庁関係者。

 

一方、神社本庁教化広報部は、金刀比羅宮の離脱理由について「分からない」とした。

 

神社界の自浄が求められている。

もうこんな「悪魔崇拝組織」はとっとと解散した方がいいです。本当に。どれだけの人間を不幸にしたことか・・・。

 

RAPTブログによって、「日本は最古の悪魔崇拝の国で、今も昔も悪魔教の国」であることが暴かれています。

RAPT×読者対談〈第101弾〉日本は昔も今も悪魔教の国。

そして、「神道」を作ったのが、悪魔崇拝をしていたために、神様から裁かれたために、国を滅ぼされ世界中に逃げてきた「古代ユダヤ人」だということも分かっています。

古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

そして、この「神社本庁」という組織がどういう組織か、というと・・・

在特会より危険!? 安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質

(より一部転載、着色、編集)

ネオナチ、在特会、統一教会……。安倍内閣の閣僚とカルト極右団体の関係が次々に明らかになっているが、実はこの内閣にはもっと強大で危険な極右団体がバックについている。

 

 その団体とは神社本庁だ。安倍内閣の19閣僚中なんと16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめているのだ。

 

と聞いて、「神社本庁って神社の団体でしょ。最近、神社はパワースポットとして若い女性からも人気だし、どこが危険なの?」と疑問に思った読者もいるかもしれない。

 

たしかに、神社本庁は全国約8万社の神社が加盟する組織で、その目的は「祭祀の振興と神社の興隆、日本の伝統と文化を守り伝えること」とされている。

 

 だが、その本当の目的を知ったら、「癒される〜」などといっていられなくなるはずだ。たとえば、神社本庁の政治団体「神道政治連盟」のHPをのぞくと、こんな主張や活動内容がでてくる。

 

  • 自主憲法の制定
  • 靖国神社での国家儀礼の確立
  • 道徳・宗教教育の推進
  • 東京裁判と侵略戦争の否定
  • A級戦犯の擁護
  • 夫婦別姓反対
  • ジェンダーフリー反対
  • 皇室と日本の文化伝統の尊重……。

 

 もちろんこれくらいは、保守的な宗教団体の主張としては珍しくない。しかし、神社本庁の機関紙「神社新報」を見ていると、もっととんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」だ。

 

 祭政一致とは、神道の祭り主である天皇が親政も行ない、国政上、政府はそれを輔弼する(進言する)役割にとどめるという、大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだというのである。

 

(中略)

 

 祭り主としての天皇が政治における決定権を握る絶対君主制の復活……。この時代に信じがたい主張だが、「神社新報」はこれにともない、新憲法では軍の「統帥権」を天皇に帰属させるべきだという主張もたびたび行っている。

 

「統帥権」とは軍隊の最高指揮権のこと。

大日本帝国憲法第11条には「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」とあり、天皇の統帥権が規定されていた。師団数や艦隊など軍の規模(兵力量)の決定も天皇に帰属していた。

(中略)

 

戦後は、自衛隊の最高指揮権は内閣総理大臣にある(自衛隊法7条)。

これは、軍部が暴走した戦前の教訓から、国民により選出された国会議員より選ばれた内閣総理大臣によるシビリアン・コントロール(文民統制)といわれるものだ。

 

しかし、神社本庁はこのシビリアンコントロールすらも否定するのである。

 

 そこには、祭政一致国家が突き進んだ太平洋戦争で、日本人だけでも330万人が犠牲になった反省はまったく感じられない。

 

(中略)

 

こうしてみると、神社本庁の主張はほとんど右翼民族派のそれとかわりがない。いや、それ以上の極右ということがよくわかるだろう。

 

しかし、それも当然だ。そもそも神社本庁という組織自体が祭政一致と対をなす「国家神道」復活を目的に作られた団体だからだ。

 

 国家神道というのは、いうまでもなく、日本の近代化にともなって推し進められた神道国教化政策のことだ。天皇にいっさいの価値をおくことで近代国家の統合をはかろうとした明治政府は、神道をその支配イデオロギーとして打ち出す。

 

そして、そのために神社を国家管理の下におき、地域に根付いて多様なかたちをとっていた神社を伊勢神宮を頂点に序列化。

 

民間の神社信仰を皇室神道に強引に結びつけ、天皇崇拝の国教に再編成していった。

 

 この国家神道から、国民には天皇への絶対的な忠誠が強要され、日本だけが他の国にはない神聖な国のあり方をもっているという「国体」という観念が生まれた。

 

そして国体は八紘一宇という思想に発展し、侵略戦争を正当化していった。

 

つまり、国家神道は「現人神」の天皇の下、軍国主義、国家主義と結びついて、第二次世界大戦へと突き進む思想的支柱だったのである。

  しかし、1945年、太平洋戦争で日本が敗戦すると、GHQは信教の自由の確立を要求。神道指令を発布し、国家と神社神道の完全な分離を命じた。

 

神道を民間の一宗教法人として存続させることは認めたもののの、徹底した政教分離によって、国家神道を廃止させようとした。

 

 そこで、神社関係者が1947年に設立したのが宗教法人神社本庁だった。

その目的は明らかに、国体と国家神道思想の温存にあった。

 

宗教学の権威・村上重良はその著書『国家神道』(岩波新書)でこう書いている。

 

「神社本庁は、庁規に『神宮ハ神社ノ本宗トシ本庁之ヲ輔翼ス』(第六十一条)とかかげ、伊勢神宮を中心に、全神社が結集するという基本構想に立って設立された。これは、国家神道の延長線上で、神社神道を宗教として存続させようとするものであった」

「神社本庁の設立によって、国家神道時代の天皇中心の国体と神社の中央集権的編成は、形を変えただけで基本的存続することになった。

 

そして、1960年代に入ると、神社本庁は国家神道復活の動きを強め、1969年に神道政治連盟、1970年に神道政治連盟国会議員懇談会を設立する。

 

村上は当時、こうした動きをこう批判している。

 

「しかも、反動勢力と結ぶ神社本庁の指導者層は、民主主義を敵視して時代錯誤の国家神道復活を呼びかけ、この主張を、傘下の七万八千余の神社に上から押しつけることによって、神社神道が、みずからの手で自己を変革する可能性を封殺しているのである。」

 

 もっとも、こうした時代錯誤の狂信的な思想も一宗教団体が掲げているだけなら、それをとやかくいうつもりはない。

 

だが、この思想は確実に自民党の国会議員を動かし、現実の政策に着々と反映されてきているのだ。

 

「神政連が国議懇と連携して進めた運動の成果には元号法制化、国旗国歌法や『昭和の日』の制定(略)皇室典範改悪や夫婦別姓法案の阻止などがある」

 

(「戦後の神社・神道  歴史と課題」神社本庁総合研究所監修/神社新報創刊六十周年記念出版委員会/神社新報社)

 2000年には森喜朗首相(当時)が「日本は天皇を中心としている神の国」という「神の国」発言で物議をかもしたことがあったが、この発言は神道政治連盟国議懇の設立三十周年記念祝賀会での挨拶だった。

 そして、冒頭でも述べたように、安倍内閣では19閣僚中16人が神政連国議懇のメンバーで占められ、その政策はほとんどが、神社本庁=神道政治連盟が掲げる政治目標と見事にシンクロしている。

 

自主憲法の制定、国軍の創設、靖国神社での国家儀礼の確立、道徳・宗教教育の推進、東京裁判と侵略戦争の否定、A級戦犯の擁護、夫婦別姓反対……。

 

さらに、山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相というゴリゴリの保守思想で話題になった2人は、神社本庁がたてた候補者といっていいほど、同団体と密接な連携をしている。

 

 今、我々が真に問題にすべきなのは、在特会やネオナチといったそう大きな影響力のないカルト団体との関係ではなく、日本最大の信者数9125万人を誇り、社会的にも完全に認知されている神社本庁と政権の一体化、そして、この宗教団体がもつ本質のほうではないか。

 

つまり、「神社本庁」という組織を一言でいうと、「天皇」を神として、「戦前」に戻すことを目指した団体ということです。

戦前に戻すということは、つまり、「上級国民→李家」の復活です。

さらに、「李家」が目指しているのは、NWO(世界統一政府)です。

今回、李家である「大本教」「出口王仁三郎」の計画に基づいて「コロナパンデミック」を起こし、スマートシティを作ることで、実現しようと今も動いていますが、全く上手くいっていないことは明らかです。

 

今回のニュースは、こんぴらさんが、神社本庁に対する不信感によって離脱した、というものです。

神社本庁は、悪魔崇拝者によって作られた、戦争ができる国にして天皇を神を崇めようとする組織ですから、今回のことでもうこれ以上「神社本庁」が発展することはないでしょう。といいますか、これ以上やりたいようにさせておいてはいけません。

しかしながら、「天皇」は、悪魔崇拝のトップともいうべき人物ですし、

天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

神道は「悪魔教」なのですから、「こんぴらさん」で祀られているものは実は「悪魔崇拝」だということです。

 

悪魔を拝んで幸せになどなるわけがありません。むしろ、これだけ混乱している昨今、悪魔にすがって、偽スピリチュアルにすがって助かるわけがありません。偽物でなく、悪魔崇拝でなく、本当に救われる道を見つけなければなりません。

 

最後に、最新のRAPTブログ(有料記事)の導入部をご紹介してこの記事を終えたいと思います。

RAPT有料記事474(2020年6月13日)イルミナティも世の人々も主から裁かれているが、主を信じる私たちは彼らの影響を受けることなく、絶えず主に近付き、主の愛を感じられるように努めて生活しなさい。

今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
今や世の人々は、ユダヤ人たちのでっち上げたコロナパンデミックによって、様々な内的、外的な苦痛を受けて暮らしています。
 
そのためこの世の中は、以前に比べて遙かに暗い雰囲気に包まれ、重苦しい空気が漂っています。
 
まさに聖書の予言の通り、人々の愛は冷め、空しさや寂しさに満たされています。
 
イルミナティたちも、富や名誉さえ積み上げれば幸せになると思い込み、あくせくとそれらを手に入れてきましたが、今や彼らも次々と精神を病み、その顔つきはどこまでも病的になっています。
 
それだけ主の裁きがこの地で大きく進行しているという証拠です。
 
しかし主を信じる私たちは、そんな中にあっても、常に主の愛を感じて生きられるので、寂しさや空しさといったものから完全に解放され、むしろ喜びと希望の中で生きられます。
 
親の愛を受けずに育った動物は、周りの全てのものが敵に見え、常にビクビクと怯えながら暮らさなければなりませんが、親の愛を受けて育った動物は、常に喜んで、伸び伸びと元気に育っていきます。
 
これと同じように、私たち人間も私たちを創造してくださった主の愛を受けて生きることで、この世で何の恐れもなく、幸せに暮らしていくことができるのです。

今回のニュースをきっかけに、「神道」が悪魔教だということがさらに大きく拡がることを願っています。

そして、悪魔ではなく、「本当の神様」に立ち返り、祈り求める方が増えて、一人でも多くの方が救われますことをお祈り申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

photo:https://pin.it/4wbbfgk

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.