「宇宙の嘘」から、サザンオールスターズは、キリスト教を破壊し、本当の神様を冒涜するために意図的に作られたことが明らかに。

RAPT理論によって、この世のありとあらゆる「嘘」が暴かれてきました。

先日の記事でもご紹介しましたように、例えば、原爆の嘘、それに伴う放射能の嘘からはじまり・・・

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。
 
RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。
 
RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
 
RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)
 
RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。

RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。

 

ありもしない病気に「癌」と名付けて、医療利権を作ってきた「癌の嘘」。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

 

そして去年から続く「コロナの嘘」。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

 

そしてさらに、ここ最近は、「宇宙の嘘」。

 

宇宙の嘘が暴かれると、最終的に暴かれるべき嘘は、「神様に関する嘘」だとRAPTさんはおっしゃっています。

上記Instagram対談にて、詳しくはお話されているので、興味がある方はぜひともご覧ください。

 

イルミナティは、「神様はいない」という嘘をつくために、宇宙は「ビックバン」が起こり、その過程の中で、数多くの惑星のひとつに、たまたま「地球」が生まれた、と言ってきました。

しかし、「フラットアース理論」から、「地球は球体ではなくて」、これまで語られてきた「太陽」や「月」の距離がどうも捏造されていることが明らかになり、「星」の正体もだんだん明らかになると、宇宙が存在する、という説が成り立たなくなってきました。

そうすると、今まで幾度となく怪しまれてきた「NASA」の存在、そして月に行ったはずの宇宙飛行士の「行っていない」などの発言に、信ぴょう性が出てきます。

 

私たちは小さいころから球体の地球儀を見せられて、そして教科書には「球体の地球」の写真を載せて、洗脳され続けてきました。

イルミナティはありとあらゆる分野において、「嘘」をつき続けて、絶対に庶民がその「嘘」に気づけないようにしてきました。そうやって何千年も生きてきたのです。

そのため、暴かれた真実が、想像を遥かに超えた「悪」のために、衝撃やショックを受けることもあるかと思います。

しかし、真実には力があります。

一度それが「真実」だとわかれば、そのことについては二度と騙されることはありません。

 

さて、「宇宙の嘘」から、イルミナティは「神様がこの世に存在することを隠すためにありとあらゆる嘘をついてきた」ということがはっきりと明らかになった今、

それを踏まえて、このブログでは、「サザンオールスターズ」が、本当の神様、聖書の神様、キリスト教の神様を冒涜し、神様の存在を隠すために作られたバンドである、ということについてご紹介します。

サザンについての記事を、アメブロで去年の2月と4月に書いた時に分かったことは、RAPT理論で暴かれた悪事のほぼすべてに、間接的に「サザン」が関わっているということでした。

本当に見事にほぼ全ての悪事に関わっているので、私は、B層の人達が、RAPT理論を理解する「いいモデル」になるんじゃないか、とまで思っていました。それくらい、サザンはイルミナティの悪事に「間接的」に関わっています。

にもかかわらず、なぜか、彼らは「特別の優遇されている」ような感じがあり、ここ数年は、悪魔崇拝者が「桑田佳祐」の人気、地位にすがろうとする感じも見えていて(これは、RAPT理論を知る前から感じていたことです。なぜこの人にばかり何でもさせるのだろう・・・と)、奇妙だなと思っていたのです。

しかし、記事を書いた時は想像だにしていなかったのですが、アミューズが、悪の根源である「創価学会」企業で、どこまでも巨悪な事務所であることが、「三浦春馬の自殺と見せかけた殺人」を通じて大きく明るみになりました。

創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。

 

今後、アミューズが信頼を取り戻すのは不可能でしょう。

彼らもそれを悟ってか、元々決めていたのか知りませんが、事務所を移転する話が上がっているようですね。

芸能事務所アミューズが本社機能を富士山麓に移転で“脱東京” 

 

 コロナ禍を契機に本社機能を地方に移転する企業が相次ぐ中、芸能界最大手で東証一部上場のプロダクション「アミューズ」が、富士山麓に移転を計画していることが「週刊文春」の取材で分かった。

アミューズにはサザンオールスターズを筆頭に、福山雅治星野源などの有名アーティスト、佐藤健吉高由里子ら人気俳優が多数所属。昨年末の紅白歌合戦では福山が白組のトリを務め、PerfumeやBABYMETALら4組の所属歌手が出場している。

「売上高はジャニーズ事務所や吉本興業に匹敵し、2019年度は過去最高の588億600万円を計上した。もっとも収益の大半はコンサートや舞台、CM収入を中心としたマネジメント事業で、コロナの影響で深刻なダメージを受けており、2021年3月期決算では200億円近い減収が見込まれています」(芸能ジャーナリスト)

 

 コロナ禍において、社員の働き方も大きく様変わりした。

「リモートワークがメインとなり、渋谷の高層ビル内にある本社はいまや“ゴーストオフィス”。それなのに毎月5千万円近い家賃が飛んでいく。

そこで昨年から持ち上がっているのが、本社機能の一部を地方に移転する計画で、候補地は山梨県の富士山麓です。

河口湖や西湖付近が検討されており、早ければ今年4月にも拠点を移すことになります。すでに不動産会社を通じて本社の3フロアは新しい入居者の募集をしています」(アミューズ関係者)

 

 移転の事実関係についてアミューズに問うも、締め切りまで回答はなかった。

「週刊文春」1月14日(木)発売号では、アミューズの移転計画の具体的内容や、創業者の大里洋吉会長が力を入れてきた“地方創生”プロジェクトなどについて詳報する。

 

しかしながら、今だ、サザンオールスターズだけは、「特別に守られている」ような印象をぬぐえません。とはいえ、彼らの崩壊の道は確実に進んでいます。

そして、今年の秋からRAPTさんがInstagramで対談をしてくださった情報の中に基づいて調べたところ、サザンや桑田佳祐に関して、新たに分かったことがあります。

それらも併せてご紹介して、サザンが神様を冒涜しキリスト教を破壊するために「意図的に」作られたバンドであることをご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.