ワクチンを打たせようとする「政府」の真の目的を知ってください! 全ては「悪魔崇拝者」「イルミナティ李家」が庶民を殺すために起こしたもの。

  1. ベルギーの閣外相が、ツイッターにうっかり、ワクチンの原価を投稿したことで「暴露」された、ワクチンの原価。

EUのワクチン価格「暴露」 1回分225~1860円―ベルギー閣外相:時事ドットコム (jiji.com)

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会が加盟国を代表して製薬各社と事前購入契約を結んだ新型コロナウイルスワクチンの価格が、ベルギーの閣外相がツイッターにうっかり投稿したことで「暴露」された。

 

欧州委は守秘義務を理由に公開を拒んできたが、1回分当たりの契約価格は日本円で約225~1860円とみられ、製薬会社によって大きな開きがあることが明らかになった。

 ベルギー紙ラーツテ・ニュース(電子版)が17日、報じた。

 

予算担当のデブレーケル閣外相が野党からワクチン予算の追及を受ける中、政府の購入数や金額の一覧表を投稿。

 

EUが確保した6種類のワクチンの契約価格が判明した。

 約30分後に削除されたが、同紙が保存したツイッターの画像によると、1回分の価格は、当面は利益を得ない方針を示す英アストラゼネカが1.78ユーロ(約225円)と最安。

 

米モデルナが18ドル(約1860円)と最も高かった。

 

英米で既に接種が始まり、EUでも21日に販売承認勧告が出る見通しの米ファイザーのワクチンは12ユーロ(約1520円)だった。

 ワクチン確保には巨額の公費が投じられるだけに、透明性を訴える欧州議会やメディアから価格公開を求める声が強まっていた。

 

欧州委報道官は18日の記者会見で、「暴露」への直接の言及は避けたが、「価格が明らかになれば、交渉担当者の立場が弱まる」などと述べ、守秘義務は公益にもかなうと主張した。

 欧州委がこれまでに確保したワクチンは6種類で計約20億回分。加盟国は人口比に応じた数量を承認後に購入する。EUでは27日からファイザー製の接種が始まる見通し。

 

アストラゼネカのワクチンといえば、血栓で多数の死者が出たワクチンですね。

このワクチンは、創価(公明党)が後押しし、また、神戸にアストラゼネカのワクチン工場が建設されるという報道も出ました。

ワクチン接種で死亡例や副作用が至るところで出ている事が明らかになっているのも関わらず、政府は、必死で国民全員にワクチンを打たせようとしています。

 

政府、、、の正体は、悪魔崇拝を続けてきたユダヤ人「イルミナティ李家」で、「創価学会員」ですが、「彼らは庶民を殺すためにやっているのだ」という真実が「RAPT理論」で暴かれました。

 

昨日のRAPTさんのInstagram動画でもお話されています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

 

偽のワクチンを打たせることで、身体の健康を奪います。

 

さらに、テレビや新聞で、嘘のコロナ情報を聞かされる事によって、不安や心配を植え付けて、精神の健康を奪います。

 

ネットでもそれは同じです。

 

しかし、これは完全に「あらかじめ造られた」嘘です。

 

安倍晋三とズブズブだとばれた、「クラウドワークス」という会社。

「twitterのつぶやき作業 コロナ関連の情勢を毎日ツイートするのみ 1日一回から3回 動画とともに 関西限定」 というアルバイトの募集が掲載されています。

 

 

このバイトの募集要項の最後に「納品物の著作権は弊社」と書かれてありますが、アカウントは「sgmaru」となっていて、実際は、会社概要が、一切書かれてありません。

 

さらに、「本人確認未提出」で、「発注ルールチェック未回答」ということで、全く信用に値しません。

sgmaru

 

どこまでも悪魔的です。

 

そして、ただただ、コロナがあるという嘘の情報を垂れ流し、不安や心配を煽り、お金をもらっている輩がいる、という事です。

 

もしくは、経済的に苦しんでいるところにつけこんで、本当にコロナがあると未だ、騙されている人をターゲットにしているとも言えますよね。

 

 

そして自分たち(イルミナティ)は、ワクチンビジネスでぼろ儲け。

 

ワクチンの供給には、多額の税金が使われている、という事は、庶民から吸い上げたお金で、さらに、庶民を苦しめる事を行っているという訳です。

 

そして、コロナの影響で、倒産や仕事の減少が相次ぎ、経済的に追い込まれる人達で溢れています。

 

このようにして、経済的、肉体的、精神的に、徹底的に追い込むことで、「間接的な殺人」を行っているわけです。

 

しかし、コロナなど、はじめから「存在しません」。

 

真実を知り、悪魔崇拝者達の罠から抜け出して、真に救われる方が増えます事を切にお祈り申し上げます。

 

そして、目に見えない霊界には、悪魔崇拝者を操ってきた「悪魔(サタン)」が存在する事を知り、そのサタンを滅ぼす方法を知り、「真の神様」を知り、「真の神様」が人間に、何を望んでおられるのかを知り、真に救われて、神様からの祝福を受けて生きられる事を切にお祈りいたします。

 

そしてそれは、RAPTさんが宣布してくださる「御言葉」で全て、学ぶことができます。

 

RAPT | RAPT有料記事

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.