• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【「イルミナティ」騙しの手口の共通点】原発の嘘もコロナの嘘も必ず「推進派」「反対派」どちらの意見を言う人を立てる。

昨日、新たに「ミナのラジオ」が更新されました。

「RAPT理論」で暴かれた「原発の嘘」についてと、「イルミナティ」がどのようにして、存在しない「原発」を人々に「ある」と思い込ませてきたのか、その悪なる手口について、川田さんが非常に分かりやすくお話してくださっています。

 

ぜひご視聴くださいませ!

 

さらに、この手口は、今起こっている「コロナ茶番」でも使われていると、RAPT理論で暴かれています。

 

この記事では、このところ「コロナ茶番」でも顕著になってきた「騙しの手法」について掘り下げていきたいと思います。

 

先週、広島県呉市議会議員の「谷本誠一」が、北海道からの飛行機に搭乗した時に、マスクを着けていなかったために搭乗を拒否された事が大きくニュースになりました。

【マスク末着用を悪者にしたいイルミナティ】コロナ茶番を終わらせるには、マスクでウイルスを防げないところか、そもそもコロナウイルスはない、と私達が気付く事ではないでしょうか。

その後、谷本議員は、「コロナは茶番で、闇の組織が仕掛けた」と発言し、陰謀論者を馬鹿にするように、つまり「真実」にたどり着けないように国民を誘導した可能性が高い事が、RAPT理論で暴かれました。

イルミナティという「悪魔崇拝者」は、人々がすぐに気づくような「悪」をあからさまにするだけの集まりではなく、人間の心を巧妙に操って、人々を真実にたどり着けないようにしてきました。

 

イルミナティが最も恐れ、最も嫌う事は、この世には神道や仏教などの「偽物の神」ではなく、「真の神様」が存在し、人々がその「真の神様」を信仰する事です。

 

つまり、「真の神様」を知り、神様が与えて下さる本当の愛を知り、本当の真理を知る人達が現れる事を最も嫌うのです。

 

究極的に彼らが本当は隠したいのは、「コロナは嘘」「ワクチンは毒」という事ではないのです。

 

彼らが最も隠したいのは、「真の神様」の存在です。

イルミナティは常に聖書を意識して神様に反逆している!悪人の支配に終止符を打つ方法とは(十二弟子・エリカさんの証)

ワクチンは肉的にも毒ですが、霊的にも猛毒です。

だからこそ、打ってはいけないものなのです。

 

打ってはいけない理由の「奥深さ」を是非とも知っていただきたいです。

シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

 

イルミナティは、人々を混乱させるために、「コロナはある」という人物と、「コロナは嘘」という人物を立てる訳です。

 

つまり、この谷本議員は、イルミナティから「コロナは嘘」「コロナは陰謀」だと言う役割を与えられた工作員だ、という事です。

 

谷本議員以外にも、同じような役割を与えられた人達はたくさんいます。

 

一番有名なのは「池田大作」の血縁の可能性が高いと暴かれた「内海聡」です。

「内海聡」は池田大作の隠し子である可能性大!! 創価学会のマッチポンプ要員としてワクチンに懐疑的な国民を取り込む

さらに、「ヘブニーズ」という団体も、「イルミナティの秦氏勢力」です。

反ワクチンを唱える『HEAVENESE(ヘヴニーズ)』の正体。

さらには、最近「参政党」というものもできていますが、これも「反ワクチン」勢力のグルです。

日本会議の田母神俊雄が党の立ち上げにかかわった、創価主導の「SDGS」も推進。

もう完全に「黒」ですね。

さらに、日本会議の「KAZUYA」や「武田恒泰」が、この党の「DIYスクール」の講師として関わっています。

 

参政党DIYスクール

 

 

 

そんな「参政党」を応援する「反ワクチン」を唱える人々。

そして主要メンバーのひとり、「松田学」は、石原慎太郎の意志を引き継ぐと言っています。

石原慎太郎は、創価勢力とは仲が悪かったようで、どちらかというと「秦氏」勢力とウマが合ったようです。

しかし、この政党の真の顔は「日本会議」、つまり、それぞれ考え方が違えども、根っこの部分は、戦争を肯定的にとらえる人達だという事が解ります。

 

「日本会議」のヤバさは、「RAPT理論」でもさんざん暴かれ、またKAWATAさんのブログや、KAWATAとNANAのRAPT理論でも、さんざん伝えられてきました。

日本を蝕む「日本会議」の正体は、カルト宗教・生長の家です。

 

「日本会議」の本体である「生長の家」は、基本的人権、国民主権、平和主義を全ての国民から奪おうとしています。

 

「日本会議=生長の家」と黒い人脈。全ての悪は「生長の家」に通ずる。

結局、ワクチンを薦めるイルミナティも、ワクチンに反対するイルミナティも、どちらもゴールは、憲法改正。

 

つまり、李家の王権復活のためです。

 

コロナは嘘、ワクチンは毒だ、と分かっても、「憲法改正」を薦める政党を応援していたら、何の意味もありません。

なぜなら、彼らは、国民の基本的人権を取り除こうとしているからです。

 

中国の傀儡組織「全国知事会」がコロナ茶番の舞台を飲食店から学校や保育所に転換するよう政府に要請 憲法改正は中国による支配を確立するための最終手段だった!!

【憲法改正を急ぐ李家】国民から「基本的人権」を奪い取ろうと目論む岸田内閣

憲法改正が成功しないと、彼らが長年目論んでいた「NWO」(世界統一政府)も作られないと考えているのでしょう。

 

中国共産党(李家)と共に、完全に国民を管理した社会をつくろうとしているからです。

「RAPTさん」は常々、イルミナティに打ち勝つには、イルミナティよりも高い知能を持たなければならない、とおっしゃっていますが、彼らの洗脳の手口からも、その意味がお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

同時に、この時代に「RAPT理論」が誕生し、これらの事を全て、洗いざらい暴いてくださり、イルミナティの洗脳から抜け出せるようにして下さっている事が、どれほどありがたい事でしょうか。

 

しかも、その事を学ぶ過程がとても楽しく面白く、真実を学ぶ事は矛盾がないので、心底わくわくしながら学べる喜びを、一人でも多くの方と分かち合えたらいいな、と思って書いています^^。

 

1人でも多くの方が、真実にたどり着き、この世が真実の情報だけで溢れますように心よりお祈り申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA