• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【見苦しいイルミナティによる洗脳】「コロナ」同様「エイズ」も存在しないが、「インフルエンザワクチン」を接種すると「HIV陽性」になるという、「コロナ」と全く同じカラクリ。

病気の原因は「ウイルス」ではない。そもそも「ウイルス」自体、未だかつて、見つかっていない。

 

今日12月1日は、「世界エイズデー」。

 

知能がことごとく低下したイルミナティは、いまだに、「エイズ」があると洗脳していますが、真実が次々と暴かれている今は、ただただ「墓穴」を掘り続ける結果に。

 12月1日は「世界エイズデー」。

世界レベルでのエイズまん延防止とエイズ患者やHIV感染者に対する支援、差別・偏見の解消を目的として、WHO(世界保健機関)が1988年に定めた。

エイズはHIV(エイズウイルス)に感染すると、数年の潜伏期間を経て発症する感染症。

かつては「死の病」と呼ばれた。

現在は早期発見すると抗HIV薬を服薬して発症を抑えることができる。

しかし、HIVの治療をしている当事者は、周囲に知られることを恐れながら生きる。

「いつかストレスなく生活できる日が来てほしい」と心から願っている。  

感染が分かっても、1日1~2錠の服薬を続けると、非感染者と変わらないほど余命が延び、通常の社会生活を送れるまでに医療は進んだ。

一方で、感染経路のほとんどが男性同性間の性行為であることなどから、当事者らは「感染者」イコール「性的マイノリティー」だと周囲の人から認識されることも多く、偏見を恐れて病気や悩みを打ち明けられない人もいる。  

「この病気は感染した本人が悪いような感じがある。家族や社会から心から受け入れられない気がする」。

現在、沖縄県内の病院でHIVの治療をしているミサキさん(仮名)=本島在住、事務職=は、そう心情を吐露する。

ミサキさんは家族や友人、同僚などに、感染者であることを明かしていない。

偏見などで差別的な対応を受けるのではないかと、不安が拭えないからだ。  

十数年前、肺炎で入院した際に、エイズを発症していることが分かった。

性行為により感染したと思われる。

腹部から首にかけての帯状疱疹(ほうしん)や、足や腕、陰部、胃など身体のいたるところに赤黒い斑点(カポジ肉腫)が現れた。  

かつてテレビで見たエイズ末期患者が同じような症状で苦しんでいた姿が頭をよぎった。

「自分も同じような状況にあるのかもしれない」と、目の前が真っ暗になった。

「将来が閉ざされたような気持ちになって、早期の死もあるのかもしれないと焦った」。

不安で眠れず、毎晩一人になると涙が止まらなかった。  

3カ月間入院し、その後半年は、約1日おきに通院した。

薬の重い副作用に耐えながら、キャリアアップのために仕事に励んだ。入院して職場に迷惑をかけたと思い、弱音は吐けなかった。

現在は仕事を続けながら、3~4カ月に一度、通院している。  

今一番不安なのは、何らかの拍子で、周囲に感染が知られてしまうことだ。例えば、通院時の休暇申請を怪しまれないか。

職場で義務付けられている人間ドックの結果に、感染が分かる情報がないか。感染を知られると、出世に響くのではないか。

親が悲しむのではないか。

友人が去ってはいかないか。

結婚する場合、子どもを簡単にはつくれないことを含めて、理解してくれるパートナーはいるのか―。

常に病気のことが頭をよぎる。  

現在の医療では、HIVは完治できない。いつか完治薬が開発されることを夢見ている。

「遠くない将来、感染者が、非感染者とともに普通にストレスなく生活して社会活動ができるような、より住みやすい環境が訪れてほしい」。

そう切に願っている。(嶋岡すみれ)

しかし、「エイズ(HIV)」ウイルスは、未だ見つかっておらず、存在も確認できていません。

そしてこれらは、水俣病、アスベスト問題同様、現在行わている「コロナ茶番」と同じく、人口削減計画によって作られたものだった事が明らかになりました。

こちらの動画では、フランスのエチエンヌ・ド・アルヴァン医師が、エイズは伝染病ではないし、そもそも研究者の誰一人としてエイズウイルスを見たことがないと証言しています。

 

この動画の内容をブログでまとめたものもあります。

 

驚愕!エイズは嘘だった

 

心に青雲 リンク より引用させていただきます。

【引用開始】

エイズはすべてインチキだった、と。フランス人医師エチエンヌ・ド・アルヴァン氏が説明している。

 もう一つ、『エイズウイルスのウソ』。こちらはオーストリアの生物学者クリスタル・マイヤー女史のインタビュー。

「HIVウィルスは実際には存在せず、エイズはウィルスによるものではなく、ワクチンによるジェノサイド」だと断言している。
 HIVのテストはでたらめでアフリカの人が特定の遺伝的素因をもつことにより、HIVのテストが陽性になると。ホモセクシャルの方たちとの関連性もないと。インフルエンザワクチンがHIVテスト陽性の原因となる。

 なぜなら、いかさまのHIV検査は、ただ血液中の抗体を見つけるだけなのだ。だからインフルエンザのワクチンを接種すれば抗体ができる。それを検査で見つけているだけだと、ド・アルヴァン医師も説いている。動画から少し書き起こしてみた。

* *

 医学において、ある何らかの病気の原因がウイルスであると断言されるとします。この仮定に基づいて25年間、この病気に関してあらゆる研究が行われ、25年間の研究の結果いかなる治療法も見出されず、疫学的予言も実現していません。効果的なワクチンは1つも作られていません。この3つの状況で、最初の仮定が間違っていたとは思えませんか? エイズを別の見方でとらえるべきです。

 HIV陽性とは患者の体内の抗体の割合の推定です。人々の頭から注意深く消させるべき考えは、「HIV 陽性」があの有名なレトロウイルスの存在を示すという考えです。それは全くの間違いです。エイズ検査はELISAテストで行います。抗体の割合を測る検査です。何の抗体の量か? それはあらゆるものに対する抗体です。

 HIVと呼ばれるレトロウイルスと主張されるものに対する特異的な抗体の割合ではないのです。ですから公衆の頭にある巨大な誤りを訂正する必要があります。この措置でウイルスの存在が証明されるという考えです。これは全くの嘘です。単に抗体の存在を示すだけです。
 これらの抗体は極めて多様な異種タンパク質の存在への反応です。

* *

 これって何さ? である。

 エチエンヌ・ド・アルヴァン氏は、エイズは伝染病ではないと断言している。

 そもそもウイルスが存在しない。研究者の誰もHIVウイルスを見たことがないというのだ。

 エイズが話題になりはじめたころ、同性愛者や麻薬常習者が主にかかるとされたが。

これは性感染症だから、やがて誰でも感染し、治療法がないから世界中の人がエイズになるとまで脅された。

実はそんな証拠は一つもなかった。

 私も、まさかHIVウイルスがないとは思わなかったので、エイズが感染症なのだろうが、ならばなぜ世界中にごまんといる娼婦たちが感染しないのだろうかと疑問に思っていた。

エイズが本当に怖かったら、娼婦は商売をやっていられまい。

だから今もこの人類最古の商売は続いている。

ますます繁盛と言っていいだろう。

つまり、このことからもエイズは性交渉を通じて感染しないのだ。

 HIV検査で陽性反応が出る条件はなんと70以上もあるのだそうだ。

じゃあ検査の体をなさんじゃないかと思うのに、医者ども、製薬会社ども、役人ども、マスゴミの記者どもは、平然とこれがHIVの確かな検査だと世界中に嘘をついたのだ。

 HIV検査(ELISAテスト)で陽性反応が出る「病気」には、結核、ハンセン病、マラリヤ、ヘルペスのほかに、インフルエンザ予防接種などのワクチン接種、輸血によっても起きるのだ。

 

輸血とは、多くの異種タンパク質にさらされることだから、当然体内に抗体が作られる。それに陽性反応する。

 それでその人はHIVウイルスに感染したことにされる。

 その結果、つくられたエイズ患者は、精神的にショックを受けるのみならず、実体的にもAZT(抗ウイルス化学療法剤)やアシッドチミジンのような極めて毒性の強い抗ウイルス治療にさらすことになる。DNAを阻害してしまう。

 このAZTの毒性によって、エイズによってでなく殺されていくのである。

 1987~1992年ごろにはこの抗ウイルス治療が強制された。 今は毒性の弱い薬もあるそうだが、そもそも対応するウイルスがいないのだから、いかさまである。

 性感染の結果だと言われ、多くの人がいらざる疑いをかけられ、友人関係が壊れ、離婚にさえいたった。

それらに、マスゴミも医師も看護婦も、製薬会社も加担した。

 ド・アルヴァン氏は「健康で偏りのない生活をし、正しい食事を取れば免疫不全から立ち直ることができる」と言い切っている。

 そのとおりである。

 たとえ、エイズが性感染症だったとしても、彼が言うように健康な生活、正しい食事をしていれば防げる話でしかなかった。

 同性愛者とか麻薬患者とかは、往々にして生活がデタラメで、ちゃんとした食事をとらないバカが多い。だからそんなありもしないウイルスに感染していなくても、免疫不全などの病気になるだけのことだ。

 

(中略)

 それでは医師や製薬会社、厚生労働省などの役人どもがオマンマの食い上げになるから、真実は隠蔽される。

そして、強い毒性を持った薬や副作用のある薬を我々は買わされ、投与されて、体を壊されて死んで行く。

 製薬会社が科学分野の最高機関を支配しているからだと、ド・アルヴァン氏は説く。

世界中の医療機関が従属している上層の医療機関、ノーベル委員会、ジュネーブの世界保健機関の委員会は、大手製薬会社の重役が潜入し、差配をふるう。

そして真実の隠蔽に、マスゴミも役人も加担する。

政治家や官僚にも、献金やら天下りやらで手なづける。

 エイズという幻想、イカサマで大掛かりに世界中の罪もない人たちを混乱させ、殺し、家族や友人の絆を破壊した。これがユダヤのやり口であった。【引用ここまで】

 

手口が、今回のコロナと全く同じです。

 

そして、こういう悪事が行われている裏では、必ず起こる「隠蔽のための事件、事故」。

 

エイズも例外ではありませんでした。

 

エイズ会議出席者100人搭乗か、ウクライナで墜落の旅客機

 

【7月18日 AFP】(一部更新)ウクライナ東部で17日に墜落したマレーシア航空(Malaysia AirlinesMH17便の乗客のうち、約100人がオーストラリア・メルボルン(Melbourne)で開催される「第20回国際エイズ会議(International AIDS Conference)に出席予定の研究者などだったと、複数の豪メディアが18日、報じた。

 豪紙のオーストラリアン(Australian)とシドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)によると、乗員乗客298人の3分の1以上がエイズの研究者や医療関係者、活動家らだった。

オランダ・アムステルダム(Amsterdam)を出発したMH17便は、マレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)でメルボルン便に接続する予定だった。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ(Michel Sidibe)事務局長は、マイクロブログのツイッター(Twitter)に、

「#MH17の墜落で悲劇的な死を迎えた乗客の皆様のご遺族に対し、お悔やみ申し上げます。乗客の多くは、#Melbourneで開催される#AIDS2014に向かう途中でした」と投稿。

国際エイズ学会(International AIDS SocietyIAS)も声明で、乗客に「われわれの同僚や友人」が特定数含まれていたことを明らかにしている。

乗客には、エイズ研究の第一人者で、IAS会長を務めたこともあるユープ・ランゲ(Joep Lange)氏も含まれていたとみられる。

 国際エイズ会議は2年ごとに開催されており、活動家らが草の根運動や資金問題について報告する話し合いの場でもある。

今年は20日から開催される予定で、約1万2000人の出席者の中には、ビル・クリントン(Bill Clinton)元米大統領やロックシンガーで貧困撲滅活動家のボブ・ゲルドフ(Bob Geldof)さんも含まれる。(c)AFP

 

そして、未だにイルミナティは、「エイズ」で一儲けしようと企んでいます。

 

エイズのワクチンの開発に取り組んでいる国の研究所は、開発中のワクチンをサルに接種した結果、エイズを引き起こすウイルスの排除に成功したと発表しました。研究所は、エイズの完治につながる発見だとしています。

エイズは免疫力が低下してさまざまな合併症を引き起こす病気で、エイズを発症させるHIVに感染したと国内で報告された人は、これまでに2万人を超えています。

国の研究機関、医薬基盤・健康・栄養研究所は、開発中のワクチンをカニクイザルというサルに接種したうえで、人工的に作ったHIVの一種を体内に入れて経過を確認しました。

その結果、7匹のうち4匹がいったんは感染したものの、その後、ウイルスが検出されない状態になったということです。

研究所は、ワクチンによって免疫の働きが増加したことで、ウイルスがサルの体内から排除されたと見ていて、5年後をめどにヒトへの臨床試験を開始したいとしています。

医薬基盤・健康・栄養研究所の霊長類医科学研究センター保富康宏センター長は「これまで困難だったエイズの完治につながる発見で、治療薬やワクチンの開発が進展することが期待される」としています。

 

さらに、ファイザーとズブズブで、人口削減計画に全面協力をしている「熊本大学」も。

創価の子会社「ファイザー社」と「酸化グラフェンはコロナウイルスを分解できる」と嘘をついた「熊本大学」は「ズブズブの関係」でした。

 

「HIV検査で陽性反応がでる条件は70以上もある」と先ほどご紹介した記事の中にありました。

 

HIV検査で陽性反応が出る条件はなんと70以上もあるのだそうだ。

じゃあ検査の体をなさんじゃないかと思うのに、医者ども、製薬会社ども、役人ども、マスゴミの記者どもは、平然とこれがHIVの確かな検査だと世界中に嘘をついたのだ。

 HIV検査(ELISAテスト)で陽性反応が出る「病気」には、結核、ハンセン病、マラリヤ、ヘルペスのほかに、インフルエンザ予防接種などのワクチン接種、輸血によっても起きるのだ。

 

HIV感染者を生み出すカラクリは、

「インフルエンザワクチン」を打たせることや、「輸血」によって、「HIV陽性反応」が出るという事です。

 

さらには、こんな情報まで出てきました。

インフルエンザワクチン限定ではなく、コロナワクチンからも、「エイズ」にさせられる可能性が高いです。

 

それによって、「エイズ治療薬、ワクチン」という、新たな「儲けの種」ができるという訳です。

 

こうして「コロナ」同様、「エイズ」という病気を人工的に作り出していた訳です。

 

「エイズ」と深い関りのある有名人は、昨年、自殺と見せかけて殺された「アミューズ」所属だった「三浦春馬」です。

当初、三浦春馬の死因のひとつが、このアミューズ主宰で行われていた「Act Against Aids」の資金不明瞭を暴くために動いたからではないかと言われていました。

創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。

 

これらの悪事がさらに人々に知れ渡って、イルミナティが行ってきた悪事が、もっと世の中に拡がり、洗脳から抜け出す人達が増えますことを切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA