• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【隠れたものが露わに】ワクチン接種を薦める「忽那賢志」も、庶民を馬鹿にする「悪魔崇拝者」だった。

忽那賢志が正体を露わにしました。

 

この「裏ピース」。

 

イギリスなど、英語圏では「F〇CK YOU」などと、人を侮辱する時に使われるだけでなく、大変卑猥な意味もあるそうです。

 

さらに、これは「チョッパリ」でもありますね。

 

Image

 

忽那賢志といえば、ワクチン接種工作員として、以前から有名でしたが、

ここに見て、「チョッパリ」ポーズを見せるとは、やはり真実には矛盾がないですね。

 

そして、この写真から、「創価学会」とのつながりも見えてくるそうです。

 

「バフォメット」とは、「両性具有の悪魔」の事で、イルミナティが好んで拝む悪魔です。

また、この「ピース」が2で、時給2万円の2なのかな、と言っている人もいます。

 

どんなに「良い人」を装っても、嘘があるとどこかで必ず矛盾が出てくる。

マスゴミが洗脳させようとしている「ワクチン接種は良い事」という視点で考えると、必ず矛盾が出てくるから頭がおかしくなります。

 

だけど、「悪魔崇拝者」という視点で見ていけば、まったく矛盾がない。

すっきりします。

 

嘘と真実の違いについて、こちらの「ミナのラジオ」の中でも、「RAPTさん」が、とても分かりやすくお話してくださっていますので、まだ聞いてない方は、ぜひとも聞いてみてくださいね。

 

 

1人でも多くの方が、真実を知り、人間に与えられた「本当の生き方」を知り、救われます事を切にお祈り申し上げます。

 

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA