• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

夫婦共々、影武者同志による「結婚会見」。しかし「小室佳代」が「創価保険金殺人」に関わった事を隠し通す、さもしい「マスゴミ」。

秋篠宮家の長女「眞子」が、今日、「小室圭」と結婚会見を行いました。

ご存じの通り、「皇室」には、複数の影武者がいる事が明らかになっていますが、この「眞子」にも、もれなく影武者が存在し、そして「小室圭」にも、影武者がいる事が明らかになっています。

小室圭は、「池田大作」の血縁にある事が明らかになっています。

一般人であるはずの「小室圭」にまで影武者がいた事から、「池田大作」は「総体革命」の一環として、「皇后雅子」や「小室圭」など、「血筋」による皇室の乗っ取りを進めていた事が明らかに。

 

そして、小室圭といえば「母親」の「小室佳代」ですが、この「佳代」が、「池田大作」の長男にそっくりである事から、佳代は、池田大作の「隠し子」の可能性が高いです。

そして、この「小室佳代」の周りでは、自殺をはじめとする不審な死が多々起こっており、それが、「創価の保険金殺人」に関与していた事が分かっています。

さらに、「皇室について書かれた「皇室ブログ・でれでれ草」というブログ記事によると、宮内庁は、本物の眞子と、旧宮家の男系男児の婚約を予定していたとのことです。

続・秋篠宮家の影武者⑦|2人の小室圭、4人の眞子様

 

創価学会は、「総体革命」という、「池田大作」を最高指導者として、日本を支配する計画に基づいて活動してきました。

皇后雅子も、池田大作の隠し子である事は有名な話です。

つまり、皇室の内部でも、創価勢力(出雲族)とそれに反対する勢力(秦氏)があり、そこでまず争いがあって、さらには、「小室佳代」が、保険金殺人の常習犯である事が世の中に知られたら、犯罪者の息子と、皇室の人間が結婚したことになり、皇室のイメージが崩壊しますから、その事がバレないように、必死に言論弾圧。

「RAPT理論+α」の記事で暴かれた通り、この事実から目をそらすための「スピン報道」として、佳代の元恋人との金銭問題で、ワイドショーを騒がせておいたとしたら・・・。

 

「皇室」ほど、いらないものはないですね。完全に解体してほしいです。

 

「RAPT理論」でも暴かれた通り、「皇室」を作ったのは、「悪魔崇拝者→イルミナティ」の「ユダヤ人」で「秦氏」と呼ばれる勢力です。

 

なぜなら、神武天皇は、イルミナティの「秦氏」だからです。

RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。

 

つまり、日本という国は「悪魔崇拝者」によって建国されました。

そして、「男系」を続けたい「秦氏勢力(宮内庁)」と、「女性の方が地位が上」と謳う、「大本教」の影響を受け作られた「出雲族勢力(創価学会)」。

「RAPT理論」でも暴かれた通り、時代によって、皇室も「秦氏側」の人間と、「出雲族側」の人間がいる事が分かっています。

昭和天皇は「秦氏」ですが、終戦の直前に、「出雲族」側に寝返りました。

RAPT×読者対談〈第63弾〉昭和天皇が人間宣言をした本当の理由。

第二次大戦で日本が負けたのは、やはり天皇 (大和族) に対する出雲族の裏切りが原因でした。
 

平成天皇も「秦氏」、美智子は「出雲族」。

RAPT×読者対談〈第102弾〉天皇の生前退位のカラクリ。

 

そして、令和天皇、雅子、どちらも「出雲族」です。

どちらの勢力が支配しようとも、どちらも「イルミナティ」で、「悪魔崇拝者」である事には変わりがありません。

どちらの勢力が政権を握っても、人々が幸せになれないのは、そもそもずっと、「悪魔崇拝者」が政権を握ってきたです。

 

悪魔崇拝者、つまり「ユダヤ人」は、庶民の事を「家畜、ブタ」だと思っています。

それを彼らは、「ゴイム」(ゴイは非ユダヤ人、複数形がゴイム)と表現します。

だから、平気で生贄儀式を行い、幼児を誘拐し虐待し、ワクチンを打って人を殺すなど、何てことないのです。

 

「家畜、ブタの数が多くなりすぎたから、減らさなければいけない」という事で行われているのが、今の「コロナ茶番」なのです。

どちらの勢力が政権を握っても、思想は同じで、どちらも「イルミナティ」ですから、どちらも滅びますように、切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA