• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

イルミナティの詐欺師「東出融」の遠戚「松田聖子」が「瑠璃色の地球」を再リリースし、未だに「地球は丸い」と洗脳。

日本で最も有名な「女性アイドル歌手」として、おそらく名前が挙がるであろう人物「松田聖子」。

松田聖子のこれまでの活躍は今更言うまでもありません。

デビュー当時から、「ぶりっ子」と揶揄されながらも、爆発的人気を得て、「聖子ちゃんカット」という言葉が生まれる位、こぞって彼女のヘアスタイルを真似て、さらには、彼女の「自由奔放」な恋愛遍歴、そして、様々なバッシングを度々受けながらも、「仕事」も「家庭」も「子供」も手に入れていきました。

そして今でも、衰えを感じさせることなく、活躍を続けています。

 

彼女は大変な努力家だったという話を聞いた事があります。

そして、彼女の派手な私生活とは別に、彼女の歌唱力は今でも定評があります。

彼女がデビューを夢見て上京した時に、オーディションの時に、100曲くらいは覚えていて、どの曲を言われても歌います、と言って周囲を驚かせたという話を聞いた事があります。

まぁ、「芸能界」がいう事ですから、松田聖子という人物を売りたいがために言った嘘である可能性が高いですが。

 

というのも、「松田聖子(蒲池法子)」も例外なく、「ユダヤ人の血が流れる」「上級国民」で、「血筋」によってここまで栄えてきた事が「RAPT理論」でも明らかになっています。

 RAPT×読者対談〈第119弾〉日本の支配者も有名人もほとんど全員、清和源氏。

 

そしてそれは、「東出融」という、「イルミナティ詐欺師」の遠い親戚である事も明らかになっています。

RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)
 
RAPT×読者対談〈第76弾〉あらえびす・東出融の正体(2)

「源融」とは、「嵯峨天皇」の「息子」のひとりで、「源氏物語」の主人公「光源氏」のモデルで、世阿弥作の能「融」の元となった人物です。

 

昭和の女性の憧れの的として生きてきた「松田聖子」。

そんな彼女の正体は、「血筋」の力でのし上がった「イルミナティ」の手先のひとりで、数々の男性と浮名を流す「女性の堕落」の象徴でした。

 

さらには、イルミナティが悪魔崇拝儀式をする時に、子供たちから「アドレナクロム」を摘出し、それを飲むことで、若さを保とうとしていたことが暴かれてますが、「松田聖子」は、アドレナクロムを販売する「富士フィルム」の化粧品「アスタリフト」のCMに出演していることから、若さの理由は、「アドレナクロム」を摂取しているからではないか、とも言われています。

 

そんな彼女が昨年、コロナ渦に合わせて「瑠璃色の地球」を最リリースしました。

2020年、今こそ伝えたい想いが、ここに。

 

40周年イヤーの第2弾となる配信シングル、7/15より急遽配信スタート! リアレンジ/リレコーディングを経て、新しい「瑠璃色の地球 2020」が誕生しました。

 

「瑠璃色の地球」(作詞:松本隆、作曲:平井夏美)は、1986年にリリースされた13枚目のアルバム「SUPREME」に収録された楽曲。

 

どんなに辛い時でも、“夜明けの来ない夜は無いさ”と、リスナーに勇気を与え、リリース以来、多くの人々に輝く希望を届けてくれた。

 

今こそ、「瑠璃色の地球」を皆様の心に届けたい。

 

そんな溢れる想いを胸に、松田聖子がリレコーディングをし、新しく「瑠璃色の地球 2020」が誕生しました。

 

1986年当時、深刻化する環境破壊に警鐘を鳴らす意味で込められた、”ひとつしかない私たちの星を守りたい”というメッセージと共に、2020年の今、改めて危機に立つ全世界へ響くメッセージソング。

この曲を作った「松本隆」は、まぎれもない「上級国民」であり、「創価人脈」であり、「悪魔崇拝者」です。

「青山」生まれ、大蔵省の官吏(かんり)(官僚)の父を持ち、慶應義塾中、高、大とストレート、そして妹を早くに亡くす。

なんともイルミナティらしいエピソードが満載です。

 

「青山」は、イルミナティ「出雲族」の中心「青山家」の拠点でしたし、松田聖子の遠戚の「東出融」も青山家です。

東出融は青山家であり、青山家は出雲族最強だった!

そして、「慶應義塾」は、創価学会の工作員の養成所である事も暴かれています。

そして、イルミナティは、「サタン(悪魔)」に自分の家族や知人を「生贄」に出すことによって、活躍できるよう、契約を結びます。

あまり知られてはいませんが、明石家さんまも、この時に家族(弟)を生贄にしたことで、その後の活躍が約束されたという話があります。

そして、「松本隆」は、数多くのヒット曲を世に出しましたが、彼の音楽のジャンル「ニューエイジ」は、「悪魔思想」を広めるためのものであったことが、RAPTブログで明らかになっています。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

〇RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

 

今や、宇宙は存在せず、「地球」も「球体」ではなく、「フラットアース」である事が暴かれています。

 

これからさらに公になるのは時間の問題。恥ずかしくないのでしょうかね。

 

さらに、「深刻化する環境破壊に警告」というのも、「嘘」です。

イルミナティや創価学会が必死に「ねつ造」している「地球温暖化」も、儲けのためについた真っ赤な「嘘」である事が暴かれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

そして、2018年に、RAPTさんを通して、神様がどうして「天地」や「万物」を創られたのかを明らかにされています。導入部分のみ転載します。

 RAPT有料記事250(2018年2月12日)主が天地万物を創造した目的はただ一つ。私たち人間と愛を成すためだ。

今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。

前回の有料記事では、悪魔を崇拝するカルト「生長の家」についての啓示の御言葉が宣布されました。

そして、この「生長の家」は環境保護のためだと言いながら、信者たちに肉を食べることを禁じています。

実際、私の教会に紛れ込んできた工作員のほとんどが肉を食べることができませんでした。

しかも、彼らのほとんどが皆、ポテトばかりを好んで食べていました(笑)。

しかし、この世を創造された神様は、私たち人間に肉を食べることを禁じることはなさいません。

むしろ、旧約聖書を見れば分かる通り、神様の聖殿で仕えていたレビ人たちは大量の肉を食べて生活していたほどです。

では、どうして神様は肉を食べることを禁じず、逆に悪魔どもが肉食を禁じることを愚と見なされるのか。

朝の配信の御言葉を聞いている人には、このことについて宿題を出していましたが、今回、その答えを啓示の文章のままお伝えします。

多くの読者の方たちがこの宿題の答えを提出してくださいましたが、かなり近い答えを書いてきた人は何人かいたものの、残念ながら、ぴたりと主の答えと一致する人は誰もいませんでした。

今回のこの啓示の御言葉を読んで、主が私たち人間と天地万物を創った真の創造目的をよりいっそう深く悟り、皆さん一人一人がその創造目的を成していくことを願います。
 

 

新約聖書の中に、

「覆われているもので現わされないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない」

という聖句があります。(マタイによる福音書10-26)

 

そして今、聖書に書かれた預言が、現在進行形で実現しています。

私たちは、聖書に書かれた「終わりの時」を生きているのです。

イルミナティは、「情」を使って、庶民を大変巧妙に騙してきました。

イルミナティは、本来、神様を賛美するために存在する「音楽」を、「サタン(悪魔)思想」を広めるための「洗脳」に使い、「文化芸術」というものを大変に汚してきました。

 

これからも、色々な真実が次々と暴かれていくでしょうが、一人でも多くの方々が、イルミナティによる深い洗脳から解かれ、真実に導かれます事を心よりお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA