• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

「コロナ茶番」は失敗に終わり、今は「ウクライナ侵攻茶番」に移った。「ワクチン」は全くもって不要だし、憲法改正は「中国共産党」が日本を乗っ取るための最終手段。

ウクライナ情勢の真実が次々と暴かれています。

やはり、「中国共産党」が世界を支配するために勃発させた茶番でした。

コロナ茶番が失敗に終わったために、キッシンジャーの予言通り、今度は、世界中を「火の海」にしようと、戦争を仕掛けようと悪あがきをしていた事が暴かれています。

そして、「RAPT理論」によって、イルミナティ李家、中国共産党、創価学会が日本を乗っ取りが着実に進んでいる事が暴かれています。

【警告】ウクライナから中国人6000人以上が脱出開始 中国共産党員が難民になりすまして世界各国に侵入し、工作活動を開始する可能性大

中国の傀儡組織「全国知事会」がコロナ茶番の舞台を飲食店から学校や保育所に転換するよう政府に要請 憲法改正は中国による支配を確立するための最終手段だった!!

 

そして今や、ワクチン接種による被害者が次々と報告されています。

そして、情報公開ができない理由を、まるで小学生が言うような屁理屈で乗り切ろうとしてきたファイザーでしたが・・・

ついに、情報を公開し始めました。

【創価企業ファイザー】コロナワクチン接種開始3ヶ月で4万2086人の有害事象と1223人の死者が出ていたことを昨年4月時点で把握していたことが発覚

やはりネット上で拡散されていた「ワクチンがどこまでも毒」という情報は真実だったのです。

 

そして今や、イルミナティは、コロナ茶番は失敗と判断したから、このウクライナ侵攻茶番を起こすと方向転換をした事が「RAPT理論」で暴かれています。

【サイバー攻撃でトヨタ国内工場停止】ロシアとウクライナの争いは、NWO確立に失敗した「李家」の悪あがきである可能性大

(一部転載)

つまり李家は、中国共産党を中心としたNWOを確立しようと計画していたわけですが、人々の強い抵抗によってコロナ茶番が失敗してしまったため、最終手段として戦争の茶番劇を始めた可能性が高いと考えられます。

結局、何のためのワクチンだったんだ!?と、打ってしまった人からすれば、真実を知る事でさらにショックを受ける人も出てくるでしょうね。

 

だからこそ、もう一人たりともワクチンを打ってほしくありません。

 

どんな年代の人にも、コロナワクチンなど全く必要なかったのです。

 

そして、コロナ茶番が失敗に終わっても未だ、強引に進められている「5〜11歳」のワクチン接種が即刻中止する事を切にお祈り申し上げます。

 

 

さらに、ウクライナ茶番の真の目的は、日本の憲法を改正して、中国共産党による乗っ取りを成功させる事だと暴かれています。

中国の傀儡組織「全国知事会」がコロナ茶番の舞台を飲食店から学校や保育所に転換するよう政府に要請 憲法改正は中国による支配を確立するための最終手段だった!!

ロシアのヘリコプターが日本の領空を侵犯 憲法改正のために日本人の反露感情を煽る工作が激化

 

全ての試みが失敗し、中国共産党、イルミナティ李家、創価学会、これらの茶番をサポートする悪人ども全てがことごとく滅びます事を切にお祈り申し上げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA