世界の空が危険にさらされている。コロナワクチン接種後、パイロット死亡が相次ぐ。

世界の空が大変なことになっています。

コロナワクチン接種後、世界のエアラインで、パイロットの死亡が相次いでいます。

 

まずはこちら。

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のパイロットが、コロナワクチンを投与後、亡くなっていたことが明らかになりました。

このツイートに張り付けてある記事はこちらです。

Three British Airways pilots have died of the COVID “vaccine” in the past 7 days

This is HUGE… According to this guy, Three British Airways pilots have died of the COVID vaccine in the past 7-days, and British Airways are now in crisis talks with the UK Government about whether or not their vaccinated pilots should be allowed to fly.

This presents a big problem because around 85% of all British Airways pilots have already been vaccinated.

DEEPL翻訳で訳すると、このように出てきました。

 

過去7日間で3人のブリティッシュ・エアウェイズのパイロットがCOVID「ワクチン」で死亡している

 

by greatreject – 17/06/2021

 

この人によると、過去7日間で3人のブリティッシュ・エアウェイズのパイロットがCOVIDワクチンで死亡しており、ブリティッシュ・エアウェイズは現在、ワクチンを接種したパイロットの飛行を許可すべきかどうかについて英国政府と危機的な話し合いをしているとのことです。

 

ブリティッシュ・エアウェイズの全パイロットの約85%がすでにワクチンを接種しているので、これは大きな問題です。

この記事では3人と書かれてありますが、実際は「4人」のようです。

 

(deepl翻訳)

 

Covidワクチンで死亡した4人のBAパイロットに哀悼の意を表する4冊の本。
@Peston

@afneil

@itvnews

@GOVUK
は現在、BAとの交渉が続く中、この件に蓋をしようと必死だ。

そして、BAも、4人が亡くなった事は認めていますが、コロナワクチンが原因では?という、ネット上の情報については認めていません。火消しに必死の様子。

(deepl翻訳)

悲しいことに、私たちのパイロットコミュニティの4人のメンバーが最近亡くなりました。

私たちは彼らの家族や友人に思いを馳せています。

しかし、4人の死が関連していると推測するソーシャルメディア上の主張には、何の真実性もありません。

ジュリー

人数が3人とか4人と言われている理由は、ここから来ているようです。

この時点で、事実とはっきり分かるのは、BAがツイートしている、4人のパイロットが亡くなっている事です。

そして、パイロットがコロナワクチンを接種している、という事です。

 

さらに、恐ろしい事に、死亡しているのは、BAのパイロットだけでないという事です。

こちらの動画(アメリカの地方放送局の番組のようです)では、BAのパイロット死亡について、より詳しく伝えていますが、

さらに、アメリカのデルタ航空のパイロットが3人亡くなったと報じています。

さらにさらに、カナダのカーゴ(貨物)の飛行機のパイロットが、滑走路で亡くなったと報じています。

 

さらには、アメリカン航空がワクチン接種の影響で不足し、フライトを削減し、インド航空でも、パイロットの死亡を発表した、とあります。

こちらのソースとなる情報はこちらで、こちらの情報を翻訳されたのが、上のツイートです。

http://82.221.129.208/.ul2.html

COVID VAX: American Airlines is so short pilots due to the vax that they are cutting flights.

70 – 80 flights per day canceled. That equals how many dead pilots?

First, British airways announced pilot deaths and refused to admit it was the vax. Then India airways announced pilot deaths and did the same. Now American airlines skipped mentioning pilot deaths, and cut straight to canceling flights. FACT: if a passenger cannot fly after the vax, how can a pilot? NO BRAINER THERE.

違うソースですが、同じくアメリカン航空について報道されたニュース記事です。

ソースはこちらです。

https://www.yahoo.com/gma/american-airlines-cancels-hundreds-flights-183923358.html

(DeepL翻訳)

 

アメリカン航空、人員配置やメンテナンスの問題で数百便をキャンセル

Mon, June 21, 2021, 3:39 AM

アメリカン航空は、スタッフの配置やメンテナンス上の問題から、今週末から月曜日にかけて数百便をキャンセルしました。

 

日曜日の午後の時点で、土曜日に123便、日曜日に178便、月曜日に97便がキャンセルされていますが、これは主に病欠の電話が多かったことと、メンテナンスやその他のスタッフの問題によるものです。

 

ABCニュースによると、今回の欠航のほとんどはA320および737型機によるものですが、6月中は1日あたり少なくとも50~60便、7月中は1日あたり50~80便の欠航が続く可能性があるとのことです。

 

“アメリカン航空の声明によると、「再宿泊のための複数の選択肢がある市場でフライトを調整することで、最も少ない数のお客様に影響を与えることを目標に、ターゲットを絞った変更を行いました」とのことです。

 

 

アメリカン航空は、フライトのかなり前に顧客に通知することを試み、顧客がアプリを通じて代替便に再予約する機会を提供するとしている。

 

米国の航空会社と運輸保安局は、航空旅行が歴史的な低水準からパンデミック前の水準に近づくにつれて急速に増加しているため、人員の確保に苦労しています。

 

2020年3月に空の旅が止まったとき、何千人もの従業員が早期退職やバイアウトを提案されましたが、今、航空会社はこれらのポジションを再び埋めることに躍起になっています。

 

アメリカン航空は、ケータリングの契約先や車椅子のオペレーターの人員不足にも対応しています。

ユナイテッド航空は手荷物係を必死に探しています。

 

また、メモリアルデーの週末には、デルタ航空の自動化されたサービスが、予約担当者と話せるまでの待ち時間が21時間以上であると顧客に伝えたこともありました。

 

今月初め、TSA長官代理のDarby LaJoye氏は、最長45日間、空港でボランティア活動を行うよう、会社の従業員に要請しました。

 

このボランティアは、新入社員の入社手続きや保安ラインの管理など、審査以外の業務を担当する。

 

TSAは、夏の旅行需要に対応するために6,000人の職員を新たに雇用しようとしており、TSA内での雇用を受け入れた職員に1,000ドルを支給するなど、採用のインセンティブを提供していました。

 

American Airlines cancels hundreds of flights amid staffing and maintenance issues は abcnews.go.com に掲載されました。

 

 

ちなみに、アメリカのユナイテッド航空(UA)は組合と話し合い、予防接種を受けたパイロットの接種義務化は反対で合意しているようです。

United Airlines, union agree against mandatory COVID-19 vaccinations for pilots

·
 

(Reuters) – United Airlines and its pilots’ union have reached an agreement to prohibit the airline from mandating COVID-19 vaccinations to its pilots, the Air Line Pilots Association said on Monday.

“Since the COVID vaccination is not mandatory, pilots who elect not to be vaccinated will not be subject to any discipline,” the agreement stated.

United’s chief executive officer, Scott Kirby, had told workers at a meeting in January that the company may make the vaccine mandatory for employees and urged other companies to do the same.

The agreement between the airline and the union also adds that those pilots who have been vaccinated would be eligible for extra pay.

Earlier this month, Delta Air Lines said it would require all new hires in the United States to be vaccinated against the coronavirus.

American Airlines had said in January it does not plan to make vaccinations mandatory for pilots and other employees unless it was mandatory for entry into certain destinations.

While private U.S. companies can require employees to get vaccinated against COVID-19, experts have said they could put themselves at risk of legal and cultural backlash if they do so.

(Reporting by Radhika Anilkumar in Bengaluru and Tracy Rucinski; Editing by Ramakrishnan M.)

 

(DeepL翻訳)

 

ユナイテッド航空と組合、パイロットへのCOVID-19ワクチン接種義務化に反対で合意

2021年5月25日

 

ロイター] – ユナイテッド航空とパイロットの組合は、航空会社がパイロットにCOVID-19の予防接種を義務付けることを禁止する合意に達したと、航空線操縦士協会が月曜日に発表した。

 

“COVIDの接種は義務ではないので、接種しないことを選択したパイロットは、いかなる懲戒処分も受けない」と合意は述べている。

 

ユナイテッド航空の最高経営責任者であるスコット・カービー氏は、1月の会議で従業員にワクチン接種を義務化する可能性があることを伝え、他社にも同様の対応を促していました。

 

また、航空会社と組合の間の合意には、ワクチンを接種したパイロットは追加給料を受け取ることができると付け加えられています。

 

今月初め、デルタ航空は、米国内のすべての新入社員にコロナウイルスの予防接種を義務付けると発表しました。

 

アメリカン航空は1月に、特定の目的地への入国に必須でない限り、パイロットやその他の従業員に予防接種を義務付ける予定はないと述べていた。

 

米国の民間企業は従業員にCOVID-19の予防接種を義務付けることができるが、専門家によると、それを行うと法的および文化的な反発を受ける危険性があるという。

 

ベンガルールのRadhika AnilkumarとTracy Rucinskiが取材、編集はRamakrishnan M.が担当しました。

スペインとロシアの航空会社ではすでに、ワクチン接種者は、フライト中に血栓症になるリスクが高まるために、搭乗しないように警告しています。

対して、日本の航空会社は、21日の職域接種スタートを待たず、1週間前倒しで始めました。

イルミナティは、「創価企業」を使ってなりふり構わず「生物兵器」であるコロナワクチンを打ち殺そうと焦っている。

創価企業である「JAL」は1985年に、「JAL123便」というジャンボ機を使って、自分達が拝む神「国常立尊」を蘇らせるために、520人という数を生贄として出しました。

ANAは、2017年に、JAL123便を匂わせる事故を起こしています。

徹底分析・日航123便墜落事故【PART-1】【カバラ数秘術】

 

さらに、2019年には、JAL123便の犠牲者と同じ「520人」定員の飛行機を導入しました。

私事ですが、一番初めに就職したのが、JALの子会社で、国際線のグランドスタッフとして勤務しました。

空港という日常空間と違う所で働く事は、今から思うととても新鮮でした。

そして、「鶴丸」を付けた飛行機が飛び立つ姿を見送り、そして「鶴丸」が戻ってくる姿を迎えるのが大好きでした。

お客様という大切な命を預かり、目的地までお運びする仕事ですから、現場で働く人間は皆勤勉で真面目に仕事に取り組んでいました。

私は子会社の社員だったのですが、一度も会社から「JAL123便」についての話を聞いた事はありませんでした。

JALの社員の新人は皆、御巣鷹山に登るという話は聞いた事がありました。

全ての社員の頭の片隅にはあったでしょうが、その事が敢えて話題になる事はありませんでした。

国内線の人達には何か話があったのかもしれませんが、それは分かりません。

 

真実を知るまでは、鶴丸に誇りを持っていました。

空港で働く現場の人間は、本当に従順に一生懸命働いていたからです。

しかし、この会社は一体どこを目指しているのだろう?とも思っていました。

 

退社して約20年後に、その会社の正体が、まさかの悪魔崇拝企業で、生贄を捧げるために、飛行機を墜落させていたなどと知ることになるとは、夢にも思いませんでした。

そして今回、コロナパンデミックという茶番が起こり、いち早く、パイロットをはじめとする社員にワクチンを打たせようとしているのを見ると、第二のJAL123便を起こそうとしているのかと疑ってしまいます。

JALもANAも、どちらも創価企業です。

 

そしてすでに、日本でもワクチンの影響か?と思わせる、奇妙な事が起こっている模様です。

しばらくは、飛行機の搭乗は、様子を見られた方がいいかもしれません。

 

創価企業の悪事が明るみになり、裁かれ、ワクチン接種がいち早く禁止され、悪魔崇拝者の計画が全て頓挫し、人々の命が守られる事を切にお祈りします。

そしてこの事をきっかけに、JAL123便の真相が、ネット民だけでなく、真実がもっと公になりますことを切にお祈りします。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.