• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【神様の証】「世捨て人」の考えを持っていた私がなぜ「Webプログラミング」という世の中の技術を学ぶ事になったのか?①

信仰を持つまでは、世の中の成功を求めるのはナンセンスだと感じていました。

 

そんな「世捨て人」のような考えを持っていた私が、信仰を持つ事によって今現在、職業訓練校に通い「WEBプログラミング」をはじめとするITの技術を学んでいます。

今なぜ、このような「世の中の技術」を学ぶまでに至ったのか。

 

これから数回にわたって、信仰を持つ事になったきっかけから、今現在の私の暮らしを通して、神様を証しようと思います。
 

本当に自分でも驚いています。

今の暮らしに。

信仰を持つ前では絶対に考えられない生き方に。


私には、小学1年生の時に、心の闇を持つキッカケとなった出来事があります。

まずはその事についてご紹介したいと思います。

 

若い人は知らないと思いますが、「三波伸介」という当時、笑点の司会をしていた人気お笑い芸人が突然死去しました。

お笑い番組が大好きだった私は、それまでみんなを笑わせていた人物が死んだという事、そして共演者が暗い顔をしてテレビに出た姿のギャップにものすごくショックを受けました。

その日以来、人間は必ず死んでしまうのに、どうして生まれてくるのだろう、という大きな疑問を抱えながら生きる事になりました。

その疑問がいつしか、この世で成功を収めたり幸せを求めても、それは限りあるものでいつかは亡くなってしまう、という思いに変わり、この世で生きる事が虚しいと思うようになり、世捨て人的考えに陥るようになりました。

しかし人は1方向だけに心のベクトルを向け続ける事はできません。

夢や希望や前向きな思いも必ず持ち合わせているものです。

そのために、私はこの両極端な思いを抱えながら人生を生きる事になりました。

 

つまり、生きる事への虚しさや絶望感を解消したいという思いから、スピリチュアルにハマるようになり、同時に異性を求め性的な快楽を求めるようになりました。

 

私の心は常にこの、両極端な思いが行き来する状態でした。

どんなに今幸せでも、人間は一生懸命頑張っても必ず死ぬんだ、という絶望感と、夢や希望を持ち前向きに生きたいという思い。

 

そんな中、今から22年前に起きた出来事が私の人生を致命的に破壊しました。

神様の証 2020/6/4 – 真実の玉手箱 (shinjitsu7.com)

神様の証 2021/3/5 – 真実の玉手箱 (shinjitsu7.com)

 

この出来事から、私の人生は終わったと思いました。

冷静にみて、どうしてこんな危険極まりない狂った状況を受け入れたのかと思われる方も多いと思います。

何と言っても私自身が一番不思議で仕方がありませんでした。

 

ここに書いた「証」のように、悪魔(サタン)の影響があった事は言うまでもありません。

サタンについてはこちらから。

〇悪魔とは空想の産物ではなく、架空の存在でもありません。悪魔崇拝者たちはそんな非現実的なものを拝むような連中ではありません。

〇悪魔を拝んで人生を破壊する生き方から、神様を拝んで人生を幸福にする生き方へ。

RAPT有料記事12(2015年9月28日)〇サタンの起源と由来。

 

しかし、当たり前ですが全ての人がこういう状況に陥る訳ではありません。

今冷静に振り返って、それは私自身が、どうせ人間は死んでしまうんだ、という深い闇の心を、サタンにつかまれて、その心が狂乱的な行動へと導いてしまったのだと思います。

 

その後、奇跡的にこんな私を好きになってくれた人が現れて、30歳の時に結婚もしましたがその後も姦淫の罪を犯しました。

狂気の沙汰としか言いようがありませんが、当時の私にとっては、この世で起きる幸せだと言われている事が、どうしても嘘くさく見えていました。

時が変われば人の心も変わるし状況が変わる。

だからそういうものを大事にしようという心が偽善的にすら感じていました。

愛という言葉が私にはしらじらしく聞こえました。

 

ここまで読まれ方はお気づきのように、非常に複雑でひねくれた心の構造を持っていました。

 

しかし、当時の私は、私なりに必死でした。

とにかく真実が知りたかったのです。

どうしてあんな事件が起きてしまったのか。

 

そしてどうすればこの心の闇をなくすことができるのか。

自分の心の闇を埋める事が生きる上で最も重要な課題でした。

 

元々、神道や仏教という宗教は信用していなかったですし、キリスト教は私にはまったく縁のないものでした。

そのため、解決を「スピリチュアル」で試みようと努力するも、答えが見つかるどころか、ますます絶望的な状況になりました。

社会的には結婚をしていましたし、主人となってくれた方は穏やかで優しい方でしたし、私にはないものをたくさん持ち、本当に色々と楽しませてくれました。

彼の存在によって、心が癒された部分もありました。

しかし根本的な問題に対して、答えを得る事はありませんでした。

そして主人との結婚生活も、これ以上こんな状態が続けられる訳がない、だけどここを離れて、自分がどう生きればいいのかわからないし、そもそも世の中で成功のために頑張る気持ちなど微塵もありません。

絶望を抱えながらも、とにかく自殺だけはしないでおこうと思って生きていました。

もちろん自殺する勇気などありませんでした。

ただそうやって自分が少しでも前向きに生きる気持ちがある事を、自分の中で確認していたいと思っていたので、そのように考えていました。

 

2019年12月13日の夜の事です。

ネットでたまたま、上皇后の美智子に複数の影武者がいるという情報を見つけました。

そしてその情報を提供していたのは「youTube」のチャンネルだったと思うのですが、そこに「RAPTブログ」のアドレスが書かれてあったので行きました。

 

RAPTブログ

 

そこで、「答え」が見つかったのです。

 

これが「RAPTブログ」に出会った一番はじめで、現在の信仰生活のキッカケを下さったものです。

そこに書かれてある文言に驚きを隠せませんでした。

なぜならそこには「生まれ変わりは存在しない」と書かれていたからです。

 

〇輪廻転生はあるのか。または「肉体」と「霊体」の仕組みについて。

〇「前世」はない。「輪廻転生」もない。その確固たる証拠。

 

私が人生終わったと感じたのは、上記の証でも書かせていただいたように、「生まれ変わり」があると洗脳された事によって作られた「ストーリー」に苦しめられていたからです。

しかし、「RAPTブログ」は、この説を根本的から破壊してくださいました。

決して感情論でなく、筋道を立てて「生まれ変わりは存在しない」と論理的に書いてくださっていたのです。

 

私はこの謎について、自分なりにとことん調べたつもりでした。

しかしこの謎は、だれでもかれでもはっきり発信できる事ではないと思っていました。

なぜなら私の場合、「1万2千年以上前の出来事」についての真実が分からなければいけなかったからです。

しかし、生まれ変わりは存在しない、と公に書いてくださるという事は、RAPTさんは普通の方ではないと思いました。

そして、神様が共にされているとすぐに受け入れる事ができました。

はっきりとおっしゃる事ができるという事は、RAPTさんと神様がそれだけ深く繋がっておられるからだと思いました。

どうしてすぐにそう思えたのか、不審に思われる方もいるでしょうが、即座にその結論に至ったのは、それまでとことん調べたり探してきたのと、RAPTブログの記事の内容があまりにも凄すぎたからです。

 

私はまず、「RAPTブログ」で大きく救っていただいたのです。

 

この日以来、生活は一変しました。

この日を境に、膨大な情報量の「RAPTブログ」を食い入るように読み、視聴するようになりました。

そして、その中で聖書を読むことを薦めておられたので、メルカリで中古の聖書を買いました。

 

さらに、聖書の読み解きを有料記事で発信されているとの事だったので、2015年からスタートした「有料記事」の一番始めからと、最新の「朝の祈り会音声」を購入し読んでいきました。

○RAPT有料記事1(2015年8月3日)人生の願いを叶えるために必要な幾つかのこと。

○RAPT有料記事2(2015年8月10日)考えが運命を左右する。

保護中: RAPT朝の祈り会(2022年6月分)

すると、今まで聞いた事のないお話の数々で驚きました。

と同時に、RAPTさんが発信されるものはどれも光り輝いていて、もっと知りたいと強く思いました。

 

有料記事、ならびに朝の祈り会とは、RAPTさんが神様から啓示を受けられてそれを音声もしくは記事として宣布してくださるものです。

 

信仰をもって2年半になりますが、そこで学んだ事で分かった事は、

私が子供の頃から抱いた闇の心は全て「サタン思想」で、「嘘デタラメ」だったことでした。

この世には、「霊界の真実」というものが全く知られていなかったのです。

RAPT | 「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。 (rapt-neo.com)

 

ここで、霊体と肉体について、有料記事から学んだ事を元に少しご紹介します。

〇RAPT有料記事28(2015年12月17日 )霊の救いと肉の救い。

 

もっと詳しく知りたいと思われた方はぜひとも、RAPTブログならびに有料記事をはじめから読まれる事をお勧めします。

 

この世で肉体を持って生まれる理由のひとつは、霊体を育てるためなのだそうです。

肉体は赤ちゃんで例えると、生まれる前の赤ちゃんが宿るお母さんのお腹のような働きをするそうです。

つまり、霊体を守り育てるためのものなのだそうです。

霊体は、肉体を持ちながら生きる事で成長が可能になるのだそうです。

そして死んでから、霊体だけになっても成長はできますが、肉体を持っている時の方が容易に成長できるのだそうです。

そして肉体を持っている間に霊体を成長させる訓練といいますか、体質を身に着ける事で、霊界に行ってからも引き続き行う事ができるのだそうです。

別の言い方をすれば、生きている間に霊体を成長させなければ、死んでから何をやっていいか分からない「浮遊霊」になり、永遠にさまよい続けるような霊になってしまうのだそうです。

つまり、肉体は、成功し快楽を求めるためではなく、霊体を育てるための「器」と考えて、肉体は霊体の成長のために生きるのが正しい生き方なのだと教わりました。

だから死んで終わりなどというのは、真っ赤な嘘だったという事です。

私は嘘の考えに縛られ騙され、嘘の考えを重ね、その嘘に悩み、嘘によって問題を大きくして生きてきた、という訳です。

どれほど無駄で無意味な生き方でしょうか。

 

また、仏教やスピリチュアルでは、生まれ変わりがあるかのように言われますが、それも「嘘」だったのです。

〇偶像崇拝を強要し、輪廻転生はあると嘘をついた「釈迦」は、悪魔崇拝者だったのか。

〇やはり「釈迦」は紛れもない悪魔崇拝者でした。その確固たる証拠をお見せします

私は心の中で、もし生まれ変わりがあるのなら、今回の人生はこうであっても、生まれ変わりがあるのなら、と受け入れていた部分がありました。

しかし、そんなものは一切存在しないのです。

真実は、霊体の成長のために肉体が100年間与えられて、その後死んだらその時の霊体の成長具合に合った霊界に行くのだそうです。

という事は、生まれ変わりがある、といってきた宗教関係者やスピ関係者は、とんでもない詐欺師という事になります。

 

これがどれほど恐ろしい事かと思いました。

そして、この真実を、まだ肉体を持っている間に知る事ができた事が本当にありがたいと思いました。

もし、未だにRAPTブログに出会えないままで死んでしまっていたら、、と考えたら、これほど恐ろしい事はありません。

 

一度死んでしまえば、もう修正が聞かない訳です。

もちろん霊体となってからも成長する事はできるそうですが、それは、肉体を持っている間にきちんとその方法を学び、体質化しているから可能なのだそうです。

しかし、そうでないと肉体を持っている時よりも困難になるだけでなく、さらには真実を知らないまま死んでしまう訳ですから、どれほど地獄で不幸な事でしょうか。

 

さらにショッキングだった真実は、「罪」を犯し悔い改めないまま死んでしまうと、救われる事なくサタンが主管する地獄で、永遠にサタンの餌食となって生きなければならないという事でした。

そしてその「罪」が、今の世の中は、罪だと知らずに行っている事に満ちている事を知りました。

つまり、全ての人は「罪」を犯しながら生きている事に気づいていない、分かっていないという事です。

そして分かっていなければ悔い改める事はありませんから、そのまま死んでしまえば、もれなく永遠にサタンが主管する地獄で、永遠にサタンの餌食となり続けるわけです。

 

さらに、ショックだったのが、神様は「異性の罪」というものを非常に重く見られているという事です。

〇RAPT有料記事VOL.118 異性の罪について、または主に使われる祝福について。

私の中に、「異性の罪」という概念はありませんでした。

もちろん、社会倫理的に異性の問題を起こすと社会から抹消されたりしますが、前に書いたように、この世の成功を求める事は虚しい事だと思っていたので、そこまで重要視して考える事はありませんでした。

それよりも真実を知る事の方がずっと大事だと思っていました。

しかし、神様が人間に「罪」を明確に定めておられる事を知り、今までの行い、特に異性に対する行いについて、心底悔い改めました。

神様が罪だと明確に定めておられるという事は、人間の個人的な意見や価値観などを超えて、それが真理です。

 

(さらには、異性の問題を起こすだけでなく、結婚前に恋人を作る事や自分勝手に結婚をする事も「罪」にあたります。

そこには「神様の人類に対する深い愛や心情」があっての事だと知りました。

真実を知りたいと思われた方は有料記事で学ばれる事をお勧めします。)

〇RAPT有料記事44(2016年2月22日) 神様が人類に用意した三つの大きな祝福

 

本当にショックでした。

自分は本当に何も分かっていなかった事、無知を悟りました。

ちなみに無知も「罪」のひとつだと教わりました。

 

しかし同時に、何が正しくて何が誤りなのかを、きちんと神様は定めて下さっている事を知りほっとしました。

そしてもっと学びたくなりました。

 

神様がどのような方で、人類に対してどのようにお感じになり、そして人類に対して何を望んでおられるのかを、有料記事、朝の祈り会を通じて、教わりそれを実践する生活、つまり信仰生活が本格的に始まった訳です。

 

次に続く。

 

追伸

現在「RAPTさん」の元には、4人の「十二弟子」の方がおられます。

その方々が日々の信仰生活から体験された事を元に「神様」を証し、そして毎日神様から啓示を受けられている「RAPTさん」についての証を、日々アップされています。

私たちは信仰を持つことについて、非常に間違った考えを洗脳されています。

特に日本は本当に酷い有様です。

しかし十二弟子の方々の投稿を読むと、信仰に対するイメージが変わるかもしれません。

ライフ | RAPT理論+α (rapt-plusalpha.com)

 

次の記事では、私が信仰前に抱いていたイメージと、実際に信仰を持つようになってから感じた事をご紹介します。

どうぞお楽しみに♪