現在スピリチュアルの元は「大本教」。コロナパンデミックは、大本教出口王任三郎の計画だった。

https://pin.it/1tGVbwH

https://pin.it/1tGVbwH

現在スピリチュアル界の元となる考えは、「大本教」の流れを汲みます。

今、スピリチュアルにはまっている方の中に、「大本教」ということばを聞いたことがなくても、あなたが信じて採用している考えはすべて、「大本教」の影響を受けます。

ちょっと意味が分からなくても、この記事を読み進める前に、まず、そのことをとりあえず、覚えておいてください。

大本教と言えば、先日、KAWATAとNANAのRAPT理論によって、「コロナパンデミック」は、「大本教」の教祖の一人、「出口王仁三郎」という、今から100年前に活動していた人物の計画によって起こされたものだと暴かれました。

つまり、現在スピリチュアルの「元」となる考えである「大本教」の教祖が、このような狂気に満ちた計画を立て、それらを信じる人たちによってなされている、というわけです。

 

あまりに衝撃的で信じられないかもしれません。しかし、これが真実です。

なのでもし、「大本教」という宗教団体を知らなかったとしても、あなたが、現在のスピリチュアルや自己啓発を信じてきたなら、少なからず大本教の考えの影響を受けていると同じだ、ということです。

なぜなら、大本教が源流となって、現在スピリチュアルや自己啓発が拡がっているからです。

混乱されるかもしれませんが、最後まで読み進めていただければ、スッキリして、「偽スピリチュアル」を手放せるはずです。どうぞ最後までお付き合いください。

ではこれから順に、この真実を暴いた、RAPTさんの記事をご紹介していきます。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

より

前回の記事でも書きました通り、「ニューエイジ」はその後、日本では「スピリチャル」として受け継がれていったのですが、この「スピリチャル」を日本に普及させたのが「大本教」です。

では、大本教の「誰」がどのように、どのような流れで普及させたのでしょうか。

答えからいうと、元、大本教出口王仁三郎の弟子で、その後「生長の家」という宗教団体を立ち上げた「谷口雅春」です。

どのような経緯で日本に普及をさせたのでしょうか。

 

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。 より。一部色付けや下線を引いています。

「ニューエイジ」といえば、それこそ「スピリチャル系」の源流みたいなものです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ニューエイジ(New Age)とは、字義どおりには「新しい時代」であるが、神智学を淵源として1960年代にアメリカ合衆国西海岸を中心地とした霊(霊性・スピリチュアリティ)の進化論を唱えた思想のこと。
 
旧来の物質文明が終焉を迎え、新たな霊的文明が勃興するという「霊的革命論」をその根幹とし、ヒッピーと呼ばれた若者の間で流行した。
 
ニューエイジ思想の運動は、ニューエイジ・ムーブメント New Age movement・ニューエイジ運動、NAMという。
 
日本では精神世界の名で広まり、その後「スピリチュアル」と呼ばれるものにほぼ受けつがれた。
 
----------------(転載ここまで)
 
つまり、「スピリチャル系」のそもそもの発祥が「ユング」で、その「ユング」が「悪魔崇拝」と深く関係がある。
 
であれば、当然、「スピリチャル系」には「悪魔崇拝」の要素が数多く散りばめられているに違いありません。そして、実際にその通りです。
 
で、最近では「自己啓発」もかなり流行していますが、この「自己啓発」もまた「潜在意識」を利用して成功へと導くという思想ですよね。
 
で、この「自己啓発」のブームを起こした人物に「ジョゼフ・マーフィ」なる人物がいます。(ちなみにこの人は「マーフィの法則」とは関係ありません。)
 
ジョセフ・マーフィー – Wikipedia
 
で、この「ジョゼフ・マーフィ」は「ニューソート思想」なるものを広めた人物ですが、この「ニューソート思想」は一見するとキリスト教的な思想です。
 
それなのに、この日本で「ニューソート思想」を広めたのが、神道系の「生長の家」の教祖「谷口雅春」です。
 
要するに、「ニューソート思想」とはキリスト教っぽく見せかけた「悪魔教」というわけです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ニューソート(New Thought、新思考)は、19世紀アメリカ合衆国で始まったキリスト教における潮流のひとつ、一種の異端的宗教・霊性運動で、現世利益の追求を戒めるキリスト教プロテスタント系のカルヴァン主義への反発を背景として生まれ、ラルフ・ワルド・エマーソンの哲学を支えに徐々に社会に浸透した。
 
アメリカのメスメリスト(催眠治療家)・心理療法家フィニアス・クインビーやクリスチャン・サイエンスの創始者メリー・ベーカー・エディの思想を中心とする。アメリカの対抗文化の流れを汲むニューエイジの源流のひとつである。
 
ニューソートは、聖書の内容を従来とは違う立場から解釈しようとするもので、「人間の意識は宇宙と繋がっている」と考え、その根拠を聖書に求める思想が主流である。
 
「そもそも『原罪』は存在せず、あらゆる人々がキリストの力を内包している」「正統的宗教哲学は数百年間過ちを犯し続けてきた」といった主張を展開して異端視されたが、従来の禁欲的キリスト教思想に疑問を抱いていた思想家、労働者、零細農場や工場の経営者らに影響を与えた。
 
「生長の家」の創設者谷口雅春が光明思想と訳しているように、気持ちを明るく保つことによって運命が開けるというポジティブ・シンキングや、日本でも著作がベストセラーになっているイギリス出身の牧師ジョセフ・マーフィーの成功法則などもニューソートの一環であり、いわゆる成功哲学の著者の多くがこれに属する人々である。
 
心や思考の性向が健康や経済状態として表れる(思いは現実になる)という考え方は、現代の自己啓発やビジネス書の源流である。
 
禁欲を説いたカルヴァン主義への反発として19世紀に生まれた運動で、源流として、新教のカルヴァンに火刑にされた16世紀の神学者・医者・人文主義者セルヴェストス(ミシェル・セルヴェ)や、17〜8世紀の科学者・神学者・神秘家エマニュエル・スウェデンボルグを認める向きもある。
 
直接的には、フィニアス・クインビーというメスメリスト(催眠治療家)・心理療法家の治療哲学・病気観が元になっている。彼は、患者の心の在り様が病に影響しており、病気の本質は患者が持つ誤った信念であり、信念を正せば病気が治ると考えた。
 
ニューソート運動は「ポジティブ・シンキング」という言葉を通して普及し、アメリカの価値観や成功哲学や自己啓発のルーツの一つとされている。
 
マーチン・A・ラーソンはニューソートの主張を以下のように要約する。
 
・人間の心情と意識と生命は宇宙と直結している。
・あらゆる病の本質は自己意識に対する無知が原因である。
・原罪は存在せず、万人が「キリスト」の力を内包している。
・全人類に、喜びと成長と発展と幸福の機会が既に与えられている。
・人間は内なる「神」の一部を顕現すべく無限の発展を遂げつつある。
・正統的宗教哲学は数百年間過ちを犯し続けてきた。
・愛の力は神の意志の地上的表現である。
 
(註:東出融氏の言っていることと似ていますね。結局、彼の言説もまたここら辺から出ているというわけです。)
 
ニューソートの多くは説得を主な技法としたが、1893年シカゴの世界宗教会議でスワミ・ヴィヴェーカナンダが人気となってから、インドの心身訓練法もアメリカに伝わり、インド人ヨガ行者ラマチャラカを名乗り呼吸法の著作を刊行したウィリアム・ウォーカー・アトキンソン(英語版) (1862 – 1932)のように、ニューソートの中には呼吸法を取り入れたものもあった。
 
(註:ここでもまた「ヨガ」が出てきました。「ヨガ」と悪魔教の関係については「こちら」をご参照ください。)
 
----------------(転載ここまで)
 
このように「スピリチャル系」も「自己啓発」も、その源流は「ニューソート」思想にあり、その「ニューソート思想」を日本で広めたのが「生長の家」の「谷口雅春」。
 
で、「谷口雅春」といえば「ルシファー=国常立尊」を神と崇める「大本教」の出口王仁三郎の弟子だった人です。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
谷口 雅春(たにぐち まさはる、1893年11月22日 – 1985年6月17日)は、新宗教系教団・生長の家創始者(初代総裁、生長の家では「教祖」「開祖」という名称は用いられない)。
 
旧名=正治。現在の兵庫県神戸市兵庫区鵯越に生まれ、大阪市港区の大阪府立市岡中学(旧制)出身。早稲田大学文学部英文科中退。同学科には青野季吉、木村毅、坪田譲治らが在学していた。
 
(中略)
 
早稲田大学を中退して大本の専従活動家になっていた谷口は、出口王仁三郎の『霊界物語』の口述筆記を任せられたり、機関紙の編集主幹などを歴任するなど、教団内で嘱望されていたが、1922年(大正11年)の第一次大本事件を期に、浅野和三郎に従って大本から脱退。
 
浅野が旗揚げした『心霊科学研究会』で宗教・哲学的彷徨を重ねていたが、当時流行のニューソート(自己啓発)の強い影響を受け、これに『光明思想』の訳語を宛てて機関紙で紹介した。
 
1929年(昭和4年)12月13日深夜、「今起て!」との神の啓示を受けたとして、当時勤務していたヴァキューム・オイル・カンパニーを辞め、文筆活動でニューソート流の成功哲学を全世界に宣布せんとの志を立て、『生長の家』誌の執筆に着手。
 
翌1930年(昭和5年)3月1日に、神道、仏教、キリスト教に現代科学を加味して完成したとする、『生長の家』誌1000部を自費出版。教団は、その発行日を立教記念日としている。
 
雅春は、真理の言葉の力による人類光明化運動の実現を目指し、「言葉こそ真理そのものである」として「声字(しょうじ)即実相」の真理を説き、言葉・文字を用いて「大宇宙の真理」を懸命に書き続けた。 雅春の説いた教えの根本原理は以下の2点である。
 
・人間はみな神の子であり、無限の愛、無限の知恵、無限の自由、その他あらゆる善きものに満ちた永遠不滅の生命である。
・現象界は心の現れであるから、人間の実相は神の子であるという真理を悟れば、現象世界においても幸福が現れる。
 
また、神道や仏教、キリスト教など諸宗教は、その根本においては一致しているという「万教帰一」の立場を取っている。
 
第二次世界大戦期に急速に右傾。国家主義・全体主義・皇国史観・感謝の教えを説いた。
 
こうした教えを記述した雅春の著作は、信徒間で「愛国聖典」と呼ばれた。
 
「皇軍必勝」のスローガンの下に、金属の供出運動や勤労奉仕、戦闘機を軍に献納するなど、教団を挙げて戦争に協力した。なお当時の信者には、高級軍人の家族が多くいた。
 
----------------(転載ここまで)
 
「万教帰一」とは、このように「神」と「悪魔」をごちゃ混ぜにしようとする思想です。やはり彼らは、何が何でも「神」と「悪魔」を一緒くたにしたいようです。
 
で、この「谷口雅春」は見ての通り、「国家主義・全体主義・皇国史観」の教えを説いたとのことで、完全に「天皇崇拝」の人物です。
 
一方の「大本教」は「出雲族」であり、「出雲族」はどちらかというと「天皇」をこの世の頂点とはしない思想の持ち主です。詳しくは以下の対談をご参照ください。
 
RAPT×読者対談〈第63弾〉昭和天皇が人間宣言をした本当の理由。
 
この「天皇」についての考え方の違いで、「出口王仁三郎」と「谷口雅春」が喧嘩した可能性が大ですね。
 
で、この「谷口雅春」と一緒に大本教を脱退したのが「浅野和三郎」で、この「浅野和三郎」とは以下のような人物です。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
浅野 和三郎(あさの わさぶろう、1874年(明治7年)8月 – 1937年(昭和12年)2月3日)は、日本の心霊主義運動の父。茨城県出身。筆名は浅野 馮虚(あさの ひょうきょ)、憑虚 とも。
 
1896年(明治29年)、東京帝国大学に入学、時を同じく小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)が英文学担当教師として赴任し、教えを受ける。
 
(註: ラフカディオ・ハーンもドルイド教徒です。詳しくは「こちら」)
 
1899年(明治32年)に東京帝国大学英文学科を卒業。海軍に請われて、横須賀にある海軍機関学校の英語教官に赴任する。機関学校の同僚スティーブンソンは神智学会員であった。
 
(註:「神智学」もまさに「オカルト学」のことですね。詳しくは「こちら」)
 
1915年(大正4年)の春、三男の三郎が原因不明の熱病になり、多数の医者に見せても回復せず半年を過ぎていたが、三峰山という女行者の言葉通りに快癒した事から、心霊研究に傾倒し、1916年(大正5年)海軍機関学校を退官し、当時もっとも実践的な心霊研究をしていた大本に入信。
 
教団内で有力な信者となり、論客として活躍するも、1921年(大正10年)の第一次大本事件による大弾圧の後は教団を離れ、1923年(大正12年)3月、「心霊科学研究会」を創設。伴に大本を離れた人物として宗教右派に属する政治的新興宗教生長の家創始者谷口雅春が居る。
 
1928年(昭和3年)、ロンドンで開かれた第三回国際スピリチュアリスト会議(世界神霊大会)に出席し、グロートリアン・ホールにて「近代日本における神霊主義」の演題を英語で講演する。
 
さらにロンドンで霊媒や降霊会を訪ね、パリ、ボストン等を歴訪し、心霊関連の文献を多数持ち帰る。
 
この実績をもとに、日本国内での心霊主義(スピリチュアリズム)の啓蒙活動によって、1929年(昭和4年)5月に名古屋に「中京心霊協会」が、同年7月に大阪に「大阪心霊科学協会」が、そして12月に東京に「東京心霊科学協会」が相次いで設立されて心霊研究の実行機関が各地に設置された。
 
「東京心霊科学協会」では、翌1930年(昭和5年)1月15日に設立記念の新年総会を開催して、1月17日に新事務所開きを行って、活動を展開し始めた。
 
妻の多慶子は三郎の病気が治った翌年から、霊的な能力を見せ始め、1929年(昭和4年)、次男の新樹の死をきっかけに霊言(トランス・トーク)を行うようになり、『新樹の通信』、『小桜姫物語』(ともに霊界見聞録等の内容)を収録し出版した。
 
----------------(転載ここまで)
 
見ての通り、「悪魔崇拝」に傾倒し、「悪魔崇拝」を日本に広めることに貢献した人物のようです。
 
こうして見てみると、現代の「スピリチャル系」や「自己啓発」が「悪魔崇拝」から始まっていることは明らかです。
 
なので、「スピリチャル系」をいくら信じても、何もいいことはありません。むしろ、人生がドツボにはまります。

この記事を元に、簡単な図に表すと、こうなります。

ぜひとも、RAPTさんの記事を全文お読みくださいませ。

読んだ方の中には、こういう疑問を持った方もおられるかもしれません。

「スピリチュアルが悪魔教であることは分かった。だけど、けんか別れした弟子が、師匠の教えの影響を受けるだろうか?」

ご安心ください。次に、その「答え」となる記事をご紹介したいと思います。

谷口雅春は、確かに独立はしましたが、出口王仁三郎の考えを支持していました。

一部では分かり合えなくとも、根本的には同じ考えを持っていたことがはっきりとわかる記事です。

記事は、「ニューエイジ(谷口雅春が広めた「光明思想」の影響を受けてできた思想)の影響を受けた坂本龍一の話から始まり、満州の話になります。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。 より

今回の対談で、先ず我々は「ニューエイジ」の牽引役となった「マハリシ」についての話をしていますが、ここから話は意外な方向に進んでいくことになります。
 
結論から言いますと、「マハリシ」の話が「満州」につながり、さらには「大本教」につながり、「蝦夷共和国(青森と北海道)」につながり、そして「明治維新」へとつながっていくのです。
 
余りに予想外な話の展開に、私自身も驚きを隠しきれませんでした。
 
「マハリシ」がヒンズー教の行者であり、「超越瞑想」というものを作って「ニューエイジ」を全世界に始め、この「ニューエイジ」から「ニューエイジ・ミュージック」なるものが誕生した、ということは前回の記事でも書いた通りです。
 
で、この「ニューエイジ・ミュージック」の作曲家の一人に「坂本龍一」がいます。
 
念のため、代表的な「ニューエイジ・ミュージック」の作曲家の名前をここに掲載しておきます。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
代表的な作曲家(50音順)
 
・アディエマス
・アンドレ・ギャニオン
・ヴァンゲリス
・エンヤ
・喜多郎
・ケルティック・ウーマン
・坂本龍一
・サラ・ブライトマン
・シークレット・ガーデン
・ジャン・ミッシェル・ジャール
・ジョージ・ウィンストン
・タンジェリン・ドリーム
・ディープ・フォレスト
・ハンス・ジマー
・久石譲
・平沢進
・ブライアン・イーノ
・マイケル・ナイマン
・マイク・オールドフィールド
・ロジャー・イーノ
・エニグマ
 
---------------------(転載ここまで)
 
で、この「坂本龍一」は「ベルナルド・ベルトリッチ」というイタリアの映画監督と一緒に「リトル・ブッダ」や「ラスト・エンペラー」という映画を作りました。
 
ベルナルド・ベルトルッチ – Wikipedia
 
「ラスト・エンペラー」は中国の清朝の最後の皇帝である「愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)」を主人公にした映画です。
 
で、この映画はアメリカの「アカデミー賞」の全9部門(作品賞、監督賞、撮影賞、脚色賞、編集賞、録音賞、衣裳デザイン賞、美術賞、作曲賞)を総なめにしました。
 
ラストエンペラー – Wikipedia
 
それだけイルミナティの連中にとって、この映画が重要だったということでしょう。
 
では、なぜそんなにこの映画が重要だったのかといえば、恐らくこの映画を通して「愛新覚羅溥儀」の名を全世界に知らしめたかったからでしょう。
 
こんな映画でも作らないことには、「愛新覚羅溥儀」なんて誰も見向きもしてくれませんからね。
 
225px-Puyi-Manchukuo

〈愛新覚羅溥儀〉

 
で、この「愛新覚羅溥儀」は中国の「清朝」の最後の皇帝であると同時に、「満州国」の皇帝でもありました。
 
で、この「満州国」は、旧日本軍が「河豚計画」という名の下、第二次大戦中に「偽ユダヤ人」のために作ろうとした国家のことです。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
ヒトラーによるユダヤ人大量虐殺はなかった。その背後に隠された誰も語らぬ「河豚 (フグ) 計画」とは。
 
満州国へのユダヤ人移民計画が失敗し、パレスチナにイスラエルが建国されるまで。または「河豚計画」が声を大にして語られない理由。
 
しかし、この「満州国」についてさらによく調べてみると、「満州国」を建国しようとした真の黒幕は、実は「旧日本軍」ではありませんでした。彼らは単なる使い走りに過ぎなかったのです。
 
では、その真の黒幕とは誰だったのか……?
 
驚くなかれ。実は「大本教」の教祖「出口王仁三郎」だったのです。
 
「出口王仁三郎」が「満蒙」という地に、一つの宗教国家を作ろうとした……。
 
しかも、全世界的に……。
 
それが「河豚計画」のそもそもの始まりだったのです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
王仁三郎は、中国道院・世界紅卍字会の協力のもとに数人の側近と共に入蒙(満州・蒙古)する。
 
王仁三郎は、中国道院との提携によって道院の宣伝使としての資格をもっていたので宗教の布教には支障がない。
 
そこで「まず宗教的に進出するのだ」と語り、宗教的・平和的に蒙古を統一し、東亜連盟実現の基礎を打ち立てたいと考えていた。
 
しかし、出口宇知磨に渡した手紙には、「ことの成否は天の時なり・・・王仁30年の夢いまやまさに醒めんとす・・・」と記されていた。(前掲書*1)成功する確率は低いと見ていたのであろう。
 
「王仁蒙古入記」によると、「蒙古王国の建設よりひいて新疆、チベット、インド、シナの全土を宗教的に統一し、東亜連盟の実行を成就し、ついでロシア、シベリアにその教勢をひろめ、パレスチナのエルサレムに再生のキリストとして現れ、欧米の天地に新宗教的王国を建設し、国祖の使命を完成せん・・・」。
 
王仁三郎は、蒙古だけでなくさらに西に進軍することを考えていた。この構想に、協力してきた人々もたまげてついていけなくなるのであった。
 
後日王仁三郎は語っている。
 
「蒙古から中央アジアをへて太古のエデンの園、太古のエルサレムへの世界の源をたずねにいくつもりだった。
 
人類文明の源アルメニアについては、わしの『霊界物語』にくわしくあらわしてある。ノアの方舟のひっかかっとる山へも登る気やった。
 
いまの人類史の始点にさかのぼると、もうひとつまえのムー大陸時代の文明の研究ということがやかましゅうなってくるだろう。馬にのって、くる日もくる日も走りまくった。
 
一週間ほどして、もうだいぶエルサレムも近づいたやろと地図をみてがっかりした。針で突いたほどもうごいておらん。地球というものはなんと大きなもんやろう」。
 
関西の一流財界人の集まりである清交社主催の「出口王仁三郎氏にものを聞く会」での答えであった。
 
王仁三郎は、張作霖の配下でチャハル方面の実力者、盧占魁の兵に守られ、霊界物語(大正10年の第一次大本事件後に王仁三郎が書いた第二の経典)と西王母の衣装(能楽『西王母』の主役が身にまとう衣装。西王母は女の神様で、中国古典に出てくる救世主)を積んだ車を引いて、自身は盧占魁から贈られた白馬にまたがって蒙古草原を進軍して行った。
 
王仁三郎は、ダライ・ラマだ、ミロクだといって進軍する。各地で「聖者来る」といううわさがひろまり、人々が群れ集まって王仁三郎を拝んだという。
 
もくろみは、端緒についたかにみえた。
 
しかし、事態は暗転する。満州の独裁者張作霖は、盧占魁の勢力が拡大することに危機感を募らせ、討伐軍を派遣する。盧占魁は捕らえられ殺される。
 
王仁三郎は、捕らえられ銃殺一歩手前までいく。あえなく、蒙古王国は潰え去ったのであった。わずか4ヶ月ほどの夢物語であった。しかし、日本ではやんやの喝采が巻き起こったのだった。
 
---------------------(転載ここまで)
 
で、この「出口王仁三郎」の宗教国家を作ろうという目論見に、日本軍が乗り、「河豚計画」を構想したというわけです。
 
河豚計画 – Wikipedia
 
で、この「河豚計画」には「世界紅卍会」が協力したようですが、この「世界紅卍字会」のメンバーが以下になります。(ちなみに、私は今回の対談の中で「紅卍会」のことを「べにまんじかい」と呼んでいますが、正しくは「こうまんじかい」です。ただし、「べにまんじ」の方がわかりやすいので、これからも対談では「べにまんじ」と読むと思います。)
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■主な会員
 
・出口王仁三郎 
・出口すみ
・内田良平
・張海鳳
・陳漢森
・今小路了円
・浅野和三郎
・林出賢次郎
・岡田茂吉
・植芝盛平
・堀川辰吉郎
谷口雅春
・出口日出麿
・出口直日
・安岡正篤
・笹川良一
・笹目秀和
・中西旭
・五井昌久
・伊與田覺
・呉清源
・西園寺昌美
 

はい、これで分かりましたね。しっかりと繋がっていました。谷口雅春は、出口王仁三郎とつながっていました。

以上、この記事で伝えたかったことは

◎スピリチュアルは皆、「悪魔の考えからきていること」。だから離れなければならない。

◎コロナパンデミックを起こした犯人は大本教。そして、大本教と深い関わりがある人物が、現在のスピリチュアルの考えを持ち込んだ。

谷口雅春については、KAWATAさんのブログでも、たくさん紹介されています。

KAWATAさんのブログ(検索:谷口雅春)

谷口雅春、という人物を一言で表すと、「戦争というのは最高の宗教行事」だと言うような人物です。そして、この谷口雅春の考えに賛同している筆頭が、「安倍晋三」なのです。

このことを知ったら、すぐに、今まで信じてきた「偽スピリチュアル」からは離れなければなりません。

アメブロランキング上位にいるような人たちも皆、この「悪魔教」の考えの影響を受けていることは明らかです。

ということで、このことを知ったうえで、再度、上の動画をご覧ください。

そして、どうか、真実を知り、救われてください。

RAPTさんのブログ

最後までおよみいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.