• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

【狂気】ワクチン接種会場のトイレで、ワクチン接種直後に死亡した女性すらも「因果関係不明」で押し通す政府。

接種後会場のトイレで、死亡しているのが見つかった女性さえも、「ワクチン」による死亡かどうかは不明なのだそうです。

 

モデルナ製ワクチン接種後、会場で女性死亡 施錠トイレ個室で発見 秋田県内

 

秋田県由利本荘市は10月26日、新型コロナウイルスワクチン接種会場のトイレで、前日にワクチンを接種した市内の60代女性が亡くなっているのが見つかったと発表した。

 

女性は1回目の接種で、基礎疾患はなかったという。

 

ワクチンは米モデルナ製。

 

 

市によると、女性は接種会場の体育施設で25日午後2時6分に1回目を接種。

 

15分の経過観察を終え、2回目を予約した後、トイレを利用中に死亡したとみられる。

 

26日午前9時35分ごろ、施錠したトイレの個室内で壁に寄りかかって亡くなっている女性を、清掃業者が発見した。

 

死因や接種との因果関係は不明としている。

 

 

市によると、委託している業者が25日夜、施設を施錠する前に見回りしたが、トイレのセンサー式の明かりがついておらず、無人と判断したという。

 

今後、見回り時にトイレに人がいないか、確認を徹底するとしている。

 

「今後、見回り時にトイレに人がいないか確認を徹底する」。

いやいやいやいや、即刻中止でしょう。

何を言っているのでしょうか。

 

これが本音なんですよね。ワクチンを打たせる側の。

何が起ころうと、「ワクチンを打たせる」事が目的になっているのですよね。

 

ありもしない「コロナウイルス」対策に、猛毒の殺人兵器「コロナワクチン」を打たせるという、狂気に満ちた事が、平気で行われています。

イルミナティの悪の本性を、どんどん露わにしていますね。

「モデルナワクチン」についての主な情報は、以下の通りです。

先日、岐阜で起こった、「6歳児の誘拐」事件と、モデルナワクチンが、「悪魔崇拝」「生贄」という所で、共通していたみたいです。

控え目にいっても、ただの「毒」です。

金属だらけである事も暴かれています。

1人でも多くの方が、「コロナは嘘」だと見抜いて、ワクチン接種に参加しなくなることを切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA