殺人ワクチンである「コロナワクチン」は、接種を断ることができます。

ありもしない「コロナウイルス」の免疫をつくるなどといって、嘘をついて打たせようとしている「コロナワクチン」。

しかし、ちゃんと断ることができます。

こちらは、厚生労働省サイトより。

新型コロナワクチン接種問診票

000739379

 

この問診票下の方に

「医師の診察・説明を受け、接種の効果や副反応などについて理解した上で、接種を希望しますか。」

とあります。

その横に接種を希望するか、希望しないかの四角いチェック欄があります。

 

マスコミは、「コロナがある」という前提の下で、話を進めています。

そのため、人々は「コロナがある」という前提に基づいて、ワクチンを打つか打たないか、と考えています。

だから、同調圧力によって、なんとなくワクチンを打つ、という選択をしてしまう人もいるのではと思います。

しかし、「コロナウイルス」など、はじめから存在しません。

コロナがあると言って騙し続ける、東京も、大阪も、京都も、そして「厚生労働省」も、コロナウイルスがある、という正式な資料を持っていないのです。

コロナウイルスなどないのに、「ある」と言って恐怖を植え付けて、「ワクチン」を打たせたいのです。

ワクチン接種の目的は、「人々を殺戮」することです。

そして、ワクチン開発に深く関わる、ビルゲイツは、公の場で、「環境のために人口削減したい」と発言しています。

そのために、「コロナウイルス」をでっち上げて、ワクチンを打たせようとしているわけです。

 

ありもしない「コロナウイルス」のために、そして、自分たちを殺す目的で、ワクチンを打たせようとする輩に、ただただ「同調圧力」が理由で、ワクチンを打つのですか?

 

「命」ってそんな粗末に扱っていいものなのでしょうか。

 

どうか、真実を「RAPT理論+α」で知っていただき、一人でも多くの方が、無駄な心配や不安から解放されますことを切にお祈り申し上げます。

 

最新の『RAPT理論+α』はこちら!

久しぶりに、『KAWATAとNANAのRAPT理論』が、youTubeに登場です!

ビルゲイツについても詳しくお話されています。必見です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.