• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

【イルミナティ「李家」「群馬人脈」の醜い悪あがき】「女性自身」が「ピンクドルフィン」という「工作ツイート」を使って「反ワクチン派」を貶めようと試みるも、すでに「工作」とバレていたために失敗。

週刊誌の「女性自身」の今日のツイートの中に、「元反ワクチン派の女性が陰謀論について語った」という記事が紹介されました。

まずは、全文貼り付けます。

「元々私は“コロナは存在しない”、“ワクチンは人口を減らすためのもので必要ない”と信じていました。身の回りにコロナに感染したという人がいたら、雇われた“工作員”だと考え『新型コロナのワクチンを打ったら、死んでしまうからワクチンは打たないほうがいい』と周囲の人を説得。その結果、学生時代の友達をみんな失って———。わかった気になり偉そうに語っていた自分が、今では本当に恥ずかしいと思っています」

 

ZOOM越しでこう語る一人の女性。一見すると普通の女性だが、実はネットではちょっとした“有名人”。

 

ピンクドルフィンというアカウント名で、反ワクチンを唱える“陰謀論”からの目覚めの経緯を語ったツイートが4万回以上リツイートされ、話題を呼んだのだ。

 

 

なぜピンクドルフィンさんが陰謀論にのめりこんでしまったのか。そのきっかけは、彼女の幼少期にまで遡る。

 

「私の祖母が、医療ミスで亡くなったのが原因で、母が医療を信じていなかったんです。だから、母は私にワクチンを1本も打たず、真っ白な母子手帳を自慢げに私に見せ“あなたはナチュラル”と褒めてくれました」

 

さらに、難病を患う父親が、新薬の副反応で苦しみ、ある臓器の機能を失ってしまう。そんな様子をそばで目撃したことも、ピンクドルフィンさんの医療に対する不信感を募らせた。その後、大人になって結婚したピンクドルフィンさんは、自身の妊活をきっかけに、自ら非科学的な民間療法にのめり込むようになる。

 

「赤ちゃんがほしかったけれど、まだ若いし不妊治療には抵抗がありました。それで、食事療法で不妊を解消できるという先生を訪ねたんです」

 

彼女が頼った食事療法の先生は、医師免許はないものの、整体師の資格や健康に関する民間の資格はたくさんもっていたという。

 

「その先生は、不妊に悩む私に、1時間以上、なんで不妊になるのかと、医療の“本当のこと”を丁寧に教えてくれました。

 

日本の食事は農薬と添加物の含有量が世界一。そのせいで体に毒がたまって不妊になる。製薬会社や医療には利権が絡んでいて、風邪を治す薬は絶対にできないし、ワクチンや薬は不妊や自閉症の子供が生まれる原因になる——。今はデマだとわかるけれど、当時の私は、父のことを思い出して“やっぱりそうなんだ!”って信じ込んでいました」

 

大きな衝撃を受けたピンクドルフィンさんは、その日から“解毒”に取りつかれる。まずはいい水やサプリをその先生から50万円分ほど購入。“普通の不妊治療よりは安い”そんな言葉も、背中を押した。

 

「フッ素は毒なので歯磨き粉はやめて、シャンプーも使わず石鹸に。無農薬の野菜を食べて、調味料も先生のところから無添加のものを購入しました」

 

 

■飛行機雲からは毒が出ている

 

そんな暮らしをするうちに、異常だった甲状腺の数値が正常値に戻り、偏頭痛からも解放されるように。

 

先生の言っていることが正しいんだ、という確信に変わった瞬間だった。さらに、念願の赤ちゃんも授かることができたのだ。

 

“信じてよかった。正しかった”胸が安堵と喜びでいっぱいになった。しかし、幸せもつかの間。授かった小さな命は、妊娠初期の流産の原因として最も多いとされる染色体異常によって流産してしまう。

 

しかし、その時彼女がいたった考えは“自分は解毒しきれてないから流産してしまったんだ”というものだった。

ピンクドルフィンさんは、より強力な解毒をするための情報を手に入れようと、ツイッターを始めたと語る。

 

「ツイッターには、“インフルエンザは医療機関のマッチポンプ”“予防接種を打った人の口から病原菌がばらまかれ、感染する”などの情報が、たくさん散らばっていてーー。

 

飛行機雲からは毒が出ているという情報を信じていたので、飛行機雲を見つけたら、写真を撮って“出ている!”ってTwitterに投稿し、重曹でうがいをしていました」

 

そんな折に、新型コロナウイルスの流行が始まった。世界的パンデミックを前に、彼女が至った考えは“コロナは世界の資本家が人口削減のために考えた策略”というもの。

 

「地球環境が限界を迎えていて資源や食料が足りないから、人口を減らすためにコロナが使われている。コロナワクチンを打ったら死んでしまうって本気で思っていたんです。

 

この事実を広めなければいけないという正義感にかられて、人工呼吸器をつけたマネキンの怪しい動画をリツイートしたり、コロナに感染した、という人をツイッターで見つけては引用リツイートで『ここの論理が破綻している』と投稿。コロナは恐れるものではない、ということを主張しつづけました」

 

現実世界の知り合いのことも説得しようとしたが、全く相手にされなかった。

 

「悔しかった。ワクチン打ったら2年後に死ぬんだから! 最後には私が正しいってわかるんだから! そう思っていました。それで、特に激しく衝突した学生時代の友達とは縁を切ってしまったんです」

 

現実世界に友達はいなくなったけれど、ツイッターでは友達ができた。ダイレクトメールやラインで情報交換をしたり、時には実際に会ってお茶をする。日常の孤独感はそうやって埋めていった。

 

 

■陰謀論から救ってくれたのは、産まれてきた我が子だった

 

さらにそのさなか、再び命を授かった。反ワクチンの友人らは“助産所があなたにはあってるよ”とアドバイスをしてくれたが、近所になかったため、産婦人科を受診することに。

 

「そこで妊婦検診を受けたら、ワクチンを打つか感染しないと付かないはずの風疹の抗体があったんです。やっぱり、ワクチンは不要なんだって思いました」

 

栄養状態が非常に悪いとの診断を受けた。彼女が行っていた食事療法では、妊婦が必要とする栄養が摂取できなかったのだ

 

“なんで正しいことをしているのに、赤ちゃんが危ないって言われるの?”そんな不安が頭をよぎったという。栄養剤の点滴を勧められたが、点滴には発がん性物質があると思い拒んでしまった。けれど、最後の最後で医師に“未熟児が生まれてもいいの?”といわれたときには、しぶしぶ点滴を受けることを承諾。そのかいもあり、赤ちゃんは無事に生まれた。

 

しかし、すぐに大量の新生児用のワクチン接種が待っていた。恐怖を感じたピンクドルフィンさんは、まずはこれらの予防接種について調べたという。このことが、彼女が陰謀論から脱する大きな転機となる。

 

「森戸やすみさんという方が書かれている『やさしい予防接種BOOK』という本を読んでみたら、新生児が打つ予防接種の中のいくつかは必要に感じられるものがありました。その話を、反ワクチンの仲間に相談すると、そのワクチンがどういう病気を防いでるかも知らないのに『ワクチンは全部悪だから』と片付けられてしまったんです。その時に『この人たちを信じて、ワクチン接種をしなくて本当にいいんだろうか?』という疑念を抱き始めたんです」

 

 

不安に駆られたピンクドルフィンさんは、小児科の医師に直接疑問をぶつけた。するとその医師は丁寧にワクチンの効果や使われてきた歴史を説明してくれたという。不安をあおることしか言わない、反ワクチンの仲間たちとは真逆だった。

 

 

さらに、感染の拡大とともに彼女の周囲にもコロナ患者が出始める。信用していた自然療法の先生や、反ワクチンの有名人がコロナで亡くなり、職場の知人もコロナに感染し後遺症で苦しんでいると知った。しかし、その事実を反ワクチンの仲間に話すと“ブロック”されてしまう。

 

「やっぱりおかしい——。そこでやっと目が覚めて、コロナのワクチンも打とうと思ったんです」

 

 

■妊娠検診で風疹抗体が陽性だった理由

 

ピンクドルフィンさんは、すでにコロナワクチンを打っていた母に、自分も接種を決めたことを報告した。すると、母の口から衝撃の事実が明かされたという。

 

「母が『ワクチン怖がってるけど、実はお父さんがあなたに打ってたみたいよ』とさらっというんです。それまで私はワクチンを1本も打ったことがないと思っていました。けれど、父は母に黙ってこっそり私にMR(麻しん風しん混合ワクチン)と子宮頸がんワクチンを打っていたんです」

 

お父さんは母子手帳を最後の最後まで隠していたが、亡くなった後に母が見つけたようだった。確かに高校生の頃、父と病院に行った記憶がある。

 

実は、妊婦検診で風疹の抗体が陽性だったピンクドルフィンさん。妊婦にとって、非常に重要な風疹抗体の有無。妊娠中に初めて風疹に感染すると、赤ちゃんが心臓などに障害を持つ可能性があるといわれている。女性の場合は、幼児期に風疹ワクチンを打つことで、感染経験が無くても抗体を持っていることが多いと言われている。

 

「検診を受けたときは『やっぱりワクチンはいらないんだ』と思ってました。でも、その抗体があったのは、父が私に打ってくれたからなんだ——。そう気付いたときには、涙がぼろぼろ出てきました」

 

陰謀論を客観的にみられるようになった今、当時のことをピンクドルフィンさんはこう振り返る。

 

「不安が強い人や医療を信じていない人は周りを守るという大義名分のために、頑張ってしまうのだと思います。でも、そんなことは現実の世界では誰も相手にしてくれません。だから、ネット上の仲間の存在に依存してしまうんです。過激なことを言えばより仲間意識も強まるから、思想もどんどん極端になっていきました」

 

陰謀論を信じていたことで失ったことも多い。

 

「今も“あんなにコロナ信じてなかったのに”と、馬鹿にされることがあります。学生時代のかけがえのない友人に嫌な思いをさせて、自ら縁を切ってしまったことは、悔やんでも悔やみきれません。でもそれはやってしまったことですから、しょうがない」

 

しかし、陰謀論から抜け出してからは、現実の世界で新たな友人関係にも恵まれたという。コロナの話をしないでつき合えば、普通に遊びにも誘われる。その事実が、とても嬉しかった。

 

「陰謀論を信じている人は、自分の論理と違うことは全て“工作員”だと思ってしまうので、洗脳を解くのは本当に難しい。でも、だからこそ私の一連のツイートを読んだ陰謀論者から、“敵ながらあっぱれ”と、リプライがきたときには“届いてはいるんだ”と前向きになれました」

 

現在は、アカウントを削除したピンクドルフィンさん。彼女の最後のツイートには、ワクチンの2回目接種を無事終えたことや、彼女の一連のツイートを読んだことで陰謀論から目を覚ますことができた人が、少なからずいたことが報告されている。

 

陰謀論にはまってしまった人が、そこから抜け出して自分や周囲の人を守るきっかけに少しでもなれば——。反ワクチンを広めていた時よりも強い思いが、彼女の投稿にはこめられていた。

 

しかし、これら、完全に「やらせ」「工作」だった事が明らかになっています。

 

今年10月21日に、「ピンクドルフィン」が投稿をし、そこですでに「違和感」が指摘されています。

さらにその3日前には、以下のようなツイートを挙げていた模様。

 

こんな風にまとめている人もいました。

さらには、こんな矛盾点を指摘する人も。

 

そして、「ピンクドルフィン」の投稿を「リツイート」した人達によって、完全に「やらせ」「工作」だとばれます。

まず、この人物が出てきた時点で「アウト」です。

 

そして、登場するのが、「女性自身」です。

この

そして、今日の女性自身が紹介した「ピンクドルフィン」が語った内容が、海外の「自然派のわたしが目覚めた理由」という、noteのパクリと指摘する人もいます。

 

検索すると、このブログは見つからなかったのですが、「ピンクドルフィン」について言及しているブログがありました。

 

【注意喚起】陰謀論から目覚めた系アカウントに注意 2021-10-26 20:13:23

皆さんこんにちは

ロシア語教師のジェーニャですウインク

いつもお読みくださりありがとうございます♪

 

皆さん今日もマスクを外しましたか?爆笑

 

あまり紹介したくありませんが

こういう存在がいる事を知って下さい。

 

 

 

 

こちらのTwitter極めて巧妙です。

 

要約しますと

 

・初めは反ワク自然はでした

・反ワク活動してた人がコロナで死にました(アレ?)

・コロナはある思う、ワクチン賛成

 

 

このようなロジック展開の主張ですが

それまでの経緯が、えらく巧妙です。

 

(巧妙さに気付く為に、どのような手口か見ておいた方が良いです)

 

 

一見、正しそうに見えますが

これらのツイートを見ると至るところに

不自然な箇所が見られます

 

 

・「反ワクチンやノーマスク活動をしてた人がコロナ死」として主張

 

・PCR検査の問題を無視、

 

・そして間違いなくお医者さんたちは私よりも頭がいい事に気付きました。

 

 

 こんな私でも気付けた世界の真実をお医者さんたちは黙って見てるわけが無い。

気付かないわけが無いと。(←常識に訴えかけた工作)

 

 

2021年7月からのアカウント

フォロワー数、3,000程度のアカウントに

突然5万いいね!がつく不自然さ

恐らく、分断・工作員の類だと私は判断します

 

ココナラというサイトでお金さえ払えば

いいね・フォロー数は増やせます

 

海外の「自然派のわたしが目覚めた理由」という、noteブログそのものは、見つける事はできませんでしたが、やはり、どう考えても、おかしい事は明らかです。

そして、今日のネット記事につながります。

 

「女性自身」を作った「光文社」は、「講談社」中心とした音羽グループに属します。

「講談社」は、イルミナティ(サタン)思想を広め、イルミナティの発展のための洗脳を行ってきた会社です。

 

まず、「講談社」を創業した「野間 清治」は、群馬県生まれの「群馬人脈」です。

(群馬県は、JAL123便墜落事故や地下鉄サリン事件など、テロや凶悪犯罪を犯してきた「出雲族」や「イルミナティ李家」の拠点となっていることが「RAPT理論」によって暴かれています。)

 

そして、4代目社長の「野間省一」は、南満州鉄道に勤務する「満州人脈」です。入社後1年半でハルビン鉄道局文書係長に抜擢されました。その後、野間家に養子に入ります。

(満州人脈は、「上級国民」であることが暴かれています。)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

その後、「野間省一」の娘、「野間佐和子」は、村上春樹著『ノルウェイの森』をはじめ、数々のベストセラーを世に送り出しましたが、ノルウェイの森は、まさに「庶民を洗脳し堕落させるための書」であったことが「RAPT理論」からも明らかになっています。

 

【RAPTブログより】ビートルズを使った洗脳工作の実態。またはビートルズを大々的に宣伝する村上春樹について。

(一部転載)

今の若い人たちの中には、ビートルズの曲をあまり聴いたことのない人もいるかも知れません。
 
しかし、現在の50、60代の人たちが熱狂的なビートルズのファンであるため、彼らはあちこちでビートルズのことを宣伝し、ビートルズについて熱く語り、ビートルズを聴くように若者たちにも勧めています。
 
彼らの多くは、ビートルズの曲にこのようなサブリミナルが挟み込まれていることを知らないのかも知れません。
 
知らないからこそ、そうやってビートルズについて熱く語ったり、聴くことを勧めたりできるわけでしょうから。
 
しかし、中にはこのような事実を知った上で、確信犯的にビートルズを宣伝している人たちもいます。
 
その一人が「村上春樹」です。
 
皆さんも御存知の通り、彼の最大のヒット作は「ノルウェイの森」ですが、この小説のタイトル自体、実はビートルズの「ノルウェイの森」という曲から取っています。
 

 
そして、「ノルウェイ」といえば、古代ケルト人の住んでいた地域からかなり近い場所にある国です。
 
村上春樹の「ノルウェイの森」が流行した当時の若者たちは、ほとんどがビートルズの曲など聴いたこともありませんでした。
 
しかし、この村上春樹の「ノルウェイの森」がヒットしたことを皮切りに、多くの若者たちがビートルズを聴くようになったことは確かな事実です。
 
しかもこの小説は、ただひたすら主人公が若い女性と、熟年の女性と、そして女性と女性とがセックスするシーンばかりが繰り返されます。
 
といっても、ところどころに登場人物たちの様々な悲しく深い心情が綴られているため、その辺の卑猥なポルノ小説とは一線を画すことも確かです。
 
なので、人によってはその内容にところどころ共感したりもするでしょう。
 
しかし、この小説を少しずつ読み進めていくうちに、とても「純文学」「恋愛小説」とは思えないようなリアルなセックスの描写が度々出てくるようになります。
 
しかも、そのシーンがとても美しく描かれています。
 
それだけではありません。
 
主人公以外の登場人物のほとんどが、なぜか次から次へと原因不明の自殺を遂げていくのです。
 
しかも、その自殺のシーンもとても美しくリアルに描かれています。
 
そうすると、この小説を読んだ人は、セックスも自殺もすべては美しいものである、と少しずつその脳に刷り込まれていきます。
 
実際、一説によると、「ノルウェイの森」を読んだ多くの若者たちが自殺したという噂も世間には出回っています。もっとも、この噂話は決して公になることはありません。ある意味、公然の秘密となっています。
 
その上、この小説にはビートルズのタイトルが冠されていますし、物語のあちこちにビートルズの曲が出てくるので、読者の多くがビートルズの曲を興味本位で聴くようになります。
 
そうすると、彼らは自然とドラックを欲しがるようになるかも知れません。
 
もっとも、この小説を読んだ人の大半が、その内容のあまりの酷さにゲンナリしたはずです。
 
次から次へと意味もなくセックスシーンばかり、自殺シーンばかりが繰り返されるのですから、そうなるのが当然です。
 
しかし、マスコミや評論家が一方的にこの小説を絶賛しつづけたため、一旦、この小説にゲンナリした人も、自分の感覚が少しおかしいのではないかと思うようになり、もう一度、この小説を読み直してみようかという気になったりします。
 
実際、私もその一人でした。
 
そうして、この小説を何度も読んでいるうちに、いつしか自分の持っていた正常な感覚が破壊され、その小説に自分を同化させようとする人が出てくるようになるわけです。(もっとも、私はそうなる一歩手前で自分を取り戻しました。)
 
今では「村上春樹」は、日本人作家の中で最もノーベル賞に近い作家だと言われています。
 
毎年のように「今年こそ村上春樹がノーベル賞をとれるかも知れない」とマスコミが人々を煽っています。
 
しかし、ノーベル賞というのは、村上春樹のように大ヒットを飛ばした作家は通常はとれません。
 
彼のように大ヒットを飛ばした作家は、純文学作家ではなく、通俗作家と見なされるからです。
 
なので、もし彼が本当にノーベル賞を取ったら、場合によっては、ノーベル賞の権威が落ちてしまうことになりかねません。
 
しかし、マスコミが毎年のように大々的に「今年こそ村上春樹がノーベル賞をとるかもしれない」と宣伝しておけば、あるとき突然、村上春樹がノーベル賞をとったとしても、誰もそれに疑問を抱かなくなります。
 
そうすると、ノーベル文学賞の権威が揺らぐこともないでしょう。
 
(ちなみに、ノーベル委員会はこれまた「ノルウェー」にあります。)
 
ノルウェー・ノーベル委員会 – Wikipedia
 
しかも、実際に村上春樹がノーベル賞をとれば、そのときには村上春樹の小説がまたしてもメディアで大々的に宣伝され、数多くの人が読むようになるでしょう。
 
そうして、人々の脳の中はセックスとドラックのことでいっぱいになり、実際にその世界に没入していく人も出てくることでしょう。
 
悪魔はこのように大衆の文化・芸術を使って、こっそりと人々を洗脳していくのです。
 
そして、人々のモラルを低下させ、まともに物事を考えることができない動物的な人間へと退化させていくのです。
 
実際、今ではセックスは人類にとってよいもの、ドラックも人類にとってよいものと、と叫びまわる人たちがこの世に沢山います。自分自身、全く自分のことを幸福とは思ってもいないくせに。
 
しかも、それはつい最近まで口にするのも憚られるようなことだったのです。
 
しかし、今ではセックスやドラックのことを少しでも悪く言うと、それだけで「時代遅れ」などといってバカにされるような風潮があります。(一応、ドラックについてはまだそこまでではないかも知れません。)
 
本当に呆れてものも言えません。一体、どちらが頭がイカれているのやら。
 
今までこんなことを大々的にブログにはっきりと書いた人はあまりいないと思います。
 
もしいたとしても、その声はほとんどが掻き消されてきました。
 
しかし、誰かがこのことを声を大にして言わなけれはいけません。
 
ビートルズや村上春樹だけが問題なのではありません。
 
今、この世の中に溢れている文化・芸術の大半が、このような悪魔の洗脳装置となり果ててしまっているのです。
 
そして、その文化・芸術を作り、広めている人たちの大半が間違いなく確信犯です。
 
今やどんな文芸雑誌を見ても、どんな芸術雑誌を見ても、そのほとんどが「フリーメーソン」の機関紙ではないかと見紛ってしまうほど、暴力とセックスを肯定し、欲望と怒りを煽り、不安と心配に陥れるものばかりです。
 
そして、「フリーメーソン」のメンバーたちが自分たちの作品を互いに内輪で褒めそやし合い、宣伝し合っているような状態です。
 
こんなひどい有様を、このままいつまでも黙って見ているわけにはいきません。
 
ちなみに、村上春樹が「エルサレム賞」を受賞した際、彼はイスラエルのガザ侵攻についてイスラエルの首相の目の前で堂々と批判し、大きな話題となりました(2009年)。
 
そして、陰謀論者のRK氏がこのことをわざわざブログで取り上げ、村上春樹を大絶賛していました(2014年)。
 
しかも、私が以下のような記事を書いた直後に。
 
村上春樹の過剰な性描写。少年少女に悪影響はないのか?
 
それを見て、私は村上春樹が確信犯であり、向こう側の人たちと裏でつながっていることを確信した次第です。

【RAPTブログより】村上春樹の過剰な性描写に憂いを抱く方が大勢いらっしゃいます。単なるポルノ小説を優れた日本文学として讃えるのはやめて下さい。

この一連の「工作」があまりにも稚拙で、この「ピンクドルフィン」の言い分も、支離滅裂です。

 

ワクチンについてだけしか考えなければ、この「女性自身」の記事に騙されてしまいかねませんが、ありとあらゆる方向から物事を見ていく事で、完全な嘘であり、これはワクチンに反対を唱える人を貶める為にミスリードするために書かれた事が分かります。

しかしながら、こんな工作で、人々を騙せると思って、彼らイルミナティが取り組んだとすれば、相当知能が下がっているとしか思えません。

 

そして、この「ピンクドルフィン」が、同じく「イルミナティ」の「内海聡」や「武田邦彦」を叩いているところから、庶民の洗脳の為だけでなく、「イルミナティ同志の戦い」のために行っているのでしょうね。

 

いずれにせよ、「コロナは茶番」であり、ワクチンは「生物兵器」です。

 

イルミナティが完全に滅びます事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる分野の「真実」を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA