• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【偽物同志が「茶番」の話し合い】「岸田文雄」のゴムマスクをかぶった「誰か」と、「ビルゲイツ」のゴムマスクをかぶった「誰か」が「コロナ茶番」について「会談」。

日本の総理・岸田文雄の「ゴムマスク」をかぶった「誰か」と、アメリカの「コロナ茶番の主犯格」ビルゲイツの「ゴムマスク」をかぶった「誰か」が、電話会談したことが報じられました。

「ゴムマスク」については今や、影武者同様、多くのイルミナティに利用されている事が明らかになり、ちょっと真実を調べている人で知らない人はいない位、広く知られた事実となりました。

ゴムマスクの特徴は、大変本人に似せて作られていて、その技術が非常に高い事です。

そのため、本人にそっくりの「ゴムマスク」をかぶった「誰か」が表舞台に出て、「あー、ゴムマスクだ!」と思っても、やはり「目」から入ってくる情報は大きく、騙されやすいために、「本人」ではないと分かっていても、どこか惑わされてしまうのですよね。

 

しかし、これ、実際に起こっている事は、こういうことなんですよね。

 

 

 

テレビ番組の「リハーサル」の時に、カメラ写りなどを点検するために、「出演者」の名前が書いた「美術の時間に使ったボード」を胸につけて、動きなどを確認しますが、結局、「影武者」って、この「ボード」をつけている人と全く同じなんですよね。

 

「ゴムマスク」は「お面」があまりにも本人に似ているから、コロッと騙されてしまうのですが。(それが、イルミナティの狙いでもありますが)

 

これくらいのクオリティで出てこれば、すぐに分かるものですが、

 

 

 

つまり、イルミナティは、こういう所からも庶民を馬鹿にして、欺いている訳です。

 

彼らイルミナティは、今や、神様から厳しい裁きを受けている事は、「RAPT理論+α」の記事を読まれている方はご存じだと思います。

 

 

「ゴムマスク」の中の人間が、全くの別人であるケースもあれば、本人がそのまま出れるような状態でないくらい(顔が)衰弱しているために被るケースもあるそうですが、

いずれにせよ、私たちは、「影武者」や「ゴムマスク」を使って、政権を維持しようとしている「イルミナティ」の悪の本性を、はっきりと悟るべきだと思いました。

 

イルミナティは、庶民を「ゴイム(家畜)」と言って、自分達の富を作るための「使い捨て」のようにしか考えていません。

だから、こうやって「影武者」「ゴムマスク」というインチキで、登場しても、どうせばれないだろう、と高をくくってきたんだと思います。

 

そして彼らはゴムマスクだけでなく、「地球」は丸く、「宇宙」が存在する、と、壮大な嘘を、莫大な税金を使って未だ、庶民を騙し続けています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

「悪魔(サタン)」を拝む事で富や名声を得て、庶民を苦しめ、騙し続けてきた「イルミナティ」がことごとく滅び去ります事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA