「Qアノン」「QArmy」の正体は「大本教」関係者

https://pin.it/xwB966Q

コロナパンデミックを起こした犯人が大本教の教祖、出口王仁三郎であることが明らかになって、1か月が経ちます。

 

 

その後、ネット上(特にTwitter)では、さらに、いろいろな情報が錯そうしていて、何が何だか分からないことになっています。真実を求める人達が増える一方で、真実にたどり着くことを妨げるような情報を流す人たちもいます。

 

その代表格が、「Qアノン」「QArmy」という団体です。

今日の記事では、Qアノンの正体について見ていきます。

 

Wikipedia(Qアノン)によると

 

Qアノン(きゅーアノン、QAnon、[kjəˈnɒn])は、2017年10月にハンドル名Qを名乗る何者かが匿名画像掲示板4chanに投稿した文章から始まった極右の陰謀論と、トランプ政権とアメリカ合衆国の敵対者が持つ機密情報にアクセスできると主張するおそらくアメリカ合衆国の個人、または複数の人物を指す概念。「Q Anonymous」の略と思われる。

 

ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領とその支持者に敵対するとされる「ディープステート」が画策する秘められた陰謀について詳述している。このアカウントは、多くのリベラル派のハリウッド俳優、政治家、高官らは国際的な子供の人身売買に関与しており、トランプはロシア疑惑を偽ってロバート・モラーを任命し、モラーにバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロスからなる犯罪組織を解明させて彼らが企図するクーデターを防止しようとしていると主張している。「Q」とはアメリカ合衆国エネルギー省が定める最高機密の閲覧資格であるQクリアランス(英語版)を意味している。本資格保持者はアメリカ国防総省の最高機密をも閲覧出来る。

」「大いなる覚醒」という名の下に、主にトランプ大統領支持者によって広められたこれらの陰謀論は、「事実無根」、「錯乱」、「証拠がない」と広く見なされている。その支持者は、「錯乱した陰謀カルト」「インターネットで最も常軌を逸したトランプファンの一部」と呼ばれている。

Qアノンの支持者は、2018年夏頃にトランプ大統領の支持集会に参加し始め、陰謀論の主要後援者ライオネルは、2018年8月24日にウエストウイング・オーバルオフィス(大統領執務室)でトランプと並んで写真を撮影した。

 

日本にも賛同者がおり、「QアノンFan」「QArmyJapan」「QmapJapan」その他の名で「人工地震」(陰謀論の一覧#地震兵器)「バラク・オバマも小泉純一郎もグアンタナモ米軍基地に送られ処刑された。今テレビに出ているのは影武者」などの陰謀論をツイートし続けている。文中に頭文字でない、「Q」の大文字を敢えて入れることで宣伝を行なっている。

 

簡単にいうと、

トランプ大統領を応援する「正義を名乗る団体」と思っていただければいいでしょうか。

 

しかしながら、「トランプ大統領」の素性を調べると、正義ではなくて、ロスチャイルドの「駒」であることが明らかです。

トランプは、事業の失敗、離婚訴訟などで、窮地に追いやられるも、ロスチャイルドの助けで立ち直った、とWikipediaにはあります。

ドナルド・トランプ(wiki)

この様に困難な状況に陥ったものの、トランプはロスチャイルドウィルバー・ロスフィデリティ・インベストメンツの肝いりでこの危機を切り抜けた。

 

さらに、

 

ドルイド教については、RAPTさんのブログで「秦氏の先祖」であることが暴かれています。

世界を密かに支配するドルイド教の歴史。ドルイド教とゾロアスター教と古代エジプトと古代ギリシアと古代中国と永世中立国スイスとロスチャイルドと秦氏の奇妙なつながり。

 

 

つまり、トランプ大統領は、正義の仮面をかぶった「悪魔崇拝者」だということです。

 

「Qアノン」が出してくる情報は、確かに真実もあります。幼児虐待や悪魔崇拝、生贄は真実です。

しかしどうして彼らがこのような情報を出すのか、というと、真実を求める人たちを、自分たちの陣営に引き込むため、と、「イルミナティ内部」での権力争いに勝つため、があると思われます。

 

コロナパンデミックは、動画にもあったように、「庶民」に対して、ワクチン接種や自粛を促すなどして、経済的に肉体的にじわじわと殺そうとしています。

 

それと同時に、NWO(世界統一政府)を目指す、イルミナティ内部でも争いが起こっているのです。そのために、互いが互いを潰しあっているために、潰したい側の起こした「闇」を暴いて情報を発信しているのです。

 

 

 

つまり、

 

◎ロスチャイルド本家→トランプ、Qアノン(麻生太郎側)

(ジェイコブ・ロスチャイルドはトランプを応援していた)

 

◎ロスチャイルド分家+李家→安倍晋三、ビルゲイツ

 

この2つで争っているということですね。

悪魔崇拝者と悪魔崇拝者がドロドロになって戦っている、というわけです。

 

Q関係者ははじめは、「アビガン」を推していたのです。「アビガン」は、安倍晋三とズブズブの、富士フィルムが作っています。だから、Qは、安倍を推しているかのように見えたのですが、どうやら対立が深まっているもようです。

 

 

安倍晋三、ビルゲイツは、ともに、「大本教」とズブズブであることは、KAWATAとNANAのRAPT理論で暴かれています。

 

さらに、Qについてわかったことがあります。

 

リチャード・コシミズは、インチキ陰謀論者で、麻生太郎側の人間だということが、RAPT理論ですでに暴かれています。

RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

 

そして、「Qアノン」には以下のような人たちが関わっている模様。

 

つまり、庶民を真実にたどり着けないように騙して、煙に巻きながら、裏では、「大本教関係者同士」が、必死で自分たちが勝ち残るために、血みどろの戦いをしている、というわけです。

そしてそれが混乱に混乱を重ねて、訳が分からなくなっている、ということのようです。

 

まず、Q関係者の情報には気を付けられた方がいいです。どんなに真実の情報が紛れていたとしても、本当に知るべき「真実」にはたどり着けません。煙に巻き続けて終わります。

 

本当に知るべきことは、彼ら悪魔崇拝者同士の争いによって、庶民の私たちにも甚大な被害が降りかかる、ということです。

お互いがお互いを潰しあっていますから、最後はどちらも滅びるでしょう。

しかし、その過程で私たちも確実に被害を受けます。

 

そうなったときに、もう人間の頭ではどう考えても、解決策が見つかりそうもありません。

 

そのことを知ることです。

 

そしたら、本当にすべきことは、「本当の神様」に立ち帰ることです。

 

本当に、コロナで騙されている場合ではないのです。

今、本当にしなければならないことは、「本当の神様に立ち帰ること」なのだと、RAPT理論を学び、有料記事を学んで、心底思います。

 

どうか本当のことを知ってください。

 

RAPTさんのブログ

 

そして、一人でも多くの方が、本当の神様に出会われることを心よりお祈り申し上げます。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.