【お笑い芸人は「イルミナティ(ユダヤ人)」で庶民を堕落させた「工作員」】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その2

この記事は、

【「イルミナティ(ユダヤ人)」は日本に悪魔崇拝を広めた犯人】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その1

の続きとなります。

前回は、祇園「八坂神社」周辺の状況を中心にお伝えしましたが、今回は、祇園から、少し西に進み、河原町通りと四条通の間にある「新京極」という場所から、「ユダヤ人による、庶民の洗脳計画」についてもう少し見て行きたいと思います。

「新京極」と言えば、おそらく京都の来たほとんどの修学旅行生が訪れていると思うので、地元の人以外でも訪れた事がある人は多いのではないか、と思います。

【京都市公式】京都観光オフィシャルサイト

 

北は三条通から南は四条通に至る約500メートルのこの通りを新京極通といい,通り名は平安京の最も東に位置した東京極大路(現在の寺町通)の東側に新しく作られた通りであることに由来する。

 

天正年間(1573~1592),豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通に集めたことに伴い,その境内が縁日の舞台として利用され,周辺は見世物や催し物を中心に発展するようになった。

 

明治5年(1872),このことに注目した京都府参事槇村雅直は,東京遷都で衰えていた市民の士気を盛り上げるべく,寺院の境内を整理して,そこに新たな通りを造った。

 

新京極通の誕生である。

 

明治10年(1877)頃には紙芝居,浄瑠璃,寄席などの興業場や飲食店などの多くの店舗が立ち並び,明治30年代には東京の浅草,大阪の千日前とともに,日本の三大盛り場として知られるようになった。

 

現在も,修学旅行生をはじめとする多くの観光客や買物客でにぎわう,京都を代表する繁華街である。

 

上方落語の始祖・安楽庵策伝が住職を務めた誓願寺,和泉式部の寺として知られる誠心院や,西光寺,蛸薬師堂妙心寺,安養寺,善長寺,錦天満宮,染殿院という由緒ある7つの寺院と1つの神社が通りの歴史を今に伝えている。 

「RAPT理論」を知らなかった頃は、この説明文を読んでも、「ふーん。。。」で終わっていましたが、真実を通して見て行くと、やはりこの街は完璧に「ユダヤ人」によって創られて、庶民を徹底的に洗脳するために作られた街である事が分かりました。

この説明文を通して見て行きたいと思います。

 

「北は三条通から南は四条通に至る約500メートルのこの通りを新京極通といい,通り名は平安京の最も東に位置した東京極大路(現在の寺町通)の東側に新しく作られた通りであることに由来する。」

前回の記事でご紹介した通り、平安京という言葉は、「イスラエル」の首都「エルサレム」から来ています(エル・サレムはヘブル語で「平安の都」という意味)。

天正年間(1573~1592),豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通に集めたことに伴い,その境内が縁日の舞台として利用され,周辺は見世物や催し物を中心に発展するようになった。

はい、出てきました「豊臣秀吉」。

実は、豊臣秀吉というのは、朝鮮人で「李家」の人間である事が明らかになっています。

「朴(ぼく)」姓というのは、朝鮮半島にあった「新羅」(前57年 – 935年)の初代王の姓でもあるようです。

「キシ」というのは、「李」という感じを二つに分けたもの「木」と「子」である事が明らかになっています。

 

さらに、この人物について、(Wikipedia)ではこのように書かれてあります。

赫居世居西干 斯蘆国の初代の王、新羅第1代国王、密陽朴氏の祖

三国史記の朴氏の始祖説話に登場する瓠公倭人であり、これが朴氏初代の朴赫居世ともいわれる。

 

日本側の記録では、『新撰姓氏録』において新羅の祖は鵜草葺不合命の子の稲飯命(神武天皇の兄)だとされている。

神武天皇は、赤がカラーの「秦氏勢力」です。

しかし、「新羅」は、秦氏と敵対する「出雲族」である事が「RAPT理論」で明らかになっています。

そして、この記事の中で続けて、もともと「秦氏」は「出雲族」の一つであったけれど、何らかの理由があって、「秦氏」に転身したと指摘されています。

RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。

 

そして、当の豊臣秀吉はというと、ある時までは「秦氏」として存在し、ある時を境に「出雲族」に転身したようです。

RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。

 

いずれにせよ、現在でも「豊臣秀吉」の影響は絶大です。

 

これは、「現在の「内閣府」は「豊臣秀吉」の家臣によって」構成されているからだ、とRAPT理論で暴かれています。

RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。

 

これは昨日(2021年9月28日)の菅の記者会見の直前の映像です。

現在、内閣は、豊臣秀吉の家紋である「桐紋」を使っています。

しかも、五百円硬貨にも使われています。

s_5b71c81e-7025-4131-a0b4-71eb82c54cb2

ちなみに、こちらは、2007年のものです。

何が違うか分かりますか・・・?

 

そうです。「色」が違うのです。

 

青色は、「出雲族」を指し、赤色は、「秦氏」を指すわけです。

そして、「赤」(秦氏)の勢力にあるときも、「青」(出雲族)の勢力にある時も変わらず、「豊臣秀吉」の「桐紋」が使われている、という事、そして、秀吉の出が「在日」であり、「イルミナティ」であり、「ユダヤ人」だったという事です。

 

さらには、「豊臣」という姓から、「藤原氏」であるとも言われています。

藤原氏といえば、「麻生太郎」です。

「麻生太郎」は「藤原鎌足=中臣鎌足」の子孫です。

RAPT×読者対談〈第130弾〉エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

この記事の前半に、異例の出世を果たした「豊臣秀吉」について詳しく書かれてあります。

当時、関白の地位になれるのは、「摂家(せっけ)」という、鎌倉時代に成立した藤原氏嫡流で公家の家格の頂点に立った5家(近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家)だけでしたが、

この秀吉は、「近衛家」に養子に入ったことで、関白になった人物です。

ここで「藤原氏」になったと考えられます。

 

つまり、「在日」で「李家」、「新羅」の初代王の「朴」姓から変化した「木下」姓を名乗り、かつ、秦氏から出雲族に鞍替えしたり、藤原氏の養子に入ったり、と、どう考えても、「ユダヤ人」としか思えない「豊臣秀吉」。

 

さらに、豊臣秀吉が、「悪魔崇拝者」であり、ユダヤ人であったことは、こちらの記事をお読みいただければわかると思います。

「愛人は12歳の令嬢たち」天下人・豊臣秀吉の教科書には載らない裏の顔【2021上半期BEST5】

 

貧民から天下人になった豊臣秀吉は、今も人気が高い“英雄”の一人だ。『』(新潮新書)を出した古典エッセイストの大塚ひかりさんは「その異常なまでの立身出世や功績の裏には、教科書には載らない苛烈な育ちがある」という――。

 

(中略)

 

■秀吉のきょうだい殺し
さて、成り上がりの代名詞ともなった太閤・豊臣秀吉のきょうだい殺しです。
秀吉と同時代に生きた竹中半兵衛の子・竹中重門の『豊鑑』(1631年)によれば、秀吉は父母の名も定かに分からぬ貧民の生まれといいます。

 

秀吉の母の結婚歴も「三度以上」(服部英雄『河原ノ者・非人・秀吉』)あったため、秀吉には異父きょうだいがおり、ポルトガル人宣教師のフロイスによれば、秀吉の出世後、彼の「実の兄弟と自称」する若者が「二、三十名の身分の高い武士を従えて大坂の政庁に現われるという出来事があった」(『フロイス日本史』)といいます。

その若者が秀吉のきょうだいであることは「多くの人がそれを確言していた」ものの、秀吉は母に対し、「かの人物を息子として知っているかどうか、(そして)息子として認めるかどうかと問い質した」ところ、「彼女はその男を息子として認知することを恥じたので」「苛酷にも彼の申し立てを否定し」「そのような者を生んだ覚えはないと言い渡した」(同)。

すると、「その言葉をまだ言い(終えるか)終えないうちに、件の若者は従者ともども捕縛され、関白の面前で斬首され、それらの首(こうべ)は棒に刺され、都への街道(筋)に曝された」(同)のです。

 

■都に呼び寄せ、斬首
のみならず、この一件から3、4カ月後、尾張に自分の姉妹がいて、貧しい農民であると知った秀吉は、わざわざ彼女を「姉妹として認め(それ相応の)待遇をするからと言い、当人が望みもせぬのに彼女を都へ召喚するように命じた」(同)。

姉妹が何人かの身内の婦人たちに伴われて都に出向くと、秀吉は彼女らを入京するなり捕縛、「他の婦人たちもことごとく無惨にも斬首されてしまった」(同)。

 

フロイスは「彼は己れの血統が賤しいことを打ち消そうとし」(同)たと分析しますが、顔を見たこともないタネ違いのきょうだいに、身内と称されるのがいやだったのかもしれません。

 

渡邊大門によれば、「秀吉が認める兄弟姉妹とは秀長ら三人だけ」(『秀吉の出自と出世伝説』)
つまり、秀吉の右腕となった秀長、秀吉の養子となって関白となった秀次の母・日秀、徳川家康に嫁がされた朝日姫の3人で、「秀吉の知らぬところで育った者は、どうしても許容できない考えがあったと推測される。ましてや秀吉に身分的な保証を求めたとしたら、もっとも許しがたかった」(同)といいます。

 

■継父からの虐待、母親への愛憎
プラス、母に対する当てつけもあったのではないでしょうか。

現在、秀吉の父として知られているのは弥右衛門と筑阿弥という人物です。このうち弥右衛門が秀吉の実父とされ、筑阿弥のほうは母の再婚相手とされますが、彼は病に冒されており、小和田哲男は、「生活がぎりぎりという状況では、なにか些細なことでも衝突の原因となり、秀吉はしょっちゅう継父筑阿弥に折檻される状態だったことが予想される」(『豊臣秀吉』)としています。

そんなことから秀吉は父のみならず、そういう父と結婚した母に対しても恨みの気持ちがあったのではないか。

一般的には秀吉は母思いと言われており、母の訃報を聞くと、「気絶してしまった」(“たえ入給ひてけり”)(『太閤記』)と伝えられるほどです。

 

が、母への愛と憎しみは必ずしも矛盾するものではありません。

 

タネ違いの若者を、母にわざわざ子であるか問うた上、即座に処刑してしまうというようなことは、秀吉の母への思いが愛憎相半ばするものであればこそ、でしょう。

秀吉が兄弟姉妹と認める3人にしても、妹の朝日姫は44歳で夫と離縁させられ、家康に輿入れさせられているし、姉・日秀は、子の秀次を、その妻子に至るまで処刑されています。

 

■甥・秀次は切腹、妻子はことごとく処刑…

秀次は、実の叔父である秀吉に家督を譲られ、関白になりますが、秀吉の側室となった浅井茶々(淀殿)が秀頼を生むと、謀叛の疑いによって切腹させられました。

 

しかも秀次の首と妻子は「手厚く葬られることなく、そのまま三条河原に埋められ」、その埋葬場所は「畜生塚」(渡邊氏前掲書)と呼ばれたのです……。

秀次は、秀吉の家督を継いで以来、“御行跡みだりがはしく、万(よろづ)あさはかにならせられ”(『太閤記』)とも伝えられますが、フロイスによれば「万人から愛される性格の持主」(『フロイス日本史』)、「弱年ながら深く道理と分別をわきまえた人で、謙虚であり、短慮性急でなく、物事に慎重で思慮深かった」(同前)ともいい、いずれにしても、妻子に至るまでまともに埋葬もされぬとは尋常ではありません。

我が子や孫たちを殺されたあげく、夫も連座して流罪になった秀吉の姉・日秀は、翌年、出家しています。

極端な没落や成り上がりといった階級移動が、時に家族殺人に至るほど大きなストレスとなることを思うと、継父に虐待的に扱われ、乞食生活までしていた(服部氏前掲書)秀吉の肉親たちが、のちに前代未聞な出世を遂げた秀吉によって人生を振り回されたのも、ゆえなしというわけではなさそうです。

 

 

■養女たちへの性虐待
また、先のポルトガル人宣教師フロイスによれば、秀吉は、「重立った貴人たちの大勢の娘たちを養女として召し上げ、彼女らが十二歳になると己れの情婦」(『フロイス日本史』)にしたといいます。つまりは12歳の養女たちを大勢犯していた、と言うのです。

 

しかも、そうした秀吉の、「色事の取持ち役を務めたのは徳運(施薬院全宗)と称する、すでに七十歳に近い老人で、当初は比叡山の仏僧であり、(現今)我らの大敵であります」とフロイスは記しています。

 

フロイスはキリスト教を弾圧した秀吉にいい印象を抱いてはいなかった上、仏僧は「大敵」と言っているので、話を割り引いて受け止める必要はあるでしょう。

 

が、秀吉は6本指だったという彼の指摘(同前)など、かつては荒唐無稽とされていたものが、別の資料により事実と分かるなど(渡邊氏前掲書)、実際に秀吉に接した外国人の証言として重視されています。

 

『フロイス日本史』には、秀吉がキリスト教会関係者に、海外に奴隷として連行された日本人を日本に連れ戻すよう計らってくれと訴え、そのための対価も支払うと言ったことも記されており、必ずしも悪いエピソードばかりを伝えていたわけではありません。

 

フロイスの記事はかなり正確で、養女を情婦としたという指摘も、現実を反映していた可能性があります。

 

甥一族を皆殺しにしてまで、秀頼に天下を譲ろうとしたものの、その前に死んでしまった秀吉でしたが、もしもうんと長生きすれば、リア王よろしく、秀頼やその母・茶々にないがしろにされる晩年が待っていたのかもしれません。

このように、まともな愛情を受けて育っていない事や、権力を手に入れるためには手段をえらばず、「優生思想」にまみれ、そして何より、12歳の女の子(愛人)に性的虐待をしていた事が書かれてあります。

 

「イルミナティども」が、如何に、自分達の支配のために、自分達にとって重要な人物を美化して、真実を捻じ曲げて伝えている事がよく分かる記事です。

はっきり言って、普通の感覚で言えば、こんな狂った人間を、何百年も「偉人」として崇める事は絶対にないと思います。

 

という事で、このような「イルミナティの重要人物」が、この「新京極」の創生に関わっていた、という事です。

天正年間(1573~1592),豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通に集めたことに伴い,その境内が縁日の舞台として利用され,周辺は見世物や催し物を中心に発展するようになった。

 

明治5年(1872),このことに注目した京都府参事槇村雅直は,東京遷都で衰えていた市民の士気を盛り上げるべく,寺院の境内を整理して,そこに新たな通りを造った。

 

新京極通の誕生である。

 

明治10年(1877)頃には紙芝居,浄瑠璃,寄席などの興業場や飲食店などの多くの店舗が立ち並び,明治30年代には東京の浅草,大阪の千日前とともに,日本の三大盛り場として知られるようになった。

 

現在も,修学旅行生をはじめとする多くの観光客や買物客でにぎわう,京都を代表する繁華街である。

 

上方落語の始祖・安楽庵策伝が住職を務めた誓願寺,和泉式部の寺として知られる誠心院や,西光寺,蛸薬師堂妙心寺,安養寺,善長寺,錦天満宮,染殿院という由緒ある7つの寺院と1つの神社が通りの歴史を今に伝えている。

 

紙芝居、浄瑠璃、寄席・・・。

「庶民の娯楽」としてこの場所は活用されたわけですね。

つまり、現在の「テレビ」のような役割を果たしていたと言えます。

 

また、「東京の浅草、大阪の千日前とともに、日本の三大盛り場として知られるようになった。」とありますが、浅草も千日前も芸人の街として知られています。

浅草には「東洋館(浅草フランス座演芸場東洋館)」という劇場があり、千日前といえば、吉本興業の劇場「なんばグランド花月」があり、近くには、松竹芸能の劇場「角座」があります。

 

そして、この「新京極」にもかつて、昭和11年から62年まで、吉本興業の劇場「京都花月劇場」がありました。

京都花月劇場(きょうとかげつげきじょう)は、かつて存在した日本の劇場映画館演芸場である。吉本興業が経営し、京都市中京区新京極に所在した。

 

閉館後解体され、現在は同社が経営する商業ビル「パッサージオ」が立地している。(wiki)

「RAPT理論」という「真実」を知らなければ、またしても「ふーん。。。」で終わってしまうお話ですが、芸人というのは、「ネトウヨ」で、「在日」で、「上級国民」で、「イルミナティ李家」で「創価人脈」ある事が、RAPT理論で暴かれています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

芸人の正体は「上級国民」で「在日」、「李家」の集まりであり、血筋でのし上がった「工作員」です。

「時計仕掛けのオレンジ」さんのツイートにもあるように、テレビが普及する前は、新京極のような場所で、庶民を洗脳し、テレビが普及してからは、「お笑い」という文化を広めて、どこまでも、庶民を堕落させて「低脳化」させてきました。

これらが、彼ら「お笑い芸人」に与えられた「本当の役割」だったのです。

 

そして、テレビ放送で一番初めに映し出されたのは「イ」だったというのも、有名な話です。

「イ」とは、「(イルミナティ)李家」を指します。

 

そしてなんと、アナログ放送最期の瞬間にも、「イ」が映されたそうです。(3分12秒あたりから見れます。)

 
これは、NHKの映像ですが、NHKは、日本人からお金をふんだくりながら、「創価の犬」であり、反日メディアです。
 

 
 
そして彼らは今や、「コロナ茶番」を盛り上げる「詐欺師」と成り下がり、その見返りに、膨大な報酬を受け取っている事も明らかになりました。

そして、あれほど煽る「マスコミ関係者」は、職域接種をしていません。

 

こちらは、新京極の中にある、開運グッズが売ってあるお店を外から撮ったのですが、この店に「芸能人」が来た、と写真が飾ってありました。

この写真を見た時に、またしても、「ここは庶民を洗脳して、堕落させるための街として作られている」事を悟りました。

中田敦彦、チュートリアル徳井、木梨憲武、笑福亭鶴瓶、所ジョージ。

これらは皆、「超上級国民」として、暴かれた人物ばかりです。

 

さらに、この「新京極」の中に「六角公園」通称「ろっくんプラザ」という場所があります。

京まちなか新京極

 

以前、テレビ番組で、「サバンナ高橋」と「ケンドーコバヤシ」が、ここをロケで来ていたそうです。

 

サバンナ高橋といえば、ナット・ロスチャイルドに激似の「Facebook」のマーク・ザッカーバーグと、宇宙飛行士だった「毛利衛」に似ている事から、生粋のユダヤ人である事が暴かれています。

私は彼を、1度たりとも面白いと思った事はなく、だから、この人がどうしてここまで活躍できるのか、不思議で仕方がなかったのです。

それで、今回新京極に行ったときに、「サバンナ(コンビ名)の大学生時代に、六角公園で、ネタの練習?か、ライブをやったことがある」という話をテレビか何かで見た覚えがありました。

それで、またしても悟ったのです。

 

2013年のテレビ番組で、ロケに来ているので、おそらくその時の記憶だと思います。

 

さらに、この「ろっくんプラザ」は、あの偽善的番組かつ、創価番組でおなじみの「24時間テレビ」の募金を集める場所としても使われた事があります。

こうして調べれば調べるほど、イルミナティユダヤ人は、どこまでも徹底的に「庶民」を洗脳し続けてきた事が分かります。

そして、自分達ユダヤ人だけが活躍できる場を作り、庶民はそこには一切入る事ができないようになっています。

それでいて、庶民からお金をふんだくることだけはやって、そして実際、庶民に与えるものは、「悪魔思想」です。

 

お笑いを通じて、人々を「低脳化」させて、まともに物事を考える真面目な人を馬鹿にしたり、アイドルを追いかけさせて、「偶像崇拝」という罪を犯させたり、酒、たばこ、ギャンブル、異性など、破天荒に生きる事がかっこいいのだ、と洗脳し、そして、そういう人達が輝かしく成功し、長者番付などで名を連ねさせて、憧れを抱かせたりと、どこまでも堕落させました。

そうとも知らず、B層を中心とした私たち庶民は芸能人に時間やお金を費やしてきたのです。

私自身まさにそうだったので、どれだけ馬鹿だったかのか、と悔い改めるのと同時に、「RAPT理論」を通じて、真実を教えていただけたのが、本当にありがたいです。

 

彼らが栄えてきたのは、「悪魔崇拝」をする「イルミナティ」の「工作員」として活動ができたからです。

つまり、「創価学会」「群馬人脈」「天皇家」の手下として働いてきたからです。

そして今や、芸能人は、コロナ茶番を盛り上げる「犯罪者」であり「詐欺師」です。

 

そして、「観光地」と呼ばれるところは、往々にして、「悪魔崇拝」「悪魔思想」によって栄えた場所ばかりです。

「観光」と言えばまず、神社仏閣に行くケースが多いと思いますが、神道も仏教も皆、「悪魔教」である事が「RAPT理論」で暴かれています。

以前、このブログでも以下のような記事を書きました。

大晦日の参拝が軒並み「中止」となった事を機に、神社仏閣は悪魔のたまり場である真実を知りましょう。

 

つまり、観光すればするほど、力をもらえるどころか、かえって疲れてしまったり、生気を奪われるような感じがしたりしたのは、そういう理由があったのですね。

しかも、これからは、「本当の神様」が統治されますから、「悪魔信仰」で栄えた場所は、やり方を変えて、悪魔崇拝から離れない限り、もっと滅びる事でしょうね。

詳しくは、前回のこちらの記事をご覧ください。

【「イルミナティ(ユダヤ人)」は日本に悪魔崇拝を広めた犯人】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その1

 

だから、くれぐれも、こういう人物に騙されないでくださいね。

これが、神社の実態です。

 

10/5のビル・ゲイツ処刑決行の影響で、「コロナ茶番」が今、かげりを見せ、世界的に収束の方向に進んでいます。

この「コロナ茶番」を皮切りに、「イルミナティ」が、いかに、至るところに「嘘」「でっち上げ」を作り上げ、私達庶民を騙し続けてきたのか、知るきっかけとなりますことを切にお祈り申し上げます。

そして、多くの方が「RAPT理論」を知り、真実を知って、真に幸せに生きる「第一歩」を踏み出される事を切にお祈り申し上げます。 

 

ありとあらゆる分野の真実を追求し、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.