「コロナ」をでっち上げ、悪魔に魂を売った「日本政府」が打たせたい「ファイザー社」ワクチンとは?

悪魔に魂を売った「日本政府」が、約7200万人分のワクチンを年内に供給する契約を、米ファイザー社と結んだと報道されました。

毒でしかないワクチンを無料で、国民に押し付けるために、任命された「河野太郎」。

ネット上には、「工作員」だと思われる、ワクチン推進のツイートもありますが、もう、これだけ「ワクチン」が危険で毒で、かつ、すでにファイザー社のワクチンの副作用や、接種による「死亡例」が相次いでいるにも関わらず、そしらぬ顔をして、ワクチン接種を強引に進めています。

その姿はまさに悪魔、サタンです。

そもそも、「コロナは嘘」「コロナは茶番」なのです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

よって、ワクチンを打つ必要など全くありません。

打つことによって、その「ワクチンに入っている成分」によって副作用を起こすわけです。

つまり、何も悪くないところに「毒」を入れられているだけです。

副作用が出ることを恐れる人を、馬鹿にするようなツイートがありますが、ミスリードでしょうね。

 

そもそも、打つ必要などはじめからないのです

 

茶番にすぎない「コロナ」があると、不安と恐怖に貶めて、経済的に精神的に追い詰めて、さらには「毒」を摂取させるのです。

今日時点で分かっている、Twitterで拡散されている、ファイザー社ワクチンの実態をいくつかご紹介します。

 

ワクチン接種後に副作用が出た女性の映像

 

ファイザー社は、「90%以上の有効性」などと言っていますが、そもそも「コロナは茶番」なのです。

よって、初めから一切打つ必要などないのです。だから、ワクチンの有効性が90%などと言われても、全く説得力ありません。

しかも、元、ファイザー社の研究者が、「コロナワクチン」は「不妊ワクチン」と明らかにしました。

コロナワクチンも不妊ワクチン、元ファイザー研究責任者が中止要請

なぜ、コロナワクチンに「不妊」を促すものを入れないといけないのでしょうか。

 

作っている自分たちは、そのワクチンがどういうものかが分かっているから、こういう結果になります。

明らかに別の目的があります。

コロナパンデミックの実行犯は、ご存じの通り「創価学会」です。

【拡散希望】コロナパンデミックは、創価学会が実行犯であることが明らかに。

 

その創価学会とズブズブのビルゲイツは、ファイザー社に資金援助をしています。

【米国株動向】ビル&メリンダ・ゲイツ財団が投資する新型コロナウイルスワクチン関連4銘柄 | The Motley Fool Japan, K.K.

ファイザー

ビル・ゲイツ氏はCNBCのインタビューの中で、「全てが完璧に進み、10月末までに緊急使用許可を申請できるワクチンがあるとしたら、ファイザーだけだ」と述べ、新型コロナウイルスワクチンの開発競争においてファイザー(NYSE:PFE)が優位に立っているとの見解を表明しました。

ゲイツ財団は2002年からファイザー株を保有していますが、当初は薬剤と注射器が一体になった注射式避妊薬のサヤナ・プレスを途上国の女性の安価な選択肢として普及させることが主な目的でした。

ファイザーが新型コロナウイルスワクチンのリーダーであることは間違いなく、同社は10月中に、ビオンテック(NASDAQ:BNTX)と共同開発したワクチン候補のBNT162b2について後期臨床試験の初期結果を発表する見通しで、全てがうまくいけば米国で使用される初の新型コロナウイルスワクチンとなる可能性があります。

コロナパンデミックが起こったと「嘘」を流して、経済的には廃業に追い込み、倒産した企業の土地を安くで買いたたき、庶民を管理する社会「スマートシティ」を作り、さらにはワクチンを打たせて、それで儲けるだけでなく、死亡させたり、病気にさせたり、「不妊」を促すものを入れて、人口削減させる、という、NWO(世界統一政府)という計画を行っています。

 

公明党は、ワクチンの普及に積極的です。

コロナはでっち上げなのに、どこまでも偽善者で悪魔的です。

 

一人でも多くの方のところに、真実が拡がりますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.