• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

カナダのワクチンデモ「フリーダムコンボイ」が「シンプソンズ」で描かれていた。アニメや映画などであらかじめ「予告」して行うイルミナティはどこまでも気持ち悪い。

アメリカのテレビアニメ「シンプソンズ」で、1999年にカナダのトラックカーたちによるワクチンデモ「フリーダムコンボイ」や、それを見てトルドー首相が逃げる事が放映されていたそうです。

 

さらに、「イルミナティカード」にも描かれていたようです。

この事に対して、ロイターのファクトチェックは、2つの異なる物語を合わせたものだ、と火消しを行っているようですが、

Fact Check-The Simpsons did not predict 2022 Canada Freedom Convoy

 

シンプソンズと言えば、これまでも数々の出来事を事前に放映していた事で、その都度、Twitter上なとで話題となっていました。

イルミナティは未来に自分達が行う事を、アニメやドラマ、映画などであらかじめ「予告」したがる習性があります。

去年の4月に、KAWATAとNANAのRAPT理論の動画によって、コロナは茶番である事が暴かれた訳ですが、その中でも、事前に予告がされていた事が紹介されています。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

また、今まだ蔓延していることになっている「オミクロン株」も、1999年にビルゲイツが、「オミクロン」というゲームを販売していた事が明らかになっています。

【やはり茶番】ビルゲイツは1999年に『オミクロン』と呼ばれるゲームを「マイクロソフト」から販売していた。

トラックデモをあらかじめ「予告」していたという事は、このトラックデモも、茶番であり、マッチポンプである可能性がとても高いと言えます。

そして現在、反ワクチン派の人々の情報をかき集めようと、反ワクチン派の工作員がこぞって署名を募っています。

しかし、この「Change org」というのは、ビルゲイツが出資しているそうです。

つまり、欲しいのは「反ワクチン派」の「個人情報」という事です。

だいたい、「コロナワクチン」製造販売に最も動いたのは「ビルゲイツ」なのに、そのワクチン反対の署名の窓口を、ビルゲイツが出資している、なんて、完全に「罠」にはまっているとしか言いようがありません。

このリストを使って転売するだけでなく、「集団ストーカー」でもやるのでしょうか。

本当に気持ちが悪いです。

 

こういう事ができるのは、イルミナティの本性が「悪魔崇拝者」だからでしょうね。

今まで隠されてきた真実が次々と明らかになればなるほど、普通の人間とは全く違う考えを持ち合わせている事が本当に炙り出されます。

事前にアニメや映画、ゲーム、音楽などで予告するのも、結局「ゴイム」である「庶民」を馬鹿にし嘲っているわけです。

 

さらに、彼らが悪魔崇拝者である証拠は今では、山のように暴かれています。

(ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。)

コロナパンデミックと悪魔の数字「666」の関係

【悪魔崇拝組織バチカン】前ローマ教皇が児童性虐待の対応に誤りがあったと認める「まもなく、私は人生最後の審判を受けることになるだろう」と意味深なコメントも

RAPT×読者対談〈第101弾〉日本は昔も今も悪魔教の国。

 

真の情報の読み解き方を教えてくれるのは「RAPT理論」だけです。

イルミナティ勢力には大きく分けて「2つ」の勢力(出雲族と秦氏)があり、それらが互いに足を引っ張り合いながら、このコロナ茶番で自分達の利権のために動いているわけです。

そしてそれらは最終的に「中国共産党」による日本乗っ取りがゴールだったことが暴かれています。

イルミナティ、もしくはイルミナティに取り込まれた人達の話を聞いても、決して真実にたどり着く事はありません。

たとえ、その人が「ワクチンは毒だ」と言っている人であっても。

 

1人でも多くの方が、真実の情報にたどり着いて、真実だけが拡がる世の中になる事を切にお祈り申し上げます。

 

今日のRAPT理論+αの最新記事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA