ひとりごと 「砂の城」

私の人生は、「砂の城」のようだった。

すべては「罪」という砂の上になりたっていた。

その「砂」の安定感が悪いから、文句をいい、さらに多くの「砂」を持ってきて、その砂で幸せになろうと、城を建てようと頑張った。

ところがそれらすべては「罪」だった。

だから初めはうまくいくように見えても、時が進むと、「砂」だから、倒壊が始まった。

すべては間違った考え、罪の上で作られた人生だった。だから嘘しかなかった。

そんな嘘の人生を変えたくてもがくも、またさらなる「嘘」を塗り固めて生きてきた。

そして今、その「砂の城」が完全に倒壊した。化けの皮が剥がれて、完全に崩壊した。

今まで培った情報、知識、知恵は、全く通用しないことを悟った。

それらは全て嘘でまやかしだったと悟った。

全ては嘘で固められた人生だった。

そして、それらを取り込んできた自分自身の化けの皮が剥がれて、自分も「偽物」となっていたことを悟った。

 

しかし、神様は、同時に「救い」も用意してくださっていた。

それが、RAPT理論であり、RAPTさんを通して伝えられる「御言葉」だった。

 

RAPTブログ

RAPTブログ(有料記事)

 

photo: https://pin.it/27qWc2r

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.