• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

イルミナティ李家が仕掛けた「コロナ茶番」により、「イルミナティ」自身が窮地に追いやられる現状。

イルミナティ「李家」が中心となって仕掛けた「コロナ茶番」。

それによって、イルミナティ自身も、窮地に追いやられているようです。

 

「お笑い」という文化は、イルミナティによる、庶民を堕落させ、低脳化を実現するために作られたものだった事が明らかになっていますが、

【お笑い芸人は「イルミナティ(ユダヤ人)」で庶民を堕落させた「工作員」】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その2

 

かつて、「お笑いBIG3」として呼ばれていた「たけし、タモリ、さんま」。

そのすべてが、「上級国民」、つまり「イルミナティ(ユダヤ人)」である事が暴かれています。

「明石家さんま」も例外ではなく、「李家」の血筋によってのし上がった「イルミナティ(上級国民)」である事が明らかになっています。

 

そんな「さんま」が、コロナ茶番が落ち着いたら、「劇場」での仕事を増やすと発言しました。

 

さんま「そんな時代やんか」 劇場での活動に注力する意向示す「会社に言うてある」

お笑いタレント、明石家さんま(66)が4日放送のMBSテレビ痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演し、「劇場」での活動にも注力したいと語った。

 

「さんまをワンステージ上にあげる秘策」について、出演者がトーク。お笑いコンビ「デルマパンゲ」の迫田篤(36)が「僕たちがやっているような小さいライブ」に、さんまが変装・声も変え「全然違う人間」として出演してはどうかと提案した。

 

これを受けたさんまは「お前の言うていることは本当に分かる」と反応し周囲をビックリさせると、「何でって、俺ホンマにそうしようと思ったからやな」と打ち明けた。  

 

具体的な話もしているそうで、「100人の小屋(会場)で月1でやるっていうのは会社に言うてある」と告白。

 

理由に関しては「もうテレビとかでは自由に発言できなかったり、やりたいことができない時代になってきてるからやな。劇場でって言うので」と説明し、「コロナが落ち着いたら劇場、劇場になんねん、俺」と真面目なトーンで続けた。

 

スタジオに驚きの声が中、さんまは「そうやねん、好きな、やりたいことできないやろ?そんな時代やんか」と、しみじみ話していた。

 

劇場の仕事に力を入れようと思った理由は、

「もうテレビとかでは自由に発言できなかったり、やりたいことができない時代になってきてるからやな。劇場でって言うので」

とのこと。

 

何も知らないまま、こういう話を聞いたら、さんまの話を丸ごと鵜呑みにしてしまいまですが、「真実」は少し違います。

 

テレビは、「イルミナティ李家」による、庶民を洗脳、堕落させるための装置で、芸能人や有名人は「上級国民」と呼ばれる「ユダヤ人」であり、近親婚によって、養子を出す事で栄えてきた事が、「RAPT理論」によって、明らかになりました。

こちらは、2000年1月にアップされた動画ですが、この時期とほぼ同じくして、「コロナ茶番」が始まりました。

 

「コロナ茶番」によって、テレビ放送が難しくなったという面もあるようですが、

「コロナ茶番」を通して、マスコミやテレビが、嘘をついて人々を洗脳し、また、芸能人は、コロナ茶番を盛り上げる「工作員」として働いていたり、影武者を使って、人気をつないでいる事も明らかになりました。

 

そのために、テレビやマスコミの信用は、これまで以上に音を立てて崩れ去りました。

 

つまり、今までは、嘘をついてテレビに流したり、多少「悪」な行為を行っても、何とかうやむやにしながらも続けていけたのが、「善の法則」が強く働くようになり、「悪」を行う事が日に日に困難になっているのです。

 

庶民を堕落し、低脳化させてきた「お笑い」は「悪」の象徴のひとつです。

 

これ以上、「堂々とテレビでやりたいことをやるのが難しくなっている」というさんまの発言は、嘘ではなく、本当にそうなんだろうな、、、と思います。

だから、本当に見たい人だけが見に行く「劇場」でやる、というのは、自然の流れなのかな、と思います。

 

そしてこの事は、今までは「サタン」がこの世を統治していたのが、「神様」がこの世を統治されるようになったから、という事もとても大きいと思います。

RAPT有料記事574(2021年7月12日)今年6月6日から7月6日にかけて繰り広げられたハルマゲドンについて初めて受けた正式な啓示。

RAPT有料記事586(2021年8月30日)ハルマゲドンが終わった今、主は私たち一人一人の人生を深く顧み、深く介入してくださる。その分、厳しい裁きや練達を受けるが、豊かに恵みを受けて早く成長し、霊肉ともに大きく栄えていくだろう。

 

この流れはこれからもっと加速すると思われるので、今まで「大物」だといって、テレビでちやほやされてきた人は、さらに、テレビからいなくなるのではないかと思います。

 

(私個人は、信仰を持ってから、「マスコミの滅び」「芸能界の滅び」をお祈りしてきたので、なるほど、このようにして、芸能界がますます縮小し、最終的には解体し、人々を堕落させてきた「洗脳マシーン」が滅びるのか~、と思いました。)

 

しかしながら、中には、芸能界や芸能人を批判する事が、気に食わないと思う人がいるようです。

前回書いた記事にも、否定的なコメントを書いてきた人がいました。

 

冷静に考えていただきたいのですが、イルミナティは、「人々を堕落させ、低脳化させて、それで自分達(李家)だけが栄えるような仕組み、システム」を作ってきたんですよ。

庶民には一切、その事を隠して。

 

芸能界を愛する人達は、その事で益をもらったのかもしれませんが、実際、自分の身に起こった事は、自分の成長どころか、時間とお金と力を、彼らに奪われ、そして「快楽」や「享楽」しか考えないような、馬鹿な頭にさせられているという事に、気付いていない、という事ですよね。

これって、どれだけ自分の人生をダメにして、自分の人生を大事にしていないか、って事だってことに気づけないって事ですよね。

そして、そういう人が、何も考えずに、テレビの情報を鵜呑みにして、ワクチンとかすぐに打ってしまうんですよね。

 

私自身がまさに、まんまと騙されて、「馬鹿な頭」で生きてきてしまったので、本当に悔しく思っています。

 

しかし、「RAPT理論」を通して、この真実を教われたから、残りの人生を、どこまでも、自分を真に成長させて、いただいた身体を本当の意味で大切にして生きたいと強く願っています。

 

私達庶民は、はじめから、彼らと同じスタート地点には一切立てていないという事に気づかなければなりません。

彼らは、自分達だけが繁栄し、成功するような仕組みを作っています。

だから、たとえ、庶民がどんなに努力しても、イルミナティだけが成功して、のし上がれるような仕組みになっています。

 

だけど、そんなのって、おかしいと思いませんか?

「イルミナティ」だって、ただの人間ですよ。

 

それを、「イルミナティ」だけが優位となる仕組みを、長い間、続けてきたのです。

 

その事を、「RAPT理論」では、歴史を紐解くことで、懇切丁寧に解説されています。

この事は、日本の支配体系が長年、ずっとイルミナティによって支配されている、という事の現れなのです。

RAPT×読者対談〈第38弾〉関ヶ原の戦いも明治維新も第二次世界大戦もすべては源平合戦だった。

RAPT×読者対談〈第39弾〉日本を支配しているのは島津家と毛利家である。

RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。

 

昨日の記事で、嵯峨天皇の子孫である「朝堂院大覚」について少しご紹介しました。

10月からの天皇家の予定が一切公表されていない。イルミナティ悲願の「NWO」「京都遷都」のための準備か?

 

現在の内閣は、「桐紋」を使っていて、これは「豊臣秀吉」が用いていた事を以前の記事でご紹介しましたが、

【お笑い芸人は「イルミナティ(ユダヤ人)」で庶民を堕落させた「工作員」】「裏エルサレム」こと「京都」そして「祇園」は、「ユダヤ人」のために作られた「堕落の街」だった。その2

実は、元々は「嵯峨天皇」が用いていて、その影響で、豊臣秀吉も使用していた事が暴かれています。

なぜか、その事をイルミナティはひた隠しにしていますが。

嵯峨天皇は平安時代の天皇ですよ。

千年以上前の天皇の支配者にあやかりたいんですね。

 

私たち庶民は、イルミナティに支配されて当然だ、と洗脳されていないでしょうか?

もちろん、「イルミナティ」という存在を知っている人は、そこまで多くないかもしれませんが。

 

だけど、このイルミナティは、歴とした「悪魔崇拝者」なのです。

悪魔を拝み、自分達だけが富と名誉を得ようとする輩です。

しかも、その富や名誉の得方というのが、「幼児を生贄」にしたり、「乱交」をしたり、「人工地震」を起こしたり、意図的に「飛行機」を墜落させたり、事故を起こしたり、自殺に見せかけて殺したり、毒物を空から撒いたり、食品の中に毒を混ぜたり、ワクチンを打って時間差で殺す、という、自分達には責任が及ばない方法で完全犯罪を行う、などを平気で行える輩たちです。

 

普通に考えて、誰が好き好んで、これ以上「悪魔崇拝者」に支配されたいと思うでしょうか。

 

イルミナティが庶民をどのようにして騙してきたのか、その手口の数々を教えてくださったのが「RAPT理論」で、そんな「悪魔崇拝者」そして、彼らの拝む「悪魔」に対して、どのように戦って勝利し、さらには真に成功する方法について教えてくださっているのが「RAPTブログ」の「有料記事(御言葉)」なのです。

「RAPT理論」があるおかげで、「悪魔」からの支配から抜け出す「第一歩」を得る事ができるのです。

私は、この「RAPT理論」によってまず、大きく救われたので、「神様からの贈り物」としか思えないです。

 

1人でも多くの方が、「コロナ茶番」を通して、「真実」に目覚め、救われますことを切にお祈り申し上げます。

そして、一刻も早く、「イルミナティ」の出雲族も秦氏も、どちらも完全に滅びます事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる分野の真実が分かり、真実の読み解き方が分かる「ニュースサイト」。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA