コロナの嘘、スピリチュアルの嘘。

今から紹介する記事は、私が1年前の1月10日に、アメブロに投稿したものです。

1年前に書いた記事は、今でもまだまだ稚拙な文章しか書けていませんが、輪をかけて稚拙すぎて、恥ずかしい限りですが、当時、「スピリチュアル」の世界で言われてきたことを書きました。

1年経って、いかがでしょうか。スピリチュアルの世界で言われてきたことが、「真っ赤な嘘」であることがはっきり分かる記事となったので、今回、ここでご紹介しました。

スピリチュアル界で神につながっているという人は、それは偽物とつながっている

ご訪問くださりありがとうございます。

 

今の「スピリチュアル界」というのは、

おおよそこんな流れでしょう。

 

2020年がやってきて、

大きく時代が変わり、

精神性が発達して

これからますます生きやすくなる。

カタカムナやひふみ神示を

はじめとする

古代の知恵を得て

生きやすい時代になる。

波動を知ることで

生きやすい時代になる。

 

日本という国を中心して

日本が世界のリーダーに

なっていくのだ、と。

 

その証拠として2020年に東京で

オリンピックが行われるし、

海外の人たちはたくさん

日本を訪れている。

日本という国が非常に注目

されている。

そこから日本を中心にして

明るくなるんだ。

 

などと、まったく根拠のない

話を信じ込まされてきたのです。

 

世の中は大変だけど、

スピリチュアルを信じていたら

なんとかなる、、みたいな

お花畑な思考を持たせて、

まったく真実を見せてこなかった。

真実を知ろうと思わせなかった。

 

そして、この大きな変化の時に、

神様につながればうまくいく、

と、言っている人たちがいますが、

スピリチュアル界で

活躍する人の中で、

神様につながることができた人が

いたならば、それは

すべて「偽物」、つまり、

サタンであり悪魔です。

 

これは神様を信じる方たちへの

侮辱ではありません。

 

神様はおられます。

本物の神様はおられます。

 

しかし、

スピリチュアル界の人たちが

つながる神様は、

神道や仏教、または、

ヒンズー教などの神と呼ばれる存在

ですよね。

それらの正体はみな、RAPTさんの

ブログで明らかになっています。

 

神社仏閣にいる神様は、

すべて偽物です。

サタンや悪魔によって創られた

ものです。

 

つまり、

神様を信じて拝んでいるつもりが、

本物の神様からすれば、

神道や仏教、ヒンズー教の神を

拝むことが冒涜行為にあたる

 

ということです。

 

以下、RAPTブログより。

 

「天照大神」と「スサノオ」の正体。またはルシファーの正体。彼らこそが悪魔の三位一体です。

 

「天照大神」「スサノオ」「ツクヨミ」による権力争いと世界支配計画。現代まで続く「日本神話」という現実の物語。

 

神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。

 

古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

 

天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

 

〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。

 

〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。

 

やはり「釈迦」は紛れもない悪魔崇拝者でした。その確固たる証拠をお見せします。

 

 

政治や経済を動かす人たちと、

スピリチュアル界を牽引する人たちは

完全に裏でつながっていて

グルだという真実をぜひとも

知ってください。

 

では、どうすればいいのか。

 

真実を知ることです。

真実の情報を得ることです。

 

偽物の神様を拝むのをやめて、

本物の神様を拝むことを

始めることです。

ありがとうございました。

いかがでしょうか。

オリンピックは延期され、中止への流れに向かっています。

「カタカムナ」は悪魔、ルシファー信仰だということもばれています。( RAPT×読者対談〈第82弾〉カタカムナこそルシファー信仰の源流である。

そして、「ひふみ神示」は、悪魔ルシファーによって書かれたものであることも暴かれていますし、その「ひふみ神示」を崇める「出口王仁三郎」の計画によって、コロナパンデミックが引き起こされました。

結局、2020年を境に、大きく変わる・・・とスピリチュアル界で思い込まされてきたのは、全部「嘘」だったわけです。

そして、その「嘘」を作り上げるために、「コロナパンデミック」を捏造して、この大きな出来事が、大きく変わるきっかけになる・・・みたいにしたかったのでしょう。

しかし、RAPT理論で、彼ら悪魔崇拝者の計画の全てがことごとくバレてしまいました。

そして、イルミナティの正体が「創価学会」だとばれました。

オリンピックも悪魔の祭典で、創価学会と中国共産党のための祭典だとばれました。

彼らは未だに、自分たちの計画を成就させようと必死ですが、うまくいっていないのは明らかです。

そして、本当に今の状況で、「精神性」が発達したと言えるでしょうか?生きやすい世の中になったと言えるでしょうか。

逆じゃないでしょうか。

「スピリチュアル」という、悪魔崇拝の情報を未だに握り続けている人は、今まで聞かされてきた情報と、現実があまりに違うことに気づいているのではないでしょうか。

 

日本という国は、私たちが思っているよりもずっと、悪魔に支配されて、悪魔崇拝者である支配者は、ことごとく「真実」を隠しています。

その「真実」をひとつひとつ、解き明かしてくださったのが、RAPTブログです。

真実には力があります。一人でも多くの方が、真実にたどり着きますように。

RAPTブログ

“コロナの嘘、スピリチュアルの嘘。” への1件の返信

  1. 素晴らしいです!
    私の腑に落ちないことを全て書いてくれています。
    私がクリスチャンの学びは間違ってない、なぜなら神はおられ、神様は私達人間をお造りなられ、私たちを愛してやまないからです。というとこを自信をもっていえます。こんなにわかりやすいブログをいつもありがとうございます。

mi へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.