• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【木村盛世は正義のミカタではない】自らワクチン接種し、ワクチン接種医も行っていた「錯乱させるための工作員」。

ここのところ、ワイドショー(主に、日本テレビ系列「ミヤネ屋」)や、関西地区の番組に出演して、コロナ騒ぎを収束させようと精力的に動く人物がいます。

 

彼女の名前は、「木村盛世」といいます。

 

B層のテレビしか見ていない人達にとっては、何かを考えるきっかけになったかもしれませんが、

彼女の役目は、言うまでもなく「庶民のストレスを発散させるための「ガス抜き」」要員です。

 

そうでなければ、テレビやメディアに出演する事はできません。

 

そもそも、コロナウイルスはこの世のどこにも存在していないのです。

これがコロナ茶番の肝となる「真実」です。

 

そしてこの「コロナ茶番」は、「イルミナティ」中でも「創価学会」が中心となって仕掛けたもので、人口削減、土地搾取など、様々な目的があった事が暴かれています。

 

よって、その後、「ない」ものをある、とか、ちょっとある、とか、ほとんどない、などと言って、情報を錯乱していくのが、彼らの役割です。

 

 

実際、彼女は、自身もワクチンを打ち(しかも3回目)、

自身もワクチン「接種医」として関わっている事を自ら投稿しています。

Image

 

テレビは本当に、庶民を欺くためのものです。

だから、テレビで情報を得る、というのは、もう本当に絶対にやめた方がいいのです。

嘘しか伝えない、もしくは一部本当の事をいって、さらに錯乱させるだけです。

 

彼らは、視聴率がとれること、そして、テレビのお金を牛耳っている「創価学会」の考えにかなった事しか流せません。

 

ありとあらゆる情報の「真実の読み解き方」を伝えてくれるのは、「RAPT理論+α」だけです。

 

1人でも多くの方が、その事に気づいて、真実を知り、早々にコロナ茶番から離れられる事を心からお祈り申し上げます。

 

本日の最新情報はこちらから。

 

コロナ茶番も限界に近づいているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA