• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

【イルミナティ同志・同じ穴のムジナ】「ワクチン」を唱える勢力(出雲族)も、「反ワクチン」を唱える勢力(秦氏)も、目指すところは「憲法改憲」。

今、世の中は、「ワクチン」を打たせて、「ワクチンパスポート」を打たせようとする「イルミナティ出雲族」による、醜い悪あがきが続いています。

その中で「反ワクチン」を唱える人達が増える中、結局は、「ワクチン」を唱える勢力と、「反ワクチン」を唱える勢力が目指すところは同じだった、という事が明らかになりました。

この弁護士は、以前、「RAPT理論+α」でも紹介された、秦氏側弁護士「南出喜久治」と一緒に、反ワクチン訴訟を起こし、先日の衆議院議員選挙にも出馬しました。

「RAPT理論」で昨年の春に明らかになった通り、この「コロナパンデミック」は主に、「イルミナティ李家・出雲族」である大本教「出口王仁三郎」の計画を、「創価学会」が実行部隊として起こしています。

同時に、「イルミナティ」は、早くからユダヤ人による日本移住計画を実行し、日本を乗っ取うとしてきました。

 

それは、「出雲族勢力」も「秦氏側勢力」も同じです。

出雲族勢力も、秦氏側勢力も、今の日本国憲法を変えたいのです。

憲法を変える事で、自分達の権力を戦前と同じようにしたいのです。

 

そのため、「反ワクチン」を唱える「秦氏勢力」は、こんな悪い日本(出雲族の統治する日本)はダメで、アメリカの犬になっている日本はだめで、日本国憲法では自分達を守れないから、憲法を変えなければいけない、という訳です。

そうやって、日本人を、「憲法改正」という世論に持っていくために、長い間洗脳してきたのです。

しかし、これはすべて「嘘」である事が、RAPT理論で明らかになっています。

日本が属国なわけがありません。

悪魔崇拝者(イルミナティ)のトップは、「天皇」です。

RAPTブログ(検索ワード:天皇)

 

とにかく、この弁護士の言い分は、完全な「イルミナティ思想」つまり、あちら側の人間です。

「ワクチンは打ってはいけない」と、最もらしい事をいう人達でも、結局、庶民を誘導しようとする場所は、「ワクチン派」と同じだという事です。

 

そして、「イルミナティ」であるユダヤ人はどうしてこのような事をするのか、というと、「聖書の反逆」であり、「本当の神様の考えや教え(御言葉)」にたどり着けなくするため

と言うことが「RAPT理論」で暴かれています。

 

究極的な事を言うと、イルミナティにとって一番打撃的なのは、「庶民」が「真実」を知り、「本当の神様」を知り、本当の神様に縋って生きる事なのです。

 

それは、イルミナティが拝んできた「悪魔(ルシファー)」が最も嫌う事だからです。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA