「フロリダの管制塔」や「創価カラー」を使う「サウスウエスト航空」のパイロットがストライキ。情報が錯綜する「アメリカの航空業界」だが、「イルミナティ」が庶民を混乱させるために用いる手口。大事なのは「ワクチンを打たない」こと。

今、「アメリカの航空業界」が、大混乱を起こしています。

「創価カラー」を用いる「サウスウエスト航空」が10月9日~11日の3日間で、全体の3割を占める2000便がキャンセルになった事で、ネット上で情報が錯綜していて、何が何だかよく分からない状態になっています。

 

当初、「天候不良」が理由で欠航と言っていたそうですが、サウスウエスト航空だけがそう言っている(他は動いているのに)ために、疑問が持たれていました。

実際は10月4日に、「サウスウエストのCEO」が言った「ワクチン接種を義務化にして、打たない人は解雇」にして、8日に「パイロット組合」が接種義務に対する「訴訟」を起こした為だと言われています。

 

さらには、フロリダ州「ジャクソンビル」の管制官が、ワクチン義務に抗議したために、大幅な遅れが生じていました。

フロリダ州はこちらになります。(地図上の一番右下)

実際、フロリダ州は、ワクチンパスポートの使用を禁止する州法があります。

 

 

そして、今日(現地12日)、「サウスウエスト航空のCEO」がテレビ番組の中で、「ワクチン義務化をめぐって解雇される社員はいない」と述べたそうです。

しかしながら、この話をさらに複雑に「見せて」いるのは、アメリカ政府と、サウスウエスト航空が拠点を置く「テキサス州」とが、違う見解を出している事が挙げられます。

 

テキサス州の知事は、民間企業を含む全組織で、コロナワクチンの「義務付け」を禁止しました。

サウスウエスト航空は、テキサス州に拠点を置く航空会社です。

サウスウエスト航空(サウスウエストこうくう、英語Southwest AirlinesNYSE:LUV)は、アメリカ合衆国(米国)テキサス州ダラス市を本拠地としている格安航空会社である。

ちなみに、テキサス州の場所は、こちらです。(地図上の一番下、メキシコに隣接)

 

しかし、アメリカ政府は、ワクチン接種を強要する動きを見せています。

 

そして、見解を二点三点させる、「サウスウエスト航空CEO」の「ゲイリー・ケリー」が非常に曲者です。

そして、その正体は、「世界経済フォーラムの一員」、つまりNWOによる、「人口削減推進メンバー」の1人だという事です。

 

 

今後、日本でもさらにワクチン接種による混乱が起きると予想されますが、周りに流されて、ワクチンを打つ、という選択をすると、大変なことになる事を、今一度、肝に銘じ、情報拡散をしていこうと思いました。

色々起きますが、「ワクチンを打たせようとする輩の正体や目的」を正しく知り、「ワクチンを接種しない」と選択していけば、どんなにややこしく見える問題も、要は、イルミナティが、人々を混乱させるために「ややこしく」しているだけなのだということが分かります。

 

「真実」を伝え、「真実」の読み解き方を教えてくださっている「RAPT理論+α」はこちらから。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

1人でも多くの方が、真実を見極めて、どんなことがあっても、ワクチン接種から離れられることを切にお祈り申し上げます。

 

今回、複雑なこちらの問題について、カナダ在住「カナダ人ニュース」という方の動画を元に、ブログ記事を作成しました。

一連の流れについて、とても分かりやすくまとめられていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.