• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【やはり茶番】ビルゲイツは1999年に『オミクロン』と呼ばれるゲームを「マイクロソフト」から販売していた。

やはり「オミクロン株」も「シナリオ」通りでした。

 

ビルゲイツが1999年に『オミクロン』と呼ばれるゲームを、Window用に作り、発売していたそうです。

イルミナティのお家芸ですね。

 

「RAPT理論」によって、イルミナティの連中は、自分たちの立てた計画を「映画」や「アニメ」や「漫画」などを使って、事前に予告しなければならず、なぜかそのような取り決めになっている事が暴かれています。

 

「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

 

イルミナティ、つまり悪魔を拝み続けた「ユダヤ人」は、大変自己顕示欲が強い事が解っています。

こうして、事前に予告し、実際に起こった時に、ほくそ笑んでいたのかも知れません。

 

信じられない位に気持ち悪い輩たちです。

 

という事で、この記事では、無数にある、「イルミナティの予告」について、Twitter上で上がっていた情報をいくつかご紹介します。

 

ちなみに、冒頭でご紹介した「ビデオゲーム・オミクロン」に出演していたのが「デビッドボウイ」だったという事もあって、さらに話題になっているようですが、

 

「デビットボウイ」といえば「戦場のメリークリスマス」で、「李家」で「満州人脈」の坂本龍一や、同じく「李家」のビートたけしと共演しました。

彼も生粋の「イルミナティ」ですね。

 

さらに「戦場のメリークリスマス」が「ゲイ」の映画だったという事は、イルミナティ思想であり、カルトでもある「LGBT」を広めるための洗脳映画だったという事ですね。

 

いまや、イルミナティは、LBGTと一緒に、「小児性愛」までも普及させようとしていますから、決して騙されない事が大事です。

 

 

ありとあらゆる「イルミナティ」の悪事がばれて、完全に滅び去ります事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA